logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の種類

猫のチンチラ、カラー、飼育方法、子猫の値段は?






シルバーやゴールドなど美しい被毛を持つチンチラ。
チンチラペルシャと呼ばれ、ペルシャ特有の高貴な佇まいも相まって世界中に愛好家の多い種類です。
より美しいカラーや被毛を競ったショーも開催されています。

この記事では、そんなふわふわで明るい色の被毛を持つ猫のチンチラについて、カラーバリエーションや寿命、飼い方、子猫の販売価格などをご紹介していきます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】猫のチンチラ、カラー、飼育方法、子猫の値段は?

 

猫のチンチラとは?

チンチラの特徴

・カラー、毛質

・大きさ

・性格

・寿命

チンチラの歴史

チンチラの値段

熱狂的な愛好家多数のペルシャ猫

チンチラの飼い方

・飼育環境

・餌

ロイヤルカナン ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン成猫用

・運動

・被毛ケア

・気をつけたい病気

賛否両論?ペルシャのカット・トリミング

チンチラグッズで美しさを堪能!

・ユニセックスシリコンウォッチ

・MADE IN COSMOS もふもふクッション

・ペルシャピアス チンチラシルバー

チンチラの基本データ

まとめ

 

 


猫のチンチラとは?

 

のチンチラは、ペルシャ猫の一種。

シルバーやゴールド、ブルーなどの限られた被毛色を持つペルシャを指します。

 

古くから人々に愛好され、品種としての確立も早かったペルシャから新たな毛色を作り出すため、ペルシャ同士を交配実験した結果生まれた 猫の種類

ペルシャ同士の交配は昔からさかんに行われており、1880年代のイギリスで銀色と灰色のシマを持つシルバータビーとのペルシャと、白い毛の先端が黒っぽいスモークのペルシャの交配により、現在のチンチラのような銀色の美しいカラーが生まれたとされています。

 

その毛質は柔らかく、毛皮として獲られていた げっ歯類のチンチラ   にそっくり。

一説ではそこから猫にもチンチラという名がつけられたとも言われています。

 

つまり、「チンチラ」という猫種は正式には存在せず、ペルシャのうち特定の毛色の猫だけがチンチラと呼ばれているんですね。

このページでは、そんな ペルシャ の中でも珍しい、美しい毛色を持つチンチラペルシャについてまとめました。

 

 

チンチラの特徴

 

cat

 

前述した通り、チンチラは、シルバーやゴールドなど特定のカラーのペルシャを指します。

したがって、チンチラはカラー以外の特徴はペルシャと共通点が多々あります。

 

ペルシャ同様、鼻が低く丸顔の顔立ち。

目は大きく、グリーンかブルーがかった美しい色あいをしています。

表情も体つきも完全にペルシャ猫と同じですね。

 

・カラー、毛質

 

最大の特徴は、フワフワとした立派な長毛。

代表的な毛色はシルバーやゴールドですが、ブルーやブルーゴールデンといった珍しいカラーも生まれています。

 

ペルシャよりも毛質が軽いとされており、色合いもペルシャより明るいのが特徴。

毛先に入る影、すなわちシェードの分量がペルシャは毛の3分の1部分までであるのに対し、チンチラは8分の1となっています。

 

その被毛の柔らかさは、げっ歯類の「 チンチラ 」のよう。

そのため、チンチラという名前の由来になったと言われています。

 

・大きさ

 

大きさは、普通のペルシャと変わりありません。

平均体重は3.0kg〜5.5kg。

全体的に短い体長と丸い体、短めの足、丸い目と低い鼻。

ペルシャ猫と同じ特徴を持っています。

 

・性格

 

チンチラは、おっとり落ち着きのある性格の個体が多いようです。

ロシアンブルー のように「ボイスレスキャット」と呼ばれるほど、鳴くことも滅多にありません。

猫らしい気ままな面もありますが、気を許した相手には甘えん坊な一面を持つなど、愛らしい猫種です。

 

・寿命

 

チンチラの平均寿命はペルシャ同様、やや長めで、15才〜20才とされています。

ただし、チンチラは遺伝疾患にかかりやすい種類であるため、健康状態により 寿命 が大きく異なります。

また、毛球症などになりやすく、病気の予防の仕方や生活環境によって寿命に違いが出てきます。

 

 


チンチラの歴史

 

cat

 

ペルシャの起源は古く、はっきりとした起源は不明ながら、16世紀にはすでにトルコのアンカラを経てイタリアに渡来していたといわれています。

純血種の中で最古の品種のひとつ。

昔からペルシャの交雑は頻繁に行われており、様々な毛色が生まれました。

キャットショーの歴史においても最初に登場する猫種。

その優雅さや気品に惹かれた愛好家が存在しました。

 

そんな中、チンチラペルシャが作出されたのは1882年のイギリス。

シルバータビーのペルシャとスモークのペルシャを交配させて生まれた子猫の中に「銀の仔羊」と名付けられたシルバースモークの毛色のオスがいました。

このオス猫がチンチラの基礎とされています。

 

