logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の飼い方/豆知識

【獣医師監修】猫がチョコレートを食べてはいけない理由と対処法まとめ!






猫に与えてはいけない食べ物は意外と多くあります。
今回は、その代表格であるチョコレートと猫の関係について解説します。

猫がチョコレートを食べてはいけない理由をはじめ、もし食べてしまったらどのように対処すれば良いのかをまとめました。
「猫にチョコレートを与えてはいけない」という認識を持ち、大切な愛猫の健康を守っていきましょう。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】【獣医師監修】猫がチョコレートを食べてはいけない理由と対処法まとめ!

 

猫がチョコレートを食べてはいけない理由

チョコレートに含まれるテオブロミンに注意!

チョコレート以外の食品にもテオブロミンは入っている?

猫がチョコレートを食べたらどんな中毒症状が出るの?

猫がチョコレートを食べ過ぎたら死に至ることも…致死量はどれくらい?

猫がチョコレートを食べてしまった際の対処法と治療法

猫がチョコレートを食べたらどうすればいいの?

猫がチョコレートを誤って食べないための注意点は?

 

 


猫がチョコレートを食べてはいけない理由

 

chocolate

 

チョコレートに含まれるテオブロミンに注意!

 

チョコレートにはテオブロミンという物質が含まれていますが、これが にとって大変危険です。

 

テオブロミンは、カカオに含まれる苦味成分です。

カフェインと似た成分で、人間にとっては一種の覚醒効果が得られますが、猫はテオブロミンを素早く分解することができないため、摂取すると中毒症状を起こしてしまいます。

 

カカオの量とテオブロミンの量は比例するので、カカオを多く含むビターチョコレートにはその分多くのテオブロミンが入っています。

 

カカオ 成分 注意

 

逆に、チョコレートとは言っても、カカオが含まれていないチョコレートフレーバーの食べ物では中毒は起こりません。

ホワイトチョコやミルクチョコレートはカカオの量が少ないのでテオブロミンの量も少ないですが、大量に食べてしまうことで、やはり中毒症状を起こす危険性があります。

 

また、チョコレートにはカフェインも含まれており、これも猫に悪影響があります。

 

いずれにせよ、チョコレートを食べると肥満も引き起こしやすいので、食べさせないようにしてください。

 

 

チョコレート以外の食品にもテオブロミンは入っている?

 

猫 チョコレート 危険 注意 ココア

 

チョコレート同様、カカオが原料であるココアにもテオブロミンは含まれています。

また、チョコレートそのものでなくても、ケーキをはじめチョコレートを使用した食べ物にも注意が必要です。

 

チョコレート以外では、コーラやお茶にもテオブロミンが含まれているため注意してください。

 

 


猫がチョコレートを食べたらどんな中毒症状が出るの?

 

猫 チョコレート 危険 注意

 

猫がチョコレートを食べることよって現れる典型的な中毒症状は、嘔吐、下痢、多尿、発熱、興奮、けいれん、運動失調、発作などです。

また、腹痛や血尿、脱水を引き起こす場合もあるので、食欲や排便に異常がないかをチェックしましょう。

 

食べて約2時間後から4時間以内に発症し、最長で3日間は中毒症状が続きます。

 

 

猫がチョコレートを食べ過ぎたら死に至ることも…致死量はどれくらい?

 

猫 チョコレート 危険 注意

 

体重1kgあたりの致死量は、テオブロミン100〜200mgです。

 

100g中に含まれるテオブロミン量 

 

  • ミルクチョコレート 155mg
  • スウィートチョコレート・ダークチョコレート 460~650mg
  • ベーキングチョコレート 1300~1600mg
  • ココアパウダー 500~2100mg

 

例えば、体重3キロの猫の場合、スイートチョコレート30gが致死量になります。

一般的な板チョコレートの重さは50g程度なので、スイートチョコレートを一枚食べてしまったら致死量を超えてしまいます。

 

※個体差があるため、大量に食べても症状が出なかったり、少量食べただけで重篤になることもあります。

 

 


猫がチョコレートを食べてしまった際の対処法と治療法

 

猫 チョコレート 危険 注意

 

猫がチョコレートを食べたらどうすればいいの?

