logo

Top > ペット/動物全般/コラム > ペット/動物全般

供血猫・供血犬はどんな役割をしているの?献血ドナーの条件も解説






大きな手術のときや命に関わるような大量出血をした場合は、猫や犬も人間と同じように輸血が必要になります。
こうしたときに活躍してくれるのが、動物病院で飼われている「供血猫」や「供血犬」です。

しかし、大きな使命を果たしてくれる供血猫や供血犬の存在や役割を詳しく知っている方は、まだまだ少ないのが現状です。
そこで今回は、献血ドナーの条件などを含めながら、供血猫や供血犬について詳しくご説明いたします。

供血猫や供血犬はどうして必要なの?

 

猫と犬

 

人間だと輸血が必要になった場合は、全国各地に日本赤十字社の血液センターから血液を取り寄せることができます。

しかし、日本には動物専用の血液センターがありません。

 

また、血液は長期保存させることが難しいというのも、供血猫や供血犬の血液を頼りにしている理由のひとつだといえるでしょう。

このような背景があるため、動物病院の中には血液を提供してくれる献血犬や供血犬を飼っているところもあるのです。

 

 


どんな子が供血猫や供血犬になっているの?

 

猫

 

動物病院で飼われている供血猫や供血犬の多くは、里親が見つからなかったり、動物病院の前に捨てられていたりしたような子だといわれています。

供血をする動物だと聞くと、なんとなく「かわいそう」だとか「日々の生活を楽しめていないのでは?」と思う方もいるかもしれません。

そして、動物愛護の点から見ると、供血制度自体に疑問を持つこともあるかと思います。

しかし、供血猫や供血犬は病院のスタッフさんによって愛情深く育てられていることも多いのです。

 

例えば、供血をするとき以外は、一般的なおうちで飼われている子と同じようにケージの外で生活していることもあります。

そのため、供血をするために飼われているからといって、必ずしも辛い思いや悲しい思いばかりをしているわけではないといえるでしょう。

 

 

数多くの命を救った供血猫「ばた子」ちゃんの本は必見!

 

本

 

そんな中でも特に有名なのが、供血猫として数多くの命を救った「ばた子」ちゃん。

ばた子ちゃんは飼い主さんが飼育を放棄して、「安楽死させてほしい」と病院に連れてきた猫でした。

 

しかし、「死なせたくない」と思った獣医さんは、供血猫としてばた子ちゃんを引き取ることにしたのです。

こうした経緯で供血猫になったばた子ちゃんは数多くの仲間を救い、供血猫の役割を全うしました。

 

ばた子ちゃんのお話は、「空から見ててね いのちをすくう“供血猫"ばた子の物語 (集英社みらい文庫)」という著書で詳しく知ることができます。

本の中では、供血猫としての役割だけでなく、ばた子ちゃんと作者である「はせがわまみ」さんとの交流も描かれているので、気になった方はぜひ一度手にとってみてくださいね。

 

 


そもそも動物にも血液型はあるの?

 

猫の血液型はA、B、AB型の3種類

 

茶白

 

人間と同じで、 も個体によって血液型が違います。

例えば、猫の血液型はA、B、AB型の3種類で、O型は存在しません。

 

日本では猫の血液型の割合はA型が全体の95%、B型が4~5%、AB型は1%にも満たない程度だといわれています。

A型は シャム やバーミーズ、 トンキニーズ ロシアンブルー といった 猫種 や一般的な 雑種猫 にも見られやすい血液型です。

 

そして、B型は ペルシャ ヒマラヤン スコティッシュフォールド スフィンクス アビシニアン といった5種類の猫種にのみ見られやすい血液型となっています。

 

AB型に至ってはAB型同士の両親の間にしか生まれないという特徴があるため、とても珍しい血液型だといえるでしょう。

 

さらに、猫も人間と同じで、違う血液型の血を輸血してしまうと、激しい拒絶反応を起こしてしまうので、命の危険があります。

こうした理由があるため、A型以外の猫が急に大きな手術を受けなければならなくなったときは、十分な血液が確保できず、手術が難しくなってしまうことも少なくないのです。

 

犬の血液型は13種類も存在!

 

ゴールデンレトリーバー

 

3種類の血液型しかない猫に比べて、犬は13種類もの血液型が存在し、日本ではそのうちに9種類の血液型が見られることが多いでしょう。

 

しかし、現在も研究によって新たな血液型が明らかになっています。

例えば、近年 ダルメシアン から発見された「Dal」は、新しい血液型である可能性が高いといわれているのです。

 

そして、犬の血液型は猫とは違って、「DEA式」といって、赤血球の形によって分けられているため、少し複雑な仕組みになっています。

 

具体的な血液型としては、DEA1.1、DEA1.2、DEA3、DEA4、DEA5、DEA6、DEA7、DEA8が日本の犬に見られやすい血液型だといわれています。

一匹につき、2~3種類の血液型を持っているのも犬の特徴だといえるでしょう。

 

中でも、「1・1抗体」を持っているかどうかは、輸血のときにとても重要です。

ほとんどの犬は1.1抗体を持っていない(陰性)ため、輸血によって体の中に1.1抗体が入ってきても拒絶反応を示す可能性が低いといわれています。

そのため例えば、1・1抗原が陰性の犬に陽性の血液を輸血することも、初めてであれば可能だとされているのです。

 

しかし、二回目以降の輸血からは何らかの拒絶反応が出てしまう可能性も高くなるという指摘もあるので注意をしなければなりません。

このように犬の血液型は複雑で、研究によって明らかになる新しいものもあるため、健康なうちから愛犬の血液型を知っておくことが大切だといえるでしょう。

 

 

血液バンクで供血猫や供給犬の負担を減らす病院も

 

犬と猫

 