その後シルバースモークの猫は、アメリカでも多くの愛好家を生み出しました。

愛好家の中には、チンチラをペルシャから独立させようとする人がおり、猫血統登録団体「CFA」に申請しましたが、ペルシャとの違いは毛色以外にないことから見送られています。

その代わり、キャットショーではペルシャの中でチンチラ部門として、ショーが行われることが決定しました。

 

 

チンチラの値段

 

チンチラの子猫の販売価格は猫の容姿や販売店にもよりますが、平均価格は約19万円。

成長具合や見た目により6〜39万円と、幅の広い猫種です。

 

近年人気の高い マンチカン スコティッシュフォールド 、常に人気がある アメリカンショートヘア などと比べるとペルシャ自体はペットショップで見かけることは少ないでしょう。

カラーが限定されるチンチラであればなおさらです。

希少性が高いこと、動物愛護の観点から、ペットショップより良質なブリーダーに直接譲り受けることをおすすめします。

特にペルシャを専門とするブリーダーからなら無理な交雑による病気の心配もなく、飼育の相談もできるので安心です。

 

 


熱狂的な愛好家多数のペルシャ猫

 

チンチラの元となっているペルシャ猫は、愛玩としてはすました印象のある猫ですが、その佇まいから愛好家の多い猫種でもあります。

「猫界の女王」とも呼ばれており、猫に美しさや気品を見出す人から絶大な人気。

被毛の美しさと可愛さから熱狂的な愛好家が多数。

血統書が付いている高価なチンチラを家に迎えようという人も多いものです。

 

美しさを競うショーでもペルシャ猫は歴史ある伝統的な猫種として参加。

キャットショーにはペルシャのチンチラ部門も存在します。

 

 

チンチラの飼い方

 

cat

 

・飼育環境

 

猫がもともと砂漠のもので暑さに強いとはいえ、日本の湿度には弱いもの。

特にチンチラは長い毛を持つので、暑さに強いとはいえません。

温度管理はしっかり行い、夏の暑い日には外に出さないようにしましょう。

チンチラは運動量をあまり必要としませんので、室内だけの飼育で十分です。

家の中に キャットタワー を建てるなど、上下でも活動できる縦の動線を用意しておけば、広いスペースは必要ありません。

 

・餌

 

ペルシャ・チンチラは手足が短く、骨太でがっちりとした骨格。

体の成長が止まる1~1.5歳までは、高たんぱくな餌でしっかりとした体作りをサポートしてあげましょう。

成長が止まった後は芋類が使われているえさがおすすめです。

チンチラの柔らかいモフモフの毛は美しいですが、毛を体内にため込み易くなり、毛球症が心配です。

芋類には水溶性繊維と不溶性繊維がバランスよく含まれているため、便秘にもなりにくく、腸に優しく毛玉をサポートしてくれます。

 

また、チンチラは運動不足になりやすいため、消化・吸収の良い、高脂質の キャットフード がおすすめ。

猫にとってエネルギーに変えやすい脂質が20%前後含まれるフードを選んであげましょう。

以下におすすめフードをご紹介します。

 

ロイヤルカナン ペルシャ・チンチラ・ヒマラヤン成猫用

 

 

高脂質・高たんぱくなペルシャ用のフード。

成長が止まった後の成猫用。

ペルシャ種の猫が食べやすいように、キブルの形や大きさ、歯ごたえなどを特別に設計されています。

猫が飲み込む毛の排出を促し、毛玉の形成を最小限に抑えるため、食物繊維を配合。

ソフトでつややかな毛並みをサポートするための栄養素を調整配合しているので、愛猫の被毛を美しく保ちます。

 

・運動

 

前述した通り、そのおっとりとした性格ゆえに、成猫になるとあまり動きたがらなくなります。

しかし、運動を全くしないと肥満におちいってしまいがちなので、食事の量や質に気をつけた上で、室内で一緒に遊んであげると良いでしょう。

ただし、基本的には一緒に遊ぶことが少なく、少し遊ぶとそのあと長い休憩に入る個体が多いようです。

 

・被毛ケア

 

他の長毛種と同じくチンチラもこまめな被毛ケアが必要です。

毎日ブラッシングを行い、さらに定期的にシャンプしてあげましょう。

こうして抜け毛を除去してあげないと、チンチラが自分で毛づくろいした時に抜け毛が口に入り、お腹の中で溜まる毛球症という病気になってしまいます。

毛球症となると吐き気や食欲不振に陥り、ひどい場合死に至ります。

必ずブラッシングを行い、ついでに被毛の健康状態のチェックを行いましょう。

換毛期は特に注意。

ブラッシングはもちろん、食事の量や猫の様子、フンの様子もしっかり観察してください。

 

・気をつけたい病気

 

