logo

Top > 鳥類 > 文鳥

文鳥の品種、値段、性格、飼い方






文鳥は美しい羽毛、優しいさえずりが人気のペットです。
もはや小型ペットの定番のひとつ、といってもいいかもしれません。

最近ではいろいろな品種も増えてきて、小さく愛らしい姿でわたしたちを楽しませてくれます。

今回はそんな可憐な文鳥の、様々な基本的知識に加え、飼う前にぜひ知っておいて頂きたいポイントをまとめてご紹介致します!

本記事をご覧になって、文鳥を飼いたい!とお思いになる方が一人でも増えれば幸いです。

1. 文鳥について知ろう! ~はじめに~

 

javasparrow

 

文鳥といえばなめらかな羽毛や優しい鳴き声が有名で、日本人にはペットとしてもおなじみの小鳥です。

早速「飼ってみたい!」とお思いの方もいらっしゃることでしょうが、お飼いになる前に、文鳥のことについてぜひ知って頂きたいことがいくつかあります。

 

本記事では、特にわかりやすく理解して頂けるよう流れにそって順番にご紹介していきます。

 

まず最初に、文鳥という動物そのものについてのバックグラウンドをご紹介致します。その上で、さらに詳しい品種や値段、特徴や性格といった細かなことまでお知り頂き、その後、具体的な飼い方に向けての事前知識を蓄えて頂きます。

主な項目としては、以下のものがあります。

 

【目次】

 

①文鳥の歴史

②文鳥の品種・値段

③文鳥の特徴

④文鳥の性格

⑤文鳥の寿命

⑥文鳥がかかりやすい病気

⑦文鳥を飼う前に準備するもの

⑧手乗り文鳥について

 

これらの項目を順番に見ていきます。

それでは早速「①文鳥の歴史」について見ていきましょう!

 

 

2. 文鳥について知ろう! ~①文鳥の歴史は?~

 

javasparrow

 

文鳥はインドネシアのジャワ島原産の小鳥です。

英名で「Java Sparrow」 (ジャワの雀) と呼ばれるほど、雀のようにありふれた野鳥でしたが、なめらかな羽毛の美しさとエキゾチックな魅力で、見るものをとりこにしてきました。

 

そもそも「文鳥」という名は、「色あざやかで美しい模様の鳥」という意味をもつ、中国から入ってきた言葉です。

400年以上前に、ジャワ島から野生文鳥が日本にはじめて輸入され、以来たびたび中国を経由してオランダ船で運ばれてくるようになりました。

 

江戸時代には鑑賞用としてかなり高価な値段で取引きされ、多くの武士たちの目を楽しませてきましたが、明治期になると繁殖が盛んに行われるようになり、やがて身近なペットとしての地位が築かれました。

 

イギリスやオランダでは、より美しい文鳥を求めて何度も品種改良がなされ、あたらしい色模様の文鳥が生まれました。

今では様々な品種のものが仲間入りを果たし、どれも美しい「文鳥」として、たくさんの人たちに愛されています。

 

さて、その色鮮やかで様々なバリエーションを誇る文鳥の品種とは、いったいどのようなものがあるのでしょうか?

次の項目で見ていきましょう。

 

 

3. 文鳥について知ろう! ~②文鳥の品種とそれぞれの値段は?~

 

 

文鳥には様々な品種がありますが、大きく5種類に分けることができます。

 

1. ノーマル文鳥

 

 

野生の文鳥、またはそれと同じ模様のものを ノーマル文鳥 といいます。

野生の文鳥はかつて大量に輸入されていましたが、現在はワシントン条約で守られており、日本で原種に近いカラーのものが繁殖されています。

 

鮮やかに目を引く白い頬に、紅サンゴのようなクチバシ、黒い頭部に濃灰色の胸、そして赤味がかった褐色の腹部という美しいコントラストカラーは、日本のペットショップでもすっかりおなじみの姿になりました。

 

気になるお値段は、 1500~2000円前後 と他の品種よりも少しお求めやすくなっています。

 

あまり数は多くないようですが、後述の桜文鳥にも似た模様の個体が多いため、混同されたり、ノーマルカラーに近いものが桜文鳥として取り扱われたりしていることもあります。

