logo

Top > 鳥類 > 陸生鳥類 > 陸生鳥類の種類

フクロウを飼いたい方へ。人気のフクロウの種類・値段・価格を解説






年々人気の高まっているフクロウは、フクロウカフェなど身近で接することができる場所も増えてきています。
手のひらサイズの小柄な種類は愛らしく、大型な種類はとてもスタイリッシュです。

そんなフクロウを自宅にお迎えしたいと検討している方も多いと思います。
なかなかペットショップで見かけることの少ないフクロウですが、その価格は一体どのくらいなのでしょうか。

この記事では、ペットとして人気のあるフクロウの価格を中心にまとめました。

【目次】フクロウを飼いたい方へ。人気のフクロウの種類・値段・価格を解説

 

ペットとしてメジャーなフクロウ10種類を紹介

1.コキンメフクロウ

2.アカスズメフクロウ

3.アフリカオオコノハズク

4.スピックスコノハズク

5.ヨーロッパコノハズク

6.アメリカワシミミズク

7.モリフクロウ

8.メンフクロウ

9.カラフトフクロウ

10.シロフクロウ

「フクロウ」と「コノハズク」の違いはなに?

フクロウを飼う前に必ず知っておきたいこと

「愛玩動物」ではなく「野生の鳥類」

肉食の「猛禽類」である

徹底した飼育環境が必要

さいごに

 

ペットとしてメジャーなフクロウ10種類を紹介

 

owl02

 

実際にペットとして飼育できるフクロウは、どのくらいの値段で購入することが可能なのでしょうか。

ここでは、人気のフクロウを特徴や値段などと合わせて紹介します。

 

1.コキンメフクロウ

 

 

価格: 15〜30万円ほど

大きさ: 22㎝ほど

原産国: ヨーロッパ、中国、アフリカ北部

詳細:

コキンメフクロウは超小型であるため、比較的初心者でも飼いやすい種類です。

性格は臆病で警戒心が強いため、懐くには時間がかかります。

しかし、一度懐いてしまえばある程度のスキンシップをとることが可能です。

 

2.アカスズメフクロウ

 

 

価格: 20〜40万円ほど

大きさ: 16cmほど

原産国: 南アメリカ、南米

詳細:

スズメ という名の通り、手のひらサイズの非常に小型なフクロウです。

アカスズメフクロウは、フクロウ科としては珍しく昼行性。

人に懐くことは期待できず、飼育難易度は高めです。

 

3.アフリカオオコノハズク

 

 

くるるの野望さん(@kururu_owl)がシェアした投稿 -

 

価格: 18〜25万円ほど

大きさ: 28cmほど

原産国: アフリカ大陸

詳細:

コノハズク の中では大柄な種類ですが、フクロウとしては小型です。

性格は臆病でストレスに弱いことが特徴。

自分より強い敵を見つけたときには、枝に擬態するため、羽を細くして身を小さくします。

逆に威嚇の場合や敵に出くわしてしまった場合には、羽を逆立て体を大きく見せるという変わった習性の持ち主です。

ストレスに弱いため飼育は簡単ではありませんが、小さな頃から育てた個体は、人に懐きやすく人気が高い傾向があります。

 

4.スピックスコノハズク

 

 

価格: 20〜30万円ほど

大きさ: 20〜24㎝ほど

原産国: 南アメリカ

詳細:

スピックスコノハズクは体が丈夫で、人を恐れないため初心者でも飼いやすい種類です。

また、温厚な性格ですので複数飼育も可能です。

ただし、鳴き声が大きいため注意が必要となります。

 

5.ヨーロッパコノハズク

 

 

いけもふさん(@ikemofu)がシェアした投稿 -

 

価格: 15〜25万円ほど

大きさ: 15〜25cmほど

原産国: ポルトガル、スペイン、フランス

詳細:

ヨーロッパに生息する、手の平に収まるほどの小型なフクロウです。

小型なため飼育スペースをあまり必要としないことや丸い体つき、価格がフクロウ科のなかではリーズナブルなことから、ペットとして非常に人気の高い種類です。

また、性格もフクロウのなかでは懐きやすいとされています。

 

6.アメリカワシミミズク

 

 

m_owl29さん(@m_owl29)がシェアした投稿 -

 

価格: 40〜60万円ほど

大きさ: 50〜70cmほど

原産国: カナダ、南アメリカ、ペルー

詳細:

ダイナミックでスタイリッシュなアメリカワシミミズクは、フクロウ上級者の中で人気があります。

時にはワシやタカなどの猛禽類も餌にすることがあるほどの力を持っているため、「北アメリカに住む最強の鳥類」とも言われています。

なお、人間を殺した事例もある種類ですので、懐かせるのは容易ではありません。

しかし、一度信頼関係を築くと非常に従順で絶対的な愛情を示すとも言われています。

 

7.モリフクロウ

 

 

Tawny_Owl_0208さん(@tawny_owl_0208)がシェアした投稿 -

 

価格: 20〜40万円ほど

大きさ: 30〜45cmほど

原産国: ポルトガル、スペイン、フランス

詳細:

フクロウの代表的存在ともいえるモリフクロウは、ずんぐりとした大きな頭が特徴です。

中型に属し、フクロウとしては平均的なサイズ。

性格は穏やかで大人しく、比較的飼いやすい種類です。

しかし、繁殖期には凶暴になるため注意が必要となります。

 

8.メンフクロウ

 

 

まめ姐さんさん(@mameneisan)がシェアした投稿 -

 

価格: 10〜20万円ほど

大きさ: 40cmほど

原産国: ヨーロッパ、インド、アフリカ、北アメリカ、オーストラリア

詳細:

