logo

Top > 鳥類 > 陸生鳥類 > 陸生鳥類の種類

フクロウの生態や値段、寿命や飼い方。都内のおすすめフクロウカフェも解説!






現在鳥類の中でも人気が高まっている種類が「フクロウ」です。

全国でフクロウと触れ合うことのできるフクロウカフェも人気を高めています。
フクロウの魅力とは、一体どのようなところにあるのでしょう。

フクロウの生態や特徴、値段や寿命、人気の種類などを始め、飼い方や都内にあるフクロウカフェを紹介します。
フクロウに興味のある方は、是非ご一読ください!

フクロウとは

 

owl-02

 

フクロウ(梟、鴞、Strix uralensis)は、鳥綱フクロウ目フクロウ科フクロウ属に分類される 鳥類 です。

猛禽類と呼ばれる肉食の鳥類で、ほとんどの種類は夜行性です。

日本ではエゾフクロウ、モミヤマフクロウ、キュウシュウフクロウ、フクロウの4亜種が分布しています。

また、フクロウは幸運を呼ぶ縁起物とされ、フクロウを象った置物なども人気です。

 

大きさ、体重

 

全長は約50㎝、体重は500g~1㎏です。

フクロウの種類は多く存在し、大きさは小型、中型、大型とサイズが分かれており、大きや体は種類によって様々です。

 

寿命

 

フクロウの寿命は小型であれば10年程、中型~大型になると20年以上と長寿になります。

 

日本にいる種類

 

日本に生息しているフクロウの種類は、以下の4種類です。

 

  • エゾフクロウ
  • フクロウ
  • モミヤマフクロウ
  • キュウシュウフクロウ

 

いずれも亜種であり、北に生息する亜種ほど羽色が白く、南に生息する亜種ほど暗い色をしています。

フクロウはサイテス CITES (通称ワシントン条約)に指定されています。

その中でも、フクロウはサイテスⅡに分類されており、日本産のフクロウを捕獲及び飼育することはできません。

ケガをしているなどの理由から保護した場合であっても、無許可で飼育することは違法行為として罰せられるため、注意が必要です。

 

 

フクロウの特徴

 

owl-03

 

生息地

 

スカンジナビア半島から日本にかけて、ユーラシア大陸北部に広く分布しています。

温帯から亜寒帯にかけての針葉樹林、混交林、湿地、牧草地、農耕地などに生息しています。

日本にも4種類の亜種が生息しており、北は北海道から南は九州まで広くに分布しています。

 

繁殖

 

フクロウの繁殖は以下の通りです。

 

繁殖シーズン

 

2月~4月頃から繁殖シーズンに入ります。

大木の樹洞や木の根元、屋根裏や民家の軒下など、適応性が高く様々な場所に巣を作ります。

 

産卵から抱卵

 

フクロウは2個~4個ほどの卵を産み、約1か月間抱卵します。

卵は1ヵ月程で孵化し、雛は1日50gほどの餌を食べます。

基本的にメスが子育てをし、オスが狩りに出かけます。

 

フクロウの雛

 

生後2週間ほどで羽が生えそろい、雛同士で保温ができるようになります。

雛は食欲が旺盛ですので、この頃になると、メスも狩りに出かけるようになります。

雛は35日~40日程で巣立ちし、その後数カ月間は親鳥の元で狩りなどを学びます。

9月~11月頃になると、親元を離れ自立します。

 

 

フクロウの雛。

成鳥になるとたくましいフクロウですが、雛はやはり可愛らしいですね。

 

食事

 

野生化では ウサギ やネズミなどのげっ歯類を中心に、鳥類や昆虫を食べて生活しています。

 

性格

 

フクロウには数多くの種類が存在し、種類により性格も様々です。

飼育下では人間が怒らせない限り、フクロウが人を意図的に襲うことはありません。

比較的温厚と言われる種類であっても、猛禽類ですので インコ などの様な性格ではありません。

フクロウは神経質な性格の種類が多いです。

気になるフクロウがいれば、その種類についてリサーチしてみることをおすすめします。

 

鳴き声

 

夜中になると、「ホッホー、ゴロスケホッホー」と言う鳴き声を聞いたことはありませんか?