チンチラは遺伝疾患を起こしやすい猫種です。

特に多発性のう胞腎という病気は、両親のいずれかが発症していれば50%の確率で発症。

進行すると腎不全で亡くなってしまう、治療法のない病気です。

その他、遺伝的に起こりやすい疾患は、眼瞼内反症、流涙症、白内障などの眼病、皮膚糸状菌症、脂漏性皮膚炎などの皮膚病、肥大型心筋症などの心臓病など。

 

悪質なペットショップなどは繁殖の親となる猫の遺伝疾患を気にしない場合もあるので、良質なブリーダーから譲り受けるなど、購入時に注意する他ありません。

また、チンチラは体質的に、シュウ酸カルシウムによる尿石のできやすい傾向があります。

放置すると最悪死に至る場合がある病気です。

水をよく飲むように工夫し、おしっこの量や色には日頃からよく注意して見ておきましょう。

毎日飼い主が被毛や食事、フンの様子など健康チェックを行い、定期的に医師の健康診断を受けましょう。

 

 


賛否両論?ペルシャのカット・トリミング

 

cat

 

夏の暑さから守るためにペットの毛をカット・トリミングするサマーカット。

ではよくなされることですが、猫の間ではまだまだ賛否両論があります。

 

猫のサマーカットは、毛玉がひどい場合なら非常に効果的。

毛玉ができにくくなるので悩みが一気に解消します。

 

また、猫がグルーミングで飲みこむ抜け毛の量が減るため、毛球症になる危険性や毛玉を吐く回数が減少。

さらに、熱中症になる危険性も回避できます。

 

しかし、被毛が長いからといって必ずしも暑さ対策にカットしてあげれば良いというわけではありません。

被毛には紫外線避けの効果があるため、家の外に出る猫ならサマーカットによって浴びる紫外線量が増えてしまいます。

したがって、半室内飼いの、外に出る機会がある猫にサマーカットは逆効果。

皮膚が直接紫外線にさらされ、皮膚病を引き起こす危険性もあります。

 

サマーカットをするかいなかは飼い主の判断次第ですが、半室内飼いの猫や手に負えないほどの毛玉がなければサマーカットは不要。

こまめなブラッシングを行うのが一番です。

 

 

チンチラグッズで美しさを堪能!

 

・ユニセックスシリコンウォッチ

 

 

大胆にチンチラがあしらわれた腕時計。

シンプルなデザインなのでチンチラの美しさがより引き立ちますね。

見やすい文字盤なので見やすく時計としても非常に優秀。

ユニセックスで男女とも使えて便利です。

 

・MADE IN COSMOS もふもふクッション

 

 

フワフワでもこもこなクッション。

チンチラゴールドのつぶれた顔が可愛らしいですね。

肌触りがとても気持ちいい3D高品質プリントクッション。

ベッド のおともやお昼寝などのリラックスタイム、オフィスでの枕にぴったりなジャストサイズ。

犬や猫用のクッションとしてもぴったりですね。

チンチラがあなたの癒しタイムに寄り添ってくれます。

 

・ペルシャピアス チンチラシルバー

 

 

チンチラの丸い顔が可愛らしいピアス。

シルバーチンチラの色味が華やかに耳元を彩ります。

ペルシャらしい明るく美しい目の色や、毛並みも再現され、ディテールへのこだわりを感じる商品。

おしゃれがさらに楽しくなりますね。

チンチラと一緒にお出かけしているような気分でいられるオシャレアイテムです。

 

 


チンチラの基本データ

 

名称: チンチラペルシャ

原産国: イギリス 

カラー: シルバー、ゴールド、ブルー、ブルーゴールド

性格:おっとりと大人しい。気まぐれながら甘えん坊な面も。 

寿命:15歳〜20歳 

かかりやすい病気: 多発性のう胞腎、眼病、皮膚病、肥大型心筋症などの心臓病

 

 

まとめ

 

チンチラはペルシャ猫のうち限られたカラーが名乗ることの許された特別な猫種。

その美しさと優雅さから世界中の愛好家から親しまれています。

高貴な佇まいと美しい被毛の色。

 

しかし、ときおり見せる愛きょういっぱいの姿がギャップとしてさらに愛おしくなりますね。

あなたもチンチラを迎えるなら、最期のときまでその美しさと愛らしさを楽しんでくださいね!

この記事が、あなたとチンチラとの生活へのお役にたてれば幸いです。

 

▼関連記事

 

・  猫の飼い方!費用、エサ、しつけ、病気から老後の世話まで

・  子猫の飼い方マニュアル。子猫の食事やケアの仕方、飼育にかかる費用、注意点


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(508)
   猫/ネコ(212)
   犬/イヌ(252)
   霊長類/類人猿/サル(11)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(97)
   うさぎ(43)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(7)
   チンチラ(2)
鳥類(119)
   インコ(20)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(41)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(10)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(63)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(807)
種類/品種(685)
繁殖/育成(592)
毛色/毛質(270)
性格/生態/特徴(634)
食事/餌/栄養(623)
病気/病院/治療(651)
しつけ(466)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(553)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(165)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(919)
画像/動画(127)
まとめ(860)

人気記事ランキング