logo

Top > 魚類/甲殻類/水生生物 > 淡水魚 > 淡水魚の種類

金魚を飼う方に。種類、値段、病気、飼い方、飼育グッズなど






金魚はペットとしてもなじみの深い生きもの!飼ったことがあるという方も、多くいらっしゃることでしょう。
お祭りの金魚すくいで持ち帰った金魚を、育てたことがある、という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな身近な金魚でも、詳しい生態や様々な品種、特徴となると、意外に知らないことがあります。

これを機に金魚についてもっとく詳しくなりたい!というそこのあなた、ぜひ本記事をお読みになって、新しい知識を蓄えましょう!

この記事をご覧になって、金魚を飼いたいという方が一人でも増えれば幸いです。

1. 金魚について知ろう! ~はじめに~

 

goldfish

 

金魚ときいて、皆さまは何を思い浮かべるでしょうか?

縁日のお祭りの金魚すくい?巾着型が愛らしい、ガラスの金魚鉢?それとも、品評会などで見られる、珍しい品種の高級金魚たち?

 

きっと皆さまの思い出の中にある、様々な金魚を思い浮かべられたことと思いますが、それほど金魚は日本人にとって身近な生きもので、飼育も簡単なペットです。

 

既に飼ったことがある!現在飼っている!という方も多くいらっしゃることでしょう。

今回はそんなペットとしておなじみの、金魚についてご紹介致します!

その際、皆さまに分かりやすくご理解して頂くため、簡単な流れにそって、各項目をご覧頂きます。

 

まず最初に、金魚という生きもののバックグラウンドを、歴史や生態などから把握して頂きます。

その上で、詳しい金魚の性格や寿命、かかりやすい病気といった細かいデータをお知り頂き、さらに具体的な飼い方につながる事前知識を蓄えて頂きます。

以下の項目が、本記事の内容となります。

 

【目次】金魚の飼い方

 

 

1ページ目 :

 

1. 金魚について知ろう! ~はじめに~

2. 金魚について知ろう! ~①歴史は?~

3. 金魚について知ろう! ~②品種とそれぞれの値段は?~

1. ワキン(和金)

2. リュウキン(琉金)

3. コメット

4. デメキン(出目金)

5. ランチュウ(蘭鋳)

4. 金魚について知ろう! ~③特徴や生態は?~

5. 金魚について知ろう! ~④性格は?~

6. 金魚について知ろう! ~⑤寿命は?~

 

2ページ目 :

 

7. 金魚について知ろう! ~⑥かかりやすい病気は?~

・白点病(繊毛虫イクチオフティリウス寄生症)

・尾腐れ病

・エピスチリス症(ツリガネムシ寄生症)

・アルグルス症(ウオジラミ寄生症・チョウ寄生症)

・転覆病

8. 金魚について知ろう! ~⑦飼う前に準備するものは?~

1. 水槽

2. 水草

3. エサ

9. 金魚について知ろう! ~⑧金魚を選ぶポイントは?~

丈夫で健康な金魚 である、ということです。

10. 金魚の基本データ

 

これらの項目を、順番に見ていきます。

それでは早速、①歴史を見ていきましょう!

 

 

2. 金魚について知ろう! ~①歴史は?~

 

goldfish

 

金魚の起源はとても古く、西暦3~4世紀頃の、中国南部にはじまるとされています。

そこで発見されたのが、現在の金魚のルーツとなる、突然変異種のフナでした。

金魚の祖先は、フナだったのです。

 

通常フナは黒っぽい体色をしていますが、突然変異したものは赤や黄色をしており、尾びれの形も変化しています。

10世紀頃の中国では、赤や黄色のフナは神聖視され、大切にされました。

やがて珍しい色のフナが固定化されると、金魚の原種であるワキンが誕生し、さらに品種改良を重ねて様々な金魚が生まれました。

 

