logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の飼い方/豆知識

猫に玉ねぎは危険!理由と食べてしまった際の対策






猫好きな方ならお聞きになったこともあるかもしれませんが、猫には食べさせてはいけない食べ物が意外にも多くあります。
なかには、すこし食べさせてしまっただけで死に至るほど危険な食べ物もあります。

今回は特に危険度の高い「玉ねぎ」に注目して、与えてはいけない理由、与えてしまったときの症状、対策……などをまとめてみました!

大切な猫ちゃんたちを危険に晒さないために、本記事の情報がすこしでもお役に立てれば幸いです。

猫に玉ねぎは危ない?その理由は?

 

ひとには大丈夫でも、猫ちゃんが食べると危険!量によっては死に至ってしまう…そんな食べ物が多くあることをご存じでしょうか。

その中でも特に危険度が高い食べ物がこれ、玉ねぎです!

 

onions

 

動物好きの方はもちろん、動物を飼ったことのない方でも、玉ねぎが猫や犬にとって危険であるということをお聞きになったことはあるのではないでしょうか。

 

その原因は、玉ねぎに含まれる毒成分によるものですが、実は犬よりも猫のほうがその危険に晒されやすいといわれています。

同じ毒成分を含む食べ物としては、玉ねぎと同じゆり科の植物である、長ねぎ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、エシャロットなどが該当するので、注意が必要です。

 

まずはその危険の源である、玉ねぎの成分について見ていきましょう。

 


猫に玉ねぎが危険な原因 ~玉ねぎに含まれる毒成分~

 

redonions

 

玉ねぎなどのネギ類には、アリルプロピルジスルファイドという成分が含まれています。

 

これは何なのかというと、硫黄の化合物で、薄黄色の液体で強いにおいのある物質です。

玉ねぎには独特の臭気がありますよね。これが刺激物となって涙を流させたりするようです。

 

この物質が体内にとりこまれると、血液中の赤血球を酸化させる…つまりは破壊させます。

赤血球が破壊されることを溶血といい、これは貧血につながります。

 

赤血球は血液中で酸素を運ぶ役目をする細胞ですから、

破壊がすすめば酸素が身体のすみずみにまで充分に行きわたらなくなってしまいます。

 

つまり、猫ちゃんたちが玉ねぎを食べてしまうと、溶血性の貧血をおこしやすくなってしまい、それが様々な症状となってあらわれるのです。

また、このことによって腎臓に悪影響がでることもあります。

 

症状 ~玉ねぎを食べてしまったときにあらわれる主な症状~

 

cutecat

 

猫ちゃんが玉ねぎを食べてしまった場合の症状は様々ありますが、以下のようなものがあげられます。

 

1. 胃腸障害

 

2. 血尿(赤や褐色の尿)

 

大量の赤血球が破壊されると、尿の中にヘモグロビンが排出されるためです。

 

3. 下痢

 

4. 黄疸

 

5. 心拍の増加、呼吸困難

 

充分な酸素が身体に行きわたらないため、それを補おうとして動悸や呼吸が速くなります。

 

6. 嘔吐

 

7. 歯茎や目の結膜が白くなる

 

軽度の貧血でおこりやすい症状で、歯茎が健康的なピンク色ではなく白っぽくなります。

 

これ以外の症状にも、衰弱やふらつき、食欲不振などがあげられるようです。

こうした症状がお飼いの猫ちゃんにあらわれていて、玉ねぎを食べてしまった疑いが強い場合は、玉ねぎの毒成分が原因と考えて良いでしょう。

 


猫に玉ねぎは危険?予防法といざというときの対策・治療方法

 

玉ねぎを誤って猫ちゃんが食べてしまった場合、これまでに見てきたような症状があらわれて、ひどい場合には死に至ってしまいます。

そうならないためにも、本ページで予防や対策となる、正しい知識を身に付けていきましょう。

 

予防と対策 ~猫ちゃんに玉ねぎを食べさせないために~

 

cats

 

まず、猫ちゃんたちを玉ねぎの毒成分から守るためには、玉ねぎを食べさせないことです。

そんなことは当たり前ではないか!猫にとって危険な食べ物をわざわざ食べさせるわけがない!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

意外にも猫ちゃんが誤って玉ねぎを口にしてしまう例は、多くあるのです。

 

1. 毒成分の性質

 

onionsoup

 

そのひとつの理由が、玉ねぎに含まれる毒成分、

アリルプロピルジスルファイドは加熱しても毒性が消えない、ということです。

猫が誤って玉ねぎをまるごと食べてしまった…そのようなことは、気を付けていれば防ぐことができるでしょう。

 

しかし、人間の食べる食品に玉ねぎが含まれていることに気が付かず、間違って与えてしまう可能性はあります。

玉ねぎは様々な食品に使われていますし、エキスとして加工され、含まれていることもあります。

 

たとえ少しのエキスが含まれていただけだったとしても、玉ねぎの毒成分に特に敏感な猫ちゃんの場合、危険に晒されてしまう恐れがあります。

ですから人間の食べる加工食品や、明らかに玉ねぎが入っていなさそうにみえるスープなどを、

「これなら安心だろう…」といって安易に与えるのには注意が必要なのです。

 

