logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > ドッグフード/犬の飼育用品/イヌグッズ

無添加ドッグフードとは?無添加ドッグフードの特徴やメリットとおすすめ商品を紹介






ペット向けフードに関わらず、「無添加」と聞くと体にいいものというイメージがあると思います。
しかし一方で、無添加ドッグフードは、値段が高いというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

一体、普通のドッグフードと無添加ドッグフードには、どのような違いがあるのでしょう。
無添加ドッグフードを与えることに、どのようなメリットが存在するのでしょうか。

ここでは、人工添加物とはどのようなものなのか、摂取することでどのようが害があるのかを解説した後に、おすすめの無添加ドッグフードを紹介します。

ドッグフードに含まれる「添加物」とは?

 

添加物

 

ドッグフード における添加物とは、多くは保存料や着色料などを指します。

ドッグフードの酸化防止や嗜好性を高める目的などで使用されますが、特に人工的に添加されるもの(人工添加物)には、健康に害のある材料も多く存在します。

 

日本のペットフードは、「ペットフード安全法」という法律で守られています。

しかし、残念ながらペットフード安全法の内容は、原材料や賞味期限を記載することといった最低限の内容であり、人工添加物の使用制限などはありません。

これに対し、ペット先進国であるアメリカなどでは、危険な添加物の使用を制限することはもちろん、栄養バランスの配合などまで厳しく法で定められています。

 

今のところは一般的に流通しているドッグフードが必ずしも安全とは言い切れず、飼い主自らが学んで愛犬の健康を守る必要があるのです。

それでは早速、実際にドッグフードに使われる人工添加物とはどのような種類があり、愛犬が摂取することで健康にどのような害が起こりうるのかを詳しく見ていきましょう。

 

特に避けたい人工添加物

 

人工添加物と言っても、その種類は数多く存在します。

ここでは、ドッグフードに見られる人工添加物の中でも、特に避けたい危険性の高い添加物を紹介します。

もちろんいずれの添加物も少量で直ちに害をなすわけではありませんが、留意して出来る限り避けた方がいいのは間違いないでしょう。

 

<エトキシキン>

 

非常に強い抗酸化作用を持つ酸化防止剤です。

日本では人間の食材に使用されることはありませんが、安価であることから、家畜用の飼料目的としての使用は認められています。

戦争の際、「枯葉剤(かれはざい)」の酸化防止剤としても使用されていた非常に強い物質です。

発がん作用があるほか、アレルギーや皮膚炎のリスクを高めます。

 

<BHA>

 

BHAは、ブチルヒドロキシアニソールと呼ばれる酸化防止剤です。

ガソリンの酸化防止剤として使用されてきました。

その後、マーガリンやチューインガムにも使用されていますが、甲状腺がんや膀胱(ぼうこう)がんなどの発症リスクを高めるほか、歩行困難などの障害も報告されています。

 

<BHT>

 

ジブチルヒドロキシトルエンと呼ばれる酸化防止剤で、石油の酸化防止剤として使用されてきました。

こちらもBHAと同じように、冷凍食品やチューインガムに使用されることがありますが、発がん性のある危険な添加物です。

 

<亜硝酸ナトリウム>

 

亜硝酸(あしょうさん)ナトリウムは、保存料および赤色着色剤として使用されます。

肉をより鮮やに発色させることや、黒ずみを防止することができます。

魚肉や食肉に含まれるアミン物質と胃の中で化学反応を起こすことで、ニトロソアミンと呼ばれる強力な発がん性物質が発生します。

 

<没食子酸プロピル>

 

没食子酸(ぼつしょくしさん)プロピルは、フードの痛みを遅らせる化学物質です。

肝臓の損傷を引き起こすリスクが高まります。

 

<発色剤>

 

赤色3号、赤色102号、赤色105号、青色2号などといった発色剤は、発がん性や心臓、肝臓、甲状腺疾患のリスクを高める危険な材料です。

 

 

