logo

Top > 小型哺乳類/小動物 > うさぎ > うさぎの飼い方/豆知識

うさぎの平均寿命は何年?うさぎに長生きしてもらうための飼育のコツ






うさぎをペットとしてお迎えしたいとき、最も気になることの一つが寿命でしょう。
家族として迎え入れ、尊い命をあずかる以上は、平均寿命を理解した上で、できるだけ長生きさせてあげたいですよね。

うさぎをきちんと飼育し続けていくためにも、寿命や年齢についての知識をしっかりと身につけて、長く一緒に生きていくためのポイントを抑えておきましょう。

ペットのうさぎの平均寿命は5〜10年

 

一般家庭で飼育される うさぎ の寿命は5〜10年、平均すると8年位です。

一時期は5、6年と言われていましたが、最近主流なペットとして人気がでてきたことから適切な飼育方法が普及してきたので、10年近く生きられるうさぎも増えてきました。

理想的な飼育環境で育ったため、12〜15歳位まで長生きできたうさぎもいるほどです。

 

ギネスで認定された長寿命のうさぎについて

 

過去に最も長生きしたのは、オーストラリアのタスマニア州で暮らしていた、Flopsy(フロプシー)ちゃんと言われています。

元は野生のアナウサギだったフロプシーちゃんは、1964年8月に保護されてから1983年6月まで、18年と10.75ヶ月も生きたということです。

人間の年齢に直すと、なんと約130歳!

ぜひともギネスの最高記録を目指して、可愛いペットが健康的に暮らせる環境を整えてあげたいですね。

 

ネザーランド、ホーランドロップなどの品種で寿命は違う?

 

ところで、うさぎの平均寿命は品種によって異なるものなのでしょうか。

人気の ネザーランドドワーフ は5、6年生きる子が多く、雑種のミニウサギや、ミニレッキス・ホーランドロップ・ライオンラビット・ジャージーウーリー・アメリカンファジーロップといった人気のタイプの子たちの寿命は約5〜10年です。

 

うさぎは大変デリケートな生き物ですから、ストレスや骨折・感染症といったものが原因で、若い内に命を落としてしまう子もいるのが現状です。

うさぎの寿命は、単純に種類によって変動するものではなく、飼い主によって左右されると言っても過言ではありません。

 

 

うさぎの寿命は飼育の仕方次第で変わります

 

the_lifespan_of_a_rabbit_depends_on_how_to_keep_it

 

うさぎは本来、とても繊細でストレスを感じやすい動物です。

「うさぎは寂しいと死んでしまう」という説がありますが、人間と同じで誰にも邪魔されることなくリラックスしたいときもあれば、飼育者と一緒に遊びたいときもあります。

 

気疲れしているうさぎは、食欲が落ちたり、健康なウンチを出せなかったりすることが多いです。

食事量や排便に変化がないか観察し、日常的に適度な距離でコミュニケーションをとってあげること。

つまり、飼い主の慈しみや育て方次第で、うさぎの寿命は変わってしまうと考えてあげましょう。

 

 


うさぎの年齢は人間でいうと、どの位?

 

うさぎの寿命を考えるにあたり、まずはうさぎの年齢は人間にたとえると何歳位になるのか、把握して接してあげることが肝心です。

うさぎの年齢を人間の歳に換算すると、おおよそ以下の通りです。

 

・生後3ヶ月(のうさぎ)→(人間の年齢で言うと)5〜7歳

・生後6ヶ月→9〜14歳

・1歳→17~20歳

・2歳→27~29歳

・3歳→34~36歳

・4歳→40~44歳

・5歳→46~52歳

・6歳→52~60歳

・7歳→58~68歳

・8歳→64~76歳

・9歳→71~84歳

・10歳→76~90歳

 

個体差はありますが、うさぎの1年はだいたい人間の5、6年分に相当します。

したがって、たった1日でもうさぎにとってはものすごく長い、貴重な時間です。

退屈な時間や、怪我や病気を我慢しているような時間が長くならないよう、常に気を遣ってあげてくださいね。


うさぎの年齢別育て方についてはコチラ!

