logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > 犬の種類

犬の種類の記事一覧

アイリッシュウルフハウンドの性格、大きさ、値段、飼い方

全ての犬の中で一番高い体高を誇るアイリッシュウルフハウンド。 後足で立ち上がれば小柄な日本人女性などよりずっと大きく、ポニーくらいの大きさになる犬もいます。 かつてはオオカミと戦い、鹿を狩り、戦争にまで使われたアイリッシュウルフハウンドですが、そんな過去を持つとは思えないほど優しい性格の犬です。 ただし飼育しやすい犬とは言えませんから、飼育するときはあらかじめアイリッシュウルフハウンドについて知識を得ておくといいですね。

【獣医師監修】チワワの平均寿命は何年?長生きしてもらうための飼育のコツも紹介

愛らしい顔に小さな体、そして愛情深い性格のチワワは、常にトップクラスの人気を誇る小型犬です。 チワワを飼いたいと考えている人も、実際にチワワと一緒に生活しているという人も多いことでしょう。 もしチワワを家族として迎え入れたなら、1日でも長く一緒に居たいですよね。 彼らと1日でも長く一緒に過ごすためには、どんな点に気を付ければ良いのでしょうか。 本記事ではチワワの寿命やなりやすい病気、そして長生きしてもらうための飼育のコツなどを解説していきます。

【獣医師監修】吠えない犬として有名。バセンジーの性格、特徴、飼い方

バセンジーという犬種を聞いたことがあるでしょうか。 ピンっと立った耳とクリッとした目が可愛らしく、スリムな体つきが特徴的な犬です。 バセンジーは「吠えない犬」としても有名です。 性格は好奇心旺盛かつ遊び好きで、飼い主に一途なところがあります。 今回はそんなバセンジー の飼い方や特徴、魅力などをまとめてご紹介します。 バセンジーに興味をお持ちの方や、既に飼ってらっしゃる方は、本記事を参考にしていただければ幸いです。

【獣医師監修】超人気の定番室内犬!チワワの値段・毛色・性格・病気・飼い方など

2021年のJKCの登録犬数第2位のチワワ。 CMでの潤んだ瞳が話題を呼んで大人気になったのは随分前のことですが、今でもその人気は衰えることを知りません。 今回は、そんなチワワが誕生した歴史を紹介するとともに、チワワの値段や大きさ、性格、特徴、飼育するにあたって気になる病気などを掘り下げて解説します。 チワワのお迎えを検討している方は、本記事を参考に理解を深めて頂けると嬉しいです。

ワイマラナーの性格、大きさ、価格、飼い方は?

ワイマラナーはドイツ原産の狩猟犬。 賢く従順でしつけしやすい犬で、アメリカでは特に人気があります。 かなりの運動量が必要なため、日本ではあまり名前を聞くことはありませんが、住環境さえ整えば、良きパートナーとしてもってこい。 ここでは、そんなワイマラナーについて、飼う前に知っておきたい性格や子犬の値段、飼育方法をご紹介します。

【獣医師監修】ワイヤーフォックステリアの飼い方、性格、価格

ドッグショーで人気のワイヤーフォックステリア。 元々はイギリスの狩猟犬です。 能力が高く、気が強いワイヤーフォックステリアは、「テリアの典型」と呼ばれています。 頭が良く楽しいことが大好きなワイヤーフォックステリアは、芸を覚えることも得意。 喧嘩っ早い面もありますが、積極的に犬生を楽しむ犬でもあります。 しつけの面では、向こう見ずな性格を制御するために知識や忍耐が必要に。 今回はワイヤーフォックステリアがどのような犬種なのかをご紹介するので、家族に迎える際の参考にしていただければ幸いです。

【獣医師監修】ヨークシャー・テリアの歴史、特徴、性格、飼い方

小型犬の中でも特に有名なヨークシャー・テリアは、「ヨーク」や「ヨーキー」といった愛称で日本でも広く親しまれています。 見た目の特徴として、垂れ下がるほど長い被毛が挙げられ、カットの仕方によって雰囲気が大きく異なります。 また、ヨークシャー・テリアの被毛は美しいグラデーションの毛色を持っており、別名「動く宝石」とも呼ばれています。 本記事では、ヨークシャー・テリアの歴史や特徴である被毛、性格から、飼育時の注意点やかかりやすい病気について解説していきます。

【獣医師監修】ダルメシアンの性格、原産国、子犬の価格は?