日本に金魚が伝わったのは16世紀の室町時代(1502年)で、その後たびたび、中国や琉球を経て輸入されるようになります。

金魚は大変高価な輸入物で、江戸時代初期には大名などの富裕層の間で取引されていました。

1784年には、『金魚養玩草(きんぎょそだてぐさ)』という日本ではじめての金魚本がうまれ、金魚の歴史や飼育法などが本格的に執筆されています。

 

19世紀に入ると日本各地で金魚の養殖が盛んになり、庶民の間でも金魚の飼育が流行します。

金魚は「江戸の名物」、といわれるほど人気のペットとなります。

そして現在、中国や日本から輸出された金魚が、ヨーロッパやアメリカなど世界各国で親しまれているのです。

 

 


3. 金魚について知ろう! ~②品種とそれぞれの値段は?~

 

goldfish

 

金魚には様々な品種が、複雑な系統とともにあります。

金魚の生まれ故郷でもある中国では、120~130種類の品種があるといわれるほど、金魚の種類は日々多様化しています。

ここでは特に、主要な品種を 5種類 ご紹介致します。

 

1. ワキン(和金)

 

 

金魚の中で、もっともポピュラーな品種、それが ワキン です。

中国からはじめて日本に渡来した品種で、金魚すくいでもおなじみの金魚です。

一番はじめに日本に来た金魚ということで、”和金”と命名されました。

 

胴長で頭部は小さく、原型であるフナにもっとも近い体形をしています。

大きいものですと、体長 25cm ほどにもなります。

尾びれの形は、二つ尾(フナ尾)、三つ尾、四つ尾、花弁のようなサクラ尾があり、二つ尾がもっとも一般的です。

 

体色は、 サラサ と呼ばれる赤と白のまだら模様があり、濃い赤色や、白地に緋色のコントラストが美しいものほど価値があるといわれています。

全身白色のものは、あまり価値がないとされます。

 

原種に近いため、体質が強く丈夫で、きちんと世話をすればかなり長生きをする金魚です。

はじめてお飼いになる方にも、オススメの品種といえます。

 

お値段は、金魚すくい用の小さな個体だと 20円前後 、鑑賞用の個体の場合、 1500~3000円前後 、で購入することができます。

個体によってかなり価格に差がありますが、とても飼いやすい品種ですから、気に入ったものがあればぜひお飼いになってみてください。

 

2. リュウキン(琉金)

 

 

リュウキン は、ワキンに次いで、日本の代表的な金魚です。

江戸時代に、中国から琉球を経て輸入されたので、この名前がつきました。

 

もともとワキンから生まれた個体で、小さな頭部に短い胴が特徴的です。

全体的に丸みを帯び、長い尾びれが優雅な金魚ですが、大きいものだと体長 18cm ほどにもなります。

尾びれの形は、三つ尾、四つ尾、サクラ尾などがあり、二つ尾のものはあまり価値がないとされ、出回りません。

 

体色は サラサ などがありますが、白色は価値が低めです。

飼育もワキンと同様、比較的容易です。

 

お値段は、 300~8000円前後 と、個体によってかなり差があります。

お安く購入されたいという方は、ホームセンターで取り扱っているものですと、1000円以内でお求めになることができます。

少し値が張っても、美しい色や模様、体のバランスにこだわりたいという方は、気に入る個体が見つかるまでお店をめぐってみるのも良いでしょう。

 

3. コメット

 

 

コメット は、アメリカで作出、固定された、リュウキンの突然変異種です。

長く美しい「吹き流し尾」が特徴的で、まさに彗星(コメット)のようです。

 

体形は胴長のワキン型で、尾びれは長く、二つ尾が一般的です。

リュウキンから生み出された品種ですが、ワキンに近い体形なのは、フナとの交配があるためだといわれています。

そのため丈夫な金魚で、大きなものだと 25cm ほどにもなります。

 

体色は サラサ などがありますが、白色のものはあまり出回りません。

流通しているものの多くは、サラサの模様です。

 

