logo

Top > 小型哺乳類/小動物 > ハムスター > ハムスターの飼い方、豆知識

ハムスターの餌やりの方法と与えていい食べ物まとめ!






子供から大人まで、その愛らしい姿が大人気のハムスター。
値段もお手頃で、ペットショップでも手に入りやすいこともあり、小動物の中では特に人気が高いペットです。

そんなハムスターは雑食性です。
好奇心旺盛な性格も手伝って何でも食べようとしますが、ハムスターにとって有害な食べ物も多数あります。

不用意に間違った餌やりをしてしまわないよう、餌の種類と与え方、1日の適量や交換時期など、正しい知識を持って大切なハムスターの健康を維持しましょう。
これからハムスターを飼おうと思っている方も参考にしてください。

【目次】ハムスターの餌やりの方法と与えていい食べ物まとめ!

 

ペレット

水の交換

野菜

果物

野草

たんぱく質

種子

サプリメント

ハムスターに与えてはいけない食べ物

その他、与えてはいけない植物

 

 


ペレット

 

15~20%のたんぱく質と4~5%の脂肪を含む、ハムスターの主食です。

ペレットには半生タイプと固形タイプがあります。

固形タイプは傷みにくく長期保存が可能で、硬いためかじって食べることで歯の伸び過ぎの予防にもなります。

 

ハムスターは餌をため込む習性があるため、あればあるだけ食べてしまいます。

1日の適量である体重の20%を守って与えるようにしましょう。

大人のゴールデン・ハムスターの場合は約10~15g、大人のドワーフハムスターの場合は約5gが適量です。

主食であるペレットと一緒に、新鮮な水も常に用意してください。

 

ペレットの交換

 

固形タイプのペレットは腐りにくいので、毎日交換する必要はありません。

ハムスターは食べ物の少ないところに住み、餌を効率よく溜めるためにほお袋を進化させた動物です。

そのため、餌が少ないと思うと必要以上に巣箱などに溜め込もうとします。

 

また、巣箱などに溜めてある餌を飼い主が捨てたりしてしまうと、餌を盗まれたと思うことがあり、ハムスターとの関係が悪くなることもあります。

それを防ぐためにも、数日間は減った分だけ継ぎ足し、常に餌が入っている状態にしましょう。

 

餌入れの掃除は、たまに除菌ができるウェットティッシュで拭いてあげる程度で大丈夫です。

ハムスターが入ってしまう大きさの餌入れの場合は、汚れるのが早いためこまめに清掃するようにしてください。

 

 

水の交換

 

ハムスター

 

夏は水が腐りやすいので、出来れば1日2回ほど水を入れ替えます。

基本的に夜行性のハムスターですが、暑いと昼間も起きて水を飲むので、夏は朝と夕方に交換するのが良いでしょう。

冬も1日1回は交換してください。

 

水を交換する際、給水器をしっかりすすぎましょう。

ときどき、ほ乳瓶を消毒する薬品で消毒してください。

 

 


野菜

 

野菜もハムスターの主食ですが、栄養バランスの優れたペレットを主食として与える場合、カロリーを摂りすぎないように野菜は副食として考えます。

よく洗い、ハムスターが手で持ちやすい大きさに切って、1日に2~3枚ほど与えます。

 

与えて良い野菜

 

ほうれん草、小松菜、カボチャ、にんじん、キャベツ、キュウリ、大根、さつまいも、ジャガイモ、大豆、えんどう豆など。

 

与え過ぎに注意するべき野菜

 

トマト、レタス、キュウリなど水分の多い野菜は、与え過ぎると下痢をすることがあるため注意が必要です。

 

 

果物

 

ハムスター

 

ハムスターの好物ですが、糖分が多いので与え過ぎには注意してください。

与える場合はおやつ程度に考え、数日に1回、少量を与えましょう。

 

与えて良い果物

 

りんご、メロン、ぶどう、イチゴ、バナナ、パイナップルなど。

 

野菜、果物の交換

 

