logo

Top > 鳥類 > 陸生鳥類 > 陸生鳥類の種類

コザクラインコの品種、性格、色、値段、飼い方






とてもきれいなコザクラインコ。
その羽根色と情熱的な性格は、生まれ故郷のアフリカを思わせます。

愛情の豊かな鳥で、ヒナの時から育てるとよく懐いてくれます。
コザクラと長い間幸せに暮らすためには、その個性をよく理解しておくことが大切。

そこで、コザクラインコの特徴、寿命、性格、値段、飼い方、餌、病気などをまとめました。

目次:コザクラインコの品種、性格、色、値段、飼い方

 

野生のコザクラインコ

鮮やかな羽根色がコザクラインコの魅力

コザクラインコは愛情豊かな鳥

コザクラインコの特徴

コザクラインコの鳴き声

コザクラインコはどのくらいの大きさ?

コザクラインコの寿命は?

コザクラインコの値段・価格は?

コザクラインコの飼い方

コザクラインコを飼うのに必要なもの

コザクラインコが美しく丈夫に育つ餌は?

コザクラインコの主食

コザクラインコが丈夫に育つ副食

インコをかごから出す時は事故に注意!

コザクラインコの病気

卵詰まり

細菌による感染症

風邪

 

 

野生のコザクラインコ

 

ペットとして インコ を飼う場合でも、野生でどのように暮らしているか知っておくことは大切です。

インコの性質や習慣を理解するのにとても役立ちます。

 

コザクラインコはアフリカの南西部、半乾燥地帯に生息する 。生息の条件は、近くに水場があること。

自分の縄張りに入ってきた相手には、たとえ自分より体が大きくても、勇猛果敢に向かっていきます。

 


鮮やかな羽根色がコザクラインコの魅力

 

 

オーソドックスなコザクラインコは、顔が赤、体は緑、尾羽根は赤や黄色、黒などの組み合わせで、丸い模様があります。

現在は品種改良により、淡い羽根色を持った子、顔がオレンジ色で体が黄色い子など、様々な羽根色のコザクラがいます。

 

コザクラインコは愛情豊かな鳥

 

つがいで飼うと、仲睦まじい姿が見られるでしょう。

一羽で飼うなら、飼い主がパートナーになってあげるつもりで。

 

コザクラが英語でlovebirdと呼ばれるのは、有り余るほどの愛を持っているからです。

とっても懐いてくれますよ。

 

十分かまってあげる時間がないと、コザクラインコはさびしくて自分の羽根を抜いてしまったり、攻撃的になったりします。

飼い主がパートナーになった場合、コザクラは他のペットや幼いお子さんにやきもちを焼く可能性があるので、前もってよく考えましょう。

 

飼い主に甘えて咬むときでさえ、あまり手加減してくれないので、血が出ることもあります。

また、物を壊すこともあるので、貴重なものや壊れやすいものには気を付けましょう。

 

一羽で飼っていたコザクラにパートナーを迎える時は、すぐに同じかごに入れるとびっくりしてしまいます。

相性が合わない場合、ケンカになることもあります。

 

他のかごに入れて隣り合わせに置き、何日か様子を見ましょう。

大丈夫そうだったら、同じかごに入れます。

相性が悪い場合は、諦めた方がいいでしょう。

 


コザクラインコの特徴

 

コザクラインコの鳴き声

 

コザクラインコの鳴き声はけたたましいので、アパートやマンションでは問題となるかもしれません。

インコ類の中では、人間の言葉を覚えるのが苦手な方です。

 

コザクラインコはどのくらいの大きさ?

 

体長は約15cm、体重は40~60gくらいです。

 

コザクラインコの寿命は?

 

コザクラインコの寿命は7年から12年くらい。

中には15年以上長生きする子もいます。

 

コザクラインコの値段・価格は?

 

ノーマルな羽根色のヒナは、1万円以下で手に入ります。

羽根色が珍しいと 値段 が上がります。

 

すでに手乗りになっている成鳥は、3万円くらいです。

羽根色が珍しく、しかもよく馴れている成鳥は、6万円くらいする場合もあります。

 

コザクラインコの飼い方

 

 

ここからはコザクラインコの 飼い方 を解説します。

まずは飼育に必要な用具から確認していきましょう。

 


コザクラインコを飼うのに必要なもの

 

まず、鳥かご、止まり木、エサ入れ、水入れが必要です。

床材は、紙を敷けば掃除が簡単です。

 

水浴びも好きなので、体が入るくらいの浅い容器に、水を入れてあげましょう。

 

インコはみんな遊び好き。

ストレスをためないためにも、小鳥用のおもちゃを入れてあげるといいですね。

ただし、巣作り用の材料と勘違いして、壊してしまうことができないようなものを選びましょう。

 

コザクラはアフリカ出身の鳥なので、冬の寒さには注意が必要。

ペット用ヒーターなどを用意しましょう。

温度が15度以下にならないようにします。

 

コザクラインコが美しく丈夫に育つ餌は?

