logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > キャットフード/猫の飼育用品/ネコグッズ

猫がベッドで寝る姿がかわいすぎる!猫ベッドのおすすめ商品や手作り方法を紹介






猫ちゃんがスヤスヤと気持ち良さそうに眠る姿は、見ているだけで癒されますよね。
睡眠時間の長い猫ちゃんにとって、寝る場所は大切なポイントです。

お気に入りのベッドを用意して、リラックスして眠れる環境を作りましょう。
猫ベッドには置き型のものや、ハンモックタイプなどいろいろなものがあります。

ここでは、猫用ベッドの選び方をはじめ、人気商品や手作り方法をご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】猫がベッドで寝る姿がかわいすぎる!猫ベッドのおすすめ商品や手作り方法を紹介

 

1.猫とベッドの組み合わせは最強!

2.猫ベッド選びはいつもの寝姿をチェック

飼い主さんと寝たい猫ちゃんには置き型タイプ

狭いところが好きな猫ちゃんにはハウスタイプ

高い所が好きな子にはハンモックタイプ

3.猫ベッドに慣れるためのポイント

猫ベッドにプラスしたいアイテム

猫ベッドはいつも清潔に

4.おすすめの猫ベッド7選

・IKEA(イケア)人形用ベッド

・シービージャパン hachi 洗えるねこちぐら ナチュラル

・PetStyle ペットハウス サメ ドーム型 猫ベッド 

・マルカン ひんやりクール猫鍋 猫用

・アイリスオーヤマ にゃんこハウス ピンク

・LS 猫ベッド キャットハンモック2階式

・マルカン キティハンモックマット キャンバス 猫用 

5.猫ベッドを手作りする方法

ふわふわ猫ベッドの作り方

超簡単!段ボールベッドの作り方

テント型段ボールベットの作り方

猫ベッドで眠るキュートな姿に癒される

 

 


1.猫とベッドの組み合わせは最強!

 

猫ベッド伸び

 

SNSに投稿されている数多くの猫画像の中でも、人気を集めているのがベッドで眠るかわいい の姿です。

ベッドからはみ出して寝ていたり、仰向けになって伸びていたり寝相もさまざま。

お家の猫ちゃんにも使ってもらいたくなりますよね。

どんな姿が見られるかイメージしやすいように、猫ちゃんがベッドでくつろぐ画像を集めてみました。

 

 

 

 

こんなにかわいい姿が見られるかもしれないと思うと、今すぐ猫ベッドが欲しくなりますよね。

猫ベッドは種類が豊富で、店頭だけでなくネットからも購入可能です。

 

どんなものが良いか、いろいろなタイプのベッドがあるので猫ちゃんに合わせて選んでみましょう。

猫ちゃんがベッドを使ってくれるか心配な場合は、手作りもできるのでチャレンジしてみるのもおすすめです。

 

 

2.猫ベッド選びはいつもの寝姿をチェック

 

日向で寝る猫

 

1日の大半を寝て過ごす猫ちゃんには、お気に入りのベッドを見つけてあげたいですよね。

猫ちゃんのベッドを買う前に、いつもどんなところで寝ているかを確認してみましょう。

 

部屋の隅で隠れるように眠る猫や、日当たりの良い場所で丸まって眠る猫など、猫ちゃんによって好みはさまざまです。

どんなベッドが使いやすいかを考えて選ぶのが、失敗しにくいポイントとなります。

 

飼い主さんと寝たい猫ちゃんには置き型タイプ

 

 

いつも飼い主さんのそばにいる甘えん坊な猫ちゃんは、寝る時も同じスペースにいることを好みます。

置き型タイプのベッドなら、日中はリビングに、寝る時は寝室にと移動できるので便利です。

木枠のしっかりしたものや、綿入りのふわふわしたものなど、置き型タイプは種類が豊富なので猫ちゃんに合わせて選べます。

 

狭いところが好きな猫ちゃんにはハウスタイプ

 

 

いつも人目につかないような狭い場所で隠れて寝ている猫ちゃんには、すっぽり覆われるハウスタイプのベッドがおすすめです。

猫ちゃんが通る出入り口以外はふさがれているので、落ち着いて眠れる環境を作れます。

 

高い所が好きな子にはハンモックタイプ

 

 

冷蔵庫の上やタンスの上など、高い所にいるのが好きな猫ちゃんにはハンモックタイプのベッドがぴったりです。

窓に取り付けられるので、お好みの高さに設置できます。

外の景色を楽しんだり日光浴で温まったり、高い場所でリラックスして過ごせるのが魅力です。

 

 


3.猫ベッドに慣れるためのポイント

 

熟睡猫

 

猫ちゃんは気まぐれな子が多く、せっかく買ったベッドを使ってくれないことも。

猫ベッドを設置するときには、慣れやすくするのがポイントです。

 

猫ちゃんは自分の匂いがすると安心してきます。

いつも使っているタオルやブランケットを敷いてあげるのがおすすめです。

 

また、猫は自分の体ほどの比較的狭いスペースを好む傾向があります。

ベッドはあまり大きすぎず、ぴったりからやや小さめのものが慣れやすいサイズです。

 