あの声の主こそ、フクロウなのです。

フクロウの鳴き声は、2㎞先にまで届くと言われています。

 

他にも、フクロウは種類や気分により鳴き方は変わります。

夜行性ですので夜中に鳴くことが多く、飼育下ではあらかじめ注意が必要です。

 

 

「ホーホー、ゴロスケホッホッホー」と鳴くフクロウ。

 

 


人気の高いフクロウの種類

 

owl-04

 

その1:ヨーロッパコノハズク

 

 

体長: 15㎝~20㎝

体重: 約200g

価格: 15万~20万

特徴:

フクロウの中でも体重がおよそ200gと、非常に小柄な種類です。

フクロウの中でも人に懐きやすいタイプで、ペットとしても人気があります。

 

※関連記事:  「けものフレンズ」にも登場!小さくて可愛い「コノハズク」の生態やペットとしての飼育方法

 

その2: メンフクロウ

 

 

体長: 約40㎝

体重: 200g~500g

価格: 10万~20万

特徴:

お面のように平たい顔が特徴の中型フクロウです。

とても賢く、デリケートな性格の持ち主です。

ペットとして飼育することも可能ですが、難易度は高めです。

 

※関連記事: ハリーポッターにも登場!シロフクロウの生態や飼い方

 

その3: シロフクロウ

 

 

So2さん(@so2_bicycle)がシェアした投稿 -

 

体長: 50㎝~65㎝

体重: 約2㎏

価格: 30万~70万

特徴:

真っ白な羽毛が特徴の大型フクロウです。

映画ハリーポッターシリーズでも大活躍したのが、このシロフクロウです。

映画の影響を受け、イギリスを中心にペットとしても人気が高まっています。

ただし、大型のフクロウですので、初心者向けではありません。

目を細めた際、笑顔のような表情になることも特徴です。

 

※関連記事: ハリーポッターにも登場!神秘的な雰囲気「メンフクロウ」の生態や飼い方

 

その4:アフリカワシミミズク

 

 

体長: 35㎝~45㎝

体重: 450g~900g

価格: 約30万

特徴:

ワシミミズクの中では小型に分類されるフクロウです。

ミミズクには羽角(ウカク)と呼ばれる角のような羽があることが特徴です。

一軒眉毛のように見える羽角ですが、それ以外にミミズクとフクロウに大きな違いはありません。

大人しい性格で、あまり人を怖がらない性格です。

 

その5:モリフクロウ

 

 

体長: 37㎝~43㎝

体重: 約470g

価格: 25万~30万

特徴:

私たち日本人が「フクロウ」と聞いて思い浮かべるフォルムに近いものが、このモリフクロウです。

中型のフクロウに分類されますが、白目部分がなく、真っ黒でつぶらな瞳が特徴です。

性格は大人しいとされています。

 

 

フクロウの飼い方

 

owl-05

 

購入場所

 

フクロウの購入は、フクロウをはじめとする「猛禽類」を取り扱ているペットショップや、フクロウのブリーダーから購入することができます。

また、最近ではフクロウカフェでも生体を販売している店舗があります。

 

価格

 

フクロウは大きく小型、中型、大型に分類されます。

大型のフクロウや、珍しい種類のフクロウ程高額になります。

安くても10万円以上はしますし、高額になると100万円を超える個体も存在します。

 

ケージ

 

ケージはフクロウがゆっくりと生活するために欠かせないハウスです。

羽を広げても窮屈しないよう、十分な広さのものを用意しましょう。

また、脚の力が強いため、頑丈な作りのものがおすすめです。

止まり木なども、しっかりとした素材のものを設置しましょう。

 

自由飼いは可能?

