logo

Top > 小型哺乳類/小動物 > ハムスター > ハムスターの飼い方、豆知識

ハムスターアレルギーの原因・対策






ハムスターはペットとして人気が高い動物ですね。
小さいのでので狭いスペースで飼育することができますので、アパートなどでも飼育が可能です。
そして、なによりかわいいしぐさにいやされる人がたくさんいます。

ペットとして飼育するのにほかの動物に比べて敷居が低いので、「飼ってみたい」と思う方も多いでしょう。
そうはいっても生き物ですから、飼育する際には様々な準備やある程度の知識は必要です。

体質によってはハムスターにアレルギー症状が出てしまう人もいます。
ハムスターアレルギーの原因・対策などをご紹介します。

【目次】ハムスターアレルギーの原因・対策

 

ハムスターアレルギーの症状

ハムスターアレルギーの原因

ハムスターアレルギーの検査をする

一番多いアレルギーはハウスダスト

ハムスターアレルギーの対策

アレルギー治療をする

掃除をする

空気清浄機

部屋を別にする

ハムスターのケージも清潔に

ハムスターのケージは水槽型がいい

床材をアレルゲンがたまりにくいものにする

ハムスターに咬まれないように注意する

ハムスターアレルギー:まとめ

 

ハムスターアレルギーの症状

 

動物のアレルギーでは 猫アレルギー を耳にすることが多いですが、ハムスターアレルギーも存在します。

ハムスターアレルギーを発症したときは以下のような症状がみられます。

 

  • 目や鼻、皮膚がかゆくなる
  • 鼻水や鼻づまり
  • 皮膚が炎症を起こす(赤くなる)
  • 咳がでる
  • 呼吸がしにくくなる

 

軽度であれば多少鼻水が出たりくしゃみが出たりする程度ですが、呼吸がしづらいなど呼吸器系に症状が出た場合は、中程度以上のアレルギー反応です。

そのため、病院での治療やアレルギー対策が必要になります。

放置すると気管支喘息などを発症する恐れがあります。

 

 


ハムスターアレルギーの原因

 

ハムスター

 

ハムスターアレルギーの主な原因は、ハムスターの  フケ、唾液、尿   です。

これらが体内に入ってしまうとアレルギー症状を発症してしまいます。

 

動物アレルギーは「毛」がアレルゲンだと思われることがありますが、その多くは毛づくろいをした際、毛に唾液が付いてしまい、それに触れることでアレルギー症状が出ます。

発症する人はすべての動物に反応するわけではなく、猫にしかアレルギー発症しない人、ハムスターだけがダメな人などがいらっしゃいます。

 

ハムスターアレルギーは子供より大人のほうが発症しやすく、飼育をし始めて1年ほどで発症するケースが多いと言われています。

もしハムスターアレルギーだと分かっていれば、ハムスターを飼育することは避けるべきですが、すでに飼育していてかわいがっている場合は手放すのは難しいですし、ハムスターにとってもかわいそうなことですよね。

ただ、アレルギーを発症しても、それを軽減して一緒に暮らす方法はあります。

 

 

ハムスターアレルギーの検査をする

 

まずは、何のアレルギーなのか調べてみましょう。

病院の血液検査で調べることができます。

 

ハムスターを飼っていてアレルギーが出たというと、容易に動物のアレルギーだと言われる医者の方もいらっしゃるので、アレルギー科を持つ専門の病院での検査がおすすめです。

アレルゲンはたくさんあるので、ハムスターが原因ではなかった場合、アレルギー対策をしても効果が期待できなくなってしまいます。

 

受診する際は、症状が出ている場合はきちんと「ハムスターを飼っていてアレルギー反応が出たので調べたい」と伝えてください。

アレルギーの症状がなく、何アレルギーなのかを調べたい場合は保険適用外になってしまうことがあります。

ハムスターアレルギーが疑われても、ハウスダストやノミ、ダニなどの検査も受けましょう。


 


一番多いアレルギーはハウスダスト

 

「ハムスターを飼い始めたら、アレルギー反応が出た」となった場合、アレルゲンとしてハムスターを疑いたくなりますよね。

しかし、実は  一番多いアレルギーは、ハウスダストやダニのアレルギーです。

 

ハウスダスト、ダニアレルギーの症状は動物のアレルギーのものと症状が非常に近しいので判断が難しいのです。

動物を飼っていると当然、ハウスダストは増えます。

ハムスターの唾液や尿に反応しているのではなく、ハウスダストに反応して症状が出ている場合が少なくありません。

正しいアレルギー対策をするためにも、アレルゲンが何であるかをきちんと調べてもらうといいですね。


 

ハムスターアレルギーの対策

 

ハムスター

 

アレルギー治療をする

 

アレルゲンを検査して、ハムスターアレルギーであることが判明したら、病院で治療を受けましょう。

アレルギーを根本的に治す薬はありませんが、最近のアレルギーの症状を抑える薬は高い効果が期待できます。

動物アレルギーを発症しても、治療を受けながらペットと楽しく暮らしている人はたくさんいます。

 

掃除をする

 

ハムスター

 

