logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の種類

日本で2番目に多い猫の模様!ハチワレの性格や飼い方






ハチワレは日本で2番目に多い猫の模様と言われており、ぬいぐるみなどの猫グッズでもたびたびハチワレを見かけます。

ハチワレは猫の種類と勘違いされてしまうことがありますが、模様の呼び名です。
なので、ハチワレの性格は様々で、身体の特徴、寿命、かかりやすい病気などは模様ではなく、猫の種類に左右されます。

また、ハチワレには言い伝えが多数あり、ポジティブなものからネガティブなものまで様々です。
この記事ではハチワレの基本情報や言い伝えに加え、ハチワレの飼い方や家に迎える方法も解説していきます。

野良猫、飼い猫、写真や動画、ぬいぐるみなどの猫グッズ、ハチワレは本当に国内外問わずよく見かけます。

しかし、ハチワレについてあまりよく知らないという方も恐らく多いはず。

この記事では、よく見かけるけど知っている人が多いわけではない、そんなハチワレについて掘り下げてご紹介していきます。

 

 

そもそも、ハチワレってどんな猫?

 

blackandwhite

 

左右の黒い被毛を割るように額から鼻筋にかけて延びた白いラインがトレードマークのハチワレ。

顔に八の字がでかでかと現れていることから、ハチワレと呼ばれています。

 

ハチワレは2番目に数が多い!

 

blackandwhite

 

ハチワレは日本で2番目に数が多い猫と言われています。

たしかに飼い猫でも野良猫でも、ハチワレを見かける機会は多いですよね。

ちなみに、1番数が多い猫は キジトラ です。

 

ハチワレは猫の種類ではない

 

blackandwhite

 

ハチワレと名前が付いているとまるで種類のように思えますが、 猫の種類 の名前ではなく、あくまで模様の名前です。

ハチワレのマンチカンは マンチカン 、ハチワレのメインクーンは メインクーン 、雑種のハチワレは 雑種 となります。

なので、ハチワレ模様の猫がかかりやすい病気や寿命、身体の特徴はその猫の種類によって異なります。

 

ハチワレを英語で言うと

 

blackandwhite

 

ハチワレは、黒白猫という意味で、「Black and White」、「Bicolor Cat」と呼ばれています。

他にも、顔の八の字模様と背中に広がった黒い毛がマスクとマントを着けているような見た目なので「Mask and Mantle」、黒いタキシードのような柄なので「Black Tuxedo」という呼び名もあったりします。

 

黒白だけじゃない、色違いのハチワレ

 

mike

 

ハチワレというと黒白のイメージがありますが、近年では灰色×白、茶トラ×白など、黒白にこだわらず八の字模様の猫もハチワレと呼びます。

 

グレー×白のハチワレ「灰ハチ」

 

gray

 

ハチワレの黒がグレーになった模様です。

なんだかハチワレよりもマイルドな印象があります。

 

茶トラ×白のハチワレ「茶ハチ」

 

redtabby

 

茶ハチは比較的よく見かけますよね。

癒し系な模様が魅力的です。

 

人間だけじゃない!猫にも富士額

 

fuji

 

ハチワレよりも鼻筋の白いラインがなだらかで、額のてっぺんが台形のようになっているハチワレを富士額と呼びます。

富士額は人間でも和装に合う美しい額の形と言われていますが、猫でも日本らしい素敵なラインですね。

 

 

信じるかどうかはあなた次第!ハチワレは言い伝えだらけ

 

superstition

 

ハチワレにはその独特な模様から、ポジティブなものからネガティブなものまで、様々な言い伝えがあります。

 

ハチワレは元々「鉢割れ」と書かれていた

 

flowerpot

 

「鉢割れ」の「鉢」とは兜(頭)のことで、鉢が割れるとは頭が割れることを意味します。

ハチワレの鼻筋の白いラインが、まるで鉢が割れるかのような模様だったので、武士の間では縁起が悪い猫として嫌われていました。

後に「鉢割れ」では縁起が悪いということで、「ハチワレ」と書かれるようになったようです。

 

