logo

Top > 小型哺乳類/小動物 > ハムスター > ハムスターの飼い方、豆知識

ハムスターの飼い方、豆知識の記事一覧

ハムスターはなぜ噛むの?ハムスターが無駄噛みをしなくなる方法

ハムスターを飼ったことはありますか? 小柄でスペースをあまり取らないので、ペットとして飼っている人も多いのではないでしょうか。 しかし、ハムスターを飼っていると困ったことも出てくると思います。 それは、ハムスターが噛んでほしくはない物を噛んでしまうことです。 本記事ではハムスターの特徴から「ハムスターがなぜ噛むのか」「ハムスターが噛まなくなるようにする対処法」などを解説しています。 現在ハムスターを飼育している人も、飼育を検討している人もぜひ参考にしてみてください。

ハムスターの防寒対策に必要!おすすめのハムスター用ヒーターは?

小さな体と愛嬌ある仕草で私たちを癒してくれるハムスター。 十数年前から爆発的な人気となり、今や一般的なペットとしての地位を確かなものにした最もメジャーな小動物です。 そんなハムスターは寒さや温度変化に弱い生き物。 冬場の温度管理は非常に重要です。 ここでは、ハムスターの防寒対策やヒーターの選び方、おすすめヒーターについて詳しく見ていきましょう。

ハムスターが共食いするのはなぜ?2つの理由と予防方法を解説

ハムスターは、肉食動物ではありませんが「共食い」をする場合があります。 可愛らしい見た目からは想像が難しく、とてもショッキングなことです。 餌を切らしたわけでもないのに共食いしてしまうのは、どうしてなのでしょうか。 お腹が空いていたり餌が合っていないから共食いをするのでしょうか。 この記事では、ハムスターが共食いをしてしまう理由や、飼い主としては絶対に避けたい共食いの予防方法をまとめました。

ハムスターの年齢と寿命。ハムスターに健康で長生きしてもらうために

日本でペットにすることのできる最小の哺乳類であるハムスター。 そんな小さなハムスターですが、飼いはじめてから一体どのくらい一緒に過ごす事ができるのでしょうか? そして、人間と比較した場合の年齢の数え方は? 健康に長生きしてもらうために大切な事って? ハムスターを飼われる方なら、どれもとても気になりますよね。 この記事ではハムスターの寿命と年齢についてより詳しくまとめていきたいと思います。 これからハムスターを飼おう、もしくは飼っている方のご参考になれば幸いです。

ハムスターにとって良いケージとは?ケージ選びのポイントと各ケージのタイプメリット・デメリット

小さくて丸いシルエットが可愛いハムスター。 飼育に場所もとらず、鳴くこともないため、犬猫と同じく人気のペットです。 そんなハムスターを飼い始めるためにいろいろな飼育グッズが必要となりますが、中でも重要なのが、ハムスターの住み家となるケージ。 ここでは、ハムスターのケージの選び方やそれぞれのケージの種類におけるメリットとデメリットなどをご紹介します。 ハムスターを迎える前にぜひ知っておいてください。

ハムスターにとって良い餌とは?ハムスターのエサの種類、量や与え方とおすすめフード

小さくて丸いシルエットが愛らしいハムスター。 飼育に広い場所が必要なく、近所迷惑になるような音もたてないため、犬猫と同じく人気のペットです。 そんなハムスターは雑食性の動物。 ハムスターが頬袋に餌を詰め込む姿は可愛いものですが、与えすぎや餌の種類には注意しなければいけません。 ここでは、ハムスターの餌の最適な種類や量、おすすめフードをご紹介。 ハムスターを迎える前にぜひ知っておいてください。

ハムスターを飼う際の注意点! ハムスターを飼うなら知っておきたいこと

小さくて愛らしく、ペットとして大人気のハムスター。 ハムスターはおとなしく、飼育がしやすい動物と言われています。 しかし、非常にデリケートな生き物なので、長生きしてもらうために私たち人間が知っておくべきことがあります。 今回は、ハムスターを飼う上での注意点をまとめました! これからハムスターを飼う人も、既に飼っている人も、参考にして頂けたら嬉しいです。

ハムスターのおもちゃグッズ13選!ストレス解消だけでなく運動不足解消にも!

