logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の種類

フランスの宝!シャルトリューの性格や特徴、歴史、飼い方を解説






シャルトリューはフランス原産の猫で、ロシアンブルー、コラットと共にブルー御三家と呼ばれており、青色がかったシルバーの毛が特徴です。

非常に穏やかで従順な性格の猫で、ペットとして家に迎えやすい猫です。
また、その名の由来はシャルトリューズというリキュールにあるとされています。

第二次世界大戦での絶滅の危機を乗り越え、ブリーダーの手によってブリティッシュショートヘアーやペルシャと交配させ、再び数を増やすことに成功しました。
本記事ではシャルトリューの特徴や性格、飼い方をご紹介します。

美しい青みがかったシルバーの毛、大きな身体、か細い声が特徴のシャルトリュー(英語表記;chartreux)。

フランス元大統領 シャルル・ドゴールや女流作家コレットをはじめとした多くの著名人が愛した 猫種 です。

青みがかったシルバーの毛が美しい、穏やかで賢いと評判の であるシャルトリューについてお話させていただきます。

 

 

こんなに多い!シャルトリューの4つの異名

 

chartreux

 

シャルトリューはこんなにたくさんの異名がついてしまうほどに特徴的な猫です。

4つの異名について簡単にご説明していきます。

 

微笑みの猫

 

口角が上がっていて、まるで微笑んでいるかのような口元なので、「微笑みの猫」と呼ばれています。

 

犬のような猫

 

シャルトリューの賢く、飼い主に従順な性格から、「 のような猫」とも呼ばれています。

 

ベアキャット

 

足が短く、熊のように後ろ足だけで立つことが得意なため、「ベアキャット」という異名もあります。

 

生きたフランスの記念碑

 

フランスを表すアイコンとされることも多いため、「生きたフランスの記念碑」と呼ばれることもあります。

また、「フランスの宝」という呼ばれています。

 

 

はじまりから今まで!シャルトリューの歴史

 

chartreux

 

シャルトリューは起源が不透明で絶滅の危機に瀕した経験があるフランス原産の猫です。

そのはじまりから現在にいたるまでをざっくりと見ていきましょう。

 

シャルトリューは唯一のフランス原産の猫!

 

france

 

シャルトリューは名前からも想像できる通り、フランス原産の猫です。

しかも、唯一のフランス原産の猫です。

フランスとイタリアの国境付近の地方で生まれたとされていますが、その起源にはいくつかの説があります。

 

シャルトリューの由来はリキュールの女王?

 

 liqueur

 

シャルトリューの由来もいくつかの説があり、その中でも最も有力とされているのがお酒です。

キリスト教カトリック教会の修道会、カルトジオ会に伝えられた薬草系リキュール「シャルトリューズ」。

「リキュールの女王」という異名を持つリキュールで、この「シャルトリューズ」から「シャルトリュー」と名付けられたとされています。

 

シャルトリューズはネットでも購入でき、バーで置いてあるところもあるので、シャルトリューの由来となったお酒を味わってみるというのも面白いですね。

ちなみに、シャルトリューズには緑色の「シャルトリューズ ヴェ―ル」と、黄色の「シャルトリューズ ジョーヌ 」があり、ストレートで飲んだり、炭酸水で割ってライムを絞って飲んだりするようです。

 

どこから来たの?謎多きシャルトリューの起源

 

ここまで原産国や名前の由来のお話をしましたが、実は、シャルトリューの起源ははっきりと分かっておらず、いくつもの説があります。

 

  1. キリスト教カトリック教会の修道会、カルトジオ会の修道士が北アフリカから持ち帰った猫の子孫
  2. 十字軍の時代にヨーロッパに持ち込まれた猫の子孫
  3. シリア出身の猫の子孫

 

16世紀のフランスの文献にシャルトリューのご先祖様と思われるシルバーの毛に銅色の目の猫が描かれており、遥か昔からフランスに存在していたことは間違いないようです。

 

