logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の種類

アメショーことアメリカンショートヘアの性格、値段、飼い方






猫の中でも人気の種類であるアメリカンショートヘア。
元々ネズミ捕りのために育てられていたため、その名残で行動力があり好奇心旺盛のわんぱくな猫ちゃんです。

日本でも飼っている・飼いたいと思っている人が多いと思いますが、値段・寿命・性格・病気・特徴や飼い方を押さえ、十分に知識を蓄えておいて頂きたいと考えています。

本記事では、アメリカンショートヘアをペットにするなら知っておきたい特徴や飼い方をまとめ、アメリカンショートヘアをペットにしたいという方が一人でも増えれば幸いです。

【目次】アメショーことアメリカンショートヘアの性格、値段、飼い方

 

公認されているものだけでも50種類はいると言われている  猫の種類  。

その中でも、今回はアメリカンショートヘアにフォーカスを当ててご紹介します。

 

Petpedia編集部の看板猫でもある「トト」はアメリカンショートヘアです。

実際にいつもアメリカンショートヘアと寄り添っているPetpedia編集部が愛情を込めて徹底的に解説します。

 

本記事では主にアメリカンショートヘアの歴史・値段・選び方・毛色の種類・毛の特徴・ブラッシングの頻度についてご説明します。

なお、本記事において掲載しているシルバータビーのアメリカンショートヘアは、すべてPetpedia編集部のトトの写真(  株式会社FULL HOUSE  の社猫でもあります)です。

 

アメリカンショートヘアの歴史

アメリカンショートヘアの値段

アメリカンショートヘアの子猫の選び方

1. 毛色

2. 縞模様

3. 体つき

4. 抱っこ

アメリカンショートヘアの柄の種類

1. シルバータビー

2. ブラウンタビー(茶色)

3. レッドタビー(赤茶色)

4. ブルータビー

5. パッチドタビー

アメリカンショートヘアの毛の特徴

アメリカンショートヘアのブラッシングの頻度

アメリカンショートヘアの寿命

アメリカンショートヘアの大きさ

アメリカンショートヘアの特徴

アメリカンショートヘアの性格

アメリカンショートヘアのかかりやすい病気

1. 関節疾患

2. 糖尿病

アメリカンショートヘアの基本データ

アメリカンショートヘアの画像集

アメショーのトトの画像集

 

 


アメリカンショートヘアの歴史

 

アメリカンショートヘアの歴史は、現在からおよそ400年前にも遡ります。

キリスト教のプロテスタントの大きなグループであるピューリタンが、移民としてメイフラワー号に乗ってイギリスからアメリカへと渡る際、一緒に船に乗っていた猫がアメリカンショートヘアの元であると言われています。

 

ちなみに、その時に乗船していた猫というのが短毛種でブルーの毛並みが美しい  ブリティッシュショートヘア  なのです。

つまり、アメリカンショートヘアの先祖はブリティッシュショートヘアということになります。

 

農耕作が発達していたイギリスにおいて、ブリティッシュショートヘアは穀物を荒らすネズミや害虫の退治を目的として飼育されていました。

そのため、イギリスからアメリカに行き渡った当初は、ペットとしてではなく農耕作の邪魔をするものの駆除に用いられていたのです。

 

以上がアメリカンショートヘアの起源というわけですが、その頃アメリカンショートヘアは愛玩目的で飼われていたわけではないため、実用的な猫として「ワーキングキャット:働き猫」や「マウサー:ネズミ捕り」と呼ばれていました。

 

アメリカンショートヘア

 

やがて、農耕作技術の発展に伴い、アメリカンショートヘアはネズミ捕りや害虫駆除のために用いられることがなくなってきます。

実用的な猫としてではなく、愛玩目的で飼われるようになっていくのです。

 

1895年にはアメリカでキャットショーデビューをし、ブリティッシュショートヘアの持つ銀色のブルーを引き継ぎながらも綺麗な縞模様のある美しい様は、瞬く間に人気を博していきます。

1906年に血統猫の健康促進を目的とした団体であるCFA(THE CAT FANCIERS' ASSOCIATION, INC.)が設立され、CFAが最初に定めた5種類の猫の1つとして、アメリカンショートヘアが登録されました。

その時のアメリカンショートヘアの名前は「ショートヘア」となっており、多毛種の猫がすべて一括りにされてしまっています。

 

1900年に入るとアメリカにはたくさんの猫が輸入されるようになってきたため、他国の猫と混同しないようアメリカンショートヘアは「ショートヘア」ではなく「ドメスティックショートヘア」という名前に改名されました。

しかし、その名前は雑種のイメージが強すぎて人気が急降下していきます。

 

