logo

Top > 小型哺乳類/小動物 > 小動物の飼い方/豆知識

一人暮らしでも飼いやすい小動物10種類!元ペットショップ店員が解説






ペットを飼いたいけれど、家庭の環境上、飼えないからと諦めている人もいるのではないでしょうか?

賃貸だから飼えない、散歩をする時間がない、一人暮らしでスペースがないなど、ペットを飼いたくても飼えない理由は様々です。

ペットを飼いたくても飼えないと悩んでいる人でも、比較的飼いやすいおすすめのペットが小動物です。

今回は元ペットショップ店員の筆者が、一人暮らしでも買いやすい小動物ペットをランキング形式でご紹介します。

合わせて各ペットの特徴や性格、飼い方、メリット、デメリットなど幅広く解説していきます。

かわいくて飼いやすい、オススメの小動物10種類!

 

ペットを飼おうというときに、選ぶポイントの一つとして飼いやすさが挙げられると思います。

を飼いたいけれど 散歩 をする時間がない、 を飼いたいけれどペット可の物件ではないなど、様々な事情でペットを飼えない人もいますよね。

 

それでも「ペットを飼いたい」「動物が大好き」という方にオススメのペットが小動物です。

ペット不可の物件でも飼える種類が多いことや、散歩が不要なこと、飼育のしやすさから、ペット初心者でも安心して飼うことが出来ます。

 

今回は、元ペットショップ店員の筆者が小動物のおすすめランキングを作成してみました。

自分の条件に当てはまる、お気に入りの種類を見つけてください。

 

 

①  ハムスター

 

hamuster

 

ハムスターは子供から大人まで幅広く愛されていて、飼いやすさ・人気ともに安定して高い評価を得ています。

カラーや種類などバラエティ豊富なので、ハムスターという一種類だけでもどの子にするかを選ぶ楽しみがあり、飼ってからの性格の違いもあるのでリピート率も高いです。

 

ハムスターは何百円単位から販売している店舗もあるため、子供のお小遣いでも飼うことができます。

ペットにあまりお金をかけることが出来ないけどペットを飼いたい方、部屋を汚されたり自分の生活スペースを取られたくない人におすすめです。

賃貸でペット不可の部屋に住んでいる方でも、大家さんに確認をすればハムスターは許可してもらえることが多いですよ。

ただ、寿命が短く体が小さいので、病気などにかかった時に治療が難しかったり診てくれる病院が少ないです。

長く時を共にするという観点では難しいでしょう。

 

ハムスターも個体や種類によって性格が異なるので、家族みんなで一緒に遊びたいのであれば活発で元気なハムスター、子供が飼い主となって飼うなら温厚で優しい性格のハムスター、一人暮らしでのんびり観察して愛でたい方は自立心が強いハムスターなど、好みや飼う目的によってピッタリの子を見つけましょう。

そのためにも、足繁くペットショップなどに通って、実際にハムスターと触れ合いながら意思決定をすることが大切です。

 

ペットとしてハムスターを飼う「メリット」

 

ケージ で飼うので部屋が汚れない

・生活範囲が狭いので掃除が容易

・ご飯や用具などにあまり費用がかからない

・ペット不可の物件でも飼えることが多い

・安価で子供のお小遣いでも飼える

 

ペットとしてハムスターを飼うメリットは、小動物だから出来るケージ飼いが一番大きな点でしょう。

価格やスペース、飼育のしやすさなど、人気が安定して高い理由に挙げられます。

 

ペットとしてハムスターを飼う「デメリット」

 

・寿命が短い

・診てくれる動物病院が少ない

 

デメリットは、寿命が2〜3年ほどと短く、懐いてくれた分だけお別れが早いのが非常に寂しいところです。

 

【ハムスターのオススメ度】

 

飼いやすさ:★★★★★

懐きやすさ:★★★★★

人気:★★★★★

寿命:★☆☆☆☆

価格:★★★★★

 

【ハムスターの基本データ】

 

大きさ:7〜20cmほど

色:グレー、白、黄色、黒、パイドなど

値段:1,000〜3,000円ほど

寿命:2~3年ほど

 

【人気のハムスター】

 

特に人気の高いハムスターを解説した記事もあるので、興味のある方は合わせて読んでみてください。

 

ゴールデンハムスターの値段、種類、毛色、飼い方

・  多頭飼いはNG!キンクマハムスターの飼い方と注意点!ケージはどう選ぶ?

