logo

Top > 小型哺乳類/小動物 > 小動物の飼い方/豆知識

シマリスはペットに出来る?シマリスの特徴や飼い方など






リスと言えばとてもかわいらしく人気の小動物です。
中でもシマリスは1番目メジャーで身近なリスだと思います。

ちょこちょこと走り回り、ほっぺを膨らませながら食べ物を食べる姿は見ていてとても癒されます。

シマリスは動物園などでも見ることはできますが、ペットとしても飼育できる種類のリスです。
本記事ではシマリスの特徴や生態、飼い方など詳しく解説していきます。

シマリスの分布

 

shimarisu_1

 

シマリスは北アメリカ、ロシア、アジアの北東部に生息しています。

住む場所によってシマリスには種類がありますが、日本にいるシマリスはシベリアシマリスの亜種であるエゾシマリスという種です。

「エゾ」という名前の通り北海道に生息しています。

 

日本で野生のシマリスは北海道以外には生息していません。

北海道以外で野生の リス を見ることはできますが、それは二ホンリスでシマリスとは異なります。

 

一部例外で、海外から輸入されたシマリスでペットとして飼育されていた個体が捨てられて野生化したという事例はあります。

エゾシマリスは生息地となる森林の減少や天敵が多く生存が厳しいことなどから数が減少しています。

そのため絶滅が危惧されています。

 

 

シマリスの特徴

 

shimarisu_5

 

シマリスの他のリスと比べての特徴は、背中から尾の付け根にかけて、黒い5本の縦縞と4本の白い縞模様があることです。

名前の由来もここから来ています。

 

 


シマリスの大きさ

 

shimarisu_2

 

体長は20~30cm程です。

その内、尾長は8~12cm程で体長の半分近くを尻尾が占めています。

平均体重は90~130gです。

 

 

シマリスの寿命

 

shimarisu_0

 

野生のシマリスであれば寿命は4、5年程です。

自然界でシマリスの天敵はたくさんいます。

 

シマリスは食物連鎖のピラミッドでは最下層で被捕食者であるためです。

歳を取ってくると身体的な衰えなどから生き残ることが難しくなり、天敵に捕まる可能性も上がります。

 

しかし、飼育下となれば天敵に襲われる心配が無いため6〜8年程は生きます。

また、適切な飼育環境であれば環境も安定するので寿命は延びます。

上手に飼育すれば10年ぐらいは生きることもありますよ。

 

 


シマリスの性格

 

shimarisu_4

 

シマリスは臆病で繊細な性格を持つ一方で活発で好奇心旺盛な一面も合わせ持っています。

それぞれの面の程度の差でシマリスの個体ごとの個性に差が出ます。

 

どういった性格が通良いのか見極めて飼育してあげる必要があります。

シマリスはオスが穏やかでメスは気性が荒いという説もありますが、実際は性別でというより個体ごとで違います。

 

やんちゃでいたずら好きな子もいますし、臆病な子もいます。

好奇心旺盛なために物をかじられて壊されないような飼育環境づくりが必要です。

部屋に放す場合、コードなどをかじられないようにしましょう。

 

また、元気に動き回るのでケージから脱走されないように注意する必要があります。

逆に臆病な子であれば、ちょっとしたことでストレスを与えないように静かな飼育環境を用意したり、触りすぎないようにしてあげる必要があります。

 

 

シマリスの値段

 

shimarisu=6

 

シマリスは一般的に5000~10000万円程で購入できます。

1万円前後ぐらいで販売されていることが多いです。

全身が白いホワイトシマリスとなると希少性の高さから4~6万円程になります。

 

購入する際は健康な個体か見極める必要があります。

ポイントは「毛並が良く、つやつやしているか」「痩せすぎていないか」「しっかりエサを食べているか」などです。

通販でも購入できますが、シマリスを直接見ることはできませんし、配送中は温度調整ができないので、到着したころには弱っていることもあるので、直接店頭へ買いに行くことをおすすめします。

 

 


シマリスの飼育

 

shimarisu_7

 

ここからはシマリスの飼育方法を紹介していきます。

 

必要な物

 

まずは用意しなければならない必要な物から見ていきましょう。

 

① ケージ

 

 

ケージに関しては、必要な物がある程度揃っているリス用のケージがあります。

こういった物だと手間もコストも多少省けて便利です。

 

