logo

Top > > 猫の飼い方、豆知識

おすすめキャットフードランキングと安全なキャットフードの選び方!






ペットショップやコンビニなど、最近は多くのキャットフードが置いてありますよね。

みなさんはどんな基準で猫の餌を選んでいますか?
猫が好んで食べる種類ばかり与えていませんか?

理想的な餌の与え方から、猫の年齢別、肥満対策、特殊な餌、多頭飼いでの餌の与え方など、キャットフードと猫の餌やりに関して知っておきたいことをまとめました。

最後にはおすすめのキャットフードをランキング形式でご紹介しています。
猫の餌選びに少しでもお役に立てると幸いです。

【目次】

 

回数、量、ダイエット… キャットフードを与える際の注意点ま とめ!

与え過ぎは肥満の原因!理想の給餌回数は?

キャットフードの量はどれ位がいいの?

肥満の猫にはダイエット!

 

年齢別、キャットフードの選び方のコツ!

生後4週間までの赤ちゃん猫の餌

生後1年未満の子猫のキャットフード、エサ

生後1年を過ぎた成猫のキャットフード、エサ

生後8年以降の老猫のキャットフード、エサ

 

肥満用、毛玉対策など特殊なキャットフードに関して知ろう

肥満猫用ライトフード

毛玉ケア用キャットフード

 

多頭飼いでのキャットフードの与え方

猫に人間の食べ物を与えてもいいの?

キャットフードの種類とおすすめ商品

 

ドライフードでおすすめのキャットフード!

●MogNyan(モグニャン)  1.5kg ¥4,730(税込)

●Symply(シンプリー)キャットフード サーモン  1.5kg ¥4,730(税込)

●プレミアムキャットフード ジャガー  1.5kg ¥4,625(税込)

●CANAGAN(カナガン)  1.5kg ¥4,730(税込)

●ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用  2kg ¥2,858(税込)

●Orijen(オリジン)キャット&キティ  2.27kg ¥4,480(税込)

 

ウェットフードでおすすめの猫のキャットフード!

●Schesir(シシア)  ¥302(税込)

●almo nature(アルモネイチャー)   ¥280円(税込)

●ナチュラルバランスCAT プレートフルズ   ¥340(税込)

●ANIMONDA(アニモンダ)   ¥302(税込)

●SGJプロダクツ  ¥227(税込)

 

 

回数、量、ダイエット… キャットフードを与える際の注意点まとめ!

 

cat_food

 

与え過ぎは肥満の原因!理想の給餌回数は?

 

猫の餌の回数の目安は、 成猫で2回 発育期の子猫で3~4回 が理想です。

生後3~4週間を過ぎたころから、生後1年あたりまでが子猫の発育期です。

発育期の子猫には多くのカロリーが必要ですが、一度にたくさん量を食べられないので、3~4回に分けて与えましょう。

成猫なら2回で十分です。与え過ぎは肥満の原因になるので、注意してくださいね。

 

キャットフードの量はどれ位がいいの?

 

生後1年を過ぎた 成猫 の餌の量の目安は、 猫の体重×80kcal です。

家猫 の場合はエネルギーの消費量が少ないので、 猫の体重×70kcal と少し減らすのが良いでしょう

生後1年に満たない子猫の場合は、 猫の体重×100~200kcal を目安にしてください。

食欲がある場合は多少なら目安を超えても大丈夫です。

 

肥満の猫にはダイエット!

 

猫にとっても、肥満の原因はやはり食べ過ぎと運動不足です。中でも食べ過ぎが一番の原因です。

人間と同じく、肥満の猫は糖尿病などにかかるリスクが上昇します。

猫ちゃんの健康を守るためにも、少しずつダイエットをさせてあげる必要があります。

 

ダイエットには、広い場所で 猫のおもちゃ などを使って運動させるのが一番良い方法です。

一方で、ここも人間同様にカロリー制限も適度に必要。

基本は上記の給仕量の目安を参考に、与えているキャットフードの量を調整しましょう。

肥満がひどい場合には、餌をダイエット用の低カロリーフードやライトフードに変えるのも効果的です。

 

 

年齢別、キャットフードの選び方のコツ!