シャルトリューの危機!第二次世界大戦で絶滅しかけた過去

 

war

 

第二次世界大戦によって、人だけではなく、猫の生活も危機的状況に陥りました。

戦争で猫を飼育していくことが難しくなった人々は、手放さざる得なくなりました。

また、シャルトリューは運悪く身体が大きく、美しくふかふかな毛を持っていたため、毛皮として利用され、個体数が激減してしまいました。

 

復活!シャルトリューの現在

 

世界大戦でシャルトリューは絶滅の危機に陥りましたが、再び個体数を増やす取り組みがブリーダー達の中で起こりました。

しかし、生き残った個体数が少ないため、シャルトリューだけでは数を増やすことが難しかったのです。

 

そこで、シャルトリューと他の猫を異種交配させるという手段が取られました。

ブルターニュ地方で猫のブリーダーをしていたレジェ姉妹が、交配相手として ペルシャ ブリティッシュショートヘアー  を選びました。

無事に数を増やしていったシャルトリューは、のちに北米に輸出されるようになり、今では世界で人気の猫となっています。

 

 


抜群に飼いやすい!シャルトリューの性格まとめ

 

chartreux

 

シャルトリューは見た目以外にも、性格も特徴的です。

以下に性格の特徴をまとめました。

 

温厚なので小さい子供と暮らしても安心

 

シャルトリューは穏やかで賢く、そして攻撃的ではありません。

例えば小さいお子さんがいる家庭でも安心して飼うことができます。

 

まるで犬のような従順さ

 

シャルトリューは「犬のような猫」という異名を持つほど飼い主に従順な猫として知られています。

賢いため、 しつけ もしやすいです。

 

絶妙な距離感

 

シャルトリューは飼い主にべったりするタイプではなく、控え目に甘えて、そっと近くにいる猫です。

 

運動好きという一面も

 

シャルトリューは元々ワーキングキャットとしてフランスに広まったほどねずみ取りの名手で、身体能力が高く、運動好きです。

シャルトリューを飼ったらたくさん遊んであげましょう。

 

 

愛嬌たっぷり!シャルトリューの身体の特徴

 

chartreux

 

シャルトリューは毛から声まで、身体の特徴がたくさんある猫です。

身体の特徴をご紹介していきます。

 

ふかふかで美しい毛

 

シャルトリューのいちばんの特徴は、短毛でありながらもふかふかで美しく青みがかったシルバーの毛です。

この美しい毛が原因で乱獲されてしまった過去があるほどです。

 

大きな身体と短い足のずんぐりむっくり体型

 

オスは体重4~7kg、メスは体重3~5kgと、随分大きく育ちます。

肩幅が広くどっしりとしていますが、足は短く、身体の割に細いため、ずんぐりむっくりとした愛嬌のある体型となっています。

 

丸い顔に美しいパーツ

 

美しい銅色、またはゴールドの大きなまん丸の目に小さな鼻。

しかし、輪郭や耳は丸く、目の位置は離れていて、美しいのか愛嬌があるのか分からないような、とても魅力的な顔をしています。

 

口角が上がっていて微笑んでいるように見えるところも魅力的ですね。

ちなみに、シャルトリューは子猫の頃は目の色がブルーの場合がありますが、成長するにつれ、色が変化して銅色や金色になります。

 

大きな身体に似合わぬ小さな声

 

シャルトリューが飼いやすいと言われる理由はここにもあります。

鳴き声が小さく、か細いのです。

しかも、鳴く回数も少ないので、マンションで飼っても鳴き声の心配をする必要がありませんね。

 

 


意外とカンタン!シャルトリューを入手する方法

 

chartreux

 

シャルトリューは日本国内でも比較的入手しやすいです。

相場、入手できる場所をご紹介します。

 

シャルトリューの相場

 

普通のペットとして飼うならば、大体15~17万円程度が相場です。

 

シャルトリューを入手できる場所

 