また、ケージ内に入れる他の物がケージと合わず設置できないなどといったことも起こりません。

広さとしては、上の写真のケージぐらいが最低限のラインと言えます。

幅49cm×奥行き38cm×高さ73cmですが、幅と奥行きが50cm程あればさらに理想的です。

 

シマリスは運動量が多く半樹上性であるため、地面を走ったり木に登ったりします。

そのため、床面積と高さにある程度のスペースを必要とします。

網目が細かい金属製のケージにしましょう。

網目を使って上り下りがしやすく、運動しやすくなります。

 

ケージの素材はプラスチック製の物もありますが、シマリスに限らず齧歯類は物をよくかじります。

プラスチック製だとかじることによって素材を誤飲してしまう可能性があるのでやめた方が良いでしょう。

ケージを置く場所は直射日光の当たらない場所で温度を20~25℃ぐらいを保ちやすい場所に置きましょう。

 

巣箱(隠れ家)

 

 

隠れ家や寝床になる巣箱はシマリスが安心して暮らすためには必要不可欠です。

木製の巣箱やプラスチック製の巣箱があります。

どちらのタイプにもメリットデメリットがあるのでそれぞれ紹介します。

 

木製の巣箱の場合、素材が自然の物であるということが強みです。

シマリスがかじり回っても素材が木製であればシマリスの健康面への心配はありません。

しかし、木製の巣箱は、プラスチック製の巣箱に比べてカビが生えやすかったりと衛生面に不安要素があります。

 

一方、プラスチック製はかじったときに誤飲してしまうと、素材がプラスチックであるので体調を崩す原因にもなりかねません。

ですが、カビなどは生えにくく、衛生面は木製の巣箱よりも良い状態を保ちやすいです。

 

床材

 

 

飼育ケージの底に敷くためのものです。

シマリスは自分の巣の中に敷く草などを、外から集めてくる習性があります。

床材を敷いておけば、巣へ運ぶところも見られるかもしれません。

 

また、尿などの給水の役割もあります。

床材は新聞紙を細かく破ったものでも代用できます。

 

給水器

 

 

リスが水を飲むためのものです。

小さな容器に水を入れてケージ内に置いておく接地式の水入れを利用する方法もありますが、ボトル式の取り付けタイプの方がおすすめです。

設置式だと活発なシマリスが動き回ったら水入れを倒してしまう危険性があります。

倒すまでにはならなくても、シマリスの体が濡れてしまったり水が汚れてしまったりしやすくなります。

 

ボトル式だとそういった心配はありません。

注意すべき点としては、飲み口の材質です。

飲み口がプラスチック製のタイプだとシマリスがかじって壊す可能性があるので、飲み口は強度の高いステンレス製のタイプにしてあげましょう。

 

エサ

 

 

シマリスのエサとして利用できる物はたくさんあります。

趣旨、野菜、果物、穀物、木の実、そしてハトのエサも利用できます。

 

飼育に慣れてない間は市販のリス用のエサを与えることをおすすめします。

栄養のバランスも取りやすいですし、野菜や果物などは与えても良いものと与えてはいけないものがあるからです。

 

野菜だから大丈夫だと思って何でも与えているとシマリスが体調を崩す恐れがあります。

エサを与える頻度は1日に1~2回程で、1日で25~30g程食べるように与えましょう。

 

エサ入れ

 

 

エサ入れもプラスチック製の物であればかじられてしまうので、陶製の物などがおすすめです。

エサをきちんとエサ入れに入れることでケージ内が汚れることを防ぐことができます。

 

かじり木と登り木

 

 

シマリスが登ることができる登り木を用意してあげると上下運動もできます。

少しでも自然環境に近づけてあげることでシマリスも生活しやすくなります。

また、齧歯類のシマリスには「かじる」行為はとても重要です。

歯の整えることにもなりますし、ストレス発散の効果も大きいです。

専用のかじり木なくても構いません。

 

木を入れて置きシマリスがかじるようであれば良いです。

かじり木を用意した方が、用意しない状況よりもケージ内の他の物をかじりにくくなります。

 

 


シマリスを飼育する上で気をつけたい病気

 

simarisu_0

 

ペットを飼育する上では病気の予防は欠かせません。

シマリスを飼育する上で気をつけたい病気を紹介していきます。

 