ダルメシアンは、その優しい性格から家庭犬として人気の中・大型犬です。 ディズニーアニメーション「101匹わんちゃん」で一躍有名になった犬であり、世界中に多くのファンがいます。 白地に黒の水玉模様(スポット)、並外れた体力、筋肉質でしなやかな体つき、そして手触りなめらかな硬く光沢のある短毛が特徴的。 聡明でしつけやすい一方で、好奇心旺盛で活発な一面も持っていて、人と一緒に遊ぶのが大好きです。 今回は、そんなダルメシアンを飼う前に知っておきたい性格や歴史、子犬の値段、しつけ方法などをご紹介します。

【獣医師監修】警察犬として大活躍!ロットワイラーの性格、値段、飼い方

ロットワイラーは欧米では警察犬としても活躍しており、最もポピュラーな犬種の一つです。 黒くて、筋骨隆々としたちょっといかめしく見える外見から、怖い印象が強いロットワイラー。 牛を倒すほどの力を持っていますが、警察犬になれるほど賢く、家族に対しては思いやりに満ちた面も持ち合わせています。 大型犬であり勇猛果敢なロットワイラーを飼育するには、前もって知識を得ておくことが重要です。 そこで本記事では、ロットワイラーの歴史、特徴、性格、飼育方法などをまとめました。

【獣医師監修】「名犬ラッシー」でお馴染み!コリーのルーツや毛色、飼育のポイント

コリーは日本でも人気の高い大型犬の一種。 ふさふさで美しい毛並みを持ち、上品な雰囲気のコリーですが、元々は牧羊犬として活躍していた犬種です。 また、コリーと言えば「ボーダー・コリー」や「シェットランド・シープドッグ」など、コリーと名の付く犬種やコリーに似た犬種が存在しますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。 本記事では、そんなコリーの飼い方やルーツについて解説していきます。

【獣医師監修】グレートデンの歴史、特徴、飼い方など

大型犬の中でもひと際大きく、堂々とした体つきから、「犬の中のアポロン神」とも呼ばれるグレートデン。 アイリッシュ・ウルフハウンドに次いで体高がある犬種で、最小でも体高は70cmほど、大きなオスだと体重が90kgを超えることもあるほどです。 その大きさから怖がられがちですが、「優しい巨人」と言われるほど穏やかで友好的な子が多く、他の犬や知らない人とも温和に接することができます。 本記事では、そんなグレートデンの歴史や特徴、グレートデンに合った飼育環境、かかりやすい病気などをご紹介します。

【獣医師監修】シベリアンハスキーの歴史、性格、飼い方

大型犬で人気の犬種にシベリアンハスキーがいます。 犬ゾリで有名な犬なので、雪原でソリを引いている姿をテレビなどで見たことがある人もいるのではないでしょうか。 シベリアンハスキーは、オオカミに似た容姿と綺麗な瞳の色から、クールな印象が魅力的な犬種です。 一方で、人懐っこく従順、無邪気でかわいらしい性格も持ち合わせており、そのギャップに心を奪われる人も多くいます。 本記事では、シベリアンハスキーの魅力をはじめ、歴史や特徴、シベリアンハスキーに合った飼育環境、かかりやすい病気などをご紹介します。

【獣医師監修】上品な毛並みが人気の秘密!ヨークシャーテリアの性格や値段、飼い方

「動く宝石」と呼ばれているヨークシャー・テリア。 上品な毛並みは見る者を魅了する美しさがあり、トリミングをしたり結んだりとオシャレをしている子も多く見かける犬種です。 小さくて可愛らしい見た目と上品な毛並みから優雅なイメージが持たれがちですが、実は勇猛果敢な性格であったり、テリア気質で警戒心から吠えやすかったりといったギャップがあるのも特徴です。 本記事では、ペットとして変わらぬ人気を誇るヨークシャー・テリアの魅力をはじめ、歴史や特徴、しつけの仕方、かかりやすい病気などを解説していきます。

【獣医師監修】コーギー(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)の歴史・飼育方法・価格

コーギーの正式な名称は「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」です。 コーギーはエリザベス女王の愛犬として世界的に知られており、日本でもテレビに登場するなどして人気になった犬種です。 かわいらしい外見ですが、元々は愛玩犬ではなく、主に牛を追う牧畜犬でした。 実はコーギーと名前が付くものには「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」という種類もあり、外見も非常に似ていますが別の犬種です。 今回はウェルシュ・コーギー・ペンブロークの歴史、しつけ・飼育方法、価格などについてご紹介します。

