logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > 犬の種類

ミニチュアシュナウザーの飼い方、毛色、性格、値段






どこかのおじいさんのような立派な髭と眉毛が特徴的なミニチュアシュナウザー。

一見、気品があって気高く感じるのは筆者だけでしょうか。
人間でいう、高嶺の花のような。

でも実際飼ってみるとそんなことないんですよ!
そんな魅力溢れるミニチュアシュナウザーについて、飼い主でもある筆者がお伝えいたします。

ミニチュア・シュナウザーってこんな犬1:歴史と由来

 

ミニチュアシュナウザー
筆者の飼っているミニチュアシュナウザー

 

古くからドイツにいた小ぶりな体のスタンダード・シュナウザーを基礎にし、配合し、

農場のネズミ捕りとして作られたのがこのミニチュア・シュナウザーだと言われています。

しかしその頃は、まだ犬種として特定されておらず、

ミニチュア・シュナウザーだと特定されたのはアメリカに渡ってからだと言われています。

アメリカでは、テリアグループに属されていますが、実際にはテリア血統ではないそうです。

ちなみに、ドイツで口髭のことを「シュナウツ」と言うらしく、

シュナウザーはそこから来ていると言われています。

確かにあの立派なお髭は目立ちますからね!

 

 

ミニチュア・シュナウザーってこんな犬2:特徴

 

ミニチュア・シュナウザーの特徴は何といっても、立派な髭と眉毛ですよね!

口元の髭は、ねずみ取りの際に害虫にかじられないように備わったと言われています。

狩捕犬として作られた犬なので生まれてすぐ尻尾を切られるのも特徴的ですね。

筆者の飼っている子もそうですが、確かに尻尾が長いミニチュア・シュナウザーはあまり見たことがありません。

 

 


ミニチュアシュナウザーってこんな犬3:性格

 

四角い顔とシュッとした体に、気品があって気高いイメージを持ったのですが、

実際は全然違います。

遊ぶのが好きで、好奇心旺盛で、勇敢なのに警戒心が強くて、甘えん坊。

たまに吠え癖があったり、頑固なところもありますが、

賢く大人しいので比較的飼いやすい犬種だと言われています。

 

 

ミニチュア・シュナウザーってこんな犬4:毛の色

 

同じ種類でも色が違うと感じが変わりますね。

 

毛の色1:ソルト&ペッパー

 

ミニチュアシュナウザー
筆者の飼っているミニチュアシュナウザー

 

毛の色2:ブラック&シルバー

 

ミニチュアシュナウザー

 

毛の色3:ホワイト

 

ミニチュアシュナウザー

 

毛の色4:ブラック

 

ミニチュアシュナウザー

 

 


ミニチュア・シュナウザーってこんな犬5:かかりやすい病気

 

害獣駆除を目的として育てられた犬種なので、活力があり、

丈夫な体をしていますが、気をつけておきたい病気をいくつか紹介します。

 

ミニチュアシュナウザー
筆者の飼っているミニチュアシュナウザー

 

かかりやすい病気1:若年性白内障

 

目のレンズの役割をしている水晶体のタンパクが変化し、白く濁る病気です。

犬は歳を重ねていくとともに白内障にかかりやすくなりますが、

ミニチュア・シュナウザーの場合、5歳以下という若いうちから白内障にかかることもあるそうです。

これには遺伝が関与していると言われています。

視力が残っている内は、点眼薬を用いた治療を行いますが、白内障を治すことは残念ながらできません。

しかし、中には失明してしまったあとでも手術などで視力の回復が期待できるケースもあるそうなので、

すぐ諦めずに獣医さんとよく相談してみるのもいいかもしれません。

筆者が飼っているミニチュア・シュナウザーも白内障ですが、歳を重ねてからの発症です。

見えてない分、たくさん名前を呼んであげています。

治らないというのはとてもやりきれない気持ちになりますが、

それ以上に一緒にいてあげる事が一番の治療薬になるかもしれませんね。

 

かかりやすい病気2:糖尿病

 

まず、最初に思ったのは、犬にも糖尿病があるのかということ。

膵臓から分泌されるインスリン(=食後に上昇した血糖値を処理してくれるホルモン)が不足し、

高血糖の状態が続き、尿に糖が排泄される病気です。

症状としては、尿の量や回数が増え、水を飲む量も増えます。

また、食欲は増進しているのに対し、体重が減少することもあるそうです。

病気が悪化すると、下痢や嘔吐が見られるようになり、

重篤な場合には昏睡状態に陥ってしまい命の危険性さえ発生します。

治療のほとんどでインスリンの注射が必要なのとともに、食事療法や適度な運動も大切です!

 

 

ミニチュア・シュナウザーってこんな犬6:もしもミニチュア・シュナウザーを飼うのなら

 

ミニチュア・シュナウザーを飼いたい1:値段はいくらくらい?相場観を知ろう

 

ミニチュアシュナウザー

 

ミニチュア・シュナウザーの価格は大体10万円前後だと言われています。

例外ですと、毛色が珍しいほど高額になったり、オスよりメスの方が繁殖できることから相場が高くなったりもします。

これは他の犬種にも言えそうなことですね。

 

ミニチュア・シュナウザーを飼いたい2:しつけ

 

ミニチュア・シュナウザーは好奇心旺盛で走り回りますが、従順な性格で知能も高いので、しつけやすい犬種と言えます。

筆者の飼っているミニチュア・シュナウザーもいろいろなことに対して覚えるのが早かった気がします。

ただ、吠える時の声がとてつもなくうるさいので、どこかでしつけを誤ったようです…。

 

ミニチュア・シュナウザーを飼いたい3:注意点

 

やはり、害獣駆除目的として育てられた犬種なので体力がありあまっています。

こまめに散歩に行くことでストレス発散となるので、連れて出てあげましょう。

ただし、どの犬種もそうですが、夏場の暑い時期は暑さに注意してあげてください。

 

 


ミニチュア・シュナウザーの基本データ

 

英表記:Miniature Schnauzer

原産国:ドイツ

起源:小型のシュナウザーは19世紀末に繁殖されたと言われています。

公認団体:JKC(ジャパンケネルクラブ)

体重・体高:体重は4-8kg、体高30-35cm

体型:小さいが力強くがっしり

毛種:粗毛種

毛色:ブラック、ホワイト、ソルト・アンド・ペッパーなど

入手しやすさ:容易

値段・価格10万円前後

寿命:12〜15歳程度

特徴:硬い毛と立派な髭

性格:好奇心旺盛、賢い

かかりやすい病気:若年性白内障、糖尿病

 

 

賢い犬なので、いろいろ芸を覚えさせても楽しそうですね!

その際はストレスを溜めさせないよう注意してください!

それでは、素敵なペットライフを送ってくださいね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(5)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(375)
   猫/ネコ(163)
   犬/イヌ(212)
小型哺乳類/小動物(51)
   うさぎ(30)
   ハムスター(21)
鳥類(91)
   陸地に棲む鳥(82)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(44)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(21)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(651)
種類/品種(583)
繁殖/育成(518)
毛色/毛質(241)
性格/生態/特徴(510)
食事/餌/栄養(527)
病気/病院/治療(573)
しつけ(431)
トイレ(148)
選び方(482)
値段/価格(491)
ランキング/おすすめ(119)
口コミ/レビュー(153)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(15)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(740)
画像/動画(120)
まとめ(754)

人気記事ランキング