快適に過ごせるように、季節によってベッドを置く場所を変えるのも大切なポイントです。

夏は風が通りやすく、冬は日差しが届きやすい場所に置くなど、猫ちゃんの様子を見て調整してみましょう。

 

猫ベッドにプラスしたいアイテム

 

 

夏の猛暑や冬の寒さが厳しいときは、猫ベッドを快適にするアイテムをプラスしましょう。

暑いときはクールタイプのマットを入れてあげると、冷んやり感が得られるのに効果的です。

ベッドのマットをメッシュ素材のものに変えるのも、通気性が良くなるのでおすすめです。

 

寒いときはブランケットや毛布で保温効果をアップさせましょう。

ペット用のホットカーペットをプラスしてあげると、ベッドの中がより温かくなります。

 

猫ベッドはいつも清潔に

 

きれい好きな猫ちゃんのために、ベッドは清潔に保つことが大切です。

体温によって温まったベッドはノミやダニが発生しやすくなり、飼い主さんに害が及ぶことも。

 

猫ベッドを買うときは、お手入れ方法の確認を忘れないように注意してください。

掃除機がかけやすいものや、丸洗いできるものがおすすめです。

ベッドの中の敷物も洗えるように、替えを用意して清潔に保ちましょう。

 

 

4.おすすめの猫ベッド7選

 

 

猫ベッドはクッションやハンモックなど、いろいろな種類が発売されています。

猫ちゃんの好みや自宅の環境に合わせて選びましょう。

例えば、ベッドを置くスペースがない場合は、窓枠に取り付けられるタイプがおすすめです。

 

・IKEA(イケア)人形用ベッド

 

 

こちらは、インテリアの人気ショップ「IKEA」から発売されている人形用ベッドです。

サイズが猫ちゃんにぴったりで、SNSから拡散され人気が爆発しました。

多頭飼いのお家では、隣同士で並べたり、2段ベットにしたりとアレンジも楽しめます。

 

IKEA(イケア)人形用ベッドの商品情報

 

長さ: 52cm、幅:36cm、高さ:30cm (この商品は組み立てが必要です)

重さ:2.5kg

基本素材:繊維板、パイン無垢材・布製パーツ:ポリエステル 75%、綿 25%

中素材:

ポリエステル中空繊維
洗濯機で洗えます(40℃以下のぬるま湯)、漂白不可タンブル乾燥可(低温)
アイロン不可、ドライクリーニング不可、きれいな布でから拭きしてください。

参考価格:3,599円(税込)

 

 

・シービージャパン hachi 洗えるねこちぐら ナチュラル

 

 

大きな猫ちゃんも入れる猫ベッドをお探しの方には、猫ちぐらがおすすめです。

夏は通気性が抜群で、冬はヒーターコードを通して保温ができる優れもの。

屋根は取り外し可能でお手入れが簡単にでき、樹脂製なのでシャワーで丸洗いもできます。

 

シービージャパン hachi 洗えるねこちぐら ナチュラルの商品情報

 

サイズ:41×41×33cm

本体重量:約1.35kg

材質:ポチプロピレン・ステンレス

参考価格:8,701円(税込)

 

 

・PetStyle ペットハウス サメ ドーム型 猫ベッド 

 

 

猫ちゃんがサメの口の中にすっぱり入ってしまう姿が見られるベッドです。

中敷のクッションは取り外し可能なので、季節に合わせて使い分けができます。

インスタ映えするデザインで、お部屋に置いてもかわいいのが魅力的です。

 

PetStyle ペットハウス サメ ドーム型 猫ベッドの商品情報

 

Sサイズ:直径38cm×高さ33cm

材質:ウレタン、ポリエステル、コットン、他

セット内容:鮫型ハウス、中敷きマット、保証書

参考価格:1,680円(税込)

 

 

・マルカン ひんやりクール猫鍋 猫用

 

 

暑い夏におすすめの涼しげな猫用ベッドがこちら。

アルミ製で冷んやりとした感触が、猫ちゃんの体をクールダウンさせてくれます。

耳もデザインされたかわいい形のベッドで、猫鍋のように丸まって眠る姿が愛らしいです。

 

マルカン ひんやりクール猫鍋 猫用の商品情報

 

本体サイズ(幅X奥行X高さ):38×38×7.5cm

本体重量:850g

汚れが目立つときはやわらかい布やスポンジを使い、水かぬるま湯で洗います。

参考価格:3,210円(税込)

 

 

・アイリスオーヤマ にゃんこハウス ピンク

 

 

屋根についたポンポンや、のぞき窓が猫ちゃんの遊び心をくすぐるベッドです。

クッション部分はマイクロファイバーとメッシュ素材のリバーシブルタイプで、手洗い可能なのが嬉しいところ。

ファスナーで簡単に組み立てられ、冬場には猫用ホットカーペットのコードを通せるのも便利です。

 

アイリスオーヤマ にゃんこハウス ピンクの商品情報

 

本体サイズ(幅X奥行X高さ):45×50×30cm

本体重量:655g

参考価格:3,494円(税込)

 

 

・LS 猫ベッド キャットハンモック2階式

 

