logo

Top > 小型哺乳類/小動物 > 小動物の飼い方/豆知識

元飼育員が解説!一人暮らしでも飼いやすい小動物12種類






ペットを飼いたいけれど、一人暮らしなので犬や猫を飼うのは難しい…と動物との生活を諦めている方は多いのではないでしょうか。

そんなペットを飼いたくても飼えないと悩んでいる方におすすめしたいのが、小動物です。
小動物であればペット不可の物件や、ある程度限られたスペースでも飼育できる可能性がありますよ。

本記事では元ペットショップ店員の筆者が、一人暮らしでも飼いやすい小動物をご紹介します。
それぞれの小動物の特徴や性格をはじめ、飼う時のメリット・デメリットについても幅広く解説していきます。

9. フクロモモンガ

 

花とフクロモモンガ

 

フクロモモンガ   は、オーストラリアに住んでいる有袋類の一種です。

そのかわいらしい独特の見た目から、近年ペットとして注目を浴びています。

 

正直なところ飼いやすいとは言いづらい動物ですが、それを差し引いても飼いたいと思う方が多いフクロモモンガの魅力とはどのようなものでしょうか。

 

ペットとしてフクロモモンガを飼うメリット

 

  • 小さい頃から育てると慣れやすい
  • 夜行性であり、昼間は寝ていることが多い

 

フクロモモンガは小さいうちから飼い、飼い主のにおいを覚えさせるとベタ慣れする個体が多いと言われています。

神経質な部分もあるのでじっくりと向き合う必要がありますが、慣れると手からエサを食べてくれたり、手のひらで眠ったりとかわいらしい姿を見せてくれますよ。

 

また、フクロモモンガは夜行性であり、昼間はほとんど眠っています。

夜になると活発に動き始めるため、昼間家を空ける生活をしている方に向くペットと言えるでしょう。

 

ペットとしてフクロモモンガを飼うデメリット

 

  • においが気になる
  • 飛んで逃げてしまう可能性がある
  • 爪が鋭い

 

フクロモモンガをペットとして飼う場合、一番気になるのはその独特なにおいです。

彼らの体には多くの臭腺があり、そこから出るにおいで仲間を判断したり縄張りの主張をしたりします。

特にオスは強烈なにおいがするため、こまめにケージやトイレを掃除したり換気を行ったりする必要があります。

 

また、野生のフクロモモンガは木から木に飛び移って生活しているため、とても鋭い爪を持っています。

そして、かわいい顔に似合わず大きな牙を持っているため、慣れないうちは引っかかれたり噛まれたりして大ケガをしてしまうことがあるため気を付けましょう。

 

フクロモモンガのおすすめ度

 

飼いやすさ:★★☆☆☆

懐きやすさ:★★☆☆☆

人気:★★★☆☆

寿命:★★★★★

価格:★★★☆☆

 

フクロモモンガの基本データ

 

大きさ:12〜15cmほど

色:ノーマル、ホワイトフェイスなど

値段:12,000〜50,000円ほど

寿命:12〜15年ほど

 

フクロモモンガ親子

 

フクロモモンガはちょっと変わったペットを飼いたい方や、長い時間を一緒に過ごしたい方に向くペットです。

ただし、夜行性であることや独特のにおいがあることなどを考えると、フクロモモンガを中心とした生活を送るくらいの気持ちを持ってお迎えした方が良いでしょう。

 

フクロモモンガの飼い方やお迎えの方法については、以下の記事も参考にしてください。

  フクロモモンガの飼い方、お迎えの仕方、繁殖方法

 

 


10. 鳥類

 

2羽のセキセイインコ

 

スズメ カラス など何かと目にすることが多い身近な存在である  鳥類  

ペットとしてもとても身近で、  セキセイインコ   や  文鳥  、 オカメインコ   などが良く飼育されていますよね。

 

鳥類と一口に言っても様々な種類がいて、生態も大きさも異なります。

この項目ではペットショップで良く販売されている、メジャーな小鳥たちをご紹介します。

 