人気が低迷している状況を打破しようと、1950年頃からアメリカンショートヘアーのブリーダーたちによって、すらっとした綺麗な体型が特徴のペルシャと交配されていきました。

1960年代に人気を再発させるという意味を込めて、「アメリカンショートヘア」という名前に戻されました。

その途端に、すぐさま人気は上昇していったようで、ネーミングの重要性が伺えます。

 

日本ではアメリカンショートヘアという名前は長いので、略して「アメショー」と呼ばれることが多いですよね。

 

 

アメリカンショートヘアの値段

 

アメリカンショートヘア

 

ペットショップで購入する場合はおよそ15万円から20万円程度で、ブリーダーから直接購入する場合は8万円から10万円程度です。

猫の中でも人気の種類なので、ブリーダーから直接安い値段で購入することは比較的容易です。

 

アメリカンショートヘアにはいくつか毛色の種類がありますが、毛色によって値段が大きく変わることはほとんどありません。

 

生後半年以内の子猫になるほど値段は高くなる傾向にありますが、相場の金額よりあまりにも安い場合は何かしらの問題を抱えていることが多いです。

その際はペットショップの店員やブリーダーに直接理由を聞いてみるのが一番ですよ。

 

また、生後半年以上になると逆に値段は安くなっていく傾向にあります。

小さい頃から飼いたいという人が多いため、悲しいことですが  子猫 とは言えないほど成長すると需要が少なくなってくるのです。

出来るだけ値段を抑えてアメリカンショートヘアを飼いたいという人は、子猫以外から選んでみるのも良いかもしれません。

 

ペットショップで購入する場合でも、ブリーダーから購入する場合でも、購入先の情報は事前にたくさん入手しておいてください。

中には悪質な価格で購入を促す人や悪徳業者もいたりしますので十分な注意が必要です。

ちなみに、Petpedia編集部のトトは生後3ヶ月の子猫のときにペットショップで約12万円で購入しました。

 

 


アメリカンショートヘアの子猫の選び方

 

アメリカンショートヘア

 

アメリカンショートヘアを選ぶ上で、ざっくりと下記の4点を意識して見てあげると良いでしょう。

成猫でも良いですが、できる限り懐いてもらうためにも子猫のうちから飼いたいですね。

 

1. 毛色

 

アメリカンショートヘアは毛色が複数ある種類ですので、色で決めたいという言う方は少なからずいらっしゃると思います。

毛色については後ほどご紹介しますので、そちらを参考にしてください。

 

2. 縞模様

 

「縞模様」が綺麗かどうかということです。

個体によっては、縞模様が綺麗ではなく歪んでしまっている子もいます。

 

3. 体つき

 

骨格と四肢がしっかりとしていて、肉付きがよいアメリカンショートヘアを選ぶようにしてあげた方が健康に育ちやすいです。

ブリティッシュショートヘアの血を受け継いでいる種類なので、健康な子はがっしりとたくましさがあります。

 

4. 抱っこ

 

ペットショップやブリーダーの元に直接足を運んで、必ず抱っこするようにしてください。

アメリカンショートヘアは「抱っこ嫌い」で有名な猫ちゃんです。

中には「何としても抱っこできる子がいい!」という方もいらっしゃるかと思いますので、とにかく現地に出向いて抱っこをさせてもらい、懐きそうな子を選ぶことが大切です。

 

 

アメリカンショートヘアの柄の種類

 

なんと、アメリカンショートヘアの柄は70種類から100種類もあると言われています。

本記事においては、有名どころをご紹介していきます。

 

1. シルバータビー

 

アメリカンショートヘア

 

もっとも多いのがこのシルバータビーです。

ブリティッシュショートヘアの持つ銀色の絨毯のような綺麗な毛並みがベースとなり、縞模様が美しく映えます。

Petpedia編集部のトトもこの毛色です。

 

2. ブラウンタビー(茶色)

 

アメリカンショートヘア:ブラウンタビー

 

濃いめの茶色に縞模様のあるのがブラウンタビーです。

目の色がゴールドなのも特徴的ですよ。

 

3. レッドタビー(赤茶色)

 

アメリカンショートヘア:レッドタビー

 

レッドという名前ですが、色は赤茶です。

明るい色で優しい印象を与えてくれます。

 

4. ブルータビー

 

アメリカンショートヘア:ブルータビー

 

シルバータビーよりも淡いブルー(灰色)をしていて、レッドタビーと同じく見るものに優しい印象を与えてくれます。

 

5. パッチドタビー

 

 

縞模様はありつつ、不規則に赤茶色が入った毛色です。

元の毛色によって、シルバーパッチドタビーやブラウンタッチドタビーなどと言われます。

こちらは女の子にしか出ない毛色とされる珍しい色で、人気急上昇中のようです。

 

 

この中で好きな柄(毛色)はありましたか?

