logo

Top > ペット/動物全般/コラム > ペット/動物全般

ペットフードに使用される「ラム肉」。特長や栄養価は?ラム肉を使ったおすすめドッグ&キャットフードも紹介






犬や猫は元来肉食動物です。
そのため、餌のベースには肉や魚などの動物性たんぱく質が欠かせません。

ドッグフードやキャットフードのベースには、鶏肉やラム肉が多く使用されています。
この中の「ラム肉」には、どのような特徴や栄養価があるのでしょう。

また、ラム肉をベースに使用したドッグフードやキャットフードには、どのような商品が販売されているのでしょうか。
ペットフードに使用される「ラム肉」の特長や栄養価を始め、ラム肉ベースのフードを原産国や価格などと共に紹介していきます。

【目次】ペットフードに使用される「ラム肉」。特長や栄養価は?ラム肉を使ったおすすめドッグ&キャットフードも紹介

 

「ラム肉」の特徴と栄養素

高タンパク・低カロリー

低アレルゲン

消化吸収に優れている

「ラム肉」ベースのドッグフード紹介

アランズ ナチュラルドッグフード

アカナ グラスフェッドラム

アディクション(ADDICTION)ル・ラム

ティンバーウルフ ラム&アップルプラチナム ドッグフード 

エアドライ・ドッグフード トライプ&ラム

「ラム肉」ベースのキャットフード紹介

SGJプロダクツ プレミアム・キャット 

K9ナチュラル フィーライン ナチュラル フリーズドライ ラム&サーモン・フィースト

ZiwiPeak(ジウィピーク) ジウィピーク エアドライ キャットフード ラム 

N&D(ナチュラル&デリシャス)グレインフリー・キャットフード(ラム&ブルーベリー)

デイリースタイル(DailyStyle) 国産プレミアムキャットフード ラム

「ラム肉」栄養価、ペットフードまとめ

 

「ラム肉」の特徴と栄養素

 

ramu-02

 

 や は肉食動物ですので、与える餌にタンパク質を豊富に含んだ「肉」は欠かせません。

ドッグフードやキャットフードのベースとなる肉には、鶏肉やラム肉が良く使用されます。

ラム肉とは、生後1年未満の子羊の肉のことです。

 

高タンパク・低カロリー

 

ラム肉の特徴としては、高タンパク低カロリーであることです。

脂肪燃焼効果の期待できる「L-カルニチン」や、コレステロールを下げると言われる「不飽和脂肪酸」を豊富に含んでいるため、たくさんお肉を食べながらダイエットができる、魅力的なタンパク源です。

ラム肉は、肥満傾向の子にも適したタンパク源と言えるでしょう。

 

低アレルゲン

 

もう一つの特徴としては、ラム肉は獣肉の中ではアレルギーの発症率が低いことです。

犬や猫の中には、肉食ながら、肉や魚のタンパク源にアレルギーを持つ個体も少なくありません。

 

ラム肉は比較的アレルギーが発症率が低いため、ベース肉として良く使用される鶏肉にアレルギーがある子でも食べることができます。

もちろん、ラム肉が全ての体質の子にアレルギーを発症しないわけではないので、ラム肉にアレルギーのある子は食べることを控える必要があります。

 

消化吸収に優れている

 

ラム肉は非常に消化吸収に優れているタンパク源でもあります。

そのため、便に悩みのある子にも適しています。

また、消化が良い分、便の量が少なくなることも魅力的です。

消化が良いので、胃腸の弱い体質の子はもちろん、子犬やシニア犬にも優しいタンパク源と言えるでしょう。

 

このように、ラム肉には

 

  • 高タンパク、低カロリー
  • アレルギー発症率が低い
  • 消化吸収に優れている

 

という特徴があります。

 

では、この優れたタンパク源であるラム肉をベースに使用した ドッグフード  や キャットフード には、どのような商品があるのでしょう。

原産国や価格、原材料と共に詳しく見ていきましょう。

 

 

「ラム肉」ベースのドッグフード紹介

 

ramu-03

 

アランズ ナチュラルドッグフード

 

原産国: イギリス

価格: 2㎏ 3,960円(税抜き)

原材料: 生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母

詳細:

アレルギー源になりやすい食材は一切使用せず、安心な素材のみで仕上げたとされる全年齢向けドッグフードです。

原材料の55%に、人間でも食べることのできる品質のラム肉が使用されています。

アレルギーの原因になりやすい穀物や人工添加物は使用せず、天然ハーブで酸化防止をしています。

国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得した工場で管理されているため、品質維持も文句なしの商品です。

