logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > 犬の種類

ラブラドールレトリバーの歴史、性格、毛色、飼い方






ラブラドールレトリバーはとても友好的で優しく、飼いやすいため、世界でも飼育頭数の多い犬種です。

日本においても、大型犬の中で最も人気の高い犬種となっています。

そこで本記事では、ラブラドールレトリバーを飼う前に知っておきたい性格や特徴、かかりやすい病気などをまとめました。
ラブラドールレトリバーをペットにしたいという方が一人でも増えれば幸いです。

ラブラドー・ルレトリバーを飼う前に知っておきたいこと:歴史

 

labrador-retriever1

 

ラブラドール・レトリバーという名前は、犬好きの人であれば誰もが聞いたことある名前だと思います。

では、その歴史についてはご存知ですか?

 

ラブラドール・レトリバーの原産国は19世紀のイギリスです。

しかし初めからイギリスにいたわけではありません。

 

ラブラドール・レトリバーの祖先はカナダのニューファンドランド・ラブラドール州にあるニューファンドランド島で品種改良されたセント・ジョンズ・レトリバーです。

そこは漁業が盛んであり、網にかかった魚を集める仕事をセント・ジョンズ・レトリバーにさせていました。

ニューファンドランド島にはイギリス人の入植者が数多く暮らしており、貿易を通してセント・ジョンズ・レトリバーはイギリスに持ち込まれました。

 

そこでさらに、泳ぎが得意なこの犬を「鳥猟犬」として繁殖・改良していった末に、ラブラドール・レトリバーが誕生しました。

「レトリバー」という言葉は「獲物を回収する」という意味で、別名「King of water fowl(水鳥回収の王)」とも呼ばれています。

 

ラブラドール・レトリバーは世界的にとても人気が高く、世界で一番飼育頭数が多い犬種でもあります。

 

 

ラブラドール・レトリバーを飼う前に知っておきたいこと:特徴

 

ラブラドール・レトリバーは大型犬です。

被毛は短い直毛がほとんどです。

これは防水効果のためで、泳ぎが得意なラブラドール・レトリバーにぴったりの被毛と言えるでしょう。

年に2回、毛が生え代わる時期がありますが、個体差が激しいです。

 

また、泳ぎが得意なラブラドール・レトリバーには、足に水かきがついています。

 

  • 平均体重:25~35kg
  • 平均体高:オスは57~62cm、メスは55~60cm
  • 平均寿命:10~14歳

 

ラブラドール・レトリバーの2種の血統

 

ラブラドール・レトリバーには2種類の血統があり、外見に若干の違いがあります。

 

  • イングリッシュタイプ(品評会用):小柄でがっしりとした体つきをしていて、胴が短い。
  • アメリカンタイプ(作業用):体高が高めで比較的細身であり、しなかやな外見をしている。イングリッシュタイプに比べて鼻先が長い。

 

ラブラドール・レトリバーの3種の毛色

 

ラブラドール・レトリバーの毛色は3種類ありますので、写真付きでご紹介します。

 

毛色1:ブラック

 

labrador-retriever3

 

黒色のラブラドール・レトリバーは主流であり、よく見かける毛色ですね。

ラブラドール・レトリバーが誕生して間もない頃は、黒以外の仔犬は間引きされるなどして、正式に認められていませんでした。

 

毛色2:イエロー

 

labrador-retriever6

 

20世紀に入ってから正式に認められるようになった黄色のラブラドール・レトリバー。

現在では黒と並んで多く見られる毛色ですね。

 

毛色3:チョコ

 

labrador-retriever2

 

日本ではあまり見かけることのない茶色の毛色。

実はアメリカでは、この色のラブラドール・レトリバーが飼育頭数も多く人気なのです。

 

ラブラドール・レトリバーの性格

 

ラブラドール・レトリバーはとても友好的で優しい性格をしています。子供や他の動物たちに対しても友好的なため、とても飼いやすい犬種です。

ボールやフリスビーといった遊びや競技を好む犬種でもあります。

ただし、友好的な性格のため番犬には向いていません。

 

