logo

Top > ペット/動物全般/コラム > ペット/動物全般

初心者におすすめのペットまとめ!人気ペットの種類や飼い方を元ペットショップ店員が解説します






仮にペットを飼う際は、ペットの種類や習性だけでなく、ご自身の生活スタイルなどを踏まえた上で選んでいく必要があります。

本記事では、ペットショップでも良く見られる人気の種類を中心に、飼いやすいとされているペットをご紹介してきます。
それぞれの特徴を見ながら、ペットにしたい動物を比較・検討して頂ければと思います。

ペットは散歩をしたいから犬、ツンデレな性格が好きだから猫、手乗りが良いからハムスターと既に決めている方も一見の価値ありです。
それでは、一緒に飼いやすいペットの種類や飼い方を見ていきましょう。

元ペットショップ店員が徹底解説!初心者におすすめの種類のペットとは

 

ブレーメン

 

ペットと一口に言っても様々な種類がいます。

初めてペットを飼う方は、どんなペットを飼おうか迷ってしまいますよね。

そこで、自分に合ったペットを探すためのお手伝いとして、初心者でも飼いやすくて人気も高い動物をご紹介していきます。

 

 

<ハムスター>

 

hamster

 

ペットとして安定の人気を誇るハムスター。

その理由の一つに飼いやすさが挙げられます。

 

などのペットが飼えない物件は多くありますが、そんな物件でもハムスターのような 小動物 であれば鳴き声や臭いもとりわけ気になりません。

また、部屋を荒したりすることもないため、賃貸の部屋でも安心して飼えるのが魅力です。

 

ハムスターは基本的にケージの中で飼うことになるので、ケージを置けるスペースがあれば飼育することはできます。

子供がいるご家庭でも一人暮らしの方でも、狭いスペースで飼うことが可能なことから、人間の生活スペースが無くなることもほとんどないです。

 

※合わせて読みたい:  ハムスターにとって良いケージとは?ケージ選びのポイントと各ケージのタイプメリット・デメリット

 

多くの ハムスターの種類 は片手に乗るほどのサイズで、ご飯をあげるのも一日に一回ほどで大丈夫ですし、トイレも体に見合った量しか出ないため掃除も容易です。

もちろん種類によりますが、多頭飼いが出来ることもあり、色んなハムスターを飼ってみるのもそれぞれの個性が見られて楽しいかもしれません。

 

ただ、雑食性で何でも食べてしまう傾向があるため、ハムスター用以外の食べ物を与えてしまうとお腹を壊してしまったり、命に関わることもあるため十分に注意しましょう。

お水も毎日ご飯の時に新鮮なお水に入れ替えてあげる必要があります。

特に夏の暑い時期は一日に二回ほど入れ替えてあげられると良いですね。

飲み水は水道水で大丈夫ですが、飲み口が汚れやすいため、お水を入れ替える時に丁寧に洗っておくようにしましょう。

 

※合わせて読みたい:  ハムスターの餌やりの方法と与えていい食べ物まとめ!

 

その他、ケージの中という狭い空間で生活しているため、おもちゃや回し車など、ストレス解消になるものを与えるようにしてください。

ハムスターは齧歯類で一生歯が伸び続けるため、歯を削るためのおもちゃなどが好適です。

人間が使っている木材では、裂け目が口に刺さってしまうこともあるので、ハムスター用の齧り木を買うようにしましょう。

 

※合わせて読みたい:  ハムスターのおもちゃグッズ13選!ストレス解消だけでなく運動不足解消にも!

 

ハムスターの中でおすすめの種類

 

・ジャンガリアンハムスター


優しく人懐っこい性格をしているため、初めてでも飼いやすい傾向にあります。

ただ、気の合わない子同士を同じケージに入れて飼うことは出来ないため、多頭飼いには向きません。

 

hamster

 

※ジャンガリアンハムスターの特徴や飼い方については下記記事で詳細にまとめていますので、合わせてご覧になってください。

→  ジャンガリアンハムスターの種類、毛色、値段、飼い方

 

・ゴールデンハムスター

 

片手いっぱいになるほど大きくなるハムスターの種類です。

運動量が多いため、回し車やおもちゃなどは欠かせません。

その他にも、走り回れるスペースを確保してあげると良いでしょう。

なお、ゴールデンハムスターを品種改良した キンクマハムスター も人気です。

 

hamster

 

※ゴールデンハムスターの特徴や飼い方については下記記事で詳細にまとめていますので、合わせてご覧になってください。

→  ゴールデンハムスターの値段、種類、毛色、飼い方

 

・ロボロフスキーハムスター

 

ハムスターの中でも小さい種類で、ドワーフハムスターと呼ばれることもあります。

小さい体に不釣り合いなほど頬袋に食べ物を詰める姿や、ちょこちょこと動き回る可愛らしい姿を見たい方にピッタリです。

 

体が小さい分、臆病な性格をしているため、すぐに触ったり手に乗せたりすると噛むことがあります。

そのため、見ているだけでも癒されたいという観賞目的の方が飼育に向いています。

 

hamster

 

※ロボロフスキーハムスターの特徴や飼い方については下記記事で詳細にまとめていますので、合わせてご覧になってください。

→  最小ハムスター「ロボロフスキーハムスター」の生態や飼い方

 

 

小さくて愛らしいその姿に魅了される人も多いハムスター。

小動物ということもあり、ペットを飼うのが初めてという方にもおすすめなので、これを見てハムスターを飼いたい、ハムスターのことをもっと知りたいと思った方は下記記事も参考にしてください。

 

→  人気ハムスター20種類!飼いやすくておすすめなのはどの種類のハムスター?