販売サイト: https://www.naturaldogfood.co.jp/

 

アカナ グラスフェッドラム

 

 

原産国: カナダ

価格: 2㎏ 5,724円(税込み)

原材料: 草を与えられて育った生ラム肉(18%)、ラム肉ミール(18%)、丸ごとグリンピース、丸ごと赤レンズ豆、生ラムレバー(4%)、ラム脂肪(4%)、新鮮レッドデリシャスリンゴ(4%)、丸ごとヒヨコ豆、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとイエローピース、生ラムトライプ(2%)、生ラム腎臓(2%)、乾燥ラム軟骨(2%)、レンズ豆繊維、海藻(1.2%) (環境に考慮した方法で採取され、不純物なしのDHAとEPA源)、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮丸ごとカボチャ、乾燥ブラウンケルプ、フリーズドライラムレバー(0.1%)、塩、新鮮丸ごとクランベリー、新鮮丸ごとブルーベリー、チコリー根、ターメリックルート、オオアザミ、ゴボウ、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ

詳細:

カナダ直産の素材にこだわりのある、全年齢、全犬種向けのプレミアムドッグフードです。

原材料の36%に新鮮なラム肉が使用されています。

また、ラム肉のトライプ、腎臓や軟骨まで使用されているため、豊富に栄養を補うことができます。

アレルギーの原因になる穀物や人工添加物の使用はなく、新鮮な野菜や果物が使用されています。

販売サイト: Amazon

 

アディクション(ADDICTION)ル・ラム

 

 

原産国: ニュージーランド

価格: 1.8㎏ 3,456円(税込み)

原材料: ラム肉粉、ポテト、タピオカ、鶏脂肪(鶏たん白質除去)、エンドウ豆、フィッシュミール、天然香料、フィッシュオイル、フラックスシード、ドライクランベリー、ドライブルーベリー、カモミール、ペパーミント、ターメリック、ビール酵母、ドライ乳酸菌類、塩化ナトリウム、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、硝酸チアミン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸、タウリン、塩化コリン、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、炭酸カルシウム、硫酸銅、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム、緑茶エキス、ローズマリーエキス、スペアミントエキス

詳細:

食肉として使用されるラムには、人口のホルモン剤やステロイドの投与を制御している、徹底された品質で作られた全年齢向けのプレミアムドッグフードです。

ニュージーランド産のフリーレンジラムを始め、様々なハーブ類、ベリー類を使用しています。

穀物や人工添加物といった余分な材料を使用していないため、アレルギーのある子や消化の弱い子でも食べやすい内容に仕上がっています。

販売サイト: Amazon

 

ティンバーウルフ ラム&アップルプラチナム ドッグフード 

 

 

原産国: アメリカ

価格: 1.36㎏ 3,348円(税込み)

原材料: ラム、ニシン、噴霧乾燥白身魚、サツマイモ(低GI食材)、ベニソン(鹿肉)、サーモンオイル、グリーンピース(低GI食材)、噴霧乾燥サーモン、亜麻仁、乾燥有機海藻、乾燥出芽酵母、焼きクルミオイル、乾燥アルファルファミール、リンゴ、乾燥イチジク、ローズマリー、タイム、バジル、ウイキョウ種子、乾燥ミント、ショウガ根、クミン粉、シナモン粉、乾燥カッテージチーズ、ニンジン、乾燥セロリ、乾燥ビーツ、乾燥パセリ、乾燥レタス、乾燥クレソン、乾燥ホウレン草、トマト、レシチン、塩化コリン

詳細:

原材料の80%に動物性タンパク質を使用した、全年齢対応の プレミアムドッグフード です。

ラム肉のほかにも、比較的低アレルゲンとされるニシン、白身魚、ベニソン、サーモンといった豊富な種類のタンパク源が使用されており、嗜好性が高い仕上がりとなっています。

アレルギーの原因になりやすい穀物や人工添加を使用せず、残りの20%は野菜や果物などで、多彩な栄養を採り入れています。

ラム肉の豊富な栄養素を活かし、授乳期や療養中など、高栄養が必要な愛犬にも向いているとされています。

販売サイト: Amazon

 

エアドライ・ドッグフード トライプ&ラム

 

 

原産国: ニュージーランド

価格: 1㎏ 6,701円(税込み)