不正咬合

 

シマリスの上下の前歯は、死ぬまで伸び続けます。

かじったりすることでお互いの歯がこすり合わさり、適度に削れていきます。

これによって伸び過ぎることなくエサを食べることができています。

歯が伸びすぎないよう自分で調節ができている訳です。

 

しかし、自分の力で歯の長さを調節できないと、前歯が伸び過ぎてしまいます。

そうすると、口腔内が伸びすぎた歯で傷ついたり、エサを上手に食べることができなくなったりしてしまいます。

これが不正咬合です。

 

歯が伸びすぎている場合は、かじり木を多めに入れるなどしてシマリスがかじりやすい環境をつくりましょう。

それでも改善されない場合は動物病院で歯の調節をしてもらえるので、動物病院に連れていきましょう。

 

自咬症

 

ストレスからくる病気で自咬症という病気があります。

自咬症とは自分の尻尾や脚を、かじってしまうことにより、皮膚が見えるぐらいまで毛がはげてしまう病気です。

そのような症状が見られたら自咬症を疑う必要があります。

原因はストレスですので、シマリスにストレスを与えるような飼育環境や飼育方法になっていないか見直す必要があります。

 

しかし、気をつけなければならない事としては、毛がはげていれば必ず自咬症という訳ではないということです。

自分で尻尾や脚をかじっている訳ではないのに毛がはげているようであれば皮膚病の可能性を疑う必要があります。

 

下痢

 

一般的にペットが下痢になる原因は、エサが問題か寄生虫や細菌、ウイルスの感染によることが多いです。

エサが原因である場合は、エサが傷んでいたり、エサに水分が多かったりといったことが原因となります。

 

また、エサに問題がなくても、エサが変わっただけで下痢になることがあります。

その場合は慣れると治ることもありますが、そうでなければエサを変えた方が良いです。

ウイルスなどによる感染である場合は早めに動物病院へ連れていきましょう。

 

 

シマリスを飼育する上で注意すべきこと

 

shimarisu__11

 

必要な物を確認してところで、次は飼育場の注意事項を確認していきます。

 

タイガー期に注意

 

シマリスにはタイガー期があります。

何だかシマリスには似合わない名称ですが簡単に言うと「シマリスが凶暴化する時期」です。

シマリスが凶暴化する時期は大体決まっています。

 

一般的には、秋口から冬の初めに突然凶暴になります。

野生の本能が働いてなのか、噛みついたり襲いかかってきたりなど、普段のかわいらしいシマリスと大違いです。

春先には元の状態に戻ります。

 

もちろんタイガー期が来ないことや、タイガー期が終わらないなどということも稀に起こります。

タイガー期が起こる原因は、明確にはされていませんが、1番有力だとされている説を紹介します。

 

野生のシマリスは日照時間が短くなって気温が下がる秋になると、エサが不足する冬に備えてドングリなどのエサを蓄える習性があります。

日本にいる野生のエゾシマリスは、秋にミズナラやカシワのどんぐりを冬眠に備えて巣へ蓄えます。

 

シマリスは繁殖の時期以外は1匹で生活していて、他のシマリスと出会うと片方が追っ払います。

少ないエサを他のシマリス等の動物たちと取り合うことになります。

エサを確保できなかったら死んでしまうので、自分の生存のために凶暴化して攻撃し、他の個体を排除するようです。

 

では、タイガー期が来たらどうすれば良いのか、タイガー期を抑える方法はあるのかということですが、シマリス特有の現象ですのでタイガー期を抑える明確な対策はありません。

ですが、タイガー期が冬に向けてのエサの確保のために起こる現象ということを考えると、いつもよりエサを多めに与えることや、巣箱へ持ち帰ったエサを取り除いたりしないようにしたら良いかもしれません。

 

タイガー期はもちろん、それ以外の時期でも噛みつかれないように気をつけましょう。

シマリスは自分のナワバリに侵入されないよう攻撃する習性があります。

 

シマリスがケージ内に居る状態で不用意に掃除などであちこち触ると、ナワバリを荒らされているとシマリスが思い、噛みついてくる可能性があります。

また、シマリスは飼い主に慣れていないときよりも慣れてきてから噛みつくようになると言われています。

 