 

フクロウはケージを使用せずに部屋の中を自由に放して飼育する方法もあります。

しかし、自由飼育はあまりおすすめできません。

一つは、誤飲や衝突、ロストなど事故のリスクが高まってしまうからです。

もう一つは、自由飼育にしていると、その部屋がフクロウにとっての縄張りになってしまうからです。

広い縄張りを守るため神経質になってしまうことや、飼い主さんを縄張りへの侵入者と間違え、攻撃してしまう恐れがあります。

そのため、普段はケージで過ごさせ、適度な時間放鳥をしたほうが、フクロウにとってストレスになりにくくおすすめです。

 

 

「ヒヨコ」、「マウス」、「 ウズラ 」などの生肉を与えます。

ほかにも昆虫やワーム類も与えると喜びます。

あくまでも生肉を主食としますので、フクロウを飼う際は、餌の与え方の知識は事前に知っておく必要があります。

生き物の屍骸や血などに抵抗のある方に、フクロウの飼育は難しいでしょう。

 

そのた飼育に必要な物

 

フクロウを飼育するにあたり、これだけは揃えておきたい猛禽類特有の飼育用品を紹介します。

 

ファルコングローブ

 

爪がするどいフクロウの飼育には、グローブは必須アイテムです。

フクロウは脚力が強いため、爪が食い込まないよう革製のものがおすすめです。

フクロウを繋ぐためのリングがついており、外に連れ出す際のロスト防止にも役立ちます。

 

パーチ

 

 

MBtt977さん(@mbtt977)がシェアした投稿 -

 

パーチとは、フクロウをはじめとする猛禽類の止まり木です。

フクロウは放鳥してもあまり飛び回ることはなく、パーチの上で過ごします。

大きさや種類によって、パーチの形状や大きさもことなりますが、フクロウがゆっくり止まることのできる頑丈なものを選んであげましょう。

 

アンクレット

 

でいう首輪のようなもので、脚首に装着します。

フクロウの脚のサイズに合ったものを着用し、年に1度は新しいものに取り換える必要があります。

 

ジェス

 

アンクレットに通して使用する、フクロウを係留する道具です。

革製、ロープ製があります。

 

リーシュ

 

フクロウのロスト防止のために使用する紐です。

登山用ロープでできており、頑丈です。

フクロウの係留や、お散歩の際のロスト防止に使用します。

フクロウのサイズや用途により、紐の太さや長さを調節してください。

 

どのくらい懐く?

 

フクロウは人気のコンパニオンバードではありますが、まだまだ野生としての本能が強い生き物です。

そのため、インコなどペットとしてなじみのある鳥類のようにべたべたに懐くことは基本的にありません。

ケージ越しに眺めたり、遊んでいる姿を観察するなど、鑑賞することも一つの楽しみです。

肩や腕に乗せて散歩をすることはできますが、あまり体を触られることを好みません。

また、初心者には小型のフクロウが向いていると言われています。

 

 

ご主人様にカキカキをされてご満悦のコキンメフクロウです。

上手に飼育すると、ここまで懐くフクロウもいます。

 

 


フクロウを飼う際の注意点

 

owl-06

 

肉食の「猛禽類」であることを知る

 

フクロウは完全なる肉食の「猛禽類」と呼ばれる鳥類です。

人気の高いフクロウは、その一方で飼育放棄が多いことも現状です。

飼育放棄の原因となる要因の一つが、「餌」です。

フクロウの餌には、「ラット」、「ヒヨコ」、「ウズラ」などいずれも「生肉」を与えます。

 

基本的にそのままの姿で冷凍販売されているため、生きていたころの姿そのものを見ることになります。

更に、フクロウに与えるには下準備も必要です。

解凍し、内臓など余分な部位を取り除く必要があります。

そして、フクロウが食べやすいようカットをしてから与えます。

小動物 の屍骸や血、肉といったものが苦手な方に、フクロウの飼育は向いていません。

 