ブリーダー

 

インターネットでブリーダーが猫を売っているので、ぜひチェックしてみましょう。

シャルトリュー専門のブリーダーもおり、この方法が最もおすすめです。

 

ペットショップ

 

運が良ければペットショップで見つけることもできます。

系列店があるようなペットショップでしたら、他の店舗から取り寄せてくれるかもしれません。

 

里親募集

 

インターネットの 猫の里親 募集サイトで成猫から 子猫 まで見つけることができます。

シャルトリュー以外にも様々な猫がいるので、見ていて楽しいですよ。

 

 

たくさん食べてたくさん動く!シャルトリューの飼い方

 

food

 

シャルトリューは基本的には丈夫な猫で、たくさん食べてたくさん動くことでしっかりとした筋肉や骨を作ることができます。

丈夫で健康に育てるための方法をご紹介します。

 

シャルトリューは運動好き

 

シャルトリューは身体能力が高く運動好きなため、おもちゃを使ってたくさん遊んであげましょう。

 

おもちゃは色々な種類を準備する

 

同じ おもちゃ を使っていると飽きられてしまうので、たくさんの種類のおもちゃを用意し、ローテーションで使い回しましょう。

 

丈夫なキャットタワーを用意する

 

シャルトリューは身体能力が高く身体が大きいので、丈夫でしっかりした キャットタワー を用意しましょう。

 

たくさん食べよう!シャルトリューの餌

 

シャルトリューは大きく育ち、さらに運動好きなので、高たんぱく、高カロリーの がおすすめです。

しっかりとした筋肉、骨を作るためにしっかりと食事を与えましょう。

 

なるべく動物性たんぱく質が多い物を選ぶ

 

なるべく動物性たんぱく質が中心で、あまり穀物が使われていない キャットフード を選びましょう。

穀物が多いキャットフードは猫の身体には合わない場合があるので注意が必要です。

 

運動不足の場合は

 

シャルトリューは基本的には運動好きですが、もしもあまり運動をしていない猫ならば、餌の量を減らしましょう。

肥満になると様々な病気になる恐れがあるので、食事と運動には気を配りましょう。

 

美しい毛はしっかりとお手入れ

 

シャルトリューは短毛でありながらも毛が密集しており、分厚い被毛なので、週に何回かブラッシングをしてあげましょう。

また、シャルトリューの毛は油分を多いため、体臭がきつくなることがあります。

体臭が気になるようでしたら、 シャンプー をしてあげましょう。

 

シャンプーは幼少期が大事

 

猫のシャンプーは子供の頃に慣れさせておくことが重要です。

大人になってからもシャンプーに慣れていないと、毎回シャンプーをするたびに苦労してしまいます。

特に、身体が大きなシャルトリューが嫌がったら手に負えなくなってしまうので、ぜひとも子供の頃からシャンプーに慣れさせておきましょう。

 

シャルトリューの寿命

 

シャルトリューは大体12~15年ほどの 寿命 です。

一般的な猫と大体同じぐらい生きます。

シャルトリューを飼いたい方は、長生きすることを念頭に置いておきましょう。

 

シャルトリューの多頭飼い

 

シャルトリューは温厚で攻撃的ではなく、あまり嫉妬もしません。

なので、多頭飼いに向いています。

猫を複数飼いたいという方におすすめな猫です。

 

シャルトリューはマンションでも飼える

 

シャルトリューは鳴き声がか細く、しかもあまり鳴かないため、マンションや住宅密集地にお住まいの方でも安心して飼うことができます。

騒音などに厳しくなった現代に向いている猫といえますね。

 

 


シャルトリューが気を付けるべき不治の病気

 

sick

 

シャルトリューは基本的に丈夫な猫ですが、注意しなくてはいけない病気もあります。

 

のう胞腎

 

