logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > 犬の種類

犬の種類の記事一覧

ノーフォークテリアの性格、毛色、値段、飼い方

つぶらな瞳と垂れ耳、そしてずっしりとした胴体に短い手足が可愛いノーフォークテリア。 イギリスで生まれたこの犬種は、まだまだ日本では見かけることの少ない珍しい犬種ですが、家族が大好きで愛嬌たっぷりの性格なので、一緒に暮らせばその可愛さにメロメロになるはず! また、狩猟犬として活躍していた背景から、家を守る番犬としても活躍してくれるはずです! 今回はそんなノーフォークテリアの基本的な性格と暮らし方についてご紹介します。

名犬ラッシーの主人公!美しい被毛が魅力で人好きな忠犬「ラフ・コリー」の特徴や飼い方を解説

“名犬ラッシー”の主人公として有名な大型犬、「ラフ・コリー」をご存知でしょうか。 ラフ・コリーの特徴は全身が長い被毛に覆われていて、穏やかで人好きな性格をしていること。 一度はテレビや映画などのメディアで、その姿を見かけたことがある方も多いことでしょう。 ラフ・コリーは体が大きいものの、実は犬初心者にもお勧めできる魅力的な犬種です。 今回はラフ・コリーの歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

シュナウザーの歴史、性格、毛色、飼い方

威厳に満ちていると言うべきか、愛嬌たっぷりというべきか、個性的な風貌のシュナウザー。 人気が高く、「最良の家庭犬」と呼ばれることもありますが、しつけに失敗すると、手に負えなくなることも。 飼う前に、しっかりシュナウザーを理解しておきましょう。 シュナウザーの歴史、特徴、性質、しつけ方、かかりやすい病気などをまとめます。

人間の頭脳を持つ犬!?シュナウザーの歴史・特徴・飼育方法

まゆ毛と口ひげがユーモラスでかわいいシュナウザー。 ミニチュアシュナウザーはドラマにも登場し、日本でも人気犬種となりましたね。 シュナウザーはもともとは牧畜犬や狩猟犬として用いられていましたが、その賢さゆえに警察犬や救助犬としても活躍しています。 「人間の頭脳を持つ犬」と言われるほどの賢さです。 シュナウザーは人間を手助けするため3種類のサイズが産出されました。 従順で穏やかな性格なのでしつけをしやすいですが、被毛のお手入れが必要な犬種です。 シュナウザーの歴史・特徴・飼育方法などをご紹介します。

「最も美しい犬」サモエドの歴史、被毛や毛色、飼い方について

真っ白い美しい被毛をもつサモエドは「最も美しい犬」とも呼ばれます。 3000年も前から人間とともに暮らしており、姿もほぼ変わっていない稀有な犬です。 牧畜犬、狩猟犬、そり犬として活躍しました。 3000年前といえば日本では縄文時代。 そんなに古くから人と一緒に生活してきたサモエドは、人間が大好きで従順な気質を持つ穏やかな犬です。 フレンドリーな性格は飼育しやすいと言えますが、優美な被毛を維持するためには労力と費用が必要になってきます。 サモエドの歴史・飼育方法・価格などをご紹介します。

ヨーロッパの貴族に愛された小型犬!「ボロニーズ」の特徴や飼い方を解説

イタリア生まれの小型犬、「ボロニーズ」を知っていますか? ボロニーズはその愛らしい見た目と性格から、かつて貴族に溺愛されていた犬種です。 彼らの全身は真っ白でふわふわ、いつまでも触っていたくなるような被毛で覆われています。 しかし、意外にも抜け毛が少なく、低アレルゲンであることから、犬アレルギーでも飼えるのではないかと世界中から注目を浴びています。 本記事ではそんなボロニーズについて、その歴史や魅力、飼い方について解説していきます。

キツネや柴犬に似ているフィンランド出身の中型犬「フィニッシュ・スピッツ」の歴史や値段、飼い方を解説

フィンランド生まれの中型犬、「フィニッシュ・スピッツ」を知っていますか? 彼らはなんと3,000年前もの前から人間とともに暮らしてきた犬を祖先に持つ、原始的な犬種です。 フィニッシュ・スピッツ最大の特徴は、キツネや柴犬に似た特徴的な姿を持っていること。 日本ではほぼ見かけない希少な犬種である彼らは、他にはどんな特徴を持っているのでしょうか。 本記事ではフィニッシュ・スピッツについて、その歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

