logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の飼い方/豆知識

猫と牛乳。猫にミルクをあげるとどうなる?






犬と並んで昔から世界的に愛されているペットの代表格である猫。

愛らしい顔で美味しそうにミルクを飲む姿は本当に癒されますよね。
実際、飼い猫に牛乳を与えている飼い主さんも多いことでしょう。

今回は愛猫家やこれから猫を飼いたいと思っている方にも知っておいてもらいたい、猫と牛乳の正しい関係についてまとめてみました。
猫に牛乳をあげてよいのかということをはじめ、おすすめの猫用ミルクについても取り上げています。

【目次】猫と牛乳。猫にミルクをあげるとどうなる?

 

猫に牛乳をあげてはいけない?

牛乳と猫の母乳の違い

牛乳だけだと栄養不足に陥る可能性も

体質の問題で牛乳を飲めない猫もいる

与え過ぎは肥満の原因

餌代わりに牛乳だけを与えるのは難しい

高齢の猫は特に注意!

猫に牛乳をあげたい場合はどうすればいいの?注意点は?

猫用ミルクを与える

【幼猫用】ワンラック キャットミルク

【成長期用】キャティーマン ねこちゃんの国産牛乳 1歳までの成長期用

【全猫種用】キャティーマン ねこちゃんの国産牛乳 全猫種用

【シニア猫用】ワンラック キャットメンテナンスシニアミルク

【低脂肪タイプ】オトナのヤギミルク

どうしても牛乳を与えたい場合

子猫に牛乳を与えるなら

成猫に牛乳を与えるなら

 

 


猫に牛乳をあげてはいけない?

 

milk_cat

 

猫の大好物といえば牛乳。

これはマンガでもイメージが定着していますよね。

愛くるしい顔で牛乳を飲む猫の姿を見たことがある人も多いと思います。

 

一方で、猫に牛乳を与えてはダメという意見もよく聞かれます。

なぜそのような意見があるのでしょうか。

 

 

牛乳と猫の母乳の違い

 

Cats_milk

 

同じミルクでも牛と猫、動物の種類が違うので、含まれている栄養素のバランスが違います。

猫の母乳は牛乳と比べてたんぱく質、脂肪が多く、乳糖が少ないのが特徴です。

猫の母乳の乳糖は牛乳の乳糖の約3分の1です。

 

 


牛乳だけだと栄養不足に陥る可能性も

 

kitten-milk

 

牛乳はもともと子牛の成長に必要な栄養バランスで出来ています。

そのため、子猫を牛乳だけで育てようとすると、子猫の成長に必要な栄養素が不足してしまいます。

 

 

体質の問題で牛乳を飲めない猫もいる

 

cat-milk

 

牛乳を飲むと下痢をしてしまう人がいますが、同様に牛乳で下痢をしてしまう猫もいます。

これは乳糖を分解するラクターゼという酵素が不足しているからです。

 

人も猫も乳離れの時期にラクターゼの活性量は急速に低下します。

その低下率がより高かった人や猫が牛乳を飲むと、下痢をしてしまう体質になるのです。

 

 


与え過ぎは肥満の原因

 

Fat-Cat

 

キャットフードには猫に必要な栄養が十分に含まれています。

それに加えて、牛乳を与え過ぎると肥満の原因になってしまいます。

 

 

餌代わりに牛乳だけを与えるのは難しい

 

Cat_Milk

 

猫、特にオス猫は結石になりやすい体質です。

これは猫の先祖が砂漠で生活していたので、体内の水分量を保つために、少量で濃い尿をするようになっていることが原因です。

特にドライフードを中心に餌を与えている飼い主さんは、必ず水も一緒に与えてあげてください。

 

それでは、牛乳を餌として与えれば一石二鳥なのでしょうか。

本来肉食獣である猫は離乳後、ミルクよりも獲物の内臓などから栄養を摂ろうとする体質に変わります。

したがって、牛乳だけでは結局餌としての栄養が不十分です。

 

キャットフードや猫の餌やり時の注意点に関してはこちらの記事もご覧ください。

→  安全なキャットフードとは?猫の餌の選び方・与え方を解説

 

 


高齢の猫は特に注意!

 

Old-Cat

 

牛乳の中に含まれているナトリウムイオンが心臓に負担を与える可能性があります。

高齢の猫に牛乳を与える場合は注意が必要です。

 

ここまで猫と牛乳についてまとめてきましたが、猫の大好物と思われている牛乳が、実は相性があまりよくないことが分かりました。

結論からいうと、猫に牛乳を与えてはダメという意見はある程度正しかった言えるでしょう。

与えない方が無難なことは確かです。

 

 

猫に牛乳をあげたい場合はどうすればいいの?注意点は?

 

猫と牛乳は意外にも相性が良くないことがわかりました。

 

それでも、 猫と貝 猫と玉ねぎ 猫とチョコレート といった命の危険があるほど危険な組み合わせというわけでもありません。

与えない方が無難なのは承知の上で、どうしても猫が牛乳を舐めるかわいい姿を見たい…

以下では、そういった方に向けて解決方法をご紹介します。

 

 


猫用ミルクを与える

 

kitten milk

 

猫と牛乳の相性があまりよくない主な原因は、牛乳と猫の母乳との栄養バランスの違いでした。

実はそれを解消した猫用牛乳があります。

 

猫用ミルクは幼猫用、成長期用、成猫用、全猫種用、シニア猫用、低脂肪タイプなど様々な種類が出ています。

乳糖を抑えてあったり、乳糖ゼロだったり、タウリンを強化してあったりと、それぞれの猫に合わせて健康に考慮された猫専用のミルクです。

猫にミルクを与える場合は、こちらを与えてあげることを強くおすすめします。

 