原材料: 生肉・内臓・魚介類…98%(ラム生肉、シープハート生肉、シープレバー生肉、シープトライプ生肉、シープキドニー生肉、シープラング生肉、ラムボーン、ニュージーランド緑イ貝)、イヌリン(チコリ由来)、乾燥海草、海塩、パセリ、ミネラル類(重炭酸カリウム、亜鉛アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、セレン酵母、マンガンアミノ酸複合体)、ビタミン類(E、B1、D3、葉酸)、酸化防止剤(天然ミックストコフェロール/ビタミンE)

詳細:

ニュージーランド産のラム肉をベースに、魚介類を合わせ原材料の98%にも使用した、高タンパクなプレミアムドッグフードです。

肉の消化を得意とする、元来の犬の食事習慣に最も近い配合に仕上げてあるため、消化吸収に優れています。

また、アレルギーの原因や消化に良くない穀物や人工添加物の使用はありません。

ビタミンB1や鉄分も豊富に含んでいるため、成長期の子犬や、高栄養を必要とする子にもおすすめです。

販売サイト: Amazon

 

 

「ラム肉」ベースのキャットフード紹介

 

ramu-04

 

SGJプロダクツ プレミアム・キャット 

 

 

原産国: オーストラリア

価格: 1.81㎏ 2,850円(税込み) ※Amazon

原材料: ラム肉、魚肉(シルバー(ギンヒラス)、シロギス、豪州真鯛)、ひきわりミレット(黍)、ひきわり玄米、ひきわり大麦、米ぬか油、カノラオイル、フラックスシードオイル、アマランス、米ぬか、ニンニク、ユッカ、タウリン、ビタミン&キレートミネラル(カロチン、塩化コリン、炭酸カルシウム、ビタミンE、ヘム鉄、ビタミンA、ヘム亜鉛、ナイアシン、葉酸、チアミン、ビタミンB6、ヘムマンガン、ビタミンK群、ヨウ素)、天然香料(リンゴ、ニンジン)【追加原材料(オーガニック)】チコリ、西洋タンポポ、ネトル、スリッペリーエル              

詳細:

添加物の少ないオーストラリア産ラム肉をベースに使用し、汚染のされていない地域でとれた白身魚、保存料を使用していない穀物を使用して作られた プレミアムキャットフード です。

穀物も比較的低アレルゲンの材料を使用しており、積極的にオーガニック食材を採り入れるなど、原材料にこだわりのある商品です。

幼猫のときから、健康上など特別な事情がない限り、生涯このフードを与え続けることができる内容に仕上げてあるとのことです。

販売サイト: Amazon

 

K9ナチュラル フィーライン ナチュラル フリーズドライ ラム&サーモン・フィースト

 

 

原産国: ニュージーランド

価格: 320g(水で戻すと1.28㎏) 5,751円(税込み)

原材料: 心臓(子羊)、鮭、腎臓(子羊)、肝臓(子羊)、血(子羊)、フラックスシードフレーク、ニュージーランド緑イ貝、乾燥昆布、ビタミンE、プロティネイト亜鉛、キャノーラ油、プロティネイトマンガン、ビタミンB1、ビタミンD3、葉酸

詳細:

水で戻すフリーズドライタイプのプレミアムキャットフードです。

原材料の90%を肉類で占めており、水に戻すと生肉に近い状態を作り出すことが可能です。

自然食材をなるべく加工しない製造方法ですので、ラムの持つ栄養素を余すことなく摂ることのできる、野生の猫の食事に非常に近いスタイルです。

穀物や人工添加物を一切使用しておらず、幼猫からシニアまでの全年齢に対応しています。

販売サイト: Amazon

 

ZiwiPeak(ジウィピーク) ジウィピーク エアドライ キャットフード ラム 

 

 

原産国: ニュージーランド

価格: 400g 2,290円(税込み) ※Amazon

原材料: 肉類90%以上(ラム、ラムレバー、ラムトライプ、ラムハート、ラムキドニー)、魚介類(緑イ貝)、レシチン(大豆由来)、油脂類(魚油/ホキ由来)、食物繊維(イヌリン/チコリー由来)、藻類(乾燥ケルプ)、ビタミン類(ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB2/リボフラビン、ビタミンB5/d-パントテン酸カルシウム、ニコチン酸、塩酸ピリドキシン、ビタミンM/葉酸、ビタミンB12)、ミネラル類(鉄アミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、亜鉛アミノ酸複合体、亜セレン酸ナトリウム、炭酸水素カリウム)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン)酸化防止剤(ミックストコフェロール)

詳細:

ニュージーランド産の自然放牧で育ったラム肉をベースに、動物性タンパク質を原材料の90%以上に捕り入れたプレミアムキャットフードです。

生素材を損なわないよう、独自のエアドライ製法で製造されているため、栄養が豊富です。

アレルギーの原因になりやすい穀物や人工添加物は使用しておらず、ラムにも抗生物質やホルモン剤の使用を制御するほどのこだわりようです。

販売サイト: Amazon

 