 

 

うさぎの寿命を延ばすためにできること

 

うさぎを長生きさせてあげるためには、以上のことを念頭に置き、うさぎが心身ともに健やかに暮らせるようにしてあげることが重要です。

以下の注意点を守りながら、うさぎに快適な生活をさせてあげましょう。

 

take_the_rabbit_to_the_hospital

 

うさぎを診察できる動物病院を探しておく

 

うさぎを飼うときにはまず、うさぎの診察が可能な動物病院を必ず探しておきましょう。

しか受け付けられないという医院も多いので、うさぎに詳しい獣医さんが近所にあるか、早めにチェックしておいてくださいね。

 

ちなみに、被捕食動物であるうさぎは、基本的に鳴くことはほとんどなく、また体調が悪くても隠そうとする特性があります。

明らかに様子がおかしいと気づいたときには、病気がかなり進行していることも決して少なくありません。

半年に1回を目安として健康診断に連れて行ってあげることも、うさぎの寿命を延ばすためのポイントの一つです。

 

なお、繁殖させる予定がないメスうさぎは、3歳未満の若い内に避妊手術を行うことをお勧めします。

妊娠しないとホルモンバランスが崩れてしまい、子宮ガンにかかってしまう子がたくさんいるためです。

 

一方オスのうさぎの場合には、去勢手術を勧めるか否か、医師によって考え方が分かれます。

手術の際に使われる麻酔はうさぎにとってはリスクが高いという理由から、オスうさぎについてはなるべく自然体で生活させることを推奨する動物病院も多いです。

体が小さいうさぎに麻酔を施すのは経験豊富な獣医師でも難しいことであり、もし避妊・去勢手術を行うならば体力のある若い内に済ませることが得策です。

手術の可否についての相談をするためにも、確実に信頼できる病院を見つけておきましょう。

 

骨折や病気がないか常に配慮

 

上述した通り、うさぎは具合が悪くても飼い主に気づかれないようにする性質があります。

 

しかし、うさぎの骨はとても弱く、骨折や脱臼をしやすいです。

実際、家の中でのうさぎの事故は骨折・脱臼が大半で、 ケージ や部屋の中を走っているとき、また飼い主に抱っこされたときに怪我をしてしまうケースが多いです。

骨折や脱臼が原因で食欲不振になり、そのまま亡くなってしまうことさえあります。

 

うさぎを抱っこするときには、うさぎの背後から前足と後ろ足を抱え込みながら持ち上げるのがベストです。

うさぎの腰を押さえながら抱っこしてしまうと、逃げようとして腰椎が折れてしまうので、くれぐれもご注意を。

 

万一、足腰が急にブラブラしているなどの症状が見られた場合には、すぐに病院で診てもらいましょう。

特に、背骨が折れてしまうと命に関わるので素早い対応が必要です。

なお、うさぎが1日食べ物を口にしないときは生死に関わる危険性があるため、即病院へ連れて行きましょう。

 

※合わせて読みたい: うさぎの鳴き声・鳴き方って?感情・体調を理解するため、しぐさと行動に注意!

 

年齢に合った食事の管理

 

age-appropriate_meal

 

また、うさぎの食生活管理も人間と同様で、個体の成長に合わせて行いましょう。

生後6ヶ月までの成長期にはカロリーを多く消費するので子うさぎ用の ペレット を、生後7ヶ月以上のうさぎには大人用のペレットをあげてください。

 

なお、うさぎは5歳以上で老化が始まる子が多く、病気にもかかりやすくなってきます。

運動量の低下による肥満も病気の原因になりやすいので、気をつけましょう。

老年期のうさぎには、尿石症や腎不全などの症状が出る子も多数いるため、5歳を超えたらカルシウムが少ないシニア用のペレットに切り替えておくと無難です。

 

6歳になると、うさぎの生命線である歯が緩んで不正咬合も発生しやすくなります。

老いてくると下半身も弱ってくるので、関節に効くサプリメントを与えてみるのも良いでしょう。

 

