logo

Top > 鳥類 > 陸地に棲む鳥 > 陸地に棲む鳥の種類

どの種類が初心者にも飼いやすい?インコの人気種の特徴や飼い方。オウムとの見分け方も解説






鳥類の中でも、見た目の美しさや飼育しやすさという観点から、インコはメジャーなペットになってきました。
今やペットショップでもインコを見かけることは多いですよね。

インコはオウム目インコ科に属する鳥の総称であり、その数は約330種類もいます。
ただ、ペットとして飼われているインコはおおよそ限られていますので、本記事では人気を集めているインコの種類を中心にご紹介していきます。

これからインコをペットとして迎え入れようと考えている方は、本記事を参考にどの種類のインコを飼うか検討してみてください。

フレンドリーな性格の「セキセイインコ」

 

インコを飼っていない方でも、一度は聞いたことがある名前かもしれません。

セキセイインコは、今やインコを代表する となっています。

 

セキセイインコ

 

おしゃべりなインコの種類

 

インコの中でもポピュラーなセキセイインコは、何と言ってもおしゃべりなのが人気の理由の一つです。

一度は「動物と会話をしてみたい!」と思ったことのある方はいらっしゃるのではないでしょうか。

それを叶えてくれる可能性を秘めているのが、このセキセイインコです。

 

まだ小さいときから訓練を続けていけば、おしゃべりができるようになることがあります。

特に「パ行」が覚えやすいと言われてますので、パ行の練習から始めた方がいいかもしれませんね。

 

インコの中でもフレンドリーな種類

 

セキセイインコは、他のインコと比べてもフレンドリーさがあります。

物凄く情熱的でもないですし、そんなに神経質でもない、非常にバランスのとれた性格を持つインコの種類といっても過言ではありません。

特に初めてインコを飼われる方は、まずセキセキインコを検討してみても良いでしょう。

 

セキセイインコの基本データ

 

体長:約18cm

体重:約30g~40g

寿命:約5~10年

 

※セキセイインコの特徴や飼育方法を詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

→  セキセイインコの品種、色、値段、飼い方

 

 

飼い主へ深い愛情を注いでくれる「コザクラインコ」

 

コザクラインコは、少し丸みを帯びたフォルムをしています。

体は綺麗な緑色、顔は赤味がかっているのが特徴です。

 

コザクラインコ

 

インコの中でも最愛情深い種類

 

コザクラインコは別名「ラブバード」と呼ばれるほど、パートナーへの愛情が深いことで有名となっています。

そのため、飼い主をパートナーと認識し、情熱的なラブコールを貰える日々を送れるようになることもあります。

 

感情が表に出やすい品種

 

コザクラインコが愛情深いということは先述しましたが、その分、他の感情も表に出やすかったりします。

例えば、愛情深いものの、多頭飼いをした際に嫉妬心が出てきたりすることもありますし、留守が長く続くとストレスが溜まって病気になってしまうことだってあります。

 

情が深い分、その裏返しもあるということを十分に認識した上で飼うようにしましょう。

とても一途な性格なので、他のペットを飼っているとストレスが溜まってしまうことがあります。

 

なお、コザクラインコはアフリカ南西部のナミビア共和国という半乾燥地域に生息するインコです。

日本の冬はコザクラインコにとっては寒すぎるため、出来る限り20℃以上の室温を保つように心掛けましょう。

意外に声が大きいこともあり、集合住宅ではあらかじめ防音対策も必要です。

 

コザクラインコの基本データ

 

体長:約15cm

体重:約55g

寿命:約5〜15年

 

※コザクラインコの特徴や飼育方法を詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

→  コザクラインコの品種、性格、色、値段、飼い方

 

 


色鮮やかな羽根が魅力の「オオハナインコ」

 

インコはオスとメスの区別が非常につきにくいのですが、このオオハナインコはその差が歴然!

オスが緑色、メスが赤色をしています。

 

 

頭の良い種類のインコ

 

色合いだけではなく、オスはおっとりした性格・メスは活動的な性格と、内面でもはっきりと違いがあります。

外見もはっきりと異なり、オスはライムグリーンとスカイブルー、メスはワインレッドとブルーという色鮮やか配色になっています。

そのため、オスとメスのどちらを飼うかという観点も重要です。

 

頭の良いインコの種類なので、幼い頃から飼っていればしっかりと手懐けることができると思いますが、忙しいからと言ってあまり構う時間をとらなかったり、遊ぶ時間を十分に設けていないと拗ねてしまうこともあります。

そうなってしまうと、特にインコの思春期である3歳ほどになってきた際、攻撃的になることもあるため注意が必要です。

 

オオハナインコは大型インコでくちばしの力も非常に強いため、物を破壊されないようにご注意ください。

頑丈なケージかつこじあけられないように留め具を用意しておくことも大切です。

決して飼いやすいとは言えないですし、寿命がとても長いので、そのあたりも踏まえて飼育を検討するようにしましょう。

 