対策としては、人間の食べ物や残り物を与えない、猫の近づきそうな場所に放置しておかない、ということがいえるでしょう。

 

2. 危険とみなされる摂取量

 

sleepingcat

 

次に気になるのは、どのくらい玉ねぎを食べてしまったら猫ちゃんにとって危険になるのか?ということです。

一般的な猫ちゃんの場合、体重1㎏あたり15~20gを越えると危険だといわれていますが、

かなり個体差があり、一概にはいえません。

 

ほんの一かけの玉ねぎを口にしてしまった猫ちゃんが、すぐに重篤となってしまった例もあり、

それぞれの猫ちゃんで敏感な子、そうでない子、がいるようです。

ですから玉ねぎを食べてしまった疑いがすこしでもある場合は、毒成分による症状への対処が必要となります。

 

3. 症状があらわれる時期

 

では実際、玉ねぎを誤って食べてしまったとして、その症状はいつあらわれるのでしょうか。

 

実は、すぐに症状があらわれるわけではありません。

もちろん個体差はありますが、ふつう1日~数日かかることが多いようです。

大量に摂取してしまった場合は1日程度といわれています。

 

すぐに症状があらわれないからといって、安心はできないのです。

 


対処・治療方法 ~もしも猫ちゃんが玉ねぎを食べてしまったら~

 

redcat

 

ではいよいよ、もしも大切な猫ちゃんが誤って玉ねぎを食べてしまったらどうするのか?を見ていきましょう。

 

まず一番に求められるのは、猫ちゃんが食べてしまった玉ねぎを取り除くこと、つまり吐き出させることです。

そうはいっても、それを猫ちゃんの飼い主が、適切に行うのはなかなか難しいでしょう。

無理に吐かせようとすると、かえって猫ちゃんを危険な状態にしてしまうかもしれません。

 

すぐに動物病院へ連れて行きましょう!

 

やはりすぐに動物病院へ連れて行き、しかるべき処置をしてもらうことが大切です。

その際、玉ねぎを食べてしまった可能性がすこしでもある場合は、そのことを伝えましょう。

そうすることで的確かつ迅速に、必要な処置を行ってもらえるはずです!

 

何故、人間の食べ物を猫に与えると危険なのか? ~人間と猫の違い~

 

sofacat

 

最後におまけとして、なぜ人間が食べても大丈夫な玉ねぎが猫にとって危険なのか?という理由をご説明しましょう。

 

これは、ひとつには身体の大きさの違い、ということがいえると思います。

実は人間も、玉ねぎを食べることで中毒症状になることはあるのですが、

よほど大量に食べないかぎりおこらないものなので、普段口にする玉ねぎが脅威となることはありません。

 

むしろ新陳代謝が良くなったり、疲れがとれたり、食欲不振に効果があったりと、良いことずくめです。

 

玉ねぎの毒成分が血液に影響するということは先に見てきた通りですが、

猫と人間では血液の中の赤血球の大きさや含有量が異なるため、玉ねぎに対する許容量が大きく違うのも、理由のひとつです。

 

良い成分のものでも大量にとりすぎるとかえって毒になる、ということは色々な物事にもいえますから、

玉ねぎもその例に漏れない、ということなのでしょう。

 


まとめ

 

それでは、ここまででわかったことについての簡単なまとめを書いて、玉ねぎと猫ちゃんの関係をおさらいしたいと思います。

 

原因 : 玉ねぎに含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分によるもの

 

症状 : 胃腸障害、血尿、下痢、黄疸、心拍の増加、呼吸困難、嘔吐、歯茎や目の結膜が白くなる、など

 

予防と対策 : 摂取量は個体差があり(1㎏あたり15~20gほど)、症状は1日~数日たたないとあらわれないこともあるため、すこしでも疑いがある場合は迅速な対処が必要。毒成分は加熱、非加熱に関係なく作用するため、人間の食べ物を食べさせたり、残り物を猫の近くに放置しない。

 

対処方法 : すぐに動物病院へ

 

 

いかがでしたでしょうか?

猫ちゃんにとって玉ねぎがいかに危険であるかということがお分かりいただけたかと思います。

いつまでも猫ちゃんと健康に楽しく過ごすために猫ちゃんの食べるものには十分に注意しましょう!


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(479)
   猫/ネコ(192)
   犬/イヌ(245)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(93)
   うさぎ(43)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(5)
   チンチラ(2)
鳥類(116)
   インコ(19)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(38)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(8)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(61)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(22)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(774)
種類/品種(664)
繁殖/育成(583)
毛色/毛質(257)
性格/生態/特徴(616)
食事/餌/栄養(612)
病気/病院/治療(638)
しつけ(466)
トイレ(154)
選び方(506)
値段/価格(543)
ランキング/おすすめ(138)
口コミ/レビュー(165)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(882)
画像/動画(127)
まとめ(853)

人気記事ランキング