 

cat_food

 

生後4週間までの赤ちゃん猫の餌

 

生後4週間までの赤ちゃん猫は固形物を食べることが出来ません。

母猫の母乳 幼猫用ミルク を与えましょう。哺乳瓶にも猫用のものがあります。

哺乳瓶に幼猫用ミルクを入れて、少しずつ飲ませてあげてください。

どうしても上手く飲んでくれない場合、スポイトで飲ませる方法もあります。動物病院に相談してみてください。

 

また猫に牛乳を与えたくなることもありますが、あまり推奨出来る方法ではありません。

与えると直ぐに病気になってしまうなんてことはないですが、 猫に牛乳をあげる際の注意点 も是非ご確認してください。

 

生後1年未満の子猫のキャットフード、エサ

 

生後3~4週間を過ぎたあたり から、ミルク以外の食べ物にも興味を示し始めます。

子猫用離乳食(缶詰タイプ) に移行してください。

子猫用離乳食がない場合は、ドライフードに猫用ミルクを混ぜて、ふやかした物で代用することが出来ます。

生後7週間を過ぎたあたり からは、離乳食から 子猫用ドライフード に移行しましょう。

最初は離乳食とドライフードを混ぜて与え、徐々に離乳食の量を減らし、ドライフードに移行します。

 

生後6ヶ月を過ぎれば 、ほぼ成猫と同じ体重になります。

猫の種類 にもよりますが、生後1年程度まではまだ成長期です。

高カロリーの子猫用キャットフード を与えましょう。

 

生後1年を過ぎた成猫のキャットフード、エサ

 

生後1年を過ぎたあた りから、 成猫用キャットフード に切り替えましょう。

基本的にはドライフード、ウェットフードのどちらでもOKです。

ただしウェットフードだけだと、栄養が偏る心配があります。

ウェットフードにドライフードを混ぜるか、ドライフードを主体に与えて、たまにウェットフードを与えるのが無難です。

 

生後8年以降の老猫のキャットフード、エサ

 

生後8~10年を過ぎる と、猫は高齢期に入ります。

老猫用(シニア)キャットフード に切り替えましょう。

老猫用キャットフードは、食いつきが悪くなった老猫に必要な栄養素が含まれ、食べやすい味に作られています。

猫の個体によって老化の進行に差はありますが、出来るだけ早い段階で老猫用キャットフードに切り替えてください。

 

さらに老化が進むと 、歯やあごの力が弱まり、ドライフードを食べるのが難しくなります。

水でふやかして柔らかくするか、 ウェットフード に切り替えましょう。

猫の食いつきを見ながら、その2つを混ぜて与えても良いです。

 

 

肥満用、毛玉対策など特殊なキャットフードに関して知ろう

 

cat_food

 

肥満猫用ライトフード

 

序盤でもふれましたが、太り過ぎの猫のために、低カロリーの肥満猫用ライトフードが販売されています。

無理に餌の回数や量を減らすと、ストレスを与えるので、同じ量で肥満猫用ライトフードを与えるのが良いでしょう。

適度に運動させてあげることも大切です。

 

毛玉ケア用キャットフード

 

猫は草から食物繊維を摂ることで、飲み込んだ毛玉を排出することが出来ます。

家猫で草が食べられない場合は、代わりに毛玉ケア用キャットフードを与えましょう。

毛玉ケア用キャットフードには食物繊維が多く含まれ、飲み込んだ毛のスムーズな排出を促します。

猫が毛玉を吐く回数が増えたら、毛玉ケア用キャットフードに切り替えてみてください。

毛玉対策としては、室内で栽培出来る猫用の草もあります。

 

 

多頭飼いでのキャットフードの与え方

 

1つのお皿で複数の猫に餌を与えると、力の強い猫が独り占めしてしまうことがあります。

猫の数だけお皿を用意して、1匹ずつ与えましょう。

子猫には子猫用を、肥満の猫にはライトフードを、などそれぞれ個体の状態に合わせて与えてください。

 

 

猫に人間の食べ物を与えてもいいの?