キャベツのように腐りにくいものを除いて、傷みやすい生野菜、果物を残した場合はこまめな交換が必要です。

傷みにくい乾燥野菜を与えることも出来ますが、生野菜や果物からも水分補給をするので、出来れば乾燥野菜は避けてください。

鮮度は落ちますが、残したキャベツなどはジッパー付きビニール袋に入れて、冷蔵庫で保存すると1ヶ月くらいは持ちます。

 

野菜用の餌入れは大きいため、ハムスターが中に入ってしまいます。

餌を交換するたびに洗うか、除菌用が出来るウェットティッシュで拭いてあげましょう。

 

 


野草

 

必ず与える必要はありませんが、与える際はおやつ程度にたまに与えるのが良いでしょう。

あらかじめよく洗って与えてください。

 

与えて良い野草

 

ハコベ、タンポポ、クローバー、ナズナ、オオバコ、アルファルファ、チモシーなど。

 

 

たんぱく質

 

ハムスター

 

ハムスターは本来、昆虫や爬虫類などを食べてたんぱく質を摂ります。

少量の動物性たんぱく質を2~3日に1回与えましょう。

塩や醤油などの味付けは必要ありません。

 

与えて良いたんぱく質

 

ゆで卵の白身、煮干、チーズ、小動物用のミルク、ヨーグルト、豆腐、ゆでた鶏肉、ドッグフード、キャットフード、ミルワームなど。

 

 


種子

 

ハムスター

 

ヒマワリの種に代表されるように、種子もハムスターの好物です。

ただし、カロリーが高いため与え過ぎには注意してください。

 

与えて良い種子

 

ヒマワリの種、ピーナッツ、アーモンド、クルミ、ピスタチオなど。

 

 

サプリメント

 

ハムスター用のビタミン剤やミネラル剤が販売されています。

液状や固形など様々な種類があるので、用途に合わせて適量を与えましょう。

 

 


ハムスターに与えてはいけない食べ物

 

ハムスター

 

人間には無害でも、ハムスターにとって有害な食べ物が多数あります。

下記の食べ物は与えないようにしてください。

 

玉ねぎ、長ネギ、ニラ、ニンニク

 

玉ねぎにはげっ歯目の赤血球を破壊する成分が含まれています。

長ネギ、ニラ、ニンニクもハムスターには刺激が強いため与えないでください。

 

チョコレート

 

チョコレートに含まれるテオプロミンとカフェインによって、腎臓障害や神経症を引き起こすことがあります。

摂取しすぎると、心不全を起こして命を落としてしまうこともあります。

 

アボガド

 

実、種、茎、枝すべてに有毒成分が含まれており、食べると、けいれん発作や抗うつ、呼吸困難、肝障害を引き起こすことがあります。

 

ウメ、モモ、ビワ、アンズ

 

種の中に含まれるアミグタリンを摂取すると、呼吸困難や心臓麻痺を引き起こすことがあります。

 

 

その他、与えてはいけない植物

 

ハムスター

 

チューリップ、スズラン、ヒガンバナ、ポトス、ゴムの木、ベゴニア、ツツジ、キョウチクトウ、サツキ、ツツジ、シダ、カラジューム、クリスマスローズ、ジンチョウゲ、ディフェンバギア、オシロイバナ、ヒヤシンス、アジサイ、アイリス、アヤメ、ショウブ、スズラン、アサガオ、スイセン、ポインセチアなど。

いずれも、ハムスターにとって有毒な成分が含まれています。

 

 

以上ハムスターの餌についてご紹介しました。

正しく健康的な餌やりで、末永く一緒に過ごしたいですね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(21)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(436)
   猫/ネコ(175)
   犬/イヌ(222)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(74)
   うさぎ(31)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(3)
   チンチラ(2)
鳥類(109)
   インコ(15)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(72)
   海水魚/熱帯魚(31)
   淡水魚(22)
爬虫類(32)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(13)
   カブトムシ/クワガタ(8)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(52)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(705)
種類/品種(619)
繁殖/育成(555)
毛色/毛質(248)
性格/生態/特徴(561)
食事/餌/栄養(570)
病気/病院/治療(609)
しつけ(449)
トイレ(153)
選び方(496)
値段/価格(521)
ランキング/おすすめ(126)
口コミ/レビュー(158)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(94)
飼育知識/豆知識(799)
画像/動画(120)
まとめ(810)

人気記事ランキング