前述した通り丈夫な金魚のため、飼育が容易な品種です。

 

お値段は、 200~2000円前後 と、個体によって少し差はありますが、比較的お安く手に入れることができます。

ペットショップでもよく見かける品種ですから、お近くのお店でぜひ購入されてはいかがでしょうか。

 

4. デメキン(出目金)

 

 

ユニークな姿が特徴的な デメキン は、金魚の中でも親しみ深い存在です。

もともとリュウキンから出た”出目”と呼ばれる突然変異の金魚を、固定してできたのがはじまりでした。

日本に輸入されたのは明治期で、中国では500年も前から飼育記録が残っています。

 

リュウキンから出た品種だけあって体形もよく似ていますが、何といっても特徴的なのは、左右に突出した眼球です。

この目は、孵化後3ヵ月頃から徐々に突出してきます。

体長は、大きなものですと 18cm ほどにもなります。

 

体色は、アカデメキンと呼ばれる 赤色 のものがオリジナルでしたが、やがて 黒色 のクロデメキンが作られました。

同じアカデメキンから作られたサンショクデメキンは、混色の華やかな金魚です。

この サンショクデメキン には、特徴的な鱗があります。

 

普通、金魚は色素胞をもつ 普通鱗 と、色素胞のない 透明鱗 のどちらかを持っていますが、サンショクデメキンには両方が混ざり合っています。

(両方が混ざった鱗を、 モザイク透明鱗 といいます。)

そのため鱗の色が様々に変化し、赤、黄、青、紫、黒などの、ほかには見られない様々な体色があらわれます。

この体色を利用した品種改良が行われ、生み出された個体も多くあります。

 

また、デメキンの特徴である大きな眼球は、デリケートなため事故などで傷付けないように配慮が必要となります。

基本的に飼育は難しくはありませんが、外傷などには充分気を付けましょう。

 

お値段は、金魚すくい用の小さな個体は 20円前後 、そのほかの個体は 1000~2000円前後 と、お安く購入することができます。

取り扱いには少し注意が必要ですが、可愛がって育ててあげるには充分魅力のある金魚です。

 

5. ランチュウ(蘭鋳)

 

 

ワキンから作出された ランチュウ は、その泰然とした姿から、「金魚の王さま」と呼ばれることもあります。

丸みを帯びた体形から、かつてはマルコとも呼ばれていました。

現在のような姿になったのは江戸時代末期から明治期頃で、もっとも伝統のある高級金魚といわれています。

どっしりとした体躯と、ゆったりとした泳ぎ姿は、現在も多くの愛好家に好まれています。

 

この金魚の一番の特徴は背びれがないことと、頭部に発達した肉瘤(にくりゅう)です。

この発達具合が鑑賞の対象ともなり、美しい体形のものは非常に高価な値段が付きます。

尾びれは三つ尾、または四つ尾のものがあり、やや肉厚で小さめです。

体長は大きいものですと、 15cm 程度になります。

 

体色は 黄金色 や、 サラサ が一般的で、独特の透明感があります。

飼育はやや難しいとされます。

 

お値段は、 1000~10000円前後 と、ほかの品種に比べて少し高めです。

体形の美しいものですと、さらに高価になることもあります。

とはいえ、手に入りやすい値段のものもありますから、ゆったりとした優雅な姿に魅了された方は、ぜひお飼いになってみてください。

 

 

4. 金魚について知ろう! ~③特徴や生態は?~

 

goldfish

 

金魚の祖先は前述したように、フナです。

ですから金魚はフナと同様、コイ科の淡水魚で、 温かい水を好みます

とはいえ、一定の温度でなければいけないということではありません。

 

金魚は、 0度~40度 の水温に耐えることができます。

かなり温度に幅がありますが、変温動物ですから、まわりの変化に合わせて体温を変えることができます。

そのため、屋外の池などで飼育することも可能です。

 