ちなみにうさぎの歯は伸び続けてしまうため、年齢に関わらずチモシー(牧草)は常に食べ放題の状態を維持してあげましょう。

健康診断などの際に、病院からおすすめの食事方法を教わっておくとより安心ですね。

 

激しい温度差や暑さには要注意

 

うさぎは夏の暑さ対策が欠かせないため、ほぼ24時間のエアコン稼働が必須です。

温度変化にも敏感なので、なるべく室内は24度になるよう保ち、冬の寒暖差にも注意してあげてください。

 

必要があれば、季節によってケージの位置も変えてあげましょう。

特に老年期は体力が落ちているので、より温度管理は重要になります。

 

できるだけストレスを与えない環境を

 

そして、できる限りうさぎがストレスを感じない環境づくりを心がけましょう。

人間と同じで、騒音がある場所やさまざまな角度から丸見えの空間では、うさぎは落ち着いて暮らすことができません。

 

テレビや洗濯機といった音が大きい家電の側や、人の出入りが多いドアの近くにケージを置くのは避けましょう。

また、トイレは壁側になる位置に設置し、ケージ自体も段ボールや仕切りで囲ってあげるとより良いです。

 

うさぎの寿命は、ストレスと大きく繋がっていると考えられています。

常日頃からうさぎの気持ちを考え、精神的な負担を与えない状況や環境について熟慮してあげることが大切です。

 

※合わせて読みたい: うさぎのトイレのしつけ方についてはコチラ!うさぎの特性と気持ちを理解してあげましょう

 

 


日々愛情を持って、うさぎの様子の変化に気づいてあげましょう

 

love_affections_for_rabbits

 

うさぎの寿命を延ばし一緒に長生きしていくためには、うさぎに絶えず愛情を注ぎ、いつもとほんの少しでも様子が違う場合はすぐに気づいてあげることが何よりも大事です。

毎日の丁寧なケアを怠らないこと、そして病気の際には早期発見および早期治療できることが一番でしょう。

 

少食気味なとき、軟便や下痢を出したとき、不自然な歩き方や座り方をしているとき、キューキューと鳴いているときなどは、うさぎの不調のサインです。

このような合図を決して見逃さないことが、うさぎと長く生きていくための秘訣と言えます。

普段からうさぎの表情や走り方、体重、トイレ、エサの量などをチェックしておくことで、うさぎの命を守り続けることができます。

 

一昔前に比べたら長くなってきた、うさぎの寿命。

それでも私たち人間と比較すると短い、たったの10年前後です。

1日1日を楽しく健やかに悔いなく生きていけるよう、日々寄り添いながら過ごしてあげてくださいね。

 

※合わせて読みたい

 

⇒  うさぎの飼い方解説!値段、選び方、種類、餌、しつけ、エサについて

⇒  うさぎを家にお迎えする際には、最初の1週間が重要!注意点を流れに沿って解説


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(10)
   カピバラ(2)
   ミニブタ(1)
中型哺乳類(320)
   猫/ネコ(126)
   犬/イヌ(165)
小型哺乳類/小動物(57)
   うさぎ(27)
   ハムスター(17)
鳥類(70)
   陸生鳥類(61)
   水生鳥類(5)
魚類/甲殻類/水生生物(51)
   熱帯魚(21)
   淡水魚(17)
爬虫類(25)
   蛇/ヘビ(5)
   トカゲ(8)
両生類(10)
   ウーパールーパー(1)
   カエル(6)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(44)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(13)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(517)
種類/品種(473)
繁殖/育成(400)
毛色/毛質(188)
性格/生態/特徴(367)
食事/餌/栄養(422)
病気/病院/治療(460)
しつけ(354)
トイレ(125)
おもちゃ(13)
選び方(402)
値段/価格(421)
ランキング/おすすめ(95)
口コミ/レビュー(131)
旅行/ホテル/レストラン(17)
寄付/募金(12)
おもしろペット(71)
飼育知識/豆知識(580)
画像/動画(94)
まとめ(591)

人気記事ランキング