桜文鳥の中からノーマルに近いものを探してみるのもいいかもしれません。

 

2. 桜文鳥

 

pied

 

桜文鳥 はもっともポピュラーな品種といっても過言でないほど、よく見られる文鳥です。

 

ノーマル文鳥のカラーに白いぼかしが入ったもの、白文鳥により近くなったパイド(まだら)化が強いものなど、模様にバリエーションがあるのが特徴です。

白いまだら模様が桜の花びらのように美しいことからこの名前がつきました。

 

白いまだら模様は、白文鳥を生み出す過程で発生した、色素を抑える遺伝子がもとで生まれます。

一羽ずつまだら模様は違うため、他の文鳥とは違うオリジナリティを求めたい場合は良いかもしれません。

 

繁殖の際に人工飼料などで育てられているので、一般的に体格も色つやも優れた個体が多いといわれています。

そのため、はじめてお飼いになる方でも安心して手に入れられる品種といえるでしょう。

 

お値段は、 2000~3600円前後 とお手頃です。

ヒナのうちから購入すれば、少しお安く手に入れることもできるでしょう。

 

3. 白文鳥

 

 

いわゆるアルビノとは違い、色素を抑える遺伝子が作用して白くなった文鳥を  白文鳥 といいます。

大福のような可愛らしい見た目が特徴的です。

 

明治に入って繁殖が盛んになった頃に、愛知県弥富市で突然変異の全身純白の文鳥が生まれ、徐々に増えていきました。

現在でも数ある品種の中で根強い人気をもち、定番カラーのひとつです。

 

日本で生まれたことから「Japanese Rice Bird」とも呼ばれ、雪白の羽毛に紅いクチバシとアイリングが映えて美しい品種ですが、

比較的手に入りやすいのではじめての方にもオススメです。

 

お値段は、 2500~3600円前後 と、桜文鳥とほとんど変わりませんが、やや高い傾向のものもあるようです。

こちらも、ヒナから購入することでお安く手に入れることもできます。

 

4. シナモン文鳥

 

 

シナモン文鳥 は、ノーマルに似た模様でカラーが茶色の、比較的新しい文鳥です。

1970年代にオランダで生まれました。

 

「フォーン文鳥」とも呼ばれ、特徴でもある上品なシナモン色は、黒を発色するメラニン色素が欠落しているためあらわれるもので、虹彩や瞳孔も赤色をしています。

色素が欠落していますから、日光を長く浴びるのは良くないといえます。

 

お値段は 5000~6500円前後 と少し高めです。

 

体質的に弱いといわれることもありますが、品種として確立されているので、ものすごく病弱な文鳥というわけではありません。

きれいなシナモン色に惹かれた方は、ぜひお飼いになることをオススメします。

 

5. シルバー文鳥

 

 

シルバー文鳥 とは、1980年代にヨーロッパで生み出された文鳥です。

ノーマル文鳥のカラーが全体的に薄くなり、美しい銀灰色となった品種で、これも色素を抑える遺伝子が作用しているようです。

 

カラーの濃さは個体によって差があり色幅が大きいため、薄いものをライトシルバー、濃いものをダークシルバーと呼ぶこともあります。

シナモン文鳥と同じく日光浴は短めにするのが良いでしょう。

 

お値段は 5000~9700円前後 とこちらも若干高めです。

店舗によって価格が異なることが多いようですから、気に入った個体が見つかるまで探してみるのもいいかもしれません。

 

 

4. 文鳥について知ろう! ~③文鳥の特徴は?~

 

 

文鳥は体長14cm、重さはたった25gほどの小さな小鳥です。

よくあげられる特徴としては、なめらかな羽毛の美しさと優しい鳴き声があります。

 

文鳥は体温が高い

 

このほかにも、文鳥には意外に知られていない特徴があります。

実は文鳥はとても 体温が高い のです。

 

その温度はなんと、 42度 と高温です。

文鳥に限らず、小鳥は寒さに弱い生きものとして知られていますが、その理由はこの体温の高さにあります。

少しでも体温が下がると体の機能がにぶり、数日で死に至ることもあるのです。

 