供血猫の血液にばかり頼っていると、心身ともに猫へ負担を与えてしまうこともあります。

そのため、一部の病院では「血液バンク」として血液を保存するため、専用の冷蔵庫や冷凍庫などを導入しているところもあるそうです。

こうした血液バンクを設置することにより、献血ドナーを募集することもできるようになるため、供血猫や供血犬が感じる負担を減らすことにも繋がります。

 

 


自身の飼い猫や飼い犬を献血ドナーにすることも可能

 

動物病院の中には、飼い主さんに飼っている猫や犬を献血ドナーとして登録してもらっているところもあります。

献血ドナーとなるには、様々な条件をクリアする必要があり、間と同じで献血にふさわしい血液を持っているかどうかを詳しく検査をしなければなりません。

 

飼い主さんの中には自分の飼い猫の血液を提供することに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、こうした献血ドナーが増えれば、献血猫や供血犬の負担を減らすことができます。

さらに飼い猫が、B型やAB型といった珍しい血液型の場合は献血ドナーになることで、一匹でも多くの仲間を助けることも可能になるでしょう。

 

 

献血ドナーになるにはどうしたらいいの?

 

他の仲間に血液を提供できる献血ドナーになるには、動物病院でドナー登録をする必要があります。

ただし、その際は以下のような条件があり、猫と犬では条件に違いがあるので、注意が必要です。

 

供血猫になるための献血ドナー条件とは?

 

寝る猫

 

①1歳以上7歳以下であること

②体重が4kg以上あること

③完全室内外をされていること

④ワクチンが接種済でノミ・マダニ予防がされていること

⑤猫エイズや猫白血病ウイルスが陰性であること

⑥交配予定のないオス、または避妊手術を受けているメスであること

⑦いままでに輸血を受けたことがない

 

これらの条件以外にも血液提供時に猫のストレスを減らすため、病院に通い慣れていることや採血のときに大人しくできるといった性格面の条件を満たしていることも大切になってきます。

 

こうした条件をクリアした後は健康診断や詳しい検査を行い、健康であることが証明され、ドナー登録ができるようなるのです。

ただし、検査の中には結果がでるまでに時間がかかるものもあるので、その日のうちに供血をすることは難しいといえるでしょう。

 

また、動物病院の中には供血をしてくれた子へのお礼として、健康診断やワクチン接種を無料で行ってくれるところもあります。

そのため、ドナー登録への希望がある方は、一度獣医さんに相談をしてみるとよいでしょう。

 

供血犬になるための献血ドナー条件とは?

 

チワワ

 

①1歳以上7歳以下であること

②体重が10kg以上であること(動物病院によっては差もあり)

③ワクチンが接種済でフィラリア予防やノミ・マダニ予防がされていること

④秋田犬以外の犬種であること(秋田犬は他の犬種よりも赤血球細胞内のカリウム濃度が濃いため不可能)

⑤いままでに輸血を受けたことがない

⑥今までに血液感染する病気にかかった経験がないこと

⑦全身性の感染性皮膚疾患が見られないこと

 

これらの他にも、大型犬であることも献血ドナーとしてはふさわしい条件であるとされています。

体が大きい大型犬は、その分供血できる血液の量が多いので、多くの仲間を救うことができるのです。

 

また、犬の場合も猫と同じで、麻酔をかけずに採血ができるような温厚な性格であることが理想的な条件だとされています。

 

そして、猫と同じで動物病院によっては供血のお礼として、ワクチン接種やフィラリア検査が無料になったり、プレミアムドックフードをもらえたりすることもあるので、こちらも一度獣医さんに事前相談されてみるのがおすすめです。

 

なお、犬も猫も短期間の間に供血を何度もすることはできないため、次の供血までに1~2ヶ月程度の期間を空ける必要があります。

供血の継続は毎年、飼い主さんへの意思確認が行われるので、飼い猫の体調や年齢などを考慮しながら検討していきましょう。

 

 


まずは供血猫や供血犬の存在を知ることが大切!

 

犬と猫

 

供血猫や供血猫の負担を減らすためには、まずは「こうした存在がいるんだ」ということを知ることが大切です。

自身の飼い猫や飼い犬をドナー登録できないと思う方も、ひとりでも多くの人に供血動物の存在を知らせていきましょう。

こうして多くの人が供血猫や供血犬の存在を知り、認知度が高まっていけば、ドナー登録の数も増えていき、結果的に彼らの負担を減らすことにも繋がっていくはずです。

 

日本ではまだまだ動物の献血に対する体制が整ってはいませんが、アメリカでは人間と同じように、犬の献血車が街の中を走っているといわれています。

だからこそ、日本もアメリカを参考にして、動物の献血がもっと気軽に正しく行われるようにしていくことが大切なのではないでしょうか。

 

この記事を読んで供血猫や供血犬について興味を持った方は、ぜひアメリカと日本の献血ドナー制度の違いについても調べ、動物が優しい守られる世界になるよう、身近な人に情報を発信してみてくださいね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(22)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(445)
   猫/ネコ(178)
   犬/イヌ(228)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(83)
   うさぎ(38)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(5)
   チンチラ(2)
鳥類(109)
   インコ(15)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(75)
   海水魚/熱帯魚(33)
   淡水魚(23)
爬虫類(34)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(16)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(55)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(19)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(729)
種類/品種(634)
繁殖/育成(569)
毛色/毛質(253)
性格/生態/特徴(582)
食事/餌/栄養(584)
病気/病院/治療(619)
しつけ(459)
トイレ(153)
選び方(501)
値段/価格(533)
ランキング/おすすめ(132)
口コミ/レビュー(163)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(95)
飼育知識/豆知識(827)
画像/動画(120)
まとめ(838)

人気記事ランキング