アメリカンショートヘアを選ぶ上で毛色と縞模様の柄は非常に重要なポイントです。

 

 


アメリカンショートヘアの毛の特徴

 

元々は寒いイギリスでネズミ捕りとして活躍して外に出ていたということもあり、厳しい環境下にも適応できる密度が濃く厚い被毛をしています。

そのため、アメリカンショートヘアは抜け毛が多いタイプの猫ちゃんです。

 

アメリカンショートヘア

 

毛は春から夏にかけて暑さ対策のために薄毛に生え変わり、秋から冬になるタイミングで寒さ対策のために厚みを帯びた毛に生え変わります。

その頃合いにしっかりとブラッシングをしてあげると良いでしょう。

 

※合わせて読みたい:  猫のブラッシングの効果と、ブラシの種類やブラッシングの方法を解説

 

 

アメリカンショートヘアのブラッシングの頻度

 

アメリカンショートヘア

 

短毛ですので入念なブラッシングは正直必要ありません。

しかし、先述の通り抜け毛の多い猫の種類ですので、できれば1日1回5分程度は行ってあげたいものです。

 

ブラッシングをしなくとも猫は自分でグルーミングをして毛を舐めますが、抜け毛を体内に取り込みすぎると毛玉になって吐いてしまうので、健康を守るためにも人工的に毛を取り除いてあげることが必要なのです。

何より、ブラッシングにより猫とスキンシップをとる回数を増やすことが大切です。

 

ブラッシングは必要なものの、アメリカンショートヘアは遊び好きであまり落ち着きのない猫の種類です。

そのため、ブラッシングや 爪切り などを嫌がってなかなかさせてくれないことが多いと思います。

しっかりと毛づくろい等をしたい場合は、アメリカンショートヘアが眠っている、または眠そうなタイミングでやってあげるようにしましょう。

 

 


アメリカンショートヘアの寿命

 

アメリカンショートヘア

 

平均寿命 はおおよそ10歳から12歳程度と言われています。

通常の  猫の平均年齢 は15歳前後ですので、それと比べると少し短命な猫ちゃんです。

 

猫の平均寿命は飼い主の心がけ次第で長くなったり短くなったりします。

 

アメリカンショートヘアは太りやすい体質なので、特に食事管理に気をつけなければなりません。

いつもお皿に キャットフード やおやつを置いておくというような状態は好ましくありません。

 

そうするとアメリカンショートヘアが食べ過ぎて肥満になる可能性が非常に高くなるので、12時間に1回の1日合計2回ほど、猫ちゃんの体の大きさに合わせて適量のご飯をあげるようにしてください。

参考までに、成猫の健康的な体を維持するために適正な1回の食事量は「体重×80kcal」の公式で算出することができます。

 

アメリカンショートヘアはよく鳴いて甘えてきたりもしますが、その甘えに負けてたくさんご飯をあげることも禁物ですよ!

猫ちゃんの体のことを第一に考えてあげましょう。

 

 

アメリカンショートヘアの大きさ

 

アメリカンショートヘア

 

猫の種類の中でも平均的な大きさの猫です。

男の子であれば体重は4kgから7kgほど、女の子であれば3kgから6kgほどになります。

猫の平均体重である4kg程度とそれほど変わりはありません。

 

 


アメリカンショートヘアの特徴

 

体つきの特徴はセミコビータイプというものです。

セミコビータイプは四肢・胴・足が比較的長めで引き締まっており、顔が丸いのが特徴です。

 

体は丈夫ですが、被毛が厚く短く密生しているので、抜け毛が比較的多いのが少し大変なところです。

それを考慮した上でも初心者には飼いやすい猫ちゃんだと思います。

 

 

アメリカンショートヘアの性格

 

アメリカンショートヘア

 

元々はネズミ捕りとして活躍していた猫の種類ということだけあり、運動能力が高く遊び好きなところがあります。

あまりじっとしているようなタイプではなく、色々な物に常に興味を持って好奇心旺盛です。

 

アメリカンショートヘアを飼う際は、出来るだけ広いお部屋で飼ってあげるとストレスがかかりにくいです。

おもちゃ キャットタワー などを用意してあげるのも効果的ですよ。

 

目を離していると、あちこちくまなく探検していくことでしょう。

また、目についてものすべてに興味を指し示し、1人遊びをすることがあります。

 