警察犬としても大活躍!ドイツ生まれの大型犬「ジャイアント・シュナウザー」の特徴や飼い方を解説

ドイツ生まれの大型犬「ジャイアント・シュナウザー」を知っていますか? ジャイアント・シュナウザーは、もともと牛を追う牧畜犬として作出された犬種です。 より大きな体を目指して大型犬と交配された彼らは、ペットとしての馴染み深いミニチュア・シュナウザーの倍近くの大きな体を持っています 現在では使役犬として、警察犬や災害救助犬として活躍することが多いジャイアント・シュナウザー。 本記事ではそんなジャイアント・シュナウザーの歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

活発で人懐こいイギリス生まれの小型犬「トイ・マンチェスター・テリア」の歴史や値段、飼い方を解説

イギリス生まれの小型犬「トイ・マンチェスター・テリア」を知っていますか? ブラック&タンのカラーリングが愛らしく、小さくてもスマートな体つきが魅力的な彼らは、活発で人懐こく手入れの手間が少ない初心者にもぴったりの犬種です。 日本ではまだまだ希少な犬種である彼らですが、他にはどんな特徴を持っているのでしょうか。 本記事ではトイ・マンチェスター・テリアについて、その歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

オランダ生まれの犬「コーイケルホンディエ」の歴史や値段、飼い方を解説

オランダ生まれの犬種「コーイケルホンディエ」を知っていますか? コーイケルホンディエは、白にオレンジレッドの斑が入ったカラーが美しい小型犬(中型犬)です。 17世紀の絵画にもその姿が描かれている彼らは、かつてはカモなどの水鳥を生け捕りにする猟で活躍していました。 日本ではなかなか見かけない彼らは、どんな性質と魅力を持っているのでしょうか。 本記事ではコーイケルホンディエの歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

オランダの愛国心の象徴である中型犬「キースホンド」の特徴や飼い方を解説

オランダ生まれの中型犬「キースホンド」をご存知でしょうか。 キースホンドは全体的に丸く、タヌキやポメラニアンに似た外見を持つ変わった犬種です。 彼らは原産地であるオランダでは番犬として、また時には政治的なシンボルとして数百年に渡って愛されてきました。 日本ではまだ知名度が低い彼らですが、どんな性質と魅力を持っているのでしょうか。 本記事ではキースホンドの歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

マスティフとブルドッグの血を引くパワフルな超大型犬「ブルマスティフ」の特徴や飼い方を解説

あなたはマスティフとブルドッグの血を引く大型犬、「ブルマスティフ」を知っていますか? ブルマスティフは今も番犬や軍用犬として活躍している、イギリス生まれの犬種です。 オスはなんと人間と同じくらいの体重がある超大型犬ですが、彼らは穏やかで我慢強い、家庭犬向きの性格をしています。 そうとはいえ体が大きくて力が強いことから、誰にでも飼える犬種ではないブルマスティフ。 本記事ではそんなブルマスティフの歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

真っ白いもこもこの姿が可愛らしい、動くぬいぐるみマルチーズの特徴・飼育について

愛玩犬としてチワワやヨークシャーテリアと並んで人気の高いマルチーズは、白い身体が特徴的な小型犬。 動くぬいぐるみそのものの容姿を持っているマルチーズはお年寄りや一人暮らし世帯でも飼育しやすい犬種です。 古くから愛玩犬として重用されてきたマルチーズは、どのような特徴のある小型犬なのでしょうか? 今回はそんなマルチーズの歴史・特徴、飼育についてご紹介いたします。

羊のような見た目と内に秘めた勇敢さが魅力的な小型犬「ベドリントン・テリア」の歴史や値段、飼い方を解説

イギリス生まれの小型犬、「ベドリントン・テリア」をご存知でしょうか。 ベドリントン・テリアは羊のような見た目と、独特なカットが愛らしい犬種です。 彼らは愛らしい見た目とは裏腹に、かつては少し危険な仕事を手伝っていたという意外な過去を持っています。 日本ではあまり見かけないベドリントン・テリアは、どんな性質と魅力を持っているのでしょうか。 今回はベドリントン・テリアの歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