・  ジャンガリアンハムスターの種類、毛色、値段、飼い方

・  最小ハムスター「ロボロフスキーハムスター」の生態や飼い方

 

hamster

 

ハムスターにも色々な性格や毛並みの子がいます。

その他にもハムスターのことを知りたいと思った方は、こちらの記事を参考にされるとよりハムスターのことを知れると思います。

オススメの飼いやすいハムスターの種類がランキング形式になっていてわかりやすいです。

  ハムスター人気ランキングTOP20!飼いやすくておすすめのハムスターの種類を徹底網羅!

 

 


②  ウサギ

 

rabbit

 

上の画像は、ピーターラビットのモデルと言われている  ネザーランドドワーフ   という種類のウサギです。

 

このように、絵やグッズ、アニメなどのモチーフにされることが多かったり、小学校などでもウサギに馴染みのある方がいたりと、小さい頃からうさぎは身近な存在ですよね。

最近ではウサギカフェやウサギ専門のペットショップなどが出来たりとウサギが人気となっています。

 

両手に乗る小さなウサギもいれば、 小型犬 くらいになるウサギもいますが、ウサギは小動物に部類されます。

その可愛らしい見た目や飼いやすさなどから、ペットとしての人気も非常に高いです。

そんなウサギを実際に家で飼うときのメリットとデメリットをご紹介します。

 

ペットとしてウサギを飼う「メリット」

 

・鳴き声が小さい

・臭いが気にならない

・トイレを覚えるので飼育しやすい

・散歩が必要ない

・一匹で飼える

 

ウサギは、鳴くというよりは小声で喋っているように聞こえるので、近所迷惑になることもないので安心して飼えます。

草食動物で悪臭になりやすい物を食べないので、定期的に掃除をしていれば臭いが気になることもありません。

 

うさんぽ 」という言葉が流行るなど、ウサギにリードをつけて散歩させたりすることも出来ますが、基本的には室内の運動だけで平気なので、散歩に行く時間がない人や、ウサギを散歩させられる安全な場所が近所にない方でも大丈夫です。

 

「ウサギは寂しいと死んでしまう」「ウサギの目が赤いのは寂しくて泣いたから」など様々な迷信がありますが、実際はそんなことはないので安心してください。

むしろウサギは寂しがり屋さんではないので、一匹で飼うのはかわいそうということもありません。

一人の時は気ままにゴロゴロしていたり遊んでいたりと、自分の時間を持っているので心配はいらないのです。

 

ちなみに目の赤いウサギは、アルビノと言って黒色の色素を作る細胞がない種類のウサギで、目の黒色の色素が作られず、透明の水晶体が目の奥の血管の赤色を透かしているだけなので、泣くということもないです。

もちろん、健康上も問題はありません。

 

ペットとしてウサギを飼う「デメリット」

 

・環境の変化に弱い

・病気が治りにくい

・神経質で繊細

 

デメリットとしては、ウサギは繊細で神経質な動物なので、環境の変化にとても弱いです。

ウサギを飼ってから引っ越しをしたり、ウサギのいる部屋を変えたりすると、変化に慣れず体調を崩してしまうことが多いです。

 

餌も頻繁に種類を飼えていると食べなくなったり、ストレスでうまく消化出来なかったりと病気の元になります。

引っ越しの予定がある方、線路沿いや赤ちゃんがいる家など、大きな音がするところで飼う際は特に注意をしてください。

一度体調を崩すと身も心も弱ってしまうので、治るまでに時間がかかったり悪化してしまったりするため、ウサギの負担になることは極力避けるようにしましょう。

 

【ウサギのオススメ度】

 

飼いやすさ:★★★☆☆

懐きやすさ:★★★★☆

人気:★★★★★

寿命:★★★★★

価格:★★★★☆

 

【ウサギの基本データ】

 

大きさ:20〜50cmほど

色:白、黒、グレー、茶色、クリームなど

値段:3,000〜40,000円ほど

寿命:5〜10年ほど

 

【人気のウサギ】

 

特に人気の高いウサギを解説した記事もあるので、興味のある方は合わせて読んでみてください。

 

・  ネザーランドドワーフの値段、大きさ、毛色、飼い方

・  ロップイヤーの飼い方

 

rabbit

 

家族皆で飼いたい時は活発なネザーランドドワーフ、一人暮らしで静かにウサギと暮らしたい方はロップイヤーのような大人しいウサギなど、ウサギの性格や特徴に合わせて飼うと、ウサギと飼い主それぞれの生活に負担も少なく済みます。

自分の生活もウサギの生活も活かせるような子を見つけるために、ウサギの種類を網羅したランキングもあるのでご参考までに!