→  ハムスターの飼い方、費用、しつけ、エサ、病気

 

 


<猫(ねこ)>

 

cat

 

犬派と猫派で分かれることも多いペット派閥ですが、最近は 猫カフェ 猫島 のような観光地があったり、猫に触れ合える場所も増えてきています。

身近に感じられて飼いやすい分、ペットにするなら猫と決めている方もいるかもしれません。

そんな猫に関する情報をご紹介します。

 

猫は外に出すと野良猫と喧嘩になる恐れがあるので、基本的に室内で飼うことを推奨しています。

そのため、猫を飼ってもいい物件かどうかというところが重要です。

ペット不可の物件では猫を飼えないところがほとんどなので、必ず事前に確認してから決めましょう。

 

室内を走り回ったり高いところでくつろいでいたりと自由気ままな猫ですが、ちゃんとしつけをしないと自由過ぎる猫になって、手が付けられなくなってしまうこともあります。

トイレの場所を覚えていないとトイレ以外のところでしてしまったり、高いところにある物を落としたり、壁紙を破ったり障子に穴を開けたり…。

猫としては悪気があってしているわけではないのですが、飼い主としては困ってしまいますよね。

 

※合わせて読みたい:  猫のしつけ〜猫の習性を理解して、トイレ・爪とぎ・甘噛み・登り癖をしつけてみよう〜

 

そこで、猫を飼い始める前により猫のことを知り、猫にも自分にも負担のない種類を選ぶようにしましょう。

種類によっても特徴や性格の傾向にはばらつきがあるため、お好みの子を見つけてくださいね。

 

いつもは室内を好きなようにお散歩している猫ですが、飼い主さんが家にいない時はケージでお留守番させるようにしましょう。

誤ってコードを噛んで火事になったり、何かを誤飲してしまったり、怪我をしてしまったりと事故の元となることがあります。

 

※合わせて読みたい:  元猫の保護施設スタッフが選ぶ、猫の飼育にピッタリなケージ

 

猫の中でおすすめの種類

 

・アメリカンショートヘアー

 

猫の中でも飼いやすく人気の高い種類です。

綺麗な模様と愛らしい顔に魅了される人も多いのではないでしょうか。

 

この種類は好奇心が強く、自分が思ったことに忠実な猫です。

そのため、気ままに行動する可愛らしい様子に翻弄されたいという猫好きさんにはピッタリです。

それでいて、甘えたい時にはべったりと甘えてくるため、その際は思いっきりかまってあげましょう。

 

cat

 

※アメリカンショートヘアの特徴や飼い方については下記記事で詳細にまとめていますので、合わせてご覧になってください。

→  アメショーことアメリカンショートヘアの性格、値段、飼い方

 

・マンチカン

 

足が短くてちょこちょこと歩く姿が可愛らしいですよね。

短い足でも運動神経は良く、普通の猫と同様にジャンプをしたりすることができます。

 

cat

 

※マンチカンの特徴や飼い方については下記記事で詳細にまとめていますので、合わせてご覧になってください。

→  マンチカンの毛色、性格、値段、飼い方

 

・ロシアンブルー

 

グレーの毛で覆われたしなやかな体は見るものをうっとりさせます。

狭いところや高いところもお手の物。

毛が短いため、ブラッシングも回数が少なくて済み、お手入れが難しくありません。

 

cat

 

※ロシアンブルーの特徴や飼い方については下記記事で詳細にまとめていますので、合わせてご覧になってください。

→  ロシアンブルーの飼い方、値段、性格

 

 

ご紹介した猫の種類はほんの一部で、もっとたくさんの品種がいます。

もっと猫のことを知りたい、自分に合った猫を見つけたいという方は下記記事も参考にしてください。

 

→  あなたは猫のことをまだまだ知らない?猫の歴史、生態、体のふしぎから、飼い方、飼育グッズまで総解説

→  ペットとして人気の猫75種類!定番で飼いやすい猫はどの種類?