ペットとして鳥類を飼うメリット

 

  • 種類が豊富
  •   ケージ 内で飼える
  • 知能が高い

 

1つ目のメリットは、どんな種類を飼うか選ぶ楽しみがあるということです。

ペットとして飼うことができる鳥は意外と種類が多いため、見た目や大きさ、鳴き声などあらゆる要素からどんな種類を飼うか選ぶことができます。

 

また、基本的にはケージ内で飼うことになるため、広いスペースが必要ないのもメリットの1つでしょう。

 

そして、鳥類は知能が高い種類が多いため、しつけ次第では言葉を覚えたり歌ったりしてくれるかもしれません。

鳥類にはそういった意味で、他のペットにはない楽しさがあると言えるでしょう。

 

ペットとして鳥類を飼うデメリット

 

  • 鳴き声が気になる
  • 臭いが気になる
  • トイレのしつけが難しい

 

種類にもよりますが、鳥類の最も大きなデメリットは鳴き声が大きいことです。

事前に飼いたい鳥の声の大きさを確認し、近所迷惑にならないように配慮をする必要があります。

 

そして、鳥類には他の動物とはまた違った独特の臭いがあります。

加えて羽やフケ、フンが舞って喘息やアレルギーの原因となってしまう可能性があります。

 

知能が高いとされる鳥類ですが、体の構造上は基本的にトイレのしつけができません。

室内で放し飼いにする場合は、常に掃除をする必要があることを知っておいてください。

 

鳥類(セキセイインコ)のおすすめ度

 

鳥類は種類が多く、種類によって価格や性格が大幅に異なってしまいます。

そのため、以下の情報はペットとしての人気が高い、  セキセイインコ を元に記載しています。

 

飼いやすさ:★★★★☆

懐きやすさ:★★★☆☆

人気:★★★☆☆

寿命:★★★☆☆

価格:★★★★☆

 

鳥類(セキセイインコ)の基本データ

 

大きさ:20cmほど

色:ノーマル、オパーリン(黒い縞模様が薄い、またはない)、レインボー、ルチノー(黄色の羽で目が赤い)、アルビノなど

値段:3,000〜7,000円ほど

寿命:5〜8年ほど

 

鳥の種類について

 

特に人気の高い鳥を解説した記事もあるので、興味のある方は合わせて読んでみてください。

 

・  人気インコ10種類!どの種類のインコが初心者にもおすすめ?

・  オウムの種類や飼い方。オウムとインコの違いも解説!

・  文鳥の品種、値段、性格、飼い方

・  フクロウの種類、エサ、しつけ、飼い方

・  おしゃべり鳥ペットの代表!ヨウムの品種、色、値段、飼い方まで解説

 

bird

 

鳥を雛から育てるのは難易度が高いため、初めて飼う方なるべく成鳥に近い個体を選ぶと良いでしょう。

飛んで逃げてしまうことが怖い方は、  ウズラ などほとんど飛ばない鳥をお迎えするのも1つの手です。

ウズラや  ニワトリ   であれば卵を取ることもできるため、お得感もあるかもしれません。

 

鳥の種類や飼育方法については、以下の記事も参考にしてみてください。

  カテゴリ:「鳥類」の記事一覧

  鳥の種類と飼育方法を徹底解説!意外なあの鳥も飼えます!

 

 

11. カメ

 

リクガメ全身

 

ここまでほ乳類や鳥類をご紹介しましたが、 爬虫類 である  カメ   もペットとして人気があります。

最近は飼うことができる種類や専用のグッズも増えていて、じわじわと人気が高まっています。

 

カメには水辺で生活する種類( イシガメ クサガメ 、ミシシッピアカミミガメ(  ミドリガメ )など)と、陸上で生活する種類( ギリシャリクガメ 、インドホシガメなど)がいます。

どちらも飼育する上での良いところ、大変なところがあるので、自分のライフスタイルに合ったカメを選ぶと良いでしょう。

カメは長生きする種類が多いため、お迎えする時は最後まで責任をもって世話を出来るかよく考えてくださいね。

 