N&D(ナチュラル&デリシャス)グレインフリー・キャットフード(ラム&ブルーベリー)

 

 

原産国: イタリア

価格: 1.5㎏ 4,428円(税込み)

原材料: 新鮮な骨抜きラム肉(28%)、乾燥ラム肉(26%)、ジャガイモ、動物性脂肪、乾燥全卵、生ニシン、乾燥ニシン、魚油、加水分解動物性タンパク質、食物繊維(えんどう豆由来)、乾燥ニンジン、乾燥アルファルファ、イヌリン、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、ブルーベリー粉末(0.5%)、乾燥スイートオレンジ、乾燥リンゴ、ザクロ粉末、ほうれん草粉末、オオバコ(0.3%)、ブラックカラント粉末、塩化ナトリウム、酵母、ターメリック(0.2%)、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ルテイン(マリーゴールド由来)

詳細:

高品質な動物性タンパク質を70%、フルーツ・野菜・ミネラルを30%使用した、プレミアムキャットフードです。

新鮮なタンパク源、ビタミン、ミネラル、吸収性の良い動物性脂肪、穀物不使用、炭水化物控えめにこだわって製造されています。

穀物を使用しないことで、アレルギーの発症率を抑えることはもちろん、元来肉食の猫に優しい配合となっています。

販売サイト: Amazon

 

デイリースタイル(DailyStyle) 国産プレミアムキャットフード ラム

 

 

原産国: 日本

価格: 900g 4,780円(税込み)

原材料: ラム、牛肉、小麦、植物性油脂、動物性油脂、大麦若葉、酵母、米麹、海藻、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、クロール、ナトリウム)、アミノ酸類(タウリン、L-メチオニン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、E、D、パントテン酸Ca、ナイアシン、葉酸)

詳細:

新鮮なラム肉を原材料の80%に使用した、全年齢向けのプレミアムキャットフードです。

日本国産では珍しく、人間でも食べることのできる品質の食材(ヒューマングレード)で作られています。

ラム肉の臭いが生きており、肉質栄養を好む猫に適しています。

この商品は、ラム肉以外にアレルギーを発症する可能性のある牛肉、小麦、米麹が含まれていますので、愛猫にアレルギーがある場合には、注意して与えるようにしてください。

 

 

「ラム肉」栄養価、ペットフードまとめ

 

ramu-05

 

ラム肉は、生後1年未満の羊肉のことです。

ラム肉の特徴としては、以下の項目が挙げられます。

 

  • 高タンパク、低カロリー
  • 低アレルゲン
  • 消化吸収に優れている

 

ラム肉をベースに使用して作られたドッグフードやキャットフードは、アレルギー体質の子に向けて作られた商品が多いようです。

そのため、アレルギーの原因になりやすい穀物や人工添加物を使用しない商品が多く、そのほかの材料にもこだわりが見られます。

 

犬や猫のアレルギーは、皮膚に現れることが多いことが特徴です。

愛犬や愛猫が体を痒がっていたり、赤みがあったりするのは、実は食物によるアレルギーが原因かもしれません。

症状が慢性的に続くようであれば、低アレルゲンであるラム肉をベースにしたフードを試してみるのも良いでしょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(9)
   カピバラ(2)
   ミニブタ(1)
中型哺乳類(307)
   猫/ネコ(120)
   犬/イヌ(162)
小型哺乳類/小動物(54)
   うさぎ(27)
   ハムスター(16)
鳥類(58)
   陸生鳥類(50)
   水生鳥類(4)
魚類/甲殻類/水生生物(51)
   熱帯魚(21)
   淡水魚(17)
爬虫類(23)
   蛇/ヘビ(5)
   トカゲ(6)
両生類(9)
   ウーパールーパー(1)
   カエル(5)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(35)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(5)
   寄付/募金/殺処分(7)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(497)
種類/品種(441)
繁殖/育成(382)
毛色/毛質(176)
性格/生態/特徴(334)
食事/餌/栄養(390)
病気/病院/治療(436)
しつけ(342)
トイレ(123)
おもちゃ(13)
選び方(385)
値段/価格(397)
ランキング/おすすめ(87)
口コミ/レビュー(120)
旅行/ホテル/レストラン(10)
寄付/募金(12)
おもしろペット(71)
飼育知識/豆知識(543)
画像(74)
まとめ(551)

人気記事ランキング