このように、人工添加物には健康を害する様々なリスクを高める、有害な化学物質が多いことが特徴です。

特に安価なドッグフードには、これらの人工添加物が多く使用されています。

 

この危険性の高い人口添加物を使用しないドッグフードが、「無添加ドッグフード」と呼ばれる商品です。

全く添加物を使用しないわけではありませんが、大半のものは天然成分由来の酸化防止剤などを使用しているため、健康に害はありません。

 

ドッグフードなどの 犬の餌 は、愛犬の健康を維持するために欠かせません。

人工添加物を多量に使用しない、「無添加ドッグフード」を選択することは、愛犬の健康を守る上でとても重要です。

 

実際に、安心な無添加ドッグフードはどのような商品があるのでしょう。

ここからは、おすすめの無添加ドッグフードを紹介していきます。

 

 

おすすめ「無添加ドッグフード」商品紹介

 

無添加

 

健康を害する恐れのある危険な人工添加物。

この人工添加物を使用しないドッグフードが「無添加ドッグフード」です。

おすすめの無添加ドッグフードを、添加物の有無以外にも、以下の項目と共に詳しく見ていきましょう。

 

原産国: ペット先進国であるアメリカやヨーロッパ産がおすすめです。

価格: 値段が高ければいいというわけではありませんが、1㎏あたり2,000円前後の商品が品質や栄養配合共に優れていることが多く、おすすめです。

原材料: 主原料に新鮮な肉を使用していることや、穀物など余分な材料の使用がないフードがおすすめです。

ヒューマングレードの有無:「 ヒューマングレード」とは、人間でも食べることのできるレベルの食材を使用している商品のことです。

添加物: 保存料や着色料など、人工添加物の使用がないフードがおすすめです。

 

カナガン ドッグフード

 

カナガン

 

原産国: イギリス

価格: 2.0㎏ 3,960円(税抜き) ※定期便割引あり

原材料: 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

ヒューマングレードの有無: 有り

添加物: 不使用

詳細:

ペット先進国であるイギリス原産のドッグフードです。

チキンを主原料に使用しており、高タンパク、低脂質という理想の栄養配合となっています。

無添加なのはもちろん、穀物など不要な材料は使用せず、ナチュラルな素材のみで仕上げています。

また、国際規格「SAI GLOBAL」クラスA取得工場で製造しているため、品質管理も徹底されており、安心安全な商品です。

 

アランズ ナチュラルドッグフード

 

安全なおすすめドッグフード:アランズ

 

原産国: イギリス

価格: 2㎏ 3,960円(税抜き) ※定期便割引あり

原材料: 生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母

ヒューマングレードの有無: 有り

添加物: 不使用

詳細:

消化に良いとされるラム肉を、原材料の半分以上に使用したドッグフードです。

無添加はもちろん、自然にある食材だけで仕上げており、酸化防止には天然ハーブを使用しています。

人間でも食べることのできる材料を使用しており、アレルギーを発症しやすい材料の使用もありません。

国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得した工場で生産されていますので、品質管理も徹底されており、安心して与えることのできるドッグフードです。

 

モグワン ドッグフード

 

安全なおすすめドッグフード:モグワン

 

原産国: イギリス

価格: 1.8㎏ 3,960円(税抜き) ※定期便割引あり

原材料: チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌

ヒューマングレードの有無: 有り

添加物: 不使用

詳細:

使用する食材はすべてヒューマングレード、新鮮なタンパク源を50%以上使用、手作りフードにも合うシンプル仕様という3つのこだわりから開発されたドッグフードです。

アレルギーや口臭の原因にもなる添加物は一切使用せず、自然の食材だけで作られています。

モニター結果では97.8%が食べたという嗜好性の高さは驚きです。

国際規格SAI GLOBALのランクAを取得した徹底された工場で製造・保存されていることからも、食の安全へのこだわりが見受けられる商品です。

 

アカナ オリジンアダルト・ドッグ

 

アカナオリジン

 

原産国: カナダ

価格: 2.27㎏ 6,156円(税込み)