ペットとしてカメを飼うメリット

 

  • 寿命が長い
  • 他のペットと一緒に飼うことができる

 

先程も解説した通り、カメはとても長生きする動物です。

数十年の時を一緒に過ごすことになるため、ペットというよりは一生を共にするパートナーと考えた方が良いかもしれません。

 

また、それほど飼育スペースが必要ない種類が多いため、他のペットと一緒に飼うこともできます。

ただし、他の動物と一緒に飼う場合は、カメが安心して過ごすことができる場所を確保してあげてくださいね。

 

ペットとしてカメを飼うデメリット

 

  • 寿命が長い
  • 水生のカメは水換えが大変
  • リクガメの飼育は何かとお金がかかる
  • 長く生きると大きくなる

 

カメの寿命の長さはメリットであり、デメリットでもあります。

種類やカメを飼い始める年齢によっては、カメが飼い主さんより長生きしてしまうことがあります。

最後までカメの世話ができない方や、カメを世話を引き継いでくれる方が見つからない場合は、飼うのをやめた方が良いでしょう。

 

水生のカメの場合、フンや食べ残しですぐに水が汚れてしまいます。

汚れた水の中で飼育しているとカメが体調を崩してしまうため、こまめに水替えをする必要があります。

 

リクガメの場合は紫外線ライトや保温球、シェルターなどの飼育用品を揃える必要があるので初期費用が高めになります。

また、エサとして新鮮な野菜や果物を与えるため、エサ代もそれなりにかかると考えておいた方が良いでしょう。

 

さらに、購入したときは手のひらサイズでも、何年も飼っているとどんどん大きくなります。

体が大きくなってきたら飼育用品を買い替える必要があり、その分のスペースや費用も必要になることを覚悟しておきましょう。

 

カメのおすすめ度

 

飼いやすさ:★★☆☆☆

懐きやすさ:★★☆☆☆

人気:★★☆☆☆

寿命:★★★★★

価格:★★★☆☆

 

カメの基本データ

 

大きさ:ペット向けだと10〜40cmほど

色:緑、黒、茶色など

値段:

水生カメ:1,000〜20,000円ほど
陸生カメ:10,000~100,000円ほど

寿命:20〜50年ほど

 

カメの種類について

 

特に人気の高いカメを解説した記事もあるので、興味のある方は合わせて読んでみてください。

 

・  ミドリガメの飼い方

・  クサガメについて詳しく知ろう!特徴からその生態、飼い方を解説

・  リクガメの種類と飼い方

・  カメを飼いたい方におすすめ!イシガメの特徴、生態、飼い方

・  意外と飼っている人が多い!?ギリシャリクガメの生態や飼い方について解説します

 

tatle

 

その表情からは何を考えているか読み取りづらいカメですが、愛情を持って接していると慣れて意思表示をしてくる個体もいるようです。

人生のパートナーとして、穏やかに一緒に生活できるペットを探している方にはぴったりですね。

 

カメは身近な動物ですが、意外と知られていないことも多い動物です。

カメについてもっとよく知ってから飼いたい!という方はこちらを参考にしてください。

  カメの種類、寿命、大きさ、エサ、飼い方

  リクガメの種類と飼い方

 

 


12. 金魚

 

goldfish

 

最後におすすめする小動物は  金魚   です。

金魚が水の中で優雅に泳ぐ姿はとても綺麗で、見ているだけで癒されますよね。

最近ではアートアクアリウムのような金魚をモチーフにした展覧会が開かれるなど、金魚の種類の豊富さや色鮮やかさを身近に感じられる機会も増えています。

 

金魚は飼育にそれほど手間がかからないので、ペット初心者でも挑戦しやすい動物の1つです。

 

ペットとして金魚を飼うメリット

 

  • 世話が簡単
  • エサ代がほとんどかからない
  • 見ているだけで癒される

 

