logo

Top > ペット/動物全般/コラム > ペット/動物全般

「カナガン」はどうして人気なの?カナガンの品質や原材料、栄養価、価格、原産国など徹底レビュー!






人気のプレミアムドッグフード、キャットフードとして有名な「カナガン」。
どうしてそんなに人気なのだろうと疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

うちの子には高級すぎる、市販の餌で十分。
そう考えている飼い主さんにもおすすめ、「カナガン」は本当に安心安全なのかや、実力はどのようなものなのかといった、「カナガン」について徹底調査しました。

品質や原材料、栄養価、価格、原産国など、詳しく紹介します。

「カナガン」ドッグフード、キャットフードの特徴

 

 

日本で販売されている ドッグフード キャットフード は、コストを削減するために、原材料の質を下げているものが多く販売されています。

カナガン設立者であるエディ氏は、「本当に高品質なペットフードを作りたい」と、自ら会社を設立。

長年の調査/研究の末満足できる商品として開発されたのが、グレインフリー(穀物不使用)である「カナガン」です。

 

では、「カナガン」とはどのようなペットフードなのでしょう。

「カナガン」の特徴を詳しく見ていきましょう。

 

原産国

 

カナガンの原産国はイギリスです。

イギリスは動物愛護先進国であるため、ペットフードに関しても非常に細かい規定があり、その基準を満たしている商品なので安心できます。

 

カナガンの原材料は、厳選されたイギリス原産のものを使用していますので、原料の品質も問題ないでしょう。

ペットフードの本場であるイギリスでも、カナガンはリピート率80%を超える人気商品なのだそうです。

 

安全面

 

安心安全と言えるドッグフードやキャットフードの条件としては、以下の3点が挙げられます。

 

  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 人工添加物不使用(無添加)
  • ヒューマングレード(人間でも食べることのできる品質)

 

カナガンは、この3点をすべて満たしている数少ないペットフードです。

 

グレインフリー(穀物不使用)

 

は肉食の動物ですので、肉の消化に適した胃腸の構造になっています。

そのため、野生では食べることのないトウモロコシや小麦、米などの穀物の消化を苦手としています。

そのほかにも、穀物に含まれるグルテンというタンパク質にアレルギーを持っている子は少なくありません。

 

穀物は犬、猫にとって消化に悪く、アレルギーの原因になりやすい余分な食材です。

また、穀物は肉よりも安価に仕入れることができるため、コスト削減のために多く使用されている商品も存在します。

 

無添加(人工添加物)

 

人工添加物は、防腐剤や調味料、着色料、フレーバー、発色剤などに使用されます。

主に低品質フードの嗜好性アップや品質を長持ちさせるために使用されますので、良品質のフードであれば、このような人工添加物は必要ありません。

 

人工添加物は、多く摂取するとアレルギーや涙やけ、体臭の原因になるほか、中には発がん性のある危険なものも存在します。

カナガンはミックストコフェロール(ビタミンE)で酸化防止されています。

ミックストコフェロールは、ビタミンEという天然成分ですので、健康に害はありません。

良質な食材のみを使用しているカナガンは、人工添加物を使用しなくても、自然素材のみで十分高い嗜好性となっています。

 

ヒューマングレード(人間でも食べられる品質)

 

カナガンに使用される食材は、全てヒューマングレードですので、安心できる品質です。

ヒューマングレードとは、私たち人間でも食べることのできる品質レベルのことです。

 

ペットフードの中には、私たちが普段目にすることのない、「くず肉」や「野菜くず」を使用している商品も多く存在します。

このような副産物を摂取していると、涙やけやアレルギーの原因になるほか、必要な栄養を十分に摂取することは困難です。

 

品質管理

 

カナガンは、国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得した工場で、徹底した品質管理のもと生産されています。

 

「SAI GLOBAL Aランク取得」と聞いても、いまいちピンとこない方も多いでしょう。

SAIGLOBALは、ビジネスに関連するガバナンス、コンプライアンス及び倫理、ポリシーの問題意識を促すプログラムとコンサルタントサービスを可能にするための幅広いテクノロジーを持つ技術専門家による法令順守、コンプライアンス及びリスク管理プログラムを提供しているとのことです。

 

法令順守、品質管理は製造前と製造後の2回行う、製造ライン全てに監視カメラの設置、出来上がったフードは細かい単位でスキャンするなど、徹底した品質管理の元製造されています。

これだけ厳しい規格基準のAランク取得工場で製造されているので、品質管理は文句なしと言えるでしょう。

 

価格や購入しやすさ

 

購入は通販サイトからのみ行っています。

これは、徹底した品質管理の元保管されているためです。

気になる価格は以下の通りです。

 