洞察力や作業力に優れているので、障害者補助犬や警察犬に向いている犬種です。

噛み癖や吠え癖はあまり見られません。

 

「鳥猟犬」であったので、くわえた鳥に歯形をつけずに持ち帰る「ソフトマウス」という技術を持っています。

なので、小さいお子さんがいても安心ですね。

 

 


ラブラドール・レトリバーを飼う前に知っておきたいこと:選ぶポイント

 

labrador-retriever7

 

実際にラブラドール・レトリバーを購入するときに、注意しておくポイントをご紹介します。

仔犬を買う時は、病気を持っていないか確認するために以下のことに注意して見てください。

 

  • 眼の輝きはあるか
  • 耳の匂いは普通か
  • 耳の中が汚れていないか
  • 鼻が適度に湿っているか
  • お腹が異常に張っていないか
  • 歩き方は偏っていないか
  • 被毛にツヤがあるか

 

ラブラドール・レトリバーの値段

 

通常ペットショップなどで取り扱っているラブラドール・レトリバーはイングリッシュタイプとアメリカンタイプの混血です。

10万円から15万円ほどの値段で取引されています。

 

純粋な血統であれば、100万円を超える値段で取引されているようです。

 

 

ラブラドール・レトリバーを飼う前に知っておきたいこと:かかりやすい病気

 

股関節形成不全

 

ラブラドール・レトリバーの代表的な、遺伝性の病気です。

生後6か月~1年の頃に気づくことが多いです。

歩き方や座り方がおかしくないか、日ごろからよく見ておいてください。

まだ軽いうちにきちんと治療すれば、問題なく日常生活を送れます。

 

悪性腫瘍

 

ラブラドール・レトリバーは悪性腫瘍ができやすい犬種です。

ですが、しっかりとスキンシップをとっていれば発見できることも多いので、日頃から健康チェックを怠らないようにしましょう。

 

皮膚疾患

 

ラブラドール・レトリバーはたれ耳なので、耳の中が炎症を起こすことがあります。

耳のケアはしっかり行ってください。

 

肥満

 

ラブラドール・レトリバーは食欲旺盛で太りやすい体質のため、肥満になりやすいです。

1日のうちに30分ほどの散歩を2回行うのが望ましいです。

しっかりと散歩に連れていってあげてくださいね。

 

 


ラブラドール・レトリバーの基本データ

 

原産国:イギリス

値段:10万円から20万円程度

毛色:ブラック、イエロー、チョコ

寿命:10歳から14歳程度

体重:25kgから35kg程度

特徴:細身な大型犬、足に水かきがついている

性格:友好的で優しい

かかりやすい病気:股関節形成不全、悪性腫瘍、皮膚疾患、肥満

 

 

ラブラドール・レトリバーはペットに適した犬種!

 

labrador-retriever4

 

ラブラドール・レトリバーは友好的で優しい性格なので、ペットに適した犬種です。

大型犬ではありますが、愛らしい外見をしていて、警察犬や介助犬としても優秀なため、世界的に人気が高いのも当然と言えるでしょう。

この記事を読んだあなたも、ぜひラブラドール・レトリバーを家族の一員に迎え入れてあげてくださいね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(16)
   カピバラ(2)
   ブタ(2)
中型哺乳類(383)
   猫/ネコ(150)
   犬/イヌ(199)
小型哺乳類/小動物(69)
   うさぎ(29)
   ハムスター(20)
鳥類(87)
   陸生鳥類(76)
   水生鳥類(7)
魚類/甲殻類/水生生物(62)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(13)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(621)
種類/品種(567)
繁殖/育成(492)
毛色/毛質(235)
性格/生態/特徴(470)
食事/餌/栄養(507)
病気/病院/治療(557)
しつけ(416)
トイレ(147)
おもちゃ(15)
選び方(473)
値段/価格(487)
ランキング/おすすめ(116)
口コミ/レビュー(150)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(703)
画像/動画(121)
まとめ(717)

人気記事ランキング