もともと文鳥は、熱帯地方のインドネシア原産の小鳥ですから、寒さに強くありません。

低温下だと免疫力も落ちて、病気にもかかりやすくなりますから、冬場は特に注意をして、室内の温度を一定に保ってあげましょう。

 

文鳥は水浴びが大好き

 

さらにもうひとつ、文鳥の健康にも関わる重要な特徴があります。

それは、 水浴びが大好き ということです。

 

 

文鳥は、水浴びをすることで羽毛を清潔に保つとともに、体調をととのえているといわれています。

羽毛の汚れを放っておくと、下痢などの原因になったり、体調を狂わせたりすることもあるそうです。

 

このように、文鳥に水浴びは欠かせませんから、ケージの中には常に充分な水を用意してあげましょう。

もちろん毎日きれいなものを用意し、夏場はこまめに取りかえてあげましょう。

 

文鳥は鳴き声がうるさくない

 

鳥類で有名なペットですと他に インコ がいますが、インコの鳴き声は想像以上に大きいです。

しかし、文鳥に関しては鳴き声が大きくないためマンション住まいでも近所迷惑にならないと思います。

もちろん個体差はありますので、発情期などによっては鳴き声が少々うるさく感じてしまうこともあるかもしれません。

一般的には鳴き声がうるさくないので飼いやすいです。

 

 

5. 文鳥について知ろう! ~④文鳥の性格は?~

 

javasparrow

 

文鳥はとても 陽気 で、 活発 な性格であるといわれています。

明るい鳴き声や、ピョンピョン飛び跳ねる姿を思い浮かべると、納得のいく性格ですね。

実はこの活発さには理由があります。

 

もともと野生の文鳥は、特にリーダーはいないので群れでいたとしても主従関係はなく、常に餌の奪い合い、縄張り争いが絶えない動物です。

そのためいくらか闘争的で好き嫌いが激しいという性質があり、それが明るい陽気さや活発さと結びついています。

 

さらに、 繊細な一面 もあります。

これも縄張り意識などからきたもので、特に人見知りが激しい文鳥は、新入りの文鳥に厳しく当たることがあります。

 

既に文鳥がいる家で新しい個体を飼うときや、別種の小鳥を飼っているところへ文鳥を引き入れるときなどは、慎重になる必要がありそうです。

中には、人見知りをするあまり、ちょっとしたことで怖がってしまったりして、飼い主さんに慣れるまで時間がかかる子もいるかもしれませんが、根気よく愛情を注いであげましょう。

 

文鳥は一度懐くと、「ペア」の意識からとても一途なパートナーになってくれます。

そのため、飼い主さんとの信頼関係は大切です。

 

javasparrow

 

信頼関係を築くためにも、文鳥に やってはいけないこと がいくつかあります。

 

それは、 指先やペンの先などを向ける ことです。

指先やペン先は、文鳥にとってのクチバシのようなものなので、威嚇されたと思ってしまいます。

 

ほかにも、 怒ったり叱ったりして何かをやめさせようとしてはいけません。

全て、文鳥に向けられた「攻撃」と見なされてしまいます。

優しく話しかけたり、毎日きちんとお世話をしてあげることで、良い信頼関係を築いていきましょう。

 

 

6. 文鳥について知ろう! ~⑤文鳥の寿命は?~

 

javasparrow

 

文鳥の1年は人間の10年に相当するといわれています。

平均寿命は 7~8年 と人間と比べてとても短いものです。

 

とはいえ、中には18歳まで生きた白文鳥もいるようですし、自分の可愛がっている文鳥には少しでも長生きをさせてあげたいという気持ちになります。

そのためには、やはり飼い主さんが毎日健康チェックをしてあげて、愛情たっぷりのお世話をしてあげることが大切です。

 

また、長く文鳥と付き合っていく上で欠かせないのが爪切りです。

爪切りを怠ってしまうと怪我をさせられてしまったり、止まり木にうまく乗れなくなってしまうことなどが考えられます。

その他に爪の伸び過ぎで指が変形してしまう可能性もあるため、寿命を長く保つためには爪切りをしないのは良くありません。

 