ハチワレの八の字は見通しが明るい末広がり

 

 

一方、ハチワレは商人からは好かれていたようです。

というのも、八の字は末広がりで縁起が良いとされていたからです。

 

白い靴下模様のハチワレ

 

socks

 

やや話が逸れてしまいますが、まるで白い靴下を穿いてるかのように4本の足先が白い猫がいます。

ハチワレにもよく見られます。

 

白い靴下模様の猫は昔の日本では白足袋と呼ばれていたようです。

白足袋は死装束なので、家に死人が出るという迷信により、白い靴下模様の猫が産まれると捨てられていました。

一方、アメリカやイギリスでは「Socks」と呼ばれ、幸運を呼ぶ猫とされています。

猫の種類でいうと スノーシュー なんかが有名ですよね。

 

 


ハチワレ猫の性格は本当に様々!

 

blackandwhite

 

ハチワレはあくまで模様の名前であり、模様によって性格が決まるという根拠は今のところありません。

一般的にハチワレは食に貪欲で生命力溢れる、野性的でたくましい性格と言われています。

しかし、ハチワレを飼っている飼い主さんたちの見解は様々で、マイペース、活発、臆病、やんちゃ、甘えん坊などなど、本当に個々で全く違います。

 

 

ハチワレを飼うために必要なもの、必要なこと5つ

 

five

 

ハチワレを飼いたい!と思っても、猫を健康的に飼うためには用意しなくてはいけない物、最低限知っておかなくてはいけないことがあります。

ここでは食事、トイレ、おもちゃ、爪のケア、毛のケアについてご紹介します。

 

1.肥満大敵!猫の食事管理をしっかりしよう!

 

food

 

猫は太ってしまうとダイエットさせるのが大変困難です。

そうならないために、飼い主さんが猫の食事を管理する必要があります。

1日の食事の時間と回数を決め、猫の体格に合った量の キャットフード をあげるようにすることで、食事管理をしやすくなります。

 

材料が肉中心のキャットフード

 

猫は肉食動物なので、生きていくために必要な栄養の多くは肉に含まれています。

値段は高くなってしまいますが、動物性たんぱく質が豊富なキャットフードを選びましょう。

 

参考記事: 安心・安全なキャットフードはどれ?猫の餌の与え方や注意点とおすすめキャットフードランキング!

参考記事2: おすすめ猫のごはん10選!猫のタイプ別キャットフードの選び方

 

キャットフード選びの注意点

 

エネルギー源の多くを穀物で補っているような安価なキャットフードは好ましくありません。

猫は基本的に穀物の消化が苦手で、嘔吐や下痢の原因になってしまうことがあります。

しかも、猫によっては穀物アレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。

 

2.猫はきれい好き!トイレはいつも清潔に

 

toilet

 

猫は大変きれい好きな動物で、トイレが汚いために排泄を我慢してしまうことがあります。

その結果、泌尿器系の病気を患ってしまうかもしれません。

猫のトイレは毎日掃除しましょう。

また、猫好みの猫トイレを見つけましょう。

 

・猫トイレ本体

 

猫トイレ には屋根ありのドーム型、屋根無しのオープン型があります。

ドーム型のトイレは砂が散らりませんが、臭いが中に籠ってしまい、猫が嫌がってしまう可能性があります。

砂が散らかってしまいますが、オープン型の方が無難だと筆者は考えます。

 

・猫トイレの砂

 

猫のトイレの砂にはベントナイトや粘土鉱物、再生紙、木材、おから、シリカゲルなどなど、様々な素材があります。

また、それぞれ粒の大きさや固まり方、消臭力が異なるため、色々と試してみて、猫の好みにあった物を見つけるしかありません。

 

・シートタイプ

 

シートタイプは猫によっては戸惑ってしまうかもしれません。

子猫の頃から慣れさせておくと良いでしょう。

処理が楽ですが、値段は高めです。

 

3.猫は遊び好き!たくさん遊んであげよう!