 

人が食べるように味付けされた食品は、猫にとっては塩分が多いものがほとんど。

やはり、与えない方が賢明です

玉ねぎなど猫にとって危険な食べ物もあります

 

参照記事:

命の危険も?猫に玉ねぎを与えてはいけない理由と対策まとめ!

猫に貝が危険な理由と対策まとめ!耳が落ちるって本当!?

 

栄養バランスの面でも、 キャットフードを与えるのがベスト と言えるでしょう。

 

 

キャットフードの種類とおすすめ商品

 

cat_food

 

上記までで猫の餌やりに関しての基本知識は大まかに把握出来たと思います。

いざキャットフードを選ぶとなると、とても多くの種類があってどれがいいのか迷ってしまいますよね?

そこで今回は、ウェットフードとドライフードに分けて、材料や製法にこだわった質の高いキャットフード10選をご紹介します。

 

まずはキャットフードの種類について、ウェットフード、ドライフードそれぞれの特徴を見てみましょう。

※価格は執筆時の参考価格です。

 

ドライフードでおすすめのキャットフード!

 

通称カリカリ。猫のいる家ではお馴染みのドライフード。

ドライフードは多くの栄養素を網羅していて、主食にできるいわゆる「総合栄養食」です。

長期保存ができて、ウェットフードに比べたら比較的安価なのも嬉しい点ですね。

一方では、酸化しやすく、水分摂取ができない、穀物や副産物が入っている可能性が高い、などのデメリットがあります。

猫が食べる機会が最も多いフードだからこそ、特に品質にはこだわりたいですよね。

ここでは人気のおすすめキャットフードをランキング形式でご紹介します。

 

●MogNyan(モグニャン)  1.5kg ¥4,730(税込)

 

 

イギリス最大手のペットフード専門工場で製造されているモグニャンキャットフード。

グレイン(穀物)フリーで、タンパク質たっぷりの白身魚をベースにした、猫ちゃんのための総合栄養食です。

添加物は自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)を使用、余分な人口調味料や着色料は一切していません。

 

また、猫ちゃんの食欲を増進するため"お魚の香り"に非常にこだわっているのもモグニャンの特徴。

もちろん人工香料は使わず、白身魚や適度な野菜・フルーツといった自然な素材で味付け、匂い付けしています。

新鮮かつ安全な原料と、徹底した品質管理の元に産まれたモグニャンドッグフード。

是非、一度皆様の猫ちゃんにも食べさせてみてください。

 

 

モグニャンキャットフードの購入は こちら から♪

 

 

●Symply(シンプリー)キャットフード サーモン  1.5kg ¥4,730(税込)

 

 

イギリス生まれのドライフード。

高タンパク低脂肪であるサーモンを、主原料として成分の53%に使っています。

人工着色料や人工香料は使わず、1%程度使われている穀物にはアレルギー源になりにくいオート麦を使うなど、猫の健康に細部まで気を使っている製品です。

原料に入っているグルコサミンとコンドロイチンは、老猫に多い関節炎の予防にもなります。

 

 

シンプリーキャットフードの購入は こちら から♪

 

 

●プレミアムキャットフード ジャガー  1.5kg ¥4,625(税込)

 

 

こちらもイギリス直輸入のドライフードです。

「手の届く贅沢(Affordable Luxury)」とのキャッチフレーズに相応しく、動物性たんぱく質は80%、調味料・着色料・香料無添加、保存料は自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)のみというこだわり。

もちろん、肉副産物(俗に謂う4Dミート)のような安価な肉は使わずに生成されています。

パックを空けると、香料を一切使用していないのにも関わらず芳醇なチキンやサーモンの香りが漂います。

ドライフードでも猫ちゃんの食いつきはバッチリです。

 