→  猫の飼い方!費用、エサ、しつけ、病気から老後の世話まで

→  子猫の飼い方マニュアル。子猫の食事やケアの仕方、飼育にかかる費用、注意点

 

 

<犬(いぬ)>

 

dog

 

ペットとしてメジャーな犬は、不動の人気を誇っています。

ただ、とても種類が多くてどの犬を選んでいいか迷ってしまいますよね。

犬の種類や大きさなど、選ぶ基準は様々ですが、この項目で犬について少し見ていきましょう。

 

チワワ   や  ポメラニアン   など、小さくて可愛らしい小型犬は散歩の時間と量も少なくて済みます。

部屋のスペースもあまりとらないため、一人暮らしでも飼えないということはありません。

 

※合わせて読みたい:  人気の小型犬15選を解説。小型犬の条件、種類、特徴や飼い方

 

柴犬   や  ボーダー・コリー   などの中型犬はすごく個性が別れていて、運動量がとても多く活発な種もいれば、大人しくて温厚な種もいて、選ぶのに迷ってしまいます。

しかし、個性の幅が広いからこそ、自分に合った種類を見つけやすいとも言えます。

 

※合わせて読みたい:  飼いやすくて人気の中型犬15選。中型犬の条件、種類、特徴は?

 

ラブラドール・レトリバー   や  セントバーナード   などの大型犬は、散歩の時間や量も多く、年を取ると介護など飼育上難しいことは出てきます。

その反面、人間の生活に欠かせない役割を担ったり、助け合える相互の関係になれるので、ペットとより深いパートナーとしての関係性を築きやすいです。

 

※合わせて読みたい:  飼いやすくておすすめの大型犬14選!大型犬の種類や特徴、飼い方を解説

 

大きさだけでもこれだけの違いがあるので、もっと細かく自分の生活スタイルや性格、好みなどを挙げていくと、きっとお気に入りの犬種に出会えることでしょう。

 

ドッグフードやおやつなどは犬種やそれぞれの好みによって向き不向きがあるため、実際に飼う段階になってから考えれば大丈夫です。

→  安心・安全なおすすめドッグフードランキング!犬の餌やりの方法や注意点も解説!

 

おもちゃは口に入るものなので、犬用の安全な物を選んでおく方が良いでしょう。

→  犬向けおもちゃ10選!愛犬のストレス解消だけでなくしつけや歯磨き効果も!

 

犬の中でおすすめの種類

 

・シーズー

 

とても人懐っこくて穏やかな性格なので、初心者でも飼いやすい犬種と言えます。

他の犬にも優しく接することができる社交性を持ち合わせ、多頭飼いも大きな問題はありません。

 

si-zu-

 

※シーズーの特徴や飼い方については下記記事で詳細にまとめていますので、合わせてご覧になってください。

→  シーズーの飼い方!室内犬の定番!

 

・柴犬

 

忠誠心溢れる犬種です。

ワンオーナー制なので、主人と決めた人以外は、家族でも主人と同等には言うことを聞かない傾向にあります。

その分固い絆で結ばれていることの証ですので、気まぐれに主人を困らせたりしつけを破ったりすることも多くありません。

 

sibainu

 

※柴犬の特徴や飼い方については下記記事で詳細にまとめていますので、合わせてご覧になってください。

→  柴犬の性格、毛色、大きさ、飼い方

 

・ラブラドール・レトリバー

 

盲導犬や聴導犬でも活躍する犬種です。

その賢さもさることながら、感情を読み取る力に長けているので、人間の気持ちを表情を察知して行動することが出来ます。

性格は温厚ですが大型犬なので、赤ちゃんや小さい子供がいるうちはラブラドールの方が大きいために注意が必要です。

 

dog

 

※ラブラドール・レトリバーの特徴や飼い方については下記記事で詳細にまとめていますので、合わせてご覧になってください。

→  ラブラドールレトリバーの歴史、性格、毛色、飼い方

 

 

小型犬、中型犬、大型犬と人気の高い種類を大きさごとにご紹介しましたが、他にも色や性格、毛質など、人それぞれ好みがあると思いますので、自分に合った犬種を見つけてください。

お気に入りの犬種探しのお手伝いに、犬のことを掘り下げた下記記事も参考にして頂けると幸いです。

 

→  あなたの知らない犬のコト!犬の歴史から種類、性格、飼い方、飼育グッズまで総解説

→  人気の犬70種類!ペットとして飼いやすい定番犬種を体重別に網羅!

→  犬の飼い方、費用、エサ、トイレ、しつけ、病気、老後のお世話まで

→  子犬の飼い方マニュアル。子犬のしつけや育て方、食事やシャンプーの注意点


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(5)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(363)
   猫/ネコ(157)
   犬/イヌ(206)
小型哺乳類/小動物(50)
   うさぎ(29)
   ハムスター(21)
鳥類(88)
   陸地に棲む鳥(79)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(43)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(638)
種類/品種(578)
繁殖/育成(510)
毛色/毛質(238)
性格/生態/特徴(495)
食事/餌/栄養(516)
病気/病院/治療(564)
しつけ(428)
トイレ(147)
選び方(479)
値段/価格(490)
ランキング/おすすめ(118)
口コミ/レビュー(150)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(15)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(724)
画像/動画(120)
まとめ(737)

人気記事ランキング