原材料: 新鮮骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、新鮮鶏肉レバー、新鮮丸ごとニシン、新鮮骨なし七面鳥肉、乾燥七面鳥肉、新鮮七面鳥レバー、新鮮全卵、新鮮骨なしウォールアイ、新鮮丸ごとサーモン、新鮮鶏ハツ、鶏軟骨、乾燥ニシン、乾燥サーモン、鶏レバー油、赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、日干しアルファルファ、ヤムイモ、えんどう豆繊維、ひよこ豆、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、レッドデリシャスアップル、バートレット梨、クランベリー、ブルーベリー、昆布、甘草、アンジェリカルート、コロハ、マリーゴールドフラワー、スイートフェンネル、ペパーミントリーフ、カモミール、タンポポ、サマーセイボリー、ローズマリー、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ナイアシン、リボフラビン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン、発酵乾燥腸球菌フェシウム 

ヒューマングレードの有無: 有り

添加物: 不使用

詳細:

「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」を3年連続で受賞している、実力派のドッグフードです。

「犬は元来肉食の動物である」ことをもっとうに製造されたオリジンアダルト・ドッグは、原材料の80%に鶏肉や七面鳥、サーモンといった多彩な動物性タンパク質を使用しています。

そのため、引き締まった筋肉作りをサポートします。

また、低炭水化物、低GIとなっており、あらゆるライフスタイルの犬の健康や血糖値に配慮された栄養配分なっています。

 

FINEPET'Sドッグフード

 

ファインペッツ

 

原産国: オーストラリア

価格: 1.5㎏ 3,394円(税抜き) 初回割引あり

原材料: 鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、昆布、パセリ、ローズマリー、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、腸中菌、ビフィズス菌)、ユッカシジゲラ抽出物、コンドロイチン0.01%、ローズマリー、セイヨウイラクサ

ヒューマングレードの有無: 有り

添加物: 不使用

詳細:

無添加にこだわりの強いドッグフードです。

人工添加物を使用していないことはもちろん、原材料の段階でホルモン剤や抗生物質の投与を制限するほどの徹底ぶりです。

原材料に使用されるビタミンやミネラルも、天然由来成分となっているため安心です。

FINEPET'S ドッグフードは、給餌量を調整することで、一つの商品のみで年齢や体質を問わず与えることのできる商品となっています。

 

 

無添加ドッグフードのまとめ

 

無添加まとめ

 

ドッグフードに含まれる人工添加物には、発がん性やアレルギー症状の発症を高める、危険な化学物質が多く存在します。

「無添加ドッグフード」とは、これらの危険な人工添加物を使用しないドッグフードのことです。

ドッグフードを選ぶ基準の一つとして、「無添加ドッグフード」を選ぶことは、愛犬の健康維持に欠かせません。

 

人工添加物は、主に安価な商品に多く見られます。

これは、品質の悪いフードの嗜好性を高めたり、痛みが早いものをより長持ちさせるためです。

人工添加物は、強い抗酸化作用や防腐効果があり、食材以外にも多く使用されています。

 

もとより品質の良いフードには、人工添加物の使用は少なく、自然な食材で嗜好性を高めています。

飼い主さんは値段だけでフードを選ぶのではなく、大切な愛犬の健康を考え、安心な無添加フードを選択するべきでしょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(5)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(375)
   猫/ネコ(163)
   犬/イヌ(212)
小型哺乳類/小動物(51)
   うさぎ(30)
   ハムスター(21)
鳥類(91)
   陸地に棲む鳥(82)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(44)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(21)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(651)
種類/品種(583)
繁殖/育成(518)
毛色/毛質(241)
性格/生態/特徴(510)
食事/餌/栄養(527)
病気/病院/治療(573)
しつけ(431)
トイレ(148)
選び方(482)
値段/価格(491)
ランキング/おすすめ(119)
口コミ/レビュー(153)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(15)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(740)
画像/動画(120)
まとめ(754)

人気記事ランキング