お面をかぶったような顔が特徴的な メンフクロウ は、価格も比較的リーズナブルです。

繁殖が容易であるため、フクロウの中でもよく見かけることができます。

環境への適応能力に優れ性格もおっとりしているため、飼いやすく人気のある種類です。

 

※合わせて読みたい:  ハリーポッターにも登場!神秘的な雰囲気「メンフクロウ」の生態や飼い方

 

9.カラフトフクロウ

 

 

m_owl29さん(@m_owl29)がシェアした投稿 -

 

価格: 50〜70万円ほど

大きさ: 68cmほど

原産国: 北アメリカ北部、ユーラシア大陸北部

詳細:

カラフトフクロウはフクロウ科の中でも大柄な種類です。

大きな顔盤に対して目は小さく、インパクトのある顔立ちです。

寒冷地に生息しているため羽の量が多く、人に懐きやすいことから近年人気が高まっている種類です。

 

10.シロフクロウ

 

 

価格: 30〜60万円ほど

大きさ: 58cmほど

原産国: 北アメリカ大陸北部、グリーンランド北部、ユーラシア大陸北部

詳細:

映画ハリー・ポッターシリーズで主人公の相棒として人気が高まったのが シロフクロウ です。

メスと幼鳥は黒の模様が入るのに対し、オスの成長は真っ白なカラーが美しく印象的です。

ほとんどのフクロウが完全な夜行性に対し、シロフクロウは日中も狩りを行うことが特徴です。

寒冷地に生息していることや、気性が荒いことからペットとして飼育するのは容易ではありません。

 

※合わせて読みたい:  ハリーポッターにも登場!シロフクロウの生態や飼い方

 

 


「フクロウ」と「コノハズク」の違いはなに?

 

owl03

 

フクロウもコノハズクも同じフクロウ科の 鳥類 で、種別としての違いはありません。

フクロウに耳のようなものがついている種類をミミズクと呼びます。

さらに、ミミズクの中の1種を総称してコノハズクと呼びます。

フクロウ、ミミズク、コノハズクと細かく分類されていくというわけです。

 

※合わせて読みたい:  「けものフレンズ」にも登場!小さくて可愛い「コノハズク」の生態やペットとしての飼育方法

 

 

フクロウを飼う前に必ず知っておきたいこと

 

owl04

 

フクロウは非常に飼育難易度の高い生き物です。

お迎えする前には、最低でも以下の習性を理解しておく必要があります。

 

「愛玩動物」ではなく「野生の鳥類」

 

フクロウは野生の鳥類です。

インコ などの愛玩動物ではありません。

そのため、同じような考えで飼うことはできません。

 

テレビのようなメディアで見かける、人にべた慣れしているフクロウはごく稀です。

人間に懐くというよりは慣れるという表現のほうが正しいかもしれません。

また、怒らせると本気で攻撃してくるため、ほかのペットや小さなお子様がいる家庭での飼育は難しいでしょう。

 

肉食の「猛禽類」である

 

人気の高まっているフクロウは、価格も徐々に手が届きやすくなっています。

しかし、その背景で増えているのが「飼育放棄」です。

多い理由の一つが「餌」の問題です。

猛禽類であるフクロウは完全な肉食の鳥類です。

完全な肉食といっても猫とは違い、完成された専用フードはありません。

 

餌は ネズミ ウズラ 、ヒヨコです。

死んだ 小動物 を目にしなくてはならないことや、食べやすくカットをしたりする手間、かかる費用から、飼いきれなくなってしまう方も少なくありません。

事前に餌はどのようなものをどのように与えているのか、販売員などに聞いて確認することも重要です。

 

徹底した飼育環境が必要

 

フクロウは種類によって飼育環境が大きく異なります。

極寒の地域に生息するものは、冬場でも温度が上がり過ぎないよう、徹底した管理が必要となります。

また、飼育スペースも広く必要で、小柄なタイプでもアパートなどの狭い環境では、狭すぎてストレスになってしまいます。

ほかにも、夜行性であることや物音などに敏感である、鳴き声が大きいことなどを考えると、どこでも飼える生き物ではありません。

 

 


さいごに

 

owl05

 

フクロウは可愛い、かっこいいなどの理由もあり、年々人気が高まっている鳥類です。

人気が高まったことで繁殖が多く行われ、飼える種類も増え、生体価格も手ごろになってきています。

しかし、自分がフクロウを飼うことができるのか、最後まで面倒を見ることができるのか、しっかりと理解しておく必要があります。

 

フクロウに会える場所として、専門店のほかに フクロウカフェ なども増えてきています。

購入する前に足を運び、種類や生体、性格などを事前に確認しておくことをおすすめします。

 

▼関連記事

 

・  フクロウをペットとして飼う方法。フクロウの種類、エサ、しつけ、飼い方

・  フクロウの生態や値段、寿命や飼い方。都内のおすすめフクロウカフェも解説!


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(16)
   カピバラ(2)
   ブタ(2)
中型哺乳類(376)
   猫/ネコ(144)
   犬/イヌ(198)
小型哺乳類/小動物(67)
   うさぎ(29)
   ハムスター(19)
鳥類(86)
   陸生鳥類(75)
   水生鳥類(7)
魚類/甲殻類/水生生物(61)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(13)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(610)
種類/品種(564)
繁殖/育成(483)
毛色/毛質(233)
性格/生態/特徴(461)
食事/餌/栄養(503)
病気/病院/治療(549)
しつけ(410)
トイレ(146)
おもちゃ(15)
選び方(472)
値段/価格(486)
ランキング/おすすめ(116)
口コミ/レビュー(148)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(692)
画像/動画(121)
まとめ(706)

人気記事ランキング