イギリス生まれの小型犬「ノーリッチ・テリア」の特徴や飼い方を解説

イギリス生まれの犬種、「ノーリッチ・テリア」を知っていますか? ノーリッチ・テリアはコンパクトな体つきが愛らしく、先端が尖った立ち耳が特徴の小型犬です。 非常にエネルギッシュな彼らは、19世紀からイギリスの学生やアメリカのハンターのパートナーとして活躍してきました。 日本ではあまり見かけない彼らは、どんな性質と魅力を持っているのでしょうか。 本記事ではノーリッチ・テリアの歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

パグに似たベルギー生まれの小型犬「プチ・ブラバンソン」の特徴や飼い方を解説

ベルギー生まれの小型犬、「プチ・ブラバンソン」をご存知でしょうか。 プチ・ブラバンソンは、人間のような表情と元気で愛情深い性格が魅力的な犬種です。 彼らはもともと馬小屋や馬車の番犬として働いていましたが、今はそのほとんどが家庭犬として飼育されています。 日本ではあまり見かけないプチ・ブラバンソンは、どんな性質と魅力を持った犬種なのでしょうか。 本記事ではプチ・ブラバンソンの歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

イギリス生まれの小型犬「ウェルシュ・テリア」の特徴や飼い方を解説

あなたはイギリス生まれの小型犬「ウェルシュ・テリア」を知っていますか? ウェルシュ・テリアは、古くからアナグマやカワウソ狩りの猟犬として活躍していた犬種です。 明るくて愛嬌がある性格とその愛らしい見た目から、現在は家庭犬として世界中で愛されています。 日本では希少な存在であるウェルシュ・テリアには、どんな性質や魅力があるのでしょうか。 本記事ではウェルシュ・テリアの歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

キューバ生まれの小型犬「ハバニーズ」の歴史や値段、飼い方を解説

あなたはキューバ生まれの小型犬、「ハバニーズ」を知っていますか? 初めて名前を聞いた、どんな犬なのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 ハバニーズはシルクのような手触りの被毛と明るい性格を持った、家庭犬向きの犬種です。 日本ではなかなか見かけないハバニーズたちは、どんな性質を持った犬種なのでしょうか。 本記事ではハバニーズの歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

気品あふれる大型犬「イングリッシュ・セター」の歴史や値段、飼い方を解説

イギリス生まれの大型犬「イングリッシュ・セター」をご存知でしょうか。 彼らは鳥猟犬として生まれ、数百年もの間ハンターの相棒として活躍してきた犬種です。 その優雅で気品があふれる姿から「犬の中の貴族」と呼ばれることもある彼らには、どんな特徴があるのでしょうか。 本記事ではイングリッシュ・セターの歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

アメリカ生まれの中型犬「アメリカン・スタッフォードシャー・テリア」の歴史や値段、飼い方を解説

あなたはアメリカ生まれの中型犬「アメリカン・スタッフォードシャー・テリア」を知っていますか? アメスタとも呼ばれる彼らは、闘犬用の犬として作出された筋肉質でパワフルな犬種です。 外見こそ強面ですが、人懐こくて飼い主に忠実という家庭犬に向いた一面も持っています。 日本ではなかなか見かけない犬種である彼らは、どんな性質を持っているのでしょうか。 本記事ではアメリカン・スタッフォードシャー・テリアの歴史や魅力、飼い方について説明していきます。

検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(585)
   猫/ネコ(240)
   犬/イヌ(300)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(103)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(3)
鳥類(125)
   インコ(23)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(44)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(11)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(66)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(892)
種類/品種(729)
繁殖/育成(598)
毛色/毛質(303)
性格/生態/特徴(673)
食事/餌/栄養(674)
病気/病院/治療(699)
しつけ(475)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(589)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(1015)
画像/動画(127)
まとめ(867)

人気記事ランキング