 

市販の解毒剤はないため、急いで動物病院に連れていくのがベストです。

その場で出来る応急処置としては口に残っているチョコレートを吐かせることですが、家庭で行うのは危険を伴います。

 

吐かせる方法

 

基本的に獣医療の知識が必要となるので、胃内に入ってしまったものを家庭で吐かせるのはおすすめしません。

誤嚥性肺炎(肺に吐物が入ってしまう)になると、それが致死的な要因にもなります。

 

また、ネット上には「猫にオキシドールを飲ませる」という記載も散見されますが、胃潰瘍や吐血の原因となるので決して実施しないください。

 

家庭では、とにかく早く動物病院に連絡を取ること、そして口の中にチョコレートが残っているのであれば拭き取ることがメインです。

噛まれる可能性がある場合は、口に手を入れるのも止めておきましょう。

 

動物病院で行われる処置

 

  • 猫の状態によって催吐、胃洗浄、下剤投与、活性炭製剤投与を行う
  • 尿中からの排泄を促進させるため、輸液剤の投与を行う
  • 尿量を確認するために、尿道カテーテルを設置する場合がある
  • 痙攣が見られる場合は、抗痙攣薬が投与される
  • 不整脈が見られる場合は、必要に応じて抗不整脈薬の投与が行われる
  • 消化器症状の緩和を目的として胃薬を投与することがある

 

動物病院では、どんなチョコレートをどれくらい食べたのかをを出来るだけ正確に伝えてください。

チョコレートの包装も食べてしまったのかどうかも合わせて確認しましょう。

 

治療費に関しては、誤飲全般の場合はおおよそ45,000円前後かかります。

 

※動物病院の診療料金は、基準料金を作ることを国が独占禁止法で禁止しています。 個々の病院によって自由に決めることが出来るため、動物病院によって料金にかなり違いがあります。

 

 

猫がチョコレートを誤って食べないための注意点は?

 

猫 チョコレート 危険 注意

 

猫は肉食なので、人間がチョコレートやビスケットを与える癖をつけなければ、本来は興味を示しません。

 

猫は甘味を認識できないので、甘いものが好きなわけではありません。

一度与えてしまうことによって、食べ物と認識して食べるようになってしまいます。

そのため、まずは絶対に与えないことが大切です。

 

チョコレート好きの猫がキャラクターの大人気アニメもあるので、子供がマネして猫にチョコレートを与えないように、「猫にチョコレートはダメ」と教えてあげてください。

食べる習慣がついてしまった猫がいる場合、テーブルの上やお皿の残りなど、細心の注意を払ってください。

 

ごみ箱の中やかばんの中も、猫は興味を持ってのぞき込むことがあるため注意が必要です。

 

 

今回は猫がチョコレートを食べてはいけない理由と、その対処法をご紹介しました。

可愛い愛猫と仲良く楽しく過ごすためにも、猫の習性や体質に関する正しい理解は非常に大切です。

 

 

監修:獣医師 山口 明日香(やまぐち あすか)

 

日本獣医生命科学大学獣医学部獣医学科卒後、2つの動物病院に勤務し、現在も臨床獣医師として働く。

ワークライフバランスを整えるため、在宅でのLINEおよび電話による健康相談、しつけ相談も開始。

その過程で、病気のみならず各種トレーニングと問題行動の大変さ、大切さを知る。

 

今後は学校飼育動物学で学んだ動物飼育と、子供の情緒の発達についても発信し、獣医動物行動研究会において問題行動の知識を深め、捨てられる動物が減るように正しい情報を伝えるべく模索中。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(592)
   猫/ネコ(241)
   犬/イヌ(306)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(103)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(3)
鳥類(125)
   インコ(23)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(44)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(11)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(66)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(899)
種類/品種(729)
繁殖/育成(598)
毛色/毛質(303)
性格/生態/特徴(673)
食事/餌/栄養(680)
病気/病院/治療(702)
しつけ(475)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(589)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(1022)
画像/動画(127)
まとめ(869)

人気記事ランキング