金魚は基本的に日頃のエサやりに加えて水温や水質を管理し、定期的に水を換えることができれば飼うことができます。

怪我や病気にもなりづらいため、動物に慣れていない方が挑戦するにもぴったりです。

運動をさせる時間を取る必要がなく、自分の生活スタイルを崩さずにペットを飼えるのは魅力的ですね。

 

エサを食べる量が少ないため、ほとんどエサ代がかからないところもメリットの1つと言えます。

 

ペットとして金魚を飼うデメリット

 

  • 触れ合うことが難しい
  • 病気になった時は自力で治療しなければならない

 

金魚は常に水の中にいるため、他のペットと違って抱っこや触れ合いをすることができません。

基本的には鑑賞するだけのペットであるということを承知した上でお迎えしてください。

 

また、金魚は 白点病 や尾ぐされ病などの病気にかかってしまうことがあります。

金魚を診てくれる動物病院はほとんどないため、万一の時は自分で薬を買ってきて治療をしなければなりません。

 

金魚に限ったことではありませんが、例え安価な動物であっても必ず最期の時まで責任を持ってくださいね。

 

金魚のおすすめ度

 

飼いやすさ:★★★★★

懐きやすさ:★☆☆☆☆

人気:★★★☆☆

寿命:★★★★☆

価格:★★★★☆

 

金魚の基本データ

 

大きさ:2〜30cmほど

色:赤、白、黒など

値段:500〜3,000円ほど

寿命:8〜15年ほど

 

金魚の種類について

 

特に人気の高い金魚を解説した記事もあるので、興味のある方は合わせて読んでみてください。

 

・  長い尾びれが優雅な金魚、琉金の飼育について

・  出目金の飼い方と注意点

・  ボールのような体が可愛い金魚!ピンポンパールの特徴や飼い方

・  らんちゅうの歴史、値段、飼い方ついて

・  金魚の飼育を始めよう、コメットの魅力、飼い方

 

goldfish

 

金魚はペットを飼いたいけどあまり時間が割けない方、自分の生活スタイルを崩したくないけれど癒しを手に入れたい方や、初めて動物を飼うペット初心者の方などにおすすめのペットです。

 

種類によってカラーや模様、尾びれや体の大きさが異なるため、ぜひ自分に合った金魚を探してみてください。

  金魚を飼う前に!品種、値段、特徴、飼い方、おすすめ品種・・・知っておきたいコトまとめ!

→  人気の金魚10種類!おすすめの金魚、歴史、飼い方を紹介

 

 

さいごに

 

ロップイヤー

 

今回は元ペットショップ店員である筆者が、一人暮らしでも飼いやすい小動物をご紹介しました。

一緒に暮らす動物は見た目だけではなく、自分の生活リズムや動物に使える時間、求める関係性などによって選ぶと、人間も動物も負担が少なく楽しく暮らすことができますよ。

 

動物を飼うことは楽しいことだけではなく、大変なことや辛いことも多いものです。

それでも家に帰った時に迎えてくれる存在があることで、癒されたり救われたりすることがたくさんあるはずです。

 

本記事を読んでくださった方が、素敵なパートナーを見つけることができるよう願っています。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(22)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(446)
   猫/ネコ(178)
   犬/イヌ(229)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(78)
   うさぎ(34)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(4)
   チンチラ(2)
鳥類(109)
   インコ(15)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(75)
   海水魚/熱帯魚(33)
   淡水魚(23)
爬虫類(34)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(13)
   カブトムシ/クワガタ(8)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(54)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(18)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(723)
種類/品種(632)
繁殖/育成(566)
毛色/毛質(252)
性格/生態/特徴(577)
食事/餌/栄養(580)
病気/病院/治療(618)
しつけ(458)
トイレ(153)
選び方(500)
値段/価格(534)
ランキング/おすすめ(130)
口コミ/レビュー(163)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(94)
飼育知識/豆知識(821)
画像/動画(120)
まとめ(832)

人気記事ランキング