ところが、文鳥は爪切りをしづらいということで頭を悩ませている飼い主さんも多くいることかと思います。

文鳥の爪切りを病院でやってもらえばリスクが少ないですが、それを毎回続けるのも大変ですよね。

爪切りの時にはタオルを被せたあげたり、できるだけ文鳥をリラックスさせた上で爪切りをしてあげると良いでしょう。

その際、くれぐれも爪の中にある血管まで切れないように、白い部分だけを切るようにしてください。

 

いつから爪切りを始めるのが良いかと言うと明確に決まっているわけではありませんが、生後2ヶ月ぐらいからで大丈夫です。

目視で伸びてきたと思ったタイミングで切ってあげるのがベストだと思います。

 

 

7. 文鳥について知ろう! ~⑥文鳥がかかりやすい病気は?~

 

 

文鳥がかかる病気は様々ありますが、ここでは主要なものをいくつかあげます。

 

呼吸器系疾患 「気道炎」

 

・原因…細菌やウイルス、喉などの傷や空気の汚染、急激な寒さによって起こります。

・症状…喉からぷちぷち音がしたり、咳をすることが多くなります。くしゃみや鼻水が出て、だんだん食欲がなくなります。

・予防…栄養のある餌と、青菜を与えましょう。タバコや殺虫剤、ヘアスプレーを文鳥のいる部屋で使わないようにします。

 

生殖器系疾患 「卵づまり」

 

・原因…カルシウム不足で軟卵となったり、輸卵管に血行障害が起こることで生じます。

・症状…産卵予定日の頃、巣の上などで卵を産めないままつらそうに羽根を膨らませていることがあります。

・予防…カルシウムが不足しないよう副食を与え、急激に冷え込む日などはしっかり保温をしましょう。

 

栄養障害 「栄養性脚弱症」

 

・原因…カルシウム、ビタミン類が不足したときに生じ、特に若鳥に起こりやすいです。

・症状…うまく立てなかったり、指や足の関節が曲がったりします。

・予防…餌をこまめに新しいものに交換し、青菜やボレー粉などの副食を充実させます。

 

神経症 「毛引き症」

 

・原因…ストレスや欲求不満によって起こります。(精神的原因のほかに寄生虫によるものもあります。)

・症状…自分の正常な毛を抜いてしまいます。

・予防…餌を食べた後の羽繕いの様子をチェックし、異常があれば環境を変えて気分転換をさせましょう。

 

原虫感染症 「コクシジウム病」

 

・原因…コクシジウムという寄生虫が腸管に寄生することによって起こります。

・症状…水っぽいフンをしたり、クチバシを半開きにしたりします。餌をたくさん食べても太らなくなります。

・予防…感染した個体を別の個体に近づけないようにします。器具やケージは熱湯消毒をします。

 

以上は、どれも文鳥を飼う上で知っておきたい病気ばかりです。

文鳥はとても繊細でデリケートな性質の生きものですから、飼い主さんがすぐに異変に気付いて、対処をしてあげることが必要です。

 

もしお飼いの文鳥に何か異常が見つかったら、迷わずすぐに病院に連れて行ってあげましょう。

また、日頃から健康チェックは欠かさずに行い、文鳥の様子をよく観察してあげましょう。

 

8. 文鳥について知ろう! ~⑦文鳥を飼う前に準備するもの~

 

 

さて、いよいよ文鳥を飼うとなると色々と準備しなければならないものがあります。

この項目ではそういった必需品の主なものを、いくつかのポイントをあげながらご紹介していきます。

 

1. ケージ、鳥かご

 

cage

 

ひとつのケージや鳥かごで飼えるのは、だいたい1~2羽だといわれています。

最低でも 34cm×24cm の大きさがあると安心です。

 

前述したように文鳥は水浴びが大好きですから、大きめの水浴び器が充分に入るケージや鳥かごを買ってあげましょう。

水が飛び散ることもありますから、水に強いケージや鳥かごだと安心です。

 

2. 基本グッズ

 

birdgoods

 