ペットとして常に人気上位を誇るハムスター。 そんなハムスターを家族の一員に迎えたはいいものの、やはりケージの中に入れたままでは退屈だしストレスも溜まってしまいますよね。 この記事では、暇つぶしにもストレス解消に役立つおすすめのハムスターのおもちゃをまとめました。 定番グッズから、知る人ぞ知る可愛いグッズまで沢山あります。 是非参考にして頂ければと思います!

ハムスターの餌やりの方法と与えていい食べ物まとめ!

子供から大人まで、大人気ペットのハムスター。 雑食性で好奇心旺盛なハムスターは何でも食べようとしますが、ハムスターにとって有害な食べ物も多数あります。 不用意に間違った餌やりをしてしまって後悔する…なんてことにならないように 餌の種類と与え方、1日の適量や交換時期など、ハムスターの餌の正しい知識を知りましょう。

ハムスターの病気まとめ。予防方法と対策、症状、原因まで!

体が小さく弱いハムスターは病気になると致命傷になることも多く、かつ治療出来る病院も猫や犬に比べてはるかに少ないのが現状です。 その分、普段からの観察と予防がより重要になってきます。 この記事では、ハムスターの病気と健康について飼い主として知っておきたい事をまとめてみました。 ①予防と対策 ②掛かりつけの病院について ③ハムスターの健康状態 ⑤病気の種類と症状 など気になる項目を一つずつ確認していきましょう。 小さな彼らの健康を守る為、少しでもお役に立てれば嬉しい限りです。

ハムスターの飼い方、費用、しつけ、エサ、病気

日本でペットにすることのできる最小の哺乳類と言えば、やはりハムスターでしょう。 そんな小さなハムスターを飼う上で知っておきたいことをまとめました。 飼うために必要な環境は? トイレのしつけは? 食べさせてはいけないものは? など、ハムスターを飼う際に必要なことを順にまとめていきたいと思います。 これからハムスターを飼おうとしている方や、既に飼っている方のご参考になれば嬉しい限りです。

ハムスターの値段は何で違う?種類別の値段まとめ!

子供でも買いやすいお手頃な値段と、ペット不可の部屋などでも飼うことができるなどの理由で、ペットとして人気のハムスター。 ハムスターの値段の違いにはどんな違いが含まれているのかご紹介していきます。 種類・品種や年齢に加えて毛色も影響してきます。 最後には種類別の相場もおまとめ! ハムスターのご購入をご検討中の方、必見です!

ハムスターアレルギーの原因・対策

ハムスターはペットとして人気が高い動物ですね。 小さいのでので狭いスペースで飼育することができますので、アパートなどでも飼育が可能です。 そして、なによりかわいいしぐさにいやされる人がたくさんいます。 ペットとして飼育するのにほかの動物に比べて敷居が低いので、「飼ってみたい」と思う方も多いでしょう。 そうはいっても生き物ですから、飼育する際には様々な準備やある程度の知識は必要です。 体質によってはハムスターにアレルギー症状が出てしまう人もいます。 ハムスターアレルギーの原因・対策などをご紹介します。

ハムスターの赤ちゃんの育て方と、ハムスターを人に慣らす方法

小さくて飼育しやすく、ペットとして人気が高いハムスター。 自分がかわいがっているペットの子供が見たいと思う飼い主さんは多いでしょう。 ハムスターは繁殖や出産が比較的簡単なので、ハムスターの赤ちゃんを見ることは可能です。 成長が早いですし、生後3週間ほどで触れるようになりますが、成長の過程では気を付けるべきことがあります。 また、赤ちゃんハムスターを人間が大好きな子に育てるためには注意したいこともあります。 ハムスターの赤ちゃんの育て方、人への慣らし方などをご紹介します。

検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(4)
   カピバラ(2)
   ブタ(2)
中型哺乳類(357)
   猫/ネコ(155)
   犬/イヌ(202)
小型哺乳類/小動物(50)
   うさぎ(29)
   ハムスター(21)
鳥類(85)
   陸生鳥類(77)
   水生鳥類(8)
魚類/甲殻類/水生生物(43)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(625)
種類/品種(567)
繁殖/育成(499)
毛色/毛質(235)
性格/生態/特徴(482)
食事/餌/栄養(507)
病気/病院/治療(555)
しつけ(419)
トイレ(147)
おもちゃ(16)
選び方(471)
値段/価格(484)
ランキング/おすすめ(117)
口コミ/レビュー(150)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(710)
画像/動画(120)
まとめ(723)

人気記事ランキング