logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > 犬の種類

犬の種類の記事一覧

アメリカンコッカースパニエルの毛色、性格、飼い方

とっても陽気で、見知らぬ人にもすぐ懐くアメリカンコッカースパニエル。 長い被毛と大きい垂れ耳が特徴のこの犬は、その可憐な容姿が気に入られてディズニー映画の主人公のモデルにもなりました。 今回はそんなアメリカンコッカースパニエルの歴史・特徴・性格・かかりやすい病気・飼い方のポイントといった基本的な情報をご紹介します。

バーニーズマウンテンドッグの性格、毛色、飼い方

ふさふさの被毛と眉毛があるかのような顔付きが特徴の大型犬、バーニーズマウンテンドッグ。 アルプスの厳しい寒さの中で育ったこの犬は、愛らしい見た目とは裏腹に力仕事が得意で、番犬としても優秀なのです。 今回はそんなバーニーズマウンテンドッグの歴史・特徴・性格・かかりやすい病気についてご紹介します。 愛らしい写真を集めましたので、魅力が伝われば幸いです!

ミニチュアダックスフンドの毛色、性格、飼い方

常に飼いたい犬種ランキングの上位にいる、超人気犬種のミニチュアダックスフンド。 体格、毛色、毛質、正確、特徴、値段、しつけまで。 飼い主なら気になる点情報をディープにまとめてお送りします!

ノーフォークテリアの性格、毛色、値段、飼い方

つぶらな瞳と垂れ耳、そしてずっしりとした胴体に短い手足が可愛いノーフォークテリア。 イギリスで生まれたこの犬種は、まだまだ日本では見かけることの少ない珍しい犬種ですが、家族が大好きで愛嬌たっぷりの性格なので、一緒に暮らせばその可愛さにメロメロになるはず! また、狩猟犬として活躍していた背景から、家を守る番犬としても活躍してくれるはずです! 今回はそんなノーフォークテリアの基本的な性格と暮らし方についてご紹介します。

シーズーの飼い方!室内犬の定番!

シーズーは、もこもことした毛並みが特徴の可愛い犬種です。 美しい毛並みに魅了されて、ペットとして飼いたいと思う方も多いのではないでしょうか。 その前にシーズーの特徴や飼い方を押さえ、十分に知識を蓄えておいて頂きたいと思っています。 本記事では、シーズーをペットにするなら知っておきたい特徴や飼い方をまとめ、 シーズーをペットにしたい!という方が一人でも増えれば幸いです。

ミニチュアシュナウザーの飼い方、毛色、性格、値段

どこかのおじいさんのような立派な髭と眉毛が特徴的なミニチュアシュナウザー。 一見、気品があって気高く感じるのは筆者だけでしょうか。 人間でいう、高嶺の花のような。 でも実際飼ってみるとそんなことないんですよ! そんな魅力溢れるミニチュアシュナウザーについて、飼い主でもある筆者がお伝えいたします。

貴婦人も愛した愛玩犬「パピヨン」のルーツや性格、飼い方

日本でも高い人気を維持しているパピヨン。 そのゴージャスな容姿や、愛らしい耳を持つパピヨンは、「マリー・アントワネット」を始めとした歴史上の著名人も虜にさせてきた犬種です。 「蝶」の異名を持つパピヨンは、かつてのヨーロッパで大流行し、現在に至るまでに苦難と繁栄を乗り越えてきた犬種でもあります。 今回はそんなパピヨンのルーツや、パピヨンの性格・特徴、気を付けたい病気などについて解説していきたいと思います。

パグの性格や毛色、飼い方

お世辞にも「ハンサム」とは言えないけれど、独特の魅力を持ったパグ。 ちょっと頑固な所もあるけれど、素直で愛情深く、家庭犬にはもってこいの犬種です。 根強い人気で、犬の人気ランキングでも高頻度でランクインするパグ。 2400年も前からペットとして飼われているほど長い歴史があり、場所によっては変わった名前で呼ばれるほど愛着のある犬。 遊びまわるのが大好きで、一緒に生活していく「パートナー」として理想的な犬種であります。 そんなパグの値段や毛色、飼い方や飼育の際に気を付けたい病気や注意点まで解説します。

フレンチブルドッグの歴史、性格、毛色、飼い方

見た目と打って変わって温厚なフレンチブルドッグ。 大きくてあのくりくりしたした目と、今にも羽ばたきそうなコウモリのような耳がたまらない犬種です。 ペチャっとした鼻がまさにブサカワといった言葉が似合う犬で、そこがたまらない方もたくさんいるでしょう。 そんなフレンチブルドッグですが、実はどんな犬なのか知らない方も多いとは思います。 そんな方のために本記事は、特徴、歴史、性格、飼う際にしっておくべきことまでをまとめました!

ポメラニアンの飼い方、性格、値段、毛色

ポメラニアンは、もふもふした毛並みが特徴の可愛い犬種です。 すごく人気のある犬なので街中で見かけたことは1度や2度ではないはずです。 最初は真っ白な毛並みしかいなかったとされていますが、 現在では改良が重ねられ、白以外の毛色も増えてきました。 本記事では、ポメラニアンってそもそもなんなの?という疑問やペットとして飼いたい方の必須知識を紹介しております。 ポメラニアンがわかった!ペットにしたい!という方が一人でも増えれば幸いです。

セントバーナードの性格、子犬の値段、飼い方は?