 

こちらは、吸盤を使って窓に貼り付けるタイプのハンモック型ベッドです。

キャットタワー を置くスペースがないお部屋でも、高い位置にベッドを作ってあげられます。

窓の外を眺めたり日光で体を温めたりして、猫ちゃんのリラックススペースになりそうです。

 

LS 猫ベッド キャットハンモック2階式の商品情報

 

パッケージ内容:金属製棚、吸盤1セット、予備吸盤、マット1セット

マットは取り外して洗濯機で洗浄可

参考価格:2,997円(税込)

 

 

・マルカン キティハンモックマット キャンバス 猫用 

 

 

吊り下げタイプなら、お使いのケージの中にハンモックベッドが簡単に作れます。

ベルトの長さが調整可能で、5kg以下の猫ちゃんにぴったりなサイズです。

ハンモックに揺られてリラックスして眠る姿が見られそうですね。

 

マルカン キティハンモックマット キャンバス 猫用の商品情報

 

・本体サイズ(幅X奥行X高さ):45×32×1cm

本体重量:125g

参考価格:1,140円(税込)

 

 


5.猫ベッドを手作りする方法

 

セーターと猫

 

もし猫ちゃんが買ったベッドに見向きもしてくれなかったらと思うと、少し不安になりますよね。

そんな飼い主さんには、簡単にできる手作りの猫ベッドがおすすめです。

飼い主さんの匂いのついた古着や、猫ちゃんが大好きな段ボールを使って作ってみましょう。

 

作業中は、猫ちゃんが興味を持って近寄ってくることがあります。

刃物で怪我をしたり、糸や綿を誤飲しないように注意してください。

 

ふわふわ猫ベッドの作り方

 

  

 

 用意するもの

 

  • 長袖の古着
  • 針と糸、ハサミ
  • 綿適量

 

  1. 古着を裏返して首元を縫います
  2. 両袖に綿を詰めてベッドの枠部分を作ります
  3. 綿を詰めた両袖を輪のようにして縫い合わせます
  4. 裾側から綿を入れてベッドの枠を整えます
  5. ベッドの枠と底面の境目を縫います
  6. はみ出ている古着を切り離します
  7. 切れ端部分を折り込んで縫ったら完成です

 

綿を入れる量によってふかふか具合を調整できます。

飼い主さんの匂いのするベッドは、猫ちゃんにとって安心する場所になることでしょう。

 

 

超簡単!段ボールベッドの作り方

 

 

用意するもの

 

  • 古着の半袖Tシャツ
  • Tシャツで覆えるサイズの段ボール
  • ベッドの底に敷くクッションやブランケット
  • ホチキスや大きいサイズの安全ピン、カッター

 

  1. 段ボールのフタ部分を切り離します
  2. クッションやブランケットを入れます
  3. Tシャツを段ボールに着せようにして覆います
  4. 袖を内側に押し込んで、裾部分はホチキスや安全ピンで留めます
  5. Tシャツの首元から猫ちゃんが入れるように段ボールを横向きにします
  6. クッションやブランケットを底面にくるように整えたら完成です

 

ベッドの底に敷くものは、猫ちゃんや飼い主さんの匂いのついたものがおすすめです。

猫ちゃんの通り道に置いておくと、中に入ってくれやすくなります。

 

 

テント型段ボールベットの作り方

 

 

用意するもの

 

  • 針金ハンガー2本
  • 30~40cmくらいの段ボール片
  • Tシャツ
  • 安全ピン
  • 布テープ、ペンチ、ハサミ、穴開け用のキリなど

 

  1. 針金ハンガーのフック部分をペンチで切り離します
  2. 針金を曲げてテントの骨組みを作ります
  3. 段ボールの四隅に穴を開けます
  4. 開けた穴に針金を通して先端をペンチで内側に折り曲げます
  5. もう1本の針金を交差するようにして同様に取り付けます
  6. ガムテープで針金の先端を底面に固定します
  7. 針金がクロスした屋根に当たる部分を、ガムテープで固定します
  8. 首元の部分が入り口になるようにTシャツを被せて整えます
  9. Tシャツの余り部分を安全ピンで留めて、底面にタオルや毛布を敷いたら完成です

 

針金ハンガーが軸になるので、曲げる角度によってテントの高さを調整できます。

底面の敷物は季節に合わせて変えてあげましょう。

 

 

猫ベッドで眠るキュートな姿に癒される

 

ころんころんと寝返りを打ったり、手で顔を隠したり、猫ちゃんの寝姿は見ていて飽きないですよね。

最初は猫ベッドを使ってくれなくても、しばらくすると慣れてくることもあるので気長に見守ってみましょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(571)
   猫/ネコ(230)
   犬/イヌ(296)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(103)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(3)
鳥類(124)
   インコ(22)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(44)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(11)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(65)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(877)
種類/品種(723)
繁殖/育成(597)
毛色/毛質(303)
性格/生態/特徴(669)
食事/餌/栄養(670)
病気/病院/治療(691)
しつけ(473)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(588)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(997)
画像/動画(127)
まとめ(863)

人気記事ランキング