オオハナインコの基本データ

 

体長:約35cm

体重:約375~550g

寿命:約40年~50年

 

 

幼児並みの高い知能を持つ「 ヨウム」

 

全身がグレーに覆われていて一見地味な印象を持ちますが、尻尾の赤色が良いアクセントになっています。

環境変化に強く驚異的な知能を持つインコで、今や世界中で人気のコンパニオンバードです。

 

ヨウム

 

インコの中で最も認識能力が高い種類

 

尋常ではない賢さを備えており、その頭脳は鳥類最高峰とも言われているほどです。

人間に例えると、5歳児の知能と2歳児の感情を持っているとまで言われている優秀な種類。

 

その証拠として、アメリカのブランダイス大学にいたペッパーバーグ助教授が、ヨウムの賢さや知能指数を図るために、アレックスという名のヨウムを用いて数々の検証を行いました。

様々な実験の結果によると、アレックスは50種類もの個体と7つの色を認識できる知能が備わっていたということです。

また、足し算の概念を理解したり、思考していることをそのまま言葉にするという結果まで出しました。

以下に、アレックスが実際に多種多様な音を真似して出したり、人間と会話をしている様子がありますのでご覧ください。

 

 

ただ、大型のインコなので大きなケージが必要ですし、かなり声も大きいため防音対策も必須です。

爪やくちばしで周囲を傷つけることも十分に考えられますので、飼育難易度は高いと言えるでしょう。

初心者にはおすすめできないインコの種類です。

 

ヨウムの基本データ

 

体長:約33cm

体重:約410g

寿命:約50年

 

※ヨウムの特徴や飼育方法を詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

→  おしゃべり鳥ペットの代表!ヨウムの品種、色、値段、飼い方まで解説

 

 


小さくてカラフルな「マメルリハ」

 

小型のインコで、グリーン・ブルー・ホワイト・ファロー・シナモンなど、カラーバリエーションが豊富です。

比較的飼いやすいため、人気を集めているインコの種類となっています。

 

マメルリハ

 

小さくて活発なインコ

 

インコといえば、声が大きいため飼うのを躊躇する方が多いと思います。

しかし、マメルリハは大人しめのインコで、普段の鳴き声はそこまで大きくありません。

他のインコに比べるとあまり鳴き声が気にならないのですが、飼い主を呼ぶ際や機嫌が悪い時に大きな声を出すこともあります。

そのため、念のために防音対策をするか、一戸建ての住宅の方が安心して飼育できますよ。

 

そんなマメルリハは、小柄ながらも活発なインコです。

遊び好きでもあるので、ストレスが溜まらないように動き回れるケージを用意する必要があります。

 

また、マメルリハは他の鳥に対して攻撃性を見せることがあります。

オスとメスの相性の良いペアであれば同居は可能ですが、そうでない場合や他の鳥のとの飼育は避けるようにしましょう。

 

マメルリハの基本データ

 

体長:約12cm

体重:約26g

寿命:約15〜20年

 

※マメルリハの特徴や飼育方法を詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

美しいインコ「マメルリハ」ってどんな鳥?生態や性格、飼育方法を紹介

 

 

穏やかで賢い「オキナインコ」

 

南アメリカ大陸のアルゼンチンやパラグアイに生息しているインコです。

大きさはインコの中でも中型に分類されます。

 

オキナインコ

 

頭の良いインコの種類

 

物覚えが良く、人間の言葉や物音を覚えることがあります。

ただ、声が非常に大きいため注意が必要です。

一般家庭や集合住宅の場合は、近隣住民に迷惑のかからないよう、二重窓や防音カーテンなどの防音対策が必須と言えます。

 

また、活発で遊び好きであるために、ケージも大きめのものが必要です。

ストレスが溜まらないよう、出入りのしやすい前や天井が大きく開くケージで飼ったり、定期的に放鳥時間を確保してあげることが大切となります。

 

オキナインコの基本データ

 

体長:約29cm

体重:約100g

寿命:約15〜20年

 

 


太陽のような羽毛を持つ「コガネメキシコインコ」

 

コガネメキシコインコは、1970年代頃からコンパニオンバードとして知られるようになりました。

名前の通り、色あざやかな毛色が特徴的な種類です。

 

コガネメキシコインコ

 

インコの中でも遊び好きな種類

 

カラフルな毛色が綺麗で、英名は「sun(太陽)」です。

ご覧の通り、太陽のような色と輝きを放っていますよね。

 

非常に遊び好きな種類で、一緒に寝転がったり、構ってあげればじゃれ付いてきたり、まるで子供のような個体もいます。

ケージ で買う場合は、遊び好きを考慮して広めのスペースを確保してあげる必要があります。

また、人懐こくて遊び好きな性格なので、インコと触れ合う時間が確保できない人には飼育をおすすめしません。

 

鳴き声は甲高く響きやすいため、集合住宅での飼育は向いていません。

もし飼育を検討される場合は、防音対策が必須のインコです。

 