 

コザクラインコの主食

 

主食はシードかペレットを与えます。

 

シードなら、ひえやカナリーシードなどが混合されたものを選びましょう。

殻付きの方がいいと言われています。

 

毎日殻を吹き飛ばし、新しい を加えてあげます。

3日に一回くらいは全部交換します。

シードにカビが生えたり、虫が入ったりすることがあるからです。

 

ペレットというのは配合飼料で、インコが必要な栄養素がほぼ全て入っているようです。

ただ、食べたがらない子もいるので、その場合はシードに混ぜて慣らすなどの工夫が必要でしょう。

 

コザクラインコが丈夫に育つ副食

 

シードを主食として与える場合は、小松菜やチンゲン菜などの青菜が必須です。

 

毎日でなくてよいので、新鮮なものを与えましょう。

洗濯ばさみでかごに止めてあげると簡単です。

よく洗って、水気を切ってからあげましょう。

 

しおれたら、すぐに取り出して捨てることです。

古くなった青菜がケージに残っていることがないようにしましょう。

 

カルシウム補給のためには、小鳥用のカトルボーン、つまりイカの骨がいいでしょう。

牡蛎の殻を砕いたボレー粉もあります。

どちらも汚れていることがあるので、熱湯消毒をして、乾かした後に与えましょう。

コザクラインコはものをかじるのが好きなので、カトルボーンはお勧めです。

 

人間が食べているものを欲しがることもありますが、絶対に与えないでください。

小鳥には消化できないものもあり、危険です。

 


インコをかごから出す時は事故に注意!

 

コザクラインコはとてもよく馴れるので、一緒に遊ぶのも楽しいものです。

 

かごから出す前に、インコを火傷させてしまうものがないか、見まわしてみましょう。

また、放鳥時は、インコと一緒にいてあげましょう。

ドアに挟まれるなどの事故が頻発しています。

 

コザクラインコの病気

 

 

卵詰まり

 

どんな動物にとっても、出産は一種の危機です。

繁殖させる予定がない場合は、巣箱や巣の材料になるものは置かないことです。

 

卵詰まりの原因は、カルシウム不足や度重なる妊娠、若すぎるため、または年を取りすぎていることなどです。

 

繁殖させたい場合も冬場は避け、インコが寒くないように気を配りましょう。

寒いと卵詰まりが起きやすくなります。

 

卵が詰まるとお腹がふくらんでいるのに出産できず、うずくまって苦しそうにします。

獣医さんに診てもらわなければならないでしょう。

 

細菌による感染症

 

嘔吐や下痢、口臭、生あくびなどの症状が見られたら、感染症にかかった疑いがあります。

予防としては、餌や水、鳥かごを清潔に保つこと。

特にヒナの挿餌は水分が多く、傷みやすいので要注意。

 

風邪

 

くしゃみ、鼻水、咳、食欲低下は風邪のしるし。

予防としては、室温の管理、バランスの取れた餌で抵抗力をつけることです。

 

病気かもしれないと思ったら、早めに獣医さんに見せましょう。

インコは調子が悪くても元気そうに見せる気丈な鳥ですから、飼い主が気を配らなければなりません。

 

獣医さんに連れていくときは、キャリー用ケージに入れるのが便利です。

寒ければ使い捨てカイロなどで保温します。

また、十分空気が入るよう気を付けましょう。

 

 

コザクラインコの英名は lovebird

 

つがいで飼えば、仲睦まじいカップルの姿に心癒されます。

一羽で飼えば、あなたをたくさん愛してくれます。

コザクラの愛を受け止められますか?

インコの個性を理解すれば、飼い主もインコも幸せ!


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(16)
   カピバラ(2)
   ブタ(2)
中型哺乳類(369)
   猫/ネコ(142)
   犬/イヌ(193)
小型哺乳類/小動物(65)
   うさぎ(27)
   ハムスター(19)
鳥類(82)
   陸生鳥類(71)
   水生鳥類(7)
魚類/甲殻類/水生生物(61)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(13)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(598)
種類/品種(558)
繁殖/育成(472)
毛色/毛質(231)
性格/生態/特徴(451)
食事/餌/栄養(494)
病気/病院/治療(539)
しつけ(405)
トイレ(145)
おもちゃ(15)
選び方(467)
値段/価格(481)
ランキング/おすすめ(114)
口コミ/レビュー(148)
旅行/ホテル/レストラン(23)
寄付/募金(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(680)
画像/動画(121)
まとめ(693)

人気記事ランキング