小さなお子様やほかのペットとの同居は難しい

 

フクロウはペットとして魅力的な生き物ですが、脚やクチバシの力が強く、温厚な性格ではありません。

野生に近いフクロウを飼育するには、小さなお子様やほかのペットとの同居は難しいと言えます。

特に小さなお子様は、ペットに対して力加減をすることが難しいため、フクロウを怒らせてしまう可能性があります。

フクロウを怒らせると、力強いクチバシや脚で攻撃され、ケガをしてしまう可能性もあります。

フクロウとの同居には、必ず家族全員の同意が必要です。

 

ロストに注意

 

他の鳥類にも言えることですが、飼育の際にはロストに注意しましょう。

ロストとは、逃げ出してしまうことです。

特に外に散歩にも連れて出すことができるフクロウに、ロストは多い事故です。

一度逃げてしまうと、自力で帰ってくることは非常に困難です。

また、猛禽類が逃げ出したとなれば、近隣住民にも迷惑が掛かってしまいます。

放鳥の際には戸締りに気を付け、リーシュなどを使用し、ロストを防止しましょう。

 

フクロウを診れる動物病院を探しておこう

 

フクロウを始めとした猛禽類を診ることのできる動物病院は限られています。

フクロウも生き物ですので、いつ病気やケガをしてしまうか予測することはできません。

そのため、事前にかかりつけの獣医を見つけておくことが必要です。

遠方になる場合には、交通経路などもしっかり頭に入れておきましょう。

また、移動用のキャリーケースも用意しておくと、緊急の際にも安心です。

 

クチバシ、爪のお手入れは欠かさずに

 

フクロウのクチバシや爪はするどく、飼育下では伸びてしまうため、定期的なお手入れが必要になります。

基本的には爪切りややすりを使って行います。

自信のない方や初心者の方は、猛禽類を診ることのできる動物病院などにお願いすると安心です。

しかし、爪切りやクチバシの手入れはフクロウにとってストレスであるため、最終的には慣れた場所で飼い主さん自身ができるようになることがベストです。

 

 

都内でフクロウに会える!人気のフクロウカフェ紹介

 

owl-07

 

1:いけふくろうカフェ

 

 

住所: 東京都豊島区南池袋1-17-1 6階

連絡先: 03-5904-8344

営業時間: 13:00~17:00、18:00~20:00(土・日は12:00~19:00)

詳細:

ベタ慣のフクロウたち約50羽と触れ合える、入れ替え制のカフェです。

フクロウを連れての来店も可能だそうです。

また、夜にはバーになりアルコールも可能なため、パーティー目的での利用も可能です。

気に入ったフクロウがいれば、販売もしてくれるそうです。

フクロウのお迎えを検討している方にも、おすすめのフクロウカフェです。

 

2:フクロウカフェ しあわせをよぶふくろうの城 原宿店

 

 

住所: 東京都渋谷区神宮前6-5-6 サンポウ綜合ビル503

連絡先: 080-3732-0532

営業時間: 11:00~20:00(不定休)

詳細:

しあわせの城では、フクロウのほかにもタカやハヤブサと直接触れ合うことができるそうです。

触れ合いはもちろん、写真撮影や餌やり、手に乗せることができるなど、サービス内容も豊富です。

扱う生体はふくろうの城で繁殖した個体ですので、人に慣れている子が多いでしょう。

また、猛禽類の買い取り、下取りもしていますので、気になる方は連絡してみてください。

 

3:アウルの森

 

 

住所: 東京都千代田区外神田4-5-8 松孝商事ビル5階

連絡先: 03-3254-6366

営業時間: 13:00~23:00(水曜は17:00~、土・日・祝日は12:00~)

詳細:

アウルの森は、日本で最大級フクロウカフェです。

ジャングルのような店内にフクロウが自由に放たれていえう光景は、フクロウたちとの触れ合いをより近くに感じることができるでしょう。

外国人観光客にも人気があり、年間大勢の外国人の方も来店されるそうです。

ふれあいを目的としているため、食べ物やお酒の提供はありません。

 

4:ふくろうの店

 

 

住所: 東京都中央区月島1-27-9

連絡先: 不明

営業時間: 14:00~21:00(水・木曜は~18:00、土曜は12:00~)、日曜は12:00~18:00 (休)月・火曜日

詳細:

月島駅から徒歩5分にある人気のフクロウカフェです。

電話などの事前予約は行っおらず、開店1時間前から直接予約ができます。

事前予約はできませんが、その分待ち時間が比較的少なく、時間制で複数のフクロウとの触れ合いが可能です。

 

5:ふくろう茶房

 

 

住所: 東京都国分寺市東元町3-15-1

連絡先: 042-208-3400

営業時間: 11:00~17:00(週末は~20:00) (休)火曜日

詳細:

フードやスイーツなど、食事メニューも充実したフクロウカフェです。

フクロウと一緒に近くの観光スポットをお散歩できるサービスは、ふくろう茶房ならではの体験で人気のプランです。

また、生体や飼育用品、餌などの販売も行っています。

 

 


フクロウは「幸運」を招く?

 

owl-

 

フクロウには幸運や運気があがる、金運がアップするなど、縁起物としても人気が高い鳥類です。

家にフクロウの置物を飾っている方も多いでしょう。

これは日本国内だけでなく、海外でも同じです。

 

日本では首がぐるりと回るため、「借金を背負って首が回らなくなることがない」ことや、暗黒でも目が見えることから「商売繁盛」、「招副の縁起物」と言われています。

他にも当て字として「不苦労」とも言われています。

 

海外ではギリシャ神話に登場し、知恵の女神の使いである「森の賢者」と呼ばれ、知恵の象徴とされています。

霊的な力も持ち合わせているとされており、森と人間を悪霊から守っていると言われています。

また、メキシコなどでは富の象徴ともされています。

 

 

さいごに

 

owl-09

 

フクロウには様々な種類が存在し、ペットとしても人気を高めている魅力ある鳥類です。

しかし、その反面で長寿であることや肉食であることから、飼育放棄があとを絶たないことも事実です。

フクロウの飼育を検討している方は、いきなり購入するのではなく、人気のフクロウカフェなどに足を運び、フクロウの生態や飼い方などを事前に知識として取り入れると良いでしょう。

まだまだペットとしての歴史は浅いフクロウですが、その魅力は未知数で、私たちを癒し楽しませてくれる頼もしい家族になるでしょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(10)
   カピバラ(2)
   ミニブタ(1)
中型哺乳類(320)
   猫/ネコ(126)
   犬/イヌ(165)
小型哺乳類/小動物(57)
   うさぎ(27)
   ハムスター(17)
鳥類(70)
   陸生鳥類(61)
   水生鳥類(5)
魚類/甲殻類/水生生物(51)
   熱帯魚(21)
   淡水魚(17)
爬虫類(25)
   蛇/ヘビ(5)
   トカゲ(8)
両生類(10)
   ウーパールーパー(1)
   カエル(6)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(44)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(13)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(517)
種類/品種(473)
繁殖/育成(400)
毛色/毛質(188)
性格/生態/特徴(367)
食事/餌/栄養(422)
病気/病院/治療(460)
しつけ(354)
トイレ(125)
おもちゃ(13)
選び方(402)
値段/価格(421)
ランキング/おすすめ(95)
口コミ/レビュー(131)
旅行/ホテル/レストラン(17)
寄付/募金(12)
おもしろペット(71)
飼育知識/豆知識(580)
画像/動画(94)
まとめ(591)

人気記事ランキング