【獣医師監修】ミニチュアシュナウザーの飼い方、毛色、性格、値段

立派な髭と眉毛が特徴的なミニチュアシュナウザーは、ドイツ原産のシュナウザーの一種です。 日本やアメリカでは、ミニチュアシュナウザーはテリアグループに含まれます。 実際のところテリアの系統は入っていませんが、トリミングが必要なことをはじめテリアに似た性質を持っています。 本記事では、そんなミニチュアシュナウザーの特徴や性格、値段、かかりやすい病気、お迎えする際に注意すべき点などをご紹介します。 ミニチュアシュナウザーのことが気になっている方は、ぜひ記事の内容をチェックしてみてください。

【獣医師監修】ぶさかわ界の王様!パグの特徴と飼育方法

ペットとして王道とも言える犬。 中でも小型犬は小さくてかわいらしさが際立ち、また室内飼いが容易と言うことから特に人気です。 トイプードルやチワワ、ミニチュアダックスフンドが特に人気の小型犬ですが、ぶさかわという違った角度から人気のかわいい小型犬がいます。 それがパグです。 ぶさいくとかわいいの両極端な特徴を合わせ持つパグは、実は遥か昔から不動の人気を誇り続けています。 本記事では、そんなパグの魅力や性格、値段、飼い方のコツなどを紹介していきます。

【獣医師監修】「最も美しい犬」サモエドの歴史、被毛や毛色、飼い方について

真っ白で美しい被毛を持つサモエドは、「最も美しい犬」とも呼ばれます。 3000年も前から人間と共に暮らしており、姿もほぼ変わっていない稀有な犬種です。 牧畜犬・狩猟犬・そり犬として活躍しました。 3000年前といえば、日本では縄文時代。 古くから人と一緒に生活してきたサモエドは人間が大好きで、従順な気質を持つ穏やかな犬です。 フレンドリーな性格は飼育しやすいと言えますが、優美な被毛を維持するためには労力と費用が必要になってきます。 本記事ではサモエドの歴史、飼育方法、価格などを詳しくご紹介します。

【獣医師監修】超人気犬プードル!誕生の歴史からプードルの種類、特徴や飼い方まで解説

もこもこの被毛にくりくりとした可愛らしい瞳。 プードルはその可愛らしさと賢さから、世界でも人気の高い犬種です。 日本では特にトイプードルの人気が高いでしょうか。 ペットショップやブリーダーさんのサイトなどでも、トイプードルが占める割合は非常に多いです。 そのため小型犬のイメージが強いプードルですが、実はプードルにはスタンダードプードルと呼ばれる大型の種類も存在します。 現在確認されているプードルの種類はなんと6種類。 今回は大きさも性格も異なる6種類のプードルたちについて詳しくご紹介します。

【獣医師監修】定番の超人気犬種!ダックスフンドの歴史・特徴・飼育方法

人気犬種の中で不動の地位にいるダックスフンド。 ジャパンケンネルクラブの記録によると、1999年~2007年までは登録数が1位、2021年でも3位です。 日頃からよく見かけますし、周囲にダックスフンドを飼っているという方もいることでしょう。 人懐こく扱いやすいダックスフンドは良い家庭犬になってくれますが、人気犬種であることで、多くの犬が遺棄されている現実もあります。 家族に迎えるからには、最後まで面倒を見て楽しい生活を送りたいですよね。 今回はダックスフンドの歴史・特徴・飼育方法などをご紹介します。

【獣医師監修】イギリスの国犬!ブルドッグの歴史・性格・特徴・飼い方について

国犬として、原産国のイギリスで人気の高いブルドッグ。 日本でも愛好家は多いですよね。 ブルドッグは、ずっしりとした体格と強そうな見た目から怖い犬と思われがちですが、実はとっても甘えん坊で可愛らしい犬なんです。 見た目も一見怖そうに見えても、ヨチヨチ歩く姿やしわのある顔も、見れば見るほど愛嬌があって可愛いものです。 今回は、そんな愛らしいブルドッグの歴史から性格、飼い方、気を付けたい病気まで詳しくご紹介します。

検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(596)
   猫/ネコ(244)
   犬/イヌ(307)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(103)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(3)
鳥類(125)
   インコ(23)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(44)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(11)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(66)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(904)
種類/品種(730)
繁殖/育成(598)
毛色/毛質(303)
性格/生態/特徴(674)
食事/餌/栄養(682)
病気/病院/治療(705)
しつけ(475)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(589)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(1027)
画像/動画(127)
まとめ(870)

人気記事ランキング