  • ドッグフード2㎏ 3,960円(税抜き)
  • キャットフード1.5㎏ 3,960円(税抜き)

 

「高い」という声も聞かれますが、これだけ厳選された内容と徹底した品質管理の元作られたペットフードとしては、決して高価ではありません。

購入は公式サイトがおすすめです。

公式サイトには定期便割引があり、利用することで最大毎月20%オフの価格で購入できるほか、送料および代引き手数料が無料となります。

 

また、価格自体は割高でも、良質なフードであるカナガンは1日の給餌量が少なくてもしっかりと栄養を摂ることができます。

1日当たりのフードの価格は以下の通りです。

 

  • 体重5㎏の成犬 約198円
  • 体重3㎏の成猫 約106円

 

1日の給餌量が少なくてすむため、かかるコストは案外安く抑えることのできる、お財布にも優しいペットフードです。

 

 

「カナガン」ドッグフード、キャットフードの原材料と栄養成分

 

 

 

ここからは、カナガンドッグフード、キャットフードの原材料を詳しく見ていきましょう。

 

カナガンドッグフードの原材料

 

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ   

          

栄養成分

 

粗タンパク質33.00%、脂質17.00%、粗灰分9.00%、粗繊維3.50%、水分8.50%、オメガ6脂肪酸2.80%、オメガ3脂肪酸0.90%、リン1.42%、マグネシウム0.10%、ナトリウム0.24%、カルシウム1.86%、カリウム0.58%、エネルギー(100gあたり)約361.25kcal              

 

キャットフードの原材料

 

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

 

栄養成分

 

粗たんぱく質37.00%、脂質20.00%、粗繊維1.50%、粗灰分8.50%、水分7.00%、オメガ6脂肪酸2.99%、オメガ3脂肪酸0.82%、リン1.40%、マグネシウム0.09%、ナトリウム0.36%、カルシウム1.58%、カリウム0.64%、エネルギー(100gあたり)約390kcal 

            

原材料の内容を徹底調査!

 

主原料は新鮮な「チキン」肉をふんだんに使用

 

カナガンの主原料はチキンです。

平飼いされ、ストレスなく育ったイギリス産の高級チキンをドッグフードには60%、キャットフードには70%も使用しています。

犬や猫は、炭水化物ではなく、タンパク質からエネルギーを得ていますので、新鮮な動物性タンパク質を十分に摂ることは、健康を維持するために欠かせません。

 

チキンには豊富なタンパク質、ビタミン、リン、セレンと栄養が豊富に含まれています。

また、鶏脂には必須アミノ酸、乾燥全卵には消化の良いタンパク質やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

美しく健康な毛並みを維持するEPA、DHAなどのオメガ3脂肪酸も、サーモンオイルによって摂ることができます。

 

新鮮な野菜と果物で栄養満点

 

カナガンが注目している野菜は「サツマイモ」です。

サツマイモは、消化率の高い野菜であり、穀物を使用しなくても、しっかりと必要な炭水化物を摂ることができます。

時間をかけて吸収されるため、体へかかる負担が少ないほか、ゆっくりと時間をかけてエネルギー消化されるため、より長時間空腹を感じずにいることができます。

 

  • えんどう豆・えんどうタンパク(ドッグフード): ビタミンK、葉酸、ビタミンB6などを含みます。
  • ニンジン: ビタミンA、ビタミンC、ベータカロテンが豊富に含まれています。
  • リンゴ: ビタミンA、ビタミンC、食物繊維を含みます。
  • ほうれん草: 鉄分が多く含まれています。
  • ジャガイモ(ドッグフード): 低アレルギーで高タンパク、オメガ3脂肪酸、ビタミンC、カリウム、マグネシウムなどが含まれます。

 

健康成分であるハーブ類を多く含む

 

  • マリーゴールド: 健康的で美しい身体を維持します。
  • クランベリー: 還元作用に優れ、尿路結石の予防にもなります。
  • カモミール: リフレッシュ効果、健康な皮膚を維持する効果が期待できます。
  • オオバコ(ドッグフード): 消化が良く便通改善に効果的です。
  • セイヨウハッカ: 健康的な食習慣をサポートします。
  • アニスの実: 上質で香り高い調味料です。
  • アルファルファ: マメ科の植物で、ビタミンB群、ベータカロテン、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKなど、多くの健康成分を含みます。

 

まだまだある、その他の健康成分

 

カナガンは海藻にも注目を置いています。

海藻は栄養価が高く、ミネラルを豊富に含みます。

ヨウ素が身体のコンディションを整え、海苔に含まれるオメガ3脂肪酸は、美しい被毛と健康的な皮膚を保ちます。

海藻には、腸内環境を整える効果も期待できます。

 

  • フラクトオリゴ糖: 健康的な身体維持や、身体の循環、腸内環境を整える作用が期待できます。
  • グルコサミン(ドッグフード): 良好な関節を維持します。
  • コンドロイチン(ドッグフード): 健康的な関節の働きを維持します。

 

 


「カナガン」についてのQ&A

 

 

カナガンは何歳から食べられる?