 

play

 

猫は基本的に遊び好きです。

猫と遊ぶことによって、猫の運動、ストレス解消、スキンシップになります。

できれば毎日遊んであげましょう。

しかし、猫が乗り気ではないときはそっとしておいてあげましょう。

 

数種類のおもちゃを用意しよう

 

いつも同じ おもちゃ では飽きてしまうため、いくつかのおもちゃをローテーションで使い回していく必要があります。

もちろん、ペットショップで売っているようなおもちゃだけでなく、ただの紐やビニールなども猫のおもちゃになります。

猫トイレ同様、猫によって好みのおもちゃ、好みの動きが違うため、色々と試してみましょう。

 

4.爪切りをして猫と飼い主の安全を守ろう!

 

blackandwhite

 

猫は自分で 爪とぎ をします。

しかし、実はあの爪とぎは爪を短くしているのではなく、古い爪を剥がしてより鋭い新しい爪にしているのです。

したがって、猫の爪を定期的に切ってあげる必要があります。

子猫の頃から爪切りに慣れさせておくと、爪切りがスムーズに行えます。

 

猫の爪切りは猫用爪切りで

 

柔らかい爪におすすめのハサミタイプ、しっかりとした爪におすすめのニッパータイプ、万能型のギロチンタイプなど、様々なタイプがあるので猫に合わせて選びましょう。

 

5.ブラッシングをして猫の健康を守りつつスキンシップ!

 

 brush

 

猫は自分で毛づくろいをしますが、それだけでは毛のお手入れは不十分です。

 

ブラッシングには以下の効果があります。

 

  • 抜け毛を取り除く
  • 毛の絡まりをほぐす
  • 毛に付いたゴミやほこりを取り除く
  • 皮膚の血行を良くする
  • スキンシップ

 

特に、毛の生え代わりの時期には毛がたくさん抜けるため、猫が毛を大量に飲み込んでしまった場合には体内で大きな毛玉となってしまいます。

できるだけ毎日ブラッシングをしてあげましょう。

 

毛球対策のブラシ

 

猫のブラシには様々なタイプがあります。

猫に合わせて使い分けましょう。

 

短毛種

 

  • 抜け毛取り:獣毛ブラシ、ラバーブラシ、ミトン
  • 毛玉ほぐし、ノミ取り、仕上げ:コーム

 

長毛種

 

  • 抜け毛取り:獣毛ブラシ
  • 毛のもつれをほぐす:スリッカーブラシ、ピンブラシ
  • 毛玉ほぐし、ノミ取り、仕上げ:コーム

 

 


雑種、純血種別!ハチワレを家に迎える方法7つ

 

blackandwhite

 

ハチワレの猫を家に迎える方法はいくつもあります。

特に、雑種の場合は環境さえ整っていればすぐに家に迎えることも可能です。

ハチワレの家に迎える方法を雑種、血統書付き別にご紹介します。

 

雑種のハチワレを家に迎えるには

 

blackandwhite

 

1.里親募集サイト

 

googleやYahoo!で「猫 里親 募集」と検索すると、里親募集サイトが出てきます。

ハチワレなどの雑種の猫は 里親 を募集している件数が大変多いので、ハチワレを飼いたいという方はぜひ検索してみて下さい。

譲渡の際にお金がいくらかかかる場合もあるので、確認が必要です。

 

2.動物保護団体

 

飼い主さんの体調、収入、家庭環境、生活リズム、家族の人数など、厳しい審査を受けることがあります。

興味がある方はお近くの動物保護団体のホームページを開き、保護されている猫たちを覗いてみることをおすすめします。

注意点として、一人暮らしの方は審査が通らないことが多いようです。

 

3.保健所

 

手順として、

 

  1. 面談予約(保健所窓口、電話、Webサイト)
  2. 面談
  3. 猫とお見合い

 

となります。

 