【幼猫用】ワンラック キャットミルク

 

 

森永乳業から販売されているワンラック キャットミルクは、猫の母乳に近づけて作られている国産のミルクです。

 

体が小さい赤ちゃん猫は、1度にたくさんのミルクを飲むことができません。

生後2週間くらいは2~3時間おき、その後生後4週間くらいまでは4~5時間おきにミルクを与えましょう。

 

なお、こちらのミルクは離乳前の幼猫用ですが、成長期の子猫や成猫、食欲不振の老猫など全種の猫にも与えることができます。

その際には、適度な濃度に溶解するか、粉のまま他のフードに振りかけてあげてください。

 

【成長期用】キャティーマン ねこちゃんの国産牛乳 1歳までの成長期用

 

 

キャティーマンから販売されている猫用ミルクも国産牛乳から作られたミルクです。

こちらは、成長期にあたる離乳後の猫から1歳までの猫に合わせて成分が調整されています。

成長期に嬉しいラクトフェリンも配合されていますよ。

 

また、こちらのミルクは乳糖が分解されてなくなっているので、乳糖で下痢を起こしてしまう体質の猫ちゃんでも安心です。

お水が苦手な子は水代わりに、まだ離乳食から卒業したての子はドライフードのふやかし用にも使用してみてください。

 

【全猫種用】キャティーマン ねこちゃんの国産牛乳 全猫種用

 

 

こちらもキャティーマンから販売されている猫用ミルクで、生後3ヵ月以上の全猫種用です。

1歳までのミルクと同じく乳糖が分解されているので、乳糖を分解できない体質の猫にも安心して与えやすいです。

猫が体内で合成することのできない、必須アミノ酸のタウリンを強化しているところが特徴です。

 

キャティーマンの国産牛乳はこの他に「  乳酸菌+   」や「  国産低脂肪牛乳   」もあります。

飼い猫の栄養状態や用途に合わせて選択してあげましょう。

 

【シニア猫用】ワンラック キャットメンテナンスシニアミルク

 

 

年齢とともに必要な栄養素や吸収を抑えたい栄養素は変わってきます。

森永乳業から販売されているキャットメンテナンスシニアミルクは、主に高齢期の猫に合わせて成分を調整されたミルクです。

 

消化性に優れたたんぱく質を使用することにより、シニア期の消化吸収にもあまり負担にならない工夫がされています。

また、心臓・腎臓への配慮として、低リン、低ナトリウム、低カリウム、低脂肪なのも嬉しいポイントです。

 

食が細くなってきてしまった老猫さんには、こちらのミルクでフードをふやかしたり、フードにまぶしたりする使い方もオススメです。

 

【低脂肪タイプ】オトナのヤギミルク

 

 

 

「猫用ミルクなのにヤギのミルク!?」となりますが、実はヤギのミルクは猫の母乳に成分が近く乳糖も少ないので、猫用ミルクに最適なのです。

中でもこちらの「オトナのヤギミルク」は、ヤギのミルクから脂肪を抜いた低カロリーな粉末ミルク。

必須アミノ酸であるタウリンも牛乳の20倍で、栄養面でも申し分はありません。

 

牛乳が苦手な猫ちゃんは、ぜひともヤギのミルクを試してみてください。

 

 

どうしても牛乳を与えたい場合

 

cat_milk

 

猫用ミルクは牛乳と比べて値段が高いです。

どうしても牛乳で対応したい場合は以下の点に注意してください。

 

子猫に牛乳を与えるなら

 

kitten_milk

 

牛乳250ccに卵黄1個とスプーン小さじ4杯の砂糖を加え、栄養価を高めてあげてください。

ただし、猫の母乳と比べた牛乳の乳糖の多さは解消されないので、あまりおすすめは出来ません。

また、様子をよく見て、子猫がおなかを壊しているようであれば与えるのをやめてください。

 

成猫に牛乳を与えるなら

 

cats-milk

 

成猫にとって牛乳は、それだけでは主食にはなりません。

かといってキャットフードとは別に多く牛乳を与えると肥満の原因になります。

 

そのため、おやつ程度にたまに与えてあげるのが理想です。

もちろん、この場合もおなかの弱い猫には与えないでください。

 

 

今回は、猫好きなら知っておきたい猫と牛乳の正しい関係についてご紹介しました。

牛乳に限らず、かわいいペットにはついつい好物を与え過ぎになりがちです。

体調管理も飼い主さんの責任ですから、その点にも注意して末永く一緒に過ごしたいですね。

 

▼猫の関連記事

 

・  子猫の飼い方マニュアル。子猫の食事やケアの仕方、飼育にかかる費用、注意点

・  猫の飼い方を徹底的に解説!お迎え方法、必要なもの、かかる費用、ケア方法、病気など


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(22)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(447)
   猫/ネコ(179)
   犬/イヌ(229)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(83)
   うさぎ(38)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(5)
   チンチラ(2)
鳥類(109)
   インコ(15)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(75)
   海水魚/熱帯魚(33)
   淡水魚(23)
爬虫類(34)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(16)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(57)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(19)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(729)
種類/品種(635)
繁殖/育成(569)
毛色/毛質(253)
性格/生態/特徴(583)
食事/餌/栄養(585)
病気/病院/治療(619)
しつけ(459)
トイレ(153)
選び方(502)
値段/価格(533)
ランキング/おすすめ(133)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(96)
飼育知識/豆知識(828)
画像/動画(121)
まとめ(840)

人気記事ランキング