文鳥がケージの中で暮らすには、様々な備品が必要です。

ケージを購入すると、一緒に付いてくるものもあります。

ただ、それだと入れ物が深すぎたり小さかったりすることが多いので、各種取り揃えることをオススメします。

 

特に  とまり木 エサ入れ 水入れ 水浴び器 は必須です。

ブランコ も入れてあげると、とても喜びます。夜は、そこに止まって眠ることもできます。

 

ほかにも、青菜を与えるときの 菜差し や、繁殖させるときに必要な などがあります。

それぞれのグッズには色々なデザインのものがありますから、ケージに入る大きさで、使いやすそうなものを選んであげてください。

 

3. 餌

 

birdseed

 

一般的な文鳥の餌は、ヒエ、アワ、キビなどを混ぜた 混合シード です。

さらに小松菜などの 青菜 や、 副食 としてボレー粉などを与えることでバランスの良い食事となります。

 

文鳥の餌と似たような構成をもつものとして、インコの餌がありますので、より詳しくお知りになりたいという方は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

→参照記事: 何を食べさせたらいいの?インコの餌について知っておきたいコトまとめ!

 

 

9. おまけ ~⑧手乗り文鳥について~

 

javasparrow

 

文鳥と聞いて、手に乗る愛らしい姿を思い浮かべた方もいらっしゃるかもしれません。

いわゆる「手乗り文鳥」は、文鳥を飼う上での魅力のひとつとなります。

 

ペットショップでも手乗り文鳥を扱っているところは多いですが、自分でヒナから育てて手乗りにする場合には、 生後30日前後 のお世話が決め手となります。

しつけをするというよりも、飼い主さんのことを文鳥が気に入ってくれるかどうかで、その後の関係が成立します。

 

ヒナの頃から飼い主さんが餌を与えていれば、文鳥は飼い主さんのことを親だと思い懐きます。

それだけで、半分くらいは「手乗り文鳥」になったも同然です。

 

その後のお世話も愛情たっぷりに続けることで、パートナーとして認めてもらいましょう。

一度信頼が得られれば、成鳥になってからもずっと好きでいてくれます。

 

ぜひ自分だけの「手乗り文鳥」を育てて、いつまでも可愛がってあげてください。

 

 

10. 文鳥の基本データ

 

英表記: Java Sparrow

原産国: インドネシア

体長: 14cm

体重: 25g

品種: ノーマル、桜、白、シナモン、シルバーなど

値段: ノーマル1500~2000円前後、桜2000~3600円前後、

白2500~3600円前後、シナモン5000~6500円前後、シルバー5000~9700円前後

特徴: なめらかな羽毛と優しい鳴き声。体温が高く、水浴びが大好き

性格: 陽気で活発、繊細な一面も

寿命: 7~8歳

かかりやすい病気: 気道炎、卵づまり、栄養性脚弱症、毛引き症、コクシジウム病など

入手のしやすさ: 容易

 

 

文鳥の基本的な知識、事前に準備するべきものなどがお分かり頂けたかと思います。

文鳥は一度懐くと、一生のパートナーともいえる存在になってくれます。

美しい品種もたくさんありますから、ぜひお気に入りの文鳥を見つけて、 いつまでも可愛がってあげてくださいね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

猫(39)
犬(73)
うさぎ(15)
ハムスター(10)
齧歯類(5)
鳥類(17)
爬虫類(13)
両生類(5)
魚類・甲殻類・水生生物(15)
虫・昆虫(10)
哺乳類(17)
ペット・動物全般、コラム(8)

タグ一覧

おもしろペット(46)
しつけ(150)
まとめ(222)
ツイート(1)
トイレ(69)
ランキング(18)
値段・価格(167)
旅行・ホテル・レストラン(2)
画像(48)
病気・病院(173)
種類・品種(165)
性格・生態・特徴(71)
毛色・毛質(59)
繁殖・育成(134)
歴史・豆知識(225)
選び方(146)
食事、餌、栄養(156)
飼い方(212)
口コミ、レビュー(35)
おもちゃ(7)
寄付、募金(3)

人気記事ランキング