logo

Top > 中型哺乳類 > イタチ

フェレットをペットに!値段や特徴、飼い方まで解説






フェレットは、今やペットで飼っている人も珍しくはありません。
しかし、フェレットのことを詳しく知っている人は少ないと思います。

本記事では、フェレットをペットにするなら知っておきたい特徴や飼い方をまとめ、
記事をご覧になって頂いている方々に、フェレットをペットにするきっかけを与えることが出来れば嬉しいです。

フェレットをペットにするなら知っておきたいコト:どこで購入できるの?

 

フェレット

 

フェレットはマイナーなペットのため、 のようにペットショップで見かけることは少ないと思います。

それでは、どこでフェレットを購入することができるのでしょうか?

 

フェレットを扱っているショップは中にはあったりしますので、ネットで検索してみましょう。

また、ブリーダーさんから直接購入をすることも可能です。

 

金額は人気度で変動が激しく、およそ2万円から10万円ぐらいまで開きがあります。

相場観を押さえておくことで、実際に売られているフェレットが安いのか高いのか判断できることでしょう。

 

 

フェレットをペットにするなら知っておきたいコト:寿命は?

 

フェレット

 

フェレットの寿命は、およそ7年から10年ほどと言われています。

小動物 の中では、比較的寿命は短い方ですね。

 

フェレットは早熟で知られていますので、生まれてから大人になるまでの成長スピードはとても早く、

もちろんその分老化するのも早いです。生まれてから4年も経てば老年期と言われています。

 

 


フェレットをペットにするなら知っておきたいコト:臭ったりするの?

 

フェレット

 

基本的にペット用として扱われているフェレットであれば臭くはありません。

 

フェレットは、元はと言えば イタチ 科の動物なので、

自身の身を守るために臭いオナラをすることで知られています。

 

しかし、それはあくまで野生のフェレットのことであって、

ペット用として扱われているフェレットは、臭線除去の手術を行っています。

 

そのため、ペットショップやブリーダーから直接購入するのであれば、

フェレットの臭いはそれほど気にはならないことでしょう。

 

もちろん、排泄物が臭くない動物などほとんどいないので、

フェレットのケージの中などは、こまめに掃除してあげるようにしてください。

 

簡単にまとめると、臭腺除去手術や生殖腺除去手術を行っているフェレットであれば、

臭いに関してはそこまで心配する必要はありません。

 

また、週に一度の耳かきは忘れずにしてあげるようにしてください。

お風呂にも一ヶ月に一度入れてあげるのが理想です。

 

 

フェレットをペットにするなら知っておきたいコト:噛み癖はあるの?

 

フェレット

 

フェレットの個体によりますが、噛み癖のある子も中にはいます。

もし自身のフェレットが噛み癖のある子だった場合、なぜ噛むのかの原因を掴むようにしましょう。

 

フェレットに噛み癖がある理由は色々と考えられるようですが、主に新しい環境に慣れていないであったり、お腹が空いてるであったり、運動不足等でストレスが溜まっていることなどが上げられるようです。

何か心当たりのあることを探してみて、まずはそれを解消してあげることから始めてみましょう。

 

 


フェレットをペットにするなら知っておきたいコト:しつけはできるの?

 

フェレット

 

フェレットはとても人懐っこい動物なので、しつけも怠らなければしっかりとできるようになります。

必ずしつけしておきたいことは、トイレですね。

 

フェレットはトイレをする際、後ろに歩くという習性があるので、その姿を目の当たりにした場合は、すぐさまトイレまで連れて行ってあげることが大切です。

何回もトイレに連れて行ってあげれば、慣れて同じところでするようになります。

最初は根気がいるところですが、フェレットがトイレに慣れるまでは繰り返してあげましょう。

 

 

フェレットをペットにするなら知っておきたいコト:どのぐらい大きくなるの?

 

フェレット

 

一般的にペットショップに売られていたり、ブリーダーが扱っているフェレットは、マーシャルフェレットと呼ばれるタイプのものです。

このフェレットの場合は、30cmから40cmほどになると言われており、体重は約1kgから2kgほどになるようです。

猫や犬よりもサイズ的には飼いやすく、何より体がスマートなので、スペースを取らないから良いですね。

 

 


フェレットをペットにするなら知っておきたいコト:飼い方は?

 

フェレット

 

フェレットは夜行性ですし、安全確保のためにケージで飼うことをおすすめします。

 

また、フェレットは気温変化に非常に敏感な生き物です。

飼う場合はとにかく室温と湿度に気を付けるようにしましょう。

フェレットが求める理想的な生活環境は、室温で言うと15度から22度ぐらい、湿度で言うと40%から65%ぐらいと言われています。

 

上記の通り、暑すぎるのもダメですし、寒すぎるのもダメなのです。

この気温と湿度を保つハードルが高いことから、フェレットをペットとして飼っている人は少ないように思えます。

 

 

フェレットをペットにするなら知っておきたいコト:どんな性格なの?

 

フェレット

 

フェレットは先述したように、とても人懐っこい性格です。

また、好奇心旺盛で冒険家でもあるので、遊び心満載な一面があります。

 

お子様のいる家庭であったり、一人暮らしの方には飽きのこないパートナーになることは間違いないですね。

 

しかし!あまりにもやんちゃなフェレットは脱走してしまうことも稀にあったりします。

そのためにも、ゲージで飼うことは必須ですし、外に出してあげる際にも注意が必要です。

 

 


フェレットをペットにするなら知っておきたいコト:懐く?

 

フェレット

 

先にも述べた通り、人懐っこい性格ですので、飼い主と一緒に遊べるよ良きパートナーとなります。

猫よりかは懐きやすいと言われているので、フェレットは従順さを兼ね備える犬と猫の中間地点と言ったところでしょうか。

それだけ聞くと、もうフェレットを飼わない理由はなくなってきたかのように思えますね。

 

 

フェレットをペットにしたくなってきませんでしたか!?

とにかく、フェレットはペットとしてとても可愛い動物ですが、認知度がそんなにありません。

本記事を見て、 1 人でも多くの人がフェレットをペットにしたくなってもらえたら幸いです。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(18)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(426)
   猫/ネコ(171)
   犬/イヌ(217)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(74)
   うさぎ(31)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(3)
   チンチラ(2)
鳥類(96)
   陸地に棲む鳥(83)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(64)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(22)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
   カメ(5)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(669)
種類/品種(589)
繁殖/育成(530)
毛色/毛質(243)
性格/生態/特徴(525)
食事/餌/栄養(539)
病気/病院/治療(587)
しつけ(439)
トイレ(149)
選び方(488)
値段/価格(498)
ランキング/おすすめ(122)
口コミ/レビュー(157)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(13)
おもしろペット(86)
飼育知識/豆知識(760)
画像/動画(120)
まとめ(772)

人気記事ランキング