 

プレミアムキャットフードジャガーの購入は こちら から♪

 

 

●CANAGAN(カナガン)  1.5kg ¥4,730(税込)

 

 

口コミで高い評価を得ている、イギリス直輸入のドライフード。

人工添加物を一切使用せず、また穀物類も使っていないグルテンフリーの製品として高い人気を誇っています。

肉食である猫の自然な食生活に近付けるために、主原料であるチキンを全体の60%に使っています。

チキンの味がフードにしっかり沁みついているので、ドライフードが苦手な猫でも喜んで食べてくれます。

子猫から老猫まで、幅広い年齢層に対応しているので、多頭飼いの家でも安心です。

 

 

カナガンキャットフードの購入は こちら から♪

 

 

●ロイヤルカナン FHN キトン 子猫用  2kg ¥2,858(税込)

 

 

猫の種類や成長過程、健康状態等々様々なバリュエーションを研究して最適なキャットフードを用意しているロイヤルカナン。

そのレパートリーはなんと猫用だけでも軽く数十種類以上!

キャットフードへのこだわりの強さがうかがえますね。

写真は子猫用ですが、猫ちゃんの種類や年齢、健康状態に合わせて最適なものを選んでください。

 

ペットショップで使われていることも多く、押しも押されぬ定番人気のキャットフードです。

ちなみに Petpedia のトト ちゃんもロイヤルカナンを愛食中ですよ♪

 

 

ロイヤルカナンキャットフードの購入は こちら から♪

 

 

●Orijen(オリジン)キャット&キティ  2.27kg ¥4,480(税込)

 

 

カナダ政府から認定を受けたチャンピオンフーズ社が製造している、安心安全のドライフード。

品質管理を徹底するために、すべてカナダの自社工場で生産しています。

放し飼いされた鶏や、養殖でない天然のサーモン、カレイを始め、リンゴやクランベリーなど自然にこだわった原材料が使用されています。

もちろん穀物はほとんど使われていません。体重を気にする猫にもおすすめです。

 

 

オリジンキャットフードの購入は こちら から♪

 

 

ウェットフードでおすすめの猫のキャットフード!

 

ウェットフードのメリットは、水分含有量が多く、新鮮であること。

水を飲むのが苦手で水分不足になりがちな猫でも、ウェットフードならば食事をしながら同時に水分も摂取できます。

また、多くのウェットフードは一食分がパウチや缶に入っているので、鮮度を保ったまま猫に必要な高タンパクで高脂肪な栄養を摂ることができます。

 

注意したいのは、多くのウェットフードはドライフードとの併用を前提としている点です。

ドライフードが全ての栄養素を網羅した「総合栄養食」と言われるのに対して、ウェットフードは「栄養補完食」「一般食」と言うように、食事の補助的な役割を果たすものと考えられています。

おやつのような位置付けで、ドライフードの補助としてあげるのが理想的です。

 

 

●Schesir(シシア)  ¥302(税込)

 

 

イタリア生まれの最高級ウェットフード。

100%ナチュラルな原材料を使っていて、人間の食べ物の品質基準であるHACCPもクリアしています。

養殖魚を使わず、鶏は自然飼料で育てられたもののみを使っています。

もちろん無添加無着色で、科学防腐剤も使われていません。

味はツナ、チキン、ビーフ、サーモンの4種類で、原料の半分以上に使われています。

 

また、猫の体に良くないと言われる穀物成分は1.5%にとどめているので、健康を気遣う飼い主から高い評価を得ています。

 

 

シシアキャットフードの購入は こちら から♪

 

 

●almo nature(アルモネイチャー)   ¥280円(税込)

 

 

ドライフードとの併用を推薦している、こちらもイタリア生まれのウェットフード。

100%ナチュラルの原材料で作られていて、猫の立場から考えた質の高い新鮮なウェットフードを提供しています。

副産物や人工着色料、化学保存料などその他猫の体に有害となるものは一切使われていないので、安心して食べさせることができます。

猫の体内では作れない栄養素であるタウリンもきちんと入っているのが、猫への優しさを感じます。

 