しかし、金魚は 急激な水温の変化には大変弱い 生きものです。

屋外の温度変化に耐えられるのは、季節の移り変わりによる穏やかな変化のためです。

室内の水槽でお飼いになる場合には、水温を 25度~30度 くらいに保つことをオススメします。

 

また、体液には0.8%の塩分が含まれているので、0.5%程度の塩分が含まれた水の中でも生活することができます。

水は 止水性を好み 、強い流れが苦手です。

特に デメキン リュウキン ランチュウ などは、静かな環境で飼育するのが良いでしょう。

 

水深も、深いものよりは 浅いものを好みます

人間に飼育されてきた歴史がありますから、 20 30cm前後 の浅めの容器が、金魚の生態には合っているのです。

 

このように身近な金魚でも、知られていない生態、見過ごしていた特徴があったのではないでしょうか。

次の項目では、金魚の性格を見ていきます。

 

 


5. 金魚について知ろう! ~④性格は?~

 

goldfish

 

金魚の性格?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、金魚は様々な個性に溢れています。

 

金魚は比較的、 大人しい性質 であるといわれています。

品種の違いや体長の大きさに差があっても、金魚がお互いにケンカをすることはありません。

その理由は、人間とともに穏やかに暮らしてきた歴史にあり、外敵の危険のない環境から生まれたものだと考えられます。

 

また、様々な 環境に適応できる 高い能力も合わせ持ち、毎日決まった時間にエサやりをすると、その時間を覚えるようにもなります。

飼い主さんが愛情を注いでお世話をすれば、人慣れした可愛い金魚になり、とても育てがいがあります。

しかし、当然のことながら、乱暴に扱えば臆病な金魚となってしまいます。

お世話は毎日きちんと行い、もちろんエサも美味しいものを与えてあげましょう。

 

どのようなエサを好むのかというと、金魚は雑食性なので、大抵のものは良く食べます。

しかし、 好き嫌いがあります

一般的に、稚魚のときは 動物性のエサ が好きで、成長すると 植物性のエサ を好むようになります。

 

動物性のエサにはミジンコやアカムシなどの天然餌料、ペレットなどの人工餌料などがあります。

植物性のものには浮草のほか、人工餌料が一般的です。

ペットショップに行くと色々なものがありますから、金魚の好みに合わせて購入してあげると良いですね。

 

 

6. 金魚について知ろう! ~⑤寿命は?~

 

goldfish

 

金魚の寿命は、 10年前後 といわれています。

丈夫な品種だとかなり長生きをするようで、20~30年生きたという報告もあります。

中には40年以上生きたという気録もあるようですから、お飼いの金魚が長生きできるよう、ぜひ大切にお世話してあげてください。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(8)
   カピバラ(1)
   ミニブタ(1)
中型哺乳類(280)
   猫/ネコ(108)
   犬/イヌ(151)
小型哺乳類/小動物(51)
   うさぎ(26)
   ハムスター(16)
鳥類(46)
   陸生鳥類(38)
   水生鳥類(4)
魚類/甲殻類/水生生物(42)
   熱帯魚(18)
   淡水魚(13)
爬虫類(20)
   蛇/ヘビ(3)
   トカゲ(5)
両生類(7)
   ウーパールーパー(1)
   カエル(3)
虫/昆虫(10)
   カブトムシ/クワガタ(5)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(29)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(5)
   寄付/募金/殺処分(5)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(451)
種類/品種(385)
繁殖/育成(342)
毛色/毛質(167)
性格/生態/特徴(284)
食事/餌/栄養(350)
病気/病院/治療(395)
しつけ(319)
トイレ(116)
おもちゃ(12)
選び方(347)
値段/価格(362)
ランキング/おすすめ(76)
口コミ/レビュー(105)
旅行/ホテル/レストラン(10)
寄付/募金(10)
おもしろペット(64)
飼育知識/豆知識(484)
画像(63)
まとめ(488)

人気記事ランキング