  おすすめうさぎランキングTOP10!120種類以上のうさぎから飼いやすくて人気の種類を厳選!

 

 

③  モルモット

 

molmotto

 

動物園 のふれあい所などで多く見られるモルモット。

たくさん群れていて、子供たちで賑わっていますよね。

休みの度に家族で動物園に行くのもいいですが、モルモットは家でも飼いやすい動物なので、普段から家でモルモットと一緒に過ごすことが出来ます。

 

隅っこに集まったり密集していたり、冬場は暖かそうで可愛らしいですが、夏場は暑そうですよね。

群れで暮らすモルモットの習性ですが、一匹で飼うこともでき、一匹の分飼い主さんや家族と群れの様に過ごしたりと親密度は上がります。

まず、モルモットを家で飼った時のメリットとデメリットをご紹介します。

 

ペットとしてモルモットを飼う「メリット」

 

・動物園ねだりが減る

・兄弟や家族のような接し方をする

・工夫次第で遊びの幅が広がる

・共感性が高い

 

動物が好きな子供にとっては、動物園などでふれあいに行くのは楽しみですよね。

しかし、毎週毎週の休みに行っていては時間とお金、移動など親御さんにとっては不便なことも出てくるでしょう。

 

モルモットを家で飼うことができれば動物園に行く時間や費用が減ったり、いつでも触れ合うことが出来たり、より身近になる分子供の生物教育としてもオススメです。

群れで生活しているため、飼い主とペットという感覚よりは、同じ家で暮らす仲間や家族のような接し方をしてきます。

ペットとしてというよりも、家族の一員として迎えてあげてください。

 

また、モルモットは習性が多い動物です。

群れで暮らしていて、個々で別々の行動を取ると群れの意味をなさなくなるので、より習性が強く出る傾向にあります。

 

前を行く仲間についていったり、隅っこや狭いところを好んだり、仲間と密集して並ぶ時は頭とお尻が交互になるようにするなど、外敵から身を守る術に長けています。

そんな習性を利用したおもちゃや遊具を作ってあげると、モルモットも楽しんで遊ぶことができるでしょう。

 

ペットとしてモルモットを飼う「デメリット」

 

・鳴き声が気になる

・習慣で生きている

 

デメリットとしては、他の小動物に比べて鳴き声が大きいことです。

近所迷惑になるほどではありませんが、群れで暮らす習性から警戒音やコミュニケーションのために鳴いたりすることがあります。

滅多に鳴くことはないモルモットですが、初めて聞く人はその小さい体に似合わず大きな声を出すということもあり驚く人が多いです。

 

習性で生きている動物なので、モルモットを自分の生活スタイルに合わせることは難しいです。

決まった習慣があったり、ご飯の時間など規則正しく生活していたりするので、不規則な仕事をしている人や生活スタイルを変えたくない人にはあまり向かないでしょう。

 

【モルモットのオススメ度】

 

飼いやすさ:★★★☆☆

懐きやすさ:★★★★★

人気:★★★★☆

寿命:★★★☆☆

価格:★★★★★

 

【モルモットの基本データ】

 

大きさ:20〜25cmほど

色:白、黒、三毛、茶色、ベージュなど

値段:5,000円ほど

寿命:4〜8年ほど

 

molmotto

 

カラーバリエーションが豊富だったり習性があるため個性が見えにくく選ぶ時に迷ってしまいますが、是非自分のお気に入りの子を探してみてください。

モルモットの種類や飼育方法に関してはこちらの記事に詳しく記載をしています。

  モルモットの種類、特徴、飼育方法のまとめ


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(15)
   カピバラ(2)
   ミニブタ(1)
中型哺乳類(369)
   猫/ネコ(142)
   犬/イヌ(193)
小型哺乳類/小動物(65)
   うさぎ(27)
   ハムスター(19)
鳥類(82)
   陸生鳥類(71)
   水生鳥類(7)
魚類/甲殻類/水生生物(61)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(13)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(597)
種類/品種(557)
繁殖/育成(471)
毛色/毛質(231)
性格/生態/特徴(450)
食事/餌/栄養(494)
病気/病院/治療(539)
しつけ(404)
トイレ(144)
おもちゃ(15)
選び方(467)
値段/価格(481)
ランキング/おすすめ(114)
口コミ/レビュー(148)
旅行/ホテル/レストラン(23)
寄付/募金(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(679)
画像/動画(121)
まとめ(692)

人気記事ランキング