2の面談で審査に通ったら誓約書などの種類を記入します。

3の猫とのお見合いでは、何匹もお見合いできるわけではないので、事前に希望を考えておきましょう。

 

4.野良猫を保護

 

子猫を保護する場合は、保護する前に親猫がいないかしばらく様子をうかがいましょう。

成猫を保護する場合は、その猫が本当に野良猫なのかどうか確認する必要があります。

無事に猫を保護できたら、まずは動物病院で診断してもらいましょう。

 

5.物を譲るサイト

 

近頃よくある、不要になった物を出品し、貰ってくれる人を募集するWebサイトです。

このようなサイトにペットが出品されていることがよくあります。

 

純血種、血統書付きの場合

 

Mainecoon

 

1.ブリーダー

 

ブリーダーによってはHPを持っているので、連絡を取ってみましょう。

また、ブリーダーから直接猫を買えるWebサイトもあるので、そちらも見てみることをおすすめします。

 

ブリーダーから を買う注意点として、ブリーダーの中には悪徳ブリーダーもいるため、評判をしっかりとリサーチする必要があります。

飼育環境、親猫、生体情報などを見せてくれて、尚かつ、しっかりとアドバイスをくれるブリーダーをおすすめします。

できれば、1種の猫種を専門に扱うプロフェッショナルなブリーダーが良いでしょう。

 

2.ペットショップ

 

運が良ければハチワレの猫を見つけられるかもしれません。

ペットショップにはその場で直接見て、そして触れ合えるというメリットがあります。

しかし、来歴がわからない、値段が高いといったデメリットもあります。

 

 

おまけ:猫だけじゃない!犬やサメにもハチワレ

 

blackandwhite

 

ハチワレというと猫のイメージがあります。

しかし、犬やサメにもハチワレが存在します。

 

犬のハチワレ

 

dog

 

鼻筋に八の字の白いラインが入った もいます。

インターネット上では、「はちわれ兄弟」というハチワレ犬とハチワレ子猫の仲良しコンビが話題になりました。

猫同様、ハチワレの犬も、とても愛嬌がある模様で素敵です。

 

サメのハチワレ

 

shark

 

ネズミザメ目オナガザメ科に、ハチワレという名のサメがいます。

大きな目と頭部の八の字の切れ込みが特徴です。

全長4.5mほどの大型のサメで、深海500mほどのところに生息しています。

 

 


まとめ

 

blackandwhite

 

様々な言い伝えとは関係なしに、とにかく愛嬌があるかわいい模様のハチワレ。

日本で二番目に多い猫の模様というだけあって、種類にこだわらなければすぐ家に迎え入れることができます。

 

▼関連記事

 

・  猫の飼い方!費用、エサ、しつけ、病気から老後の世話まで

・  子猫の飼い方マニュアル。子猫の食事やケアの仕方、飼育にかかる費用、注意点


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(10)
   カピバラ(2)
   ミニブタ(1)
中型哺乳類(320)
   猫/ネコ(126)
   犬/イヌ(165)
小型哺乳類/小動物(57)
   うさぎ(27)
   ハムスター(17)
鳥類(70)
   陸生鳥類(61)
   水生鳥類(5)
魚類/甲殻類/水生生物(51)
   熱帯魚(21)
   淡水魚(17)
爬虫類(25)
   蛇/ヘビ(5)
   トカゲ(8)
両生類(10)
   ウーパールーパー(1)
   カエル(6)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(44)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(13)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(517)
種類/品種(473)
繁殖/育成(400)
毛色/毛質(188)
性格/生態/特徴(367)
食事/餌/栄養(422)
病気/病院/治療(460)
しつけ(354)
トイレ(125)
おもちゃ(13)
選び方(402)
値段/価格(421)
ランキング/おすすめ(95)
口コミ/レビュー(131)
旅行/ホテル/レストラン(17)
寄付/募金(12)
おもしろペット(71)
飼育知識/豆知識(580)
画像/動画(94)
まとめ(591)

人気記事ランキング