コガネメキシコインコの基本データ

 

体長:約30cm

体重:約100~120g

寿命:約18〜23年

 

 

陽気で人懐こいラテン系インコの「コンゴウインコ」

 

大型インコ類の中でも特に大きく、カラフルな毛色が特徴的です。

ホンジュラスにおいては、国鳥に指定されています。

 

コンゴウインコ

 

インコの種類でも最大種

 

性格は温和で人懐っこく、その様から「 のような 」とも言われているほどです。

しかし、インコの中でも最大の大きさを誇るということもあり、鳴き声の大きさも比例して物凄く大きいです。

コンゴウインコに関しては、集合住宅や一般家庭で飼育することは困難でしょう。

 

なお、音真似が得意で、人の声やよく耳にする電子音など、個体によっては上手に真似することができます。

愛情を注ぎながら飼育してあげれば、名前を呼べば来るようになったりすることもありますよ。

ただ、飼育難易度が高く寿命も長いということもあり、もし飼うのであれば相当の覚悟が必要です。

 

コンゴウインコの基本データ

 

体長:約80~100cm

体重:約1〜1.7kg

寿命:約50年

 

 


<名前にインコが付いているものの実はオウムの仲間>

 

オウム科の種類でも、中には名前にインコと付く品種がいます。

インコと間違われることも多いため、この項目でご紹介させて頂きます。

 

インコとオウムの違いは、頭に付いている冠のような羽である冠羽(かんう)のありなしによって簡易的に見分けることができます。

冠羽はオウム科特有のもので、インコ科にはありません。

 

 

赤いほっぺが魅力な「オカメインコ」

 

オカメインコの特徴は、赤いほっぺたです。

また、冠羽もチャーミングですよね。

 

オカメインコ

 

インコの中でも寂しがりやな品種

 

オカメインコは寂しがりやな傾向にあるため、日頃からペットと戯れたい方には良いかもしれません。

その名の通り「おかめ」のような頰から、オカメインコという名が付けられています。

 

また、神経質かつデリケートな性格を持ち合わせており、地震や大きい音のようなびっくりするようなことがあると物凄く驚いてしまいます。

そのため、怖がらせたりパニックにさせないよう穏やかに接してあげるようにしてください。

 

おっとりしているインコの種類

 

オカメインコの性格は非常に温和で、インコの種類の中でもほとんど喧嘩をしないタイプです。

ただ、多頭飼いをする際は、他のインコにいじめられる可能性もあるので注意が必要です。

出来る限り、オカメインコは一匹で飼うようにしましょう。

 

オカメインコの基本データ

 

体長:約30〜33cm

体重:約90g

寿命:約10〜14年

 

※オカメインコの特徴や飼育方法を詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

→  実はオウムの仲間です! オカメインコの歴史、品種、性格、飼い方

 

 


人懐こくコンパニオンバードとして人気の 「 モモイロインコ」

 

頭にはオウム科特有の冠羽があってゴージャスです。

その名の通り、全身が色あざやかなピンク色に包まれています。

見た目が美しいことと人に懐きやすいことから、コンパニオンバードとして注目を集めている品種です。

 

モモイロインコ

 

人間好きな種類

 

モモイロインコは比較的甘えん坊な傾向にあります。

飼い主や初対面の人にも、スキンシップをとってくれやすいですよ。

その他のオウムに比べてくちばしの力が強くない方なのですが、遊びがエスカレートしてくると徐々に噛み付いたりしてくることもあるので、甘やかしすぎには十分に注意をしてください。

 

モモイロインコは大型のオウムの中でもそんなに雄叫びをしないことでも知られています。

ただ、大型のオウムなので、声量は物凄く大きいです。

特に集合住宅の場合は防音対策が必須です。

 

モモイロインコの基本データ

 

体長:約40cm

体重:約300g

寿命:約40年

 

 

一口にインコといっても、姿かたちから性格まで様々です。

本記事がこれからインコを飼育しようと考えている方の参考になれば嬉しいです。

 

▼合わせて読みたいインコに関する記事

 

・  インコの飼い方、費用、しつけ、エサ、病気

・  インコの値段っていくら?人気の種類を羽色毎に解説!

・  インコの餌・食事について知っておきたいコト


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(5)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(374)
   猫/ネコ(163)
   犬/イヌ(211)
小型哺乳類/小動物(51)
   うさぎ(30)
   ハムスター(21)
鳥類(91)
   陸地に棲む鳥(82)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(44)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(21)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(650)
種類/品種(583)
繁殖/育成(517)
毛色/毛質(241)
性格/生態/特徴(509)
食事/餌/栄養(526)
病気/病院/治療(572)
しつけ(431)
トイレ(148)
選び方(482)
値段/価格(491)
ランキング/おすすめ(119)
口コミ/レビュー(153)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(15)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(739)
画像/動画(120)
まとめ(753)

人気記事ランキング