映画「ベートーベン」や「アルプスの少女ハイジ」で有名なセントバーナード。 スイスの厳しいアルプスを生き抜いてきた頼もしい身体と優しい顔立ちが特徴的な賢い犬です。 かつては山岳救助犬として多くの人間の命を救っていました。 ここでは、そんなセントバーナードを家族として迎える前に知っておきたいセントバーナードの性格や飼育方法、子犬の値段についてご紹介します。

メキシコ生まれの世界一小さな小型犬「スムースコートチワワ」の歴史や値段、飼い方を解説

チワワには滑らかで短い毛の「スムースコートチワワ」と飾り毛のある「ロングコートチワワ」の2種類が存在しますが、日本国内ではロングコートチワワの人気が高いようです。 しかし、今回ご紹介するスムースコートチワワにも、たくさんの魅力があります。 本記事ではスムースコートチワワの魅力や飼い方について解説します。チワワに興味を持っている方はぜひ参考にしてください。

欧米では家庭犬として人気!フレンドリーで賢いブリタニースパニエルの飼い方や特徴

ブリタニー―スパニエルは欧米では人気の犬で飼育頭数も多いのですが、日本ではまだあまり見かけられません。 元々は中型の猟犬ですが、賢く、フレンドリーでしつけもしやすいために、欧米では家庭犬としての人気が高い犬です。 猟犬なだけあって、豊富な運動量を必要とするので、庭が狭い日本では少し飼育が難しい面があるかもしれませんが、犬と一緒にアクティブに活動したい人にはぴったりの犬ですし、良い家族となってくれるでしょう。 ブリタニ―スパニエルの歴史・特徴・性格・飼育方法などをご紹介します。

狆(ちん)の特徴・性格・子犬の値段・飼い方は?

日本原産の犬種狆(ちん)。 丸く大きな目と低い鼻、小さな体が可愛らしい犬種です。 古くから日本人に愛され、共に暮らしてきた歴史を持つ犬でもあります。 ここでは、日本人にとって馴染み深いちんの性格などの特徴、ブリーダーから購入した場合の価格や飼育方法などをご紹介します。

飼いやすくておすすめの大型犬14選!大型犬の種類や特徴、飼い方を解説

犬の種類は数多いですが、その中でもたくましい体を持ち、一緒にスポーツを楽しんだりも出来る「大型犬」は根強い人気があります。 「ゆくゆくは家で大きな犬を飼いたい!」という方も多いのではないでしょうか。 大型犬はその体の大きさや運動量の豊富さから、たしかに飼うのが大変な側面もあります。 しかし、賢く従順で、遊び相手として家族の良きパートナーにもなってくれる素晴しい存在です。 今回は大型犬の中でもおすすめの犬種をあげて、それぞれの特徴や飼育する際の注意点についてまとめました。

グレートデンの歴史、特徴、飼い方など

大型犬の中でもひと際大きいグレートデン。 その大きさから怖がられがちですが、「優しい巨人」と言われるほど友好的な犬種なのです。 この記事ではそんなグレートデンの歴史や特徴、飼うときのポイントなどをご紹介します。

ボルドーマスティフの特徴から価格や飼い方まで紹介

ボルドーマスティフという犬種をご存知でしょうか。 たくましい体に泣きっ面のような表情が魅力的な犬種なのですが、意外にも穏やかで愛情深い性格をしています。 闘犬や護衛犬として生きてきたボルドーマスティフを、ペットとして飼えるのか気になる方もいらっしゃると思います。 今回は、ボルドーマスティフの特徴や上手に飼う方法をご紹介します。 飼育を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

レオンベルガーの性格、大きさ、価格、飼い方は?

レオンベルガーはドイツ原産の家庭犬。 ライオンを思わせる精悍な顔立ちでかつて貴族や王族に愛されてきた超大型犬です。 強面ながら穏やかな性格で、ヨーロッパを中心に人気の高い犬でもあります。 ここでは、レオンベルガーを家族として迎える前に知っておきたいレオンベルガーの性格やサイズ、子犬の値段、飼育方法についてご紹介します。

チャウチャウの性格、販売価格、飼育方法は?

中国原産、困ったような顔とモフモフの毛が魅力的なチャウチャウ。 実は人間と関わってきた歴史が非常に長い犬種です。 中国では古くから猟犬や番犬、食肉用、毛皮用として繁殖されてきました。 一方、愛玩ペットとして飼育される歴史はその起源から見ると長くはなく、日本では高度経済成長期の流行が終わってから人気は下火となっています。 このページでは、そんなチャウチャウを家族として迎える前に知っておきたい、性格などの特徴、子犬の値段、飼い方などをまとめました!

ブルテリアの性格、歴史、子犬の値段、飼育方法は?

ブルテリアは18世紀にイギリスで作出された犬種。 のっぺりと大きい顔に小さな瞳が印象的。 性格は愛情深く忠誠心が強いものの、闘犬気質のある警戒心の強い犬でもあります。 ここでは、そんなブルテリアの性格や子犬の価格、飼い方について詳しくご紹介します。

検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(553)
   猫/ネコ(219)
   犬/イヌ(289)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(100)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(2)
鳥類(123)
   インコ(22)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(41)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(10)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(65)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(851)
種類/品種(718)
繁殖/育成(595)
毛色/毛質(301)
性格/生態/特徴(663)
食事/餌/栄養(659)
病気/病院/治療(677)
しつけ(467)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(585)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(969)
画像/動画(127)
まとめ(861)

人気記事ランキング