特筆すべき点は、人間に対しては甘えん坊でかまってちゃんなところです。

飼い主以外の人にも物怖じすることはなく、むしろ自分からちょっかいを出しにいったりします。

人間だけではなく、他の動物とも喧嘩することなく共生できるので、猫の多頭飼いやその他の動物と暮らすことにも適しています。

 

 

アメリカンショートヘアのかかりやすい病気

 

アメリカンショートヘア5

 

アメリカンショートヘアは体が丈夫なのであまり病気にはなりにくいですが、肥満が関連して下記2つのような病気にかかりやすいと言われています。

 

1. 関節疾患

 

肥満が原因で関節に通常よりも負荷がかかるようになると、関節炎や関節疾患などの症状を発症するようになります。

関節が痛むとなかなか動くこともしようとしないので、もし普段よりも動かなくなったり、体を動かすと痛そうにしていたりする場合は動物病院で検診してもらう必要があるでしょう。

 

2. 糖尿病

 

糖尿病も肥満が原因で起こる代表的な病気です。

これは血液中のブドウ糖が細胞に取り込めなくなる病気で、血液の中の血糖が上昇することによって引き起こされます。

典型的な症状としては、たくさん水を飲んでたくさん排尿をしたり、ご飯をたくさん食べても太りづらくなるということがあげられます。

これらの兆候が見られたら、早めに動物病院へ連れて行った方が良いかもしれません。

 

 

アメリカンショートヘアの基本データ

 

英表記:American Short Hair

原産国:アメリカ

誕生年:1600年代

公認団体:CFA・TICAの両方

ボディタイプ:セミコビー

原種:雑種のショートヘア

毛種:中くらいの短毛種

目色:被毛の色に準ずる

公認毛色:シルバータビー、ブラウンタビー、レッドタビー、パッチドタビー、クリームタビー、ブラックスモークなど、単色と縞模様で約70種

値段:

ペットショップで購入する場合は15〜20万円
ブリーダーから購入する場合は8〜10万円

選び方:縞模様が綺麗かどうか

ブラッシングの頻度:短毛のため入念なブラッシングは必要ない(1日1回5分程度できたら理想です)

寿命:10〜12歳程度

大きさ:

オス 4~7kg
メス 3~6kg

性格:元気で好奇心旺盛

かかりやすい病気:肥満になりやすい

 

 

アメリカンショートヘアの画像集

 

この項目では、Petpedia編集部の看板猫である、アメリカンショートヘア「トト」の画像をご紹介します。

日常で可愛さ満点のトトの画像を掲載していきますので、「アメリカンショートヘアを飼ったらこういう一面が見れるんだな」ということを疑似体験して頂ければ幸いです。

 

アメショーのトトの画像集

 

2016年2月4日生まれの男の子。

シルバータビーのアメリカンショートヘアで、かなり遊び好きで甘えん坊です。

 

生後3ヶ月のアメショーの画像

 

アメリカンショートヘア

 

ニャンモナイトなアメショーの画像

 

アメリカンショートヘア

 

びっくりしたアメショーの画像

 

アメリカンショートヘア

 

映画鑑賞中のアメショーの画像

 

アメリカンショートヘア

 

その他にも  Instagram  や  twitter  を中心に人気を集めてきていますので、まだまだアメリカンショートヘア「トト」の画像を見たいという方は是非チェックしてみてください!

 

 

アメリカンショートヘアは初めて猫を飼う人には特に飼いやすいタイプの猫ちゃんです。

綺麗な毛並みで、一緒にたくさん遊んでくれて、人懐っこい甘い一面を持っている猫なので、 検討している方は是非とも家族の一員にしてみてはいかがでしょうか。

 

▼合わせて読みたい

 

・  猫の飼い方!費用、エサ、しつけ、病気から老後の世話まで

・  子猫の飼い方マニュアル。子猫の食事やケアの仕方、飼育にかかる費用、注意点


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(22)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(445)
   猫/ネコ(178)
   犬/イヌ(228)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(83)
   うさぎ(38)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(5)
   チンチラ(2)
鳥類(109)
   インコ(15)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(75)
   海水魚/熱帯魚(33)
   淡水魚(23)
爬虫類(34)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(16)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(55)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(19)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(729)
種類/品種(634)
繁殖/育成(569)
毛色/毛質(253)
性格/生態/特徴(582)
食事/餌/栄養(584)
病気/病院/治療(619)
しつけ(459)
トイレ(153)
選び方(501)
値段/価格(533)
ランキング/おすすめ(132)
口コミ/レビュー(163)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(95)
飼育知識/豆知識(827)
画像/動画(120)
まとめ(838)

人気記事ランキング