これは、慣れるとシマリスが飼い主を怖がらなくなるためです。

飼い主として慣れてきてくれているのは嬉しいことですが、噛まれるのは複雑ですよね。

シマリスにナワバリを侵されていると思わせないよう気をつけましょう。

 

掃除の仕方に注意する

 

掃除ではフンを取り除いたり、汚れた床材を入れ替えたりします。

また水、エサ、床材など、減った物は補充します。

シマリスのケージ内の掃除で注意すべきことは、食べ残しの処理です。

シマリスは食べ残す習性があり、ある程度食料を保存していると安心する動物です。

 

そのため、巣箱の中にエサが残っていることがあります。

水分のある野菜や果物は残しておくと衛生上良くないので取り除く必要がありますが、種子など水分がないエサを残している場合は取り除かずに置いておきましょう。

残しているからといってエサを全部取り除かないように注意してください。

 

適切な温度管理をする

 

シマリスを飼育する際には 20℃~25℃ ぐらいを保つことが理想です。

それぞれの季節に応じて適切な温度管理をしましょう。

 

 

明け方と日中の温度差が激しくなります。

特に明け方は寒いのでペット用のヒーターを使ってあげたりして、冷えすぎないようにしましょう。

巣箱の側面や、床面半分にヒーターをあてると良いです。
 

 

シマリスは人間のように汗をかいて気加熱で体温を調節することができません。

そのため、日中はエアコンが必要です。

エアコンの風が直接リスにあたらないように気をつけてください。

 

また、ペット用の冷却シートや保冷剤を使用するという手もあります。

その際は、シマリスがかじっても問題ないか購入時に確認しましょう。

 

 

春同様、温度差に気をつけましょう。

明け方は寒いですし、日中はまだまだ暑いことも多いです。

日中は温度が上がりすぎない場所にケージを置き、明け方などは必要に応じてエアコンやペット用ヒーターを使用しましょう。。

 

 

エアコンで温度管理することが理想です。

温度が上がりすぎた場合などは、エアコンを切らずに設定温度を変えるようにしましょう。

急激な温度変化はシマリスの命に関わるので、温度は徐々に変化させてください。

 

 


シマリスの多頭飼いはやめよう

 

リスはナワバリ意識が強いため、動物園のように広い環境であれば別ですが、ケージで飼育する場合は単独飼いにしましょう。

喧嘩をしてケガをしてしまう可能性があります。

ですからシマリスは1つのケージで1匹だけを飼うようにしましょう。

他の動物でも同じ空間での飼育はリスにストレスを与えるのでやめた方が良いです。

 

 

スマリスにストレスを与えないように注意する

 

シマリスは臆病な一面を持っているため、怖がらせたり嫌がることは大きなストレスとなるのでやめましょう。

大きな音をたてたり荒く捕まえたりするのは避けましょう。

体を傷つけられると危険な存在と認識され慣れるどころか隠れるようになってしまいます。

また、シマリスは尻尾を触られることを嫌がるので極力尻尾は触らないようにしましょう。

 

 

シマリスの基本データ

 

simarisu_4

 

値段 : 1万円前後

寿命 : 6~8年

体重 : 100~200g

体長 : 20~30cm

特徴 : 背中から尾の付け根にかけて、黒い5本の縦縞と4本の白い縞模様がある

性格 : 臆病で繊細、活発で好奇心旺盛

かかりやすい病気 : 不正咬合、自咬症、下痢

注意点 : タイガー期、掃除、多頭飼いしない、ストレスを与えない

 

 

シマリスはコツコツと信頼関係を築けば飼育しやすい動物です。

ペットとしてのかわいらしさは文句なしです。

1匹1匹しっかりと個性を理解してあげてあなたの最高のパートナーを見つけてみてください!


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(17)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(418)
   猫/ネコ(167)
   犬/イヌ(213)
小型哺乳類/小動物(71)
   うさぎ(30)
   ハムスター(21)
鳥類(95)
   陸地に棲む鳥(82)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(63)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(21)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(13)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(49)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(656)
種類/品種(584)
繁殖/育成(520)
毛色/毛質(241)
性格/生態/特徴(515)
食事/餌/栄養(529)
病気/病院/治療(577)
しつけ(433)
トイレ(148)
選び方(483)
値段/価格(492)
ランキング/おすすめ(120)
口コミ/レビュー(154)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(745)
画像/動画(120)
まとめ(757)

人気記事ランキング