アレルギーを軽減するには、掃除が一番大事   であると言って過言ではないでしょう。

ハムスターアレルギーではなくハウスダストアレルギーであった場合も、掃除は症状軽減に効果的です。

 

掃除の仕方はいきなり掃除機をかけるのではなく、拭き掃除をしてから掃除機をかけるようにしてください。

掃除機はアレルゲンを空気中に舞い上がらせてしまいます。

ウエットシートなどのお掃除モップを活用して掃除をするようにすると良いでしょう。

 

空気清浄機

 

動物アレルギーを持っている人に必須アイテムなのが、空気清浄機です。

日本の空気清浄機はとても優秀。

においやハウスダストまで感知してくれる優れものですから、ぜひ導入しましょう。

 

動物アレルギーを持っていても、  空気清浄機を導入することによって、アレルギーを軽減できている人は多くいます。

筆者の知人も動物アレルギーですが、空気清浄機の導入でアレルギーが軽減され、楽しく暮らせています。

 

動物を飼っているとフィルターが汚れやすいので、空気清浄機の効果を十分に活気させるためにも、フィルターの掃除や適度な交換をするといいですね。

フィルターは適切に交換したいので、交換フィルターがあまり高価でない機種を選ぶことをおすすめします。

機種にもよりますが、筆者は半年ほどで交換するようにしています。

 

部屋を別にする

 

ハムスターアレルギーを発症しても、かわいがっていたハムスターは最後まで面倒を見てあげたいですよね。

ハムスターが常にいる場所をアレルギーがある人とは別の部屋にして、空気清浄機を置けばかなり効果が高いです。

 

ハムスターのケージも清潔に

 

本来であれば ハムスターのケージ の掃除は1か月に1回程度で大丈夫です。

あまり頻繁に掃除をするとかえってハムスターにストレスを与えることになり、寿命を縮めてしまいます。

 

ただし、飼い主にアレルギーが発症した場合は、なるべくアレルゲンが飛散しないようにしなければならないので、通常よりも頻繁な掃除が必要です。

ハムスターのトイレの場所は毎日掃除するようにして、床材全般を取り換えるのは1週間に1度程度にしてください。

掃除やハムスターのお手入れをする際は  ゴーグルやマスク、使い捨てのビニール手袋を着用するのも効果的   です。

 

ハムスターのケージは水槽型がいい

 

ハムスター

 

ハムスターのケージは金網のケージや水槽型のケージなどがありますが、アレルギーがある場合は、アレルゲンの飛び散りをある程度抑えることができる水槽型のケージがいいでしょう。

水槽の上部にエアコン用のフィルターなどを取り付けるとよりアレルゲンの拡散を防げます。

エアコンや換気扇のフィルターは100均でも手に入れることができます。

 

床材をアレルゲンがたまりにくいものにする

 

ハムスターを飼育するとき、おがくずやウッドチップなどの床材を準備してあげる必要があるのですが、これらはほこりが出やすいだけでなく、ハムスターのフケなどもためてしまい、アレルギーがある人には向いていません。

 

アレルゲンが拡散しにくい床材は新聞紙かトウモロコシチップ。

トウモロコシチップはお店ではあまり見かけませんが、通販で取り扱っているお店がありますので、今は手に入れやすいでしょう。

新聞紙はもっと手に入れやすいですね。

新聞紙を使う際はシュレッダーなどで裁断してから床材として敷いてあげましょう。

 

 

ハムスターに咬まれないように注意する

 

ハムスター

 

ハムスターはびっくりしたときなどに人を噛んでしまうことがあります。

アレルギーが強い人がハムスターに咬まれると、まれにアナフィラキシーショックを起こしてしまう場合があるので注意が必要です。

 

アナフィラキシーショックはアレルゲンに対して体が過度に反応してしまう症状ですが、呼吸困難やじんましんなどの症状が出た場合は、アナフィラキシーショックが疑われるので早急に病院へ行ってください。

アナフィラキシーショックは1回目より2回目に発症したときが危険になりますので、1度発症してしまったら、ハムスターに咬まれないように注意する必要があります。

 

 


ハムスターアレルギー:まとめ

 

アレルギーがあるかどうかは事前に調べておかない限り、飼い始めてからそうであることが分かります。

ハムスターの飼育を開始してから1年ほどで発症するケースも見られることから、ある日突然アレルギーを発症することもあるでしょう。

しかし、対策をすればかわいがっていたハムスターを手放さなくてもいい場合もありますので、この記事が参考になれば幸いです。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(5)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(362)
   猫/ネコ(157)
   犬/イヌ(205)
小型哺乳類/小動物(50)
   うさぎ(29)
   ハムスター(21)
鳥類(87)
   陸生鳥類(78)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(43)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(633)
種類/品種(574)
繁殖/育成(507)
毛色/毛質(237)
性格/生態/特徴(491)
食事/餌/栄養(514)
病気/病院/治療(562)
しつけ(427)
トイレ(147)
選び方(475)
値段/価格(487)
ランキング/おすすめ(118)
口コミ/レビュー(150)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(15)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(719)
画像/動画(120)
まとめ(732)

人気記事ランキング