logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の飼い方/豆知識

猫がチョコレートを食べてはいけない理由と対処法まとめ!






猫に与えてはいけない食べ物は意外と多くありますが、今回は玉ねぎとともに与えてはいけない食べ物の代表、チョコレートと猫の関係について解説します。

猫がチョコレートを食べてはいけない理由と、食べてしまった時の対処法をまとめました!

大切な飼い猫を守るために、あるいは野良猫にエサを与えている方も、猫好きの方はぜひ知っておいてください!

猫がチョコレートを食べてはいけない理由

 

chocolate

 

チョコレートに含まれるテオブロミンに注意!

 

チョコレートにはテオブロミンという物質が含まれていますが、これが にとって大変危険です。

 

テオブロミンはカカオに含まれる苦味成分です。

カフェインと似た成分で、人間にとっては一種の覚醒効果が得られますが、猫はテオブロミンをすばやく分解できないため、摂取すると中毒症状を起こしてしまいます。

 

カカオの量とテオブロミンの量は比例するので、カカオを多く含むビターチョコレートにはその分多くのテオブロミンが入っています。

 

逆にチョコレートとは言っても、カカオが含まれていないイチゴチョコレートなどでは中毒は起こりません。

ホワイトチョコやミルクチョコレートはカカオの量が少ないのでテオブロミンの量も少ないですが、大量に食べてしまうことで、やはり中毒症状を起こす危険があります。

 

いずれにせよチョコレートを食べると肥満等の問題も引き起こしやすいので極力食べさせないのが無難ですね。

 

 

チョコレート以外の食品にもテオブロミンは入っている?

 

チョコレート同様、カカオが原料であるココアにもテオブロミンは含まれています。

また、当然ながらチョコレートそのものでなくてもケーキなどチョコレートを使用した食べ物にも注意が必要です!

 

チョコレート以外には、コーラやお茶にもテオブロミンが含まれているので注意してください。

 

 


猫がチョコレートを食べたらどんな中毒症状が出るの?

 

sick_cat

 

猫がチョコレートを食べることよって現れる典型的な中毒症状は、嘔吐、下痢、多尿、発熱、興奮、けいれん、運動失調、発作などです。

また、腹痛や血尿、脱水を引き起こす場合もありますので食欲や排便に異常がないかをチェックしましょう。

 

食べて4時間以内に発症し、最長で3日間は中毒症状が続きます。

 

 

猫がチョコレートを食べ過ぎたら最悪死に至ることも…致死量はどれくらい?

 

体重1kgあたりの致死量は、テオブロミン250~500mgです。

 

100g中に含まれるテオブロミン量 

 

ミルクチョコレート 155mg

スウィートチョコレート・ダークチョコレート 460~650mg

ベーキングチョコレート 1300~1600mg

ココアパウダー 500~2100mg

 

ですので例えば、体重3キロの猫の場合、スウィートチョコレート30gが致死量になります。

一般的な板チョコレートの重さは50g程度ですから、スウィートチョコレートを一枚食べてしまったら致死量を超えてしまいます。

 

※個体差があるので、大量に食べても症状が出なかったり、少量食べただけでも重篤になることもあります。

 

 


猫がチョコレートを食べた際の対処法と治療法

 

chocolate

 

猫がチョコレートを食べたらどうすればいいの?

 

市販の解毒剤はありません。

急いで動物病院に連れていく事がベストですが、家で出来る応急処置としては吐かせることです。

 

吐かせる方法

 

  • 指あるいは細い棒を口に入れて舌の奥を刺激する
  • 舌の上に食塩を乗せて大量に水を飲ませる
  • オキシドールを薄めて飲ませる

 

オキシドールを薄めて飲ませる場合は顔を上向きにして、スポイトで口のわきから入れてください。

 

動物病院で行われる処置

 

  • 猫の状態によって催吐、胃洗浄、下剤投与、活性炭製剤投与を行う
  • 尿中からの排泄を促進させるため、輸液剤の投与を行う
  • 膀胱からのメチルキサンチン再吸収を防ぐために、尿道カテーテルを設置する場合がある
  • 痙攣が見られる場合は、鎮静薬としてジアゼパム、ペントバルビタール、もしくはプロポフォールを使用する
  • 不整脈が見られる場合は、必要に応じてリドカインの投与が行われる
  • 頻脈に対してβ-ブロッカーの投与、徐脈に対してアトロピンの投与が行われることがある
  • 消化器症状の緩和を目的として胃薬を投与することがある

 

動物病院ではどんなチョコレートをどれくらい食べたのかをを出来るだけ正確に伝えてください。

チョコレートのまわりの包装なども食べてしまったのかどうかも、合わせて確認しましょう。

 

いくつかの病院に実際に確認してみたところ。

誤飲全般の場合の治療費に関しては、45000円前後が平均でした。

 

※動物病院の診療料金は、基準料金を作ることを国が独占禁止法で禁止しています。 個々の病院によって自由に決めることが出来るため、動物病院によって料金にかなり違いがあります。

 

 

猫がチョコレートを誤って食べないための注意点は?

 

cat

 

猫は肉食なので、人間がチョコレートやビスケットなどを与えるくせをつけなければ、本来は興味を示しません。

猫は甘味を認識できないので、甘いものが好きなわけではありません。

一度与えてしまうことによって食べ物と認識して食べるようになってしまいます。

まずは絶対に与えないことが大切です。

 

チョコレート好きの猫がキャラクターの大人気アニメもあるので、子供がマネして猫にチョコレートをあたえないように、「猫にチョコレートはダメ」と教えてあげてください。

食べる習慣がついてしまった猫がいる場合、テーブルの上やお皿の残りなど、細心の注意をはらってください。

ごみ箱の中や、かばんの中なども、猫は興味をもってのぞき込むので注意が必要です。

 

 

今回は猫がチョコレートを食べてはいけない理由と対処法についてまとめてみました。

可愛い愛猫と仲良く楽しく過ごすために、猫の習性や体質に対する正しい理解はとても大切です。

是非、お友達にも教えてあげてくださいね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(16)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(420)
   猫/ネコ(169)
   犬/イヌ(213)
小型哺乳類/小動物(71)
   うさぎ(30)
   ハムスター(21)
鳥類(95)
   陸地に棲む鳥(82)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(64)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(22)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(13)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(49)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(658)
種類/品種(584)
繁殖/育成(520)
毛色/毛質(241)
性格/生態/特徴(517)
食事/餌/栄養(531)
病気/病院/治療(579)
しつけ(433)
トイレ(148)
選び方(484)
値段/価格(492)
ランキング/おすすめ(120)
口コミ/レビュー(154)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(747)
画像/動画(120)
まとめ(759)

人気記事ランキング