のう胞腎とは、腎臓にのう胞という水が入った小さな袋がたくさんできてしまい、腎臓が正常に機能しなくなってしまい、慢性的な腎不全で死に至る恐ろしい病気です。

ペルシャとの交配によってこの病気にかかりやすくなったようです。

 

のう胞腎の治療・予防

 

のう胞腎は、残念ながら治療方法も予防方法もありません。

なるべく日ごろから水をたくさん飲ませて、尿を我慢しなくて良い環境を作ることで、腎臓への負担を少なくしてあげましょう。

 

猫の様子がおかしかったら

 

猫がだるそうにしていたり、後に息切れや多尿の様子が見られたらすぐに動物病院へ連れていきましょう。

 

ブラッシングで対策できる病気

 

シャルトリューは毛が厚いことが原因でかかってしまう病気があります。

そのためにもブラッシングで毛のお手入れをすることが欠かせません。

 

熱中症予防

 

シャルトリューの毛は密集していて厚いため、暑い日は熱中症にかかってしまうかもしれません。

 

皮膚病予防

 

日本の気候は多湿なため、シャルトリューの毛の厚いため、日本の多湿な気候では皮膚病になってしまう恐れがあります。


 

シャルトリューのそっくりさんたち

 

シャルトリューにはそっくりさんたちがいます。

みんな青みがかったシルバーの美しい毛を持っていて、ぱっと見では見分けが付きづらいかもしれませんが、それぞれ特徴があります。

 

ブルー御三家

 

シャルトリュー、 ロシアンブルー 、コラットの3匹でブルー御三家と呼ばれています。

ロシアンブルー、コラットの外見の特徴をみていきましょう。

 

ロシアンブルー

 

RussianBlue

国:ロシア

毛の色:青みがかった明るいシルバー

体型:すらっとしていてしなやかな、モデルのような体型

顔:小さな頭、緑色の大きな目、位置が離れていてとがった耳

異名:ロシアンスマイル

 

コラット

 

Korat

 

原産国:タイ

毛の色:落ち着いたシルバーブルー

体型:筋肉質でがっしりとした体形

顔:頭の形がハート型で、目の色はイエロー、グリーン

異名:シ・サワット(幸せをもたらす猫)

 

ブルー御三家以上にそっくりな猫、ブリティッシュショートヘアー

 

Britishshorthair

 

ブリテッシュショートヘアー は、かつてシャルトリューの交配相手に選ばれただけあって、毛の色だけでなく、体型や顔の形も似ています。

シャルトリューに比べてブリテッシュショートヘアーは顔がさらに丸く、そして大きいです。

そして、耳が小さく、体型はさらにずんぐりむっくりとしていて愛嬌があります。

近頃ではシルバー以外の毛のブリティッシュショートヘアーもいるようです。

 

 


まとめ

 

賢い、従順、攻撃的ではない、あまり鳴かない、まさに家で飼うにはぴったりすぎる猫、シャルトリュー。

猫自体の値段も餌代などの値段も高くついてしまいますが、それを遥かに超えた魅力がこのシャルトリューには込められていると思います。

一度は絶滅しかけたこの従順なシャルトリュー、大切に育ててあげましょう。

 

▼関連記事

 

・  猫の飼い方!費用、エサ、しつけ、病気から老後の世話まで

・  子猫の飼い方マニュアル。子猫の食事やケアの仕方、飼育にかかる費用、注意点


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(5)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(362)
   猫/ネコ(157)
   犬/イヌ(205)
小型哺乳類/小動物(50)
   うさぎ(29)
   ハムスター(21)
鳥類(87)
   陸生鳥類(78)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(43)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(633)
種類/品種(574)
繁殖/育成(507)
毛色/毛質(237)
性格/生態/特徴(491)
食事/餌/栄養(514)
病気/病院/治療(562)
しつけ(427)
トイレ(147)
選び方(475)
値段/価格(487)
ランキング/おすすめ(118)
口コミ/レビュー(150)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(15)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(719)
画像/動画(120)
まとめ(732)

人気記事ランキング