 

カナガンは離乳を終えた 子犬  や 子猫 から、シニアまで、全オールステージ対応です。

粒は小粒に仕上げてあるため、体の小さな子でも食べやすくなっています。

また、高タンパク、高消化、低アレルゲンですので、成長期の子犬(子ねこ)から、多くの健康成分配合でシニアにも優しい造りとなっているとのことです。

 

カナガンを食べちゃいけない子はいる?

 

基本的に全年齢、すべての 犬種 猫種 に対応しているので、健康な子であればどの子でも与えることができます。

しかし、以下のような体質の子は注意が必要です。

「チキン(鶏肉)」を多く使用していますので、チキンにアレルギーのある体質の子は食べることはできません。

また、各療法食が必要な子は、獣医指導の元、適切なフードを与えるようにしましょう。

 

お肉がたくさん入っているけど太らないの?ダイエットに使える?

 

犬や猫は動物性タンパク質をエネルギー源としているため、良質な肉で太ることはありません。

炭水化物(糖質)の多い小麦、トウモロコシ、米を使用していませんので、ダイエットフードとしても使用できます。

ダイエットには、理想体重になるまで、10%ずつ給餌量を減らすと良いとのことです。

主食がおいしいため、おやつが要らなくなったという声も報告されています。

 

※合わせて読みたい

・  犬のダイエット方法を解説!ダイエットに適切な運動方法やドッグフードとは?

・  猫のダイエットはどうする?適切なキャットフード・食事管理と運動で猫の減量

 

カナガンを食べない・・・どうしたら良い?

 

カナガンはドライフードが苦手な子でも、食いつきが良いと評判ですが、残念ながら100%の子が好んで食べるわけではありません。

どのような良質なフードであっても、味や臭いなどに好き嫌いや好みは存在します。

食べない原因がそのような体質に合わないという理由であれば、無理に与えるべきではないでしょう。

 

市販では買えないの?

 

カナガンは良質な品質を維持したまま保管しているため、市販で購入することはできません。

公式サイトを始め、株式会社レシティアンが販売している商品サイトから通販で購入可能です。

公式サイトには定期購入コースがありますので、買い忘れがなくおすすめです。

 

 

「カナガン」ペットフードの総合評価

 

 

カナガンは「本当に良質なフードを作りたい」という概念の元産まれたドッグフード、キャットフードです。

今回調査した結果、品質、実力ともに間違いなくSランク商品と言えるでしょう。

 

良質なフードを与えたいなら、カナガンは間違いのない商品です。

購入を検討している方は、この機会に是非「カナガン」を与えてみてはいかがでしょうか。

 

▼関連記事

 

<ドッグフード関連>

 

・  安心・安全なおすすめドッグフードランキング!犬の餌やりの方法や注意点も解説!

・  カナガン、モグワン、ネルソンズ、アランズ…無添加で人気の高級ドッグフードを食べ比べ!

・  ソーセージの様な生食ドッグフードレビュー!無添加フードのブッチを愛犬が実食!

・  犬の餌の種類と選び方。手作りフードの作り方や、犬の年齢に合わせたおすすめドッグフードも

・  無添加ドッグフードとは?無添加ドッグフードの特徴やメリットとおすすめ商品を紹介

 

<キャットフード関連>

 

・  安心・安全なキャットフードはどれ?猫の餌の与え方や注意点とおすすめキャットフードランキング!

・  ジャガー、カナガン、シンプリー、モグニャン… 4種類の高級キャットフードを食べ比べ!

・  おすすめ猫のごはん10選!猫のタイプ別キャットフードの選び方

・  安全なキャットフードとは?選び方とおすすめ商品紹介

・  ペットフードに使用される「ラム肉」。特長や栄養価は?ラム肉を使ったおすすめドッグ&キャットフードも紹介


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(5)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(362)
   猫/ネコ(157)
   犬/イヌ(205)
小型哺乳類/小動物(50)
   うさぎ(29)
   ハムスター(21)
鳥類(87)
   陸生鳥類(78)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(43)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(633)
種類/品種(574)
繁殖/育成(507)
毛色/毛質(237)
性格/生態/特徴(491)
食事/餌/栄養(514)
病気/病院/治療(562)
しつけ(427)
トイレ(147)
選び方(475)
値段/価格(487)
ランキング/おすすめ(118)
口コミ/レビュー(150)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(15)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(719)
画像/動画(120)
まとめ(732)

人気記事ランキング