 

アルモネイチャーキャットフードの購入は こちら から♪

 

 

●ナチュラルバランスCAT プレートフルズ   ¥340(税込)

 

 

食べ応えのあるゴロゴロとした中身が嬉しい、ウェットフード。

ナチュラルバランスのフードの特徴は、穀物を全く使っていない所にあります。

穀物を使わず、チキン、ターキー、ダッグの3種類の新鮮な肉類を始め、エンドウ豆やニンジンなど上質な原料で高い栄養価を維持しています。

82%が水分なので、水分不足な猫にもおすすめ。

泌尿器系のトラブルを防ぐために、クランベリーが配合されています。

 

 

ナチュラルバランスCAT プレートフルズキャットフードの購入は こちら から♪

 

 

●ANIMONDA(アニモンダ)   ¥302(税込)

 

 

可愛い猫型の缶詰が印象的なウェットフード。

アニモンダは、ウェットフードの「肉質」にこだわりを見せています。

新鮮な牛肉や鶏胸肉は消化吸収に優れているため、不要な添加物は加えずに肉量を多く保ち、肉本来の組織や味を生かしています。

新鮮なので人工の保存料や着色料は必要ないのだとか。

穀物使用率も0.5%以下です。

 

ぎっしりと詰まった肉によって、多くの良質なタンパク質を摂取することができます。

本来肉食である猫によく配慮されたウェットフードです。

 

 

アニモンダキャットフードの購入は こちら から♪

 

 

●SGJプロダクツ  ¥227(税込)

 

 

栄養補助食として販売されているウェットフード。

小麦や大豆、とうもろこしなどの穀物を使用せず、オーガニックを取り入れた植物オイル、天然飼料を使って飼育された肉や汚染されていない海域で捕獲された魚を使うなど、原材料の安全面に気を使っています。

またSGJプロダクツの特徴として、南米と東南アジア原産のタピオカを成分に使用している点があります。

不純物の少ない、良質なでんぷんであるタピオカは猫の健康を大いにサポートしてくれます。

 

 

SJGプロダクツキャットフードの購入は こちら から♪

 

 

キャットフードを選ぶ時は、原材料の確認も忘れずに

 

neko_musha

 

猫の餌やりの方法とおすすめのキャットフード、皆さんの愛猫にピッタリのものは見つかりましたか。

おすすめのキャットフードではほぼ全てのキャットフードが、グルテンフリーや人工添加物不使用を挙げていましたね。

逆に言えば、原材料を気にせず買ってしまうと時には猫ちゃんの健康を損ねてしまうような成分が含まれていることも起こり得ます。

 

飼い主の皆様には、キャットフードを選ぶ時にぜひパッケージの裏の成分表まで見ることをおすすめします。

よく見てみると、主原料が穀物メインだったり、人工保存料が使われていたり…といったことがあるかもしれません。

 

猫の健康を守れるのは、飼い主だけです。

今回の記事が、皆様の猫の健康に少しでも寄与すれば幸いです。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

猫(39)
犬(73)
うさぎ(15)
ハムスター(10)
齧歯類(5)
鳥類(17)
爬虫類(13)
両生類(5)
魚類・甲殻類・水生生物(15)
虫・昆虫(10)
哺乳類(17)
ペット・動物全般、コラム(8)

タグ一覧

おもしろペット(46)
しつけ(150)
まとめ(222)
ツイート(1)
トイレ(69)
ランキング(18)
値段・価格(167)
旅行・ホテル・レストラン(2)
画像(48)
病気・病院(173)
種類・品種(165)
性格・生態・特徴(71)
毛色・毛質(59)
繁殖・育成(134)
歴史・豆知識(225)
選び方(146)
食事、餌、栄養(156)
飼い方(212)
口コミ、レビュー(35)
おもちゃ(7)
寄付、募金(3)

人気記事ランキング