logo

Top > 中型哺乳類 > イタチ

細い体が特徴の「フェレット」、種類や寿命、飼い方まで紹介






細長い体が特徴的な「フェレット」。ペットとして飼育される方も多くいます。
フェレットには、どのような魅力があるのでしょうか。

フェレットの種類や寿命、性格などの基本データから、飼い方、飼育用品、飼う際の注意点などを詳しく解説しました。

フェレットを既に飼育している方はもちろん、これからお迎えを検討している方にも是非読んでほしい内容です。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】細い体が特徴の「フェレット」、種類や寿命、飼い方まで紹介

 

フェレットとは

大きさ、体重

寿命

フェレットの種類

マーシャルフェレット

パスバレーフェレット

カナディアンフェレット

アンゴラフェレット

ニュージーランドフェレット

フェレットのカラー

セーブル

アルビノ

シナモン

フェレットの生態

生息地

オス、メスの区別

繁殖

食事

鳴き声

性格

フェレットの飼い方

購入場所

価格

ケージ

エサ

温度管理

複数飼育は可能?

どれくらい懐く?

フェレットのお迎え前に揃えたい飼育用品

ケージ

エサ

食器

トイレ

トイレ砂

ハンモック

フェレットを飼う際の注意点

お風呂に入れよう

脱走と誤飲に注意

知っておきたいフェレットの「三代疾患」

必ず予防接種を受けよう!

フェレットって「臭い」の!?

都内でフェレットに会える場所

フェレットカフェ&バーフィッチ

フェレットワールド 中野店

さいごに

 


フェレットとは

 

fere-02

 

フェレットは、 イタチ 科に属する肉食性の哺乳小動物です。

英名は「ferret or white footed ferret」となります。

 

フェレットは野生のヨーロッパケナガイタチ、ステップケナガイタチを家畜化、改良したものとされています。

そのため、野生のフェレットは存在しません。

ヨーロッパケナガイタチ、ステップケナガイタチを品種改良したものが「フェレット」と呼ばれる生き物です。

 

ヨーロッパでは3000年前から体重猟、実験、毛皮採取、愛玩用として用いられていたとされています。

フェレットはラテン語で、「Mustela putorius furo」と書き、意味は「イタチ・悪臭・泥棒」で、「furo(泥棒)」の部分が変化して「Ferret」になったと言われています。

 

日本において本格的にペットとして認知され始めたのは1993年春、米国人のマイケル・E・コールマンが臭腺除去、避妊手術を施したマーシャルフェレットを輸入して広めたことが始まりとされています。

フェレットは うさぎ ネズミ を狩るために飼われていた歴史があり、細い配管の掃除や配線の引渡しにも長けているため、オリンピックの会場設営にも活躍しました。

 

大きさ、体重

 

種類により異なりますが、成体で35㎝~50㎝、体重は900g~2,000g程です。

 

寿命

 

飼育下での平均寿命は4年~10年程であり、種類によって異なります。

 

フェレットの種類

 

ペットとして飼育できるフェレットには、豊富な種類やカラーが存在します。

まずは比較的メジャーな種類をご紹介した後にカラーバリエーションを記載します。

 

マーシャルフェレット

 

 

ペットとして飼われているフェレットの中でも、最もポピュラーな種類です。

ほかの種類に比べ細身で、性格は温厚であるとされています。

耳にある二つの入れ墨が特徴です。

 

パスバレーフェレット

 

パスバレー

 

丸い顔としっかりした体つきが特徴です。

カラーバリエーションも豊富で、性格は活発です。

比較的体が丈夫で長生きする個体が多いようです。

 

カナディアンフェレット

 

 

ほかのフェレットに比べ大柄で、骨太で体格が良い個体です。

噛み癖が強い傾向にあり、しっかりとしつけをする必要があります。

耳に入れ墨が入っていることも特徴です。

 

アンゴラフェレット

 

 

ほかのフェレットに比べ、大きめな体つきと、独特の鼻の形が特徴です。

毛が長くずっしりしており、鼻の形も異なります。

性格は攻撃的で噛み癖が強い傾向になるため、初心者向けではありません。

 

ニュージーランドフェレット

 

ニュージーランド原産で、最も原種に近いとされている種類です。

フェレットの中では特に大柄で、オスでは2㎏になる個体も存在します。

丸い顔と、目の周りのパンダ模様が特徴です。

性格はやや凶暴で、強い噛み癖があるため、初心者向けではありません。

 

 


フェレットのカラー

 

セーブル

 

セーブル

 

頭、背中、腹部までが白色で、ほかは黒、目の周りは茶色です。

フェレットの中でも最も原種に近いカラーです。

 

アルビノ

 

アルビノ フェレット

 

被毛の全体が白色で、瞳は赤色です。

 

シナモン

 

 

背中は薄茶色、肩から前脚は茶色、そのほかは白またはクリーム色です。

瞳の色はブドウ色が多いようです。

 

 

フェレットの生態

 

fere-03

 

生息地

 

フェレットはヨーロッパなどに分布する、「ヨーロッパケナガイタチ」を品種改良されたものですので、野生には存在しません。

 

オス、メスの区別

 

ペットショップなどで販売されているフェレットの多くは、避妊去勢手術をされています。

避妊去勢手術をしていない成体であれば、生殖器で判断することが可能です。

 

避妊去勢手術をしている場合には、肛門と生殖器の位置から判断できます。

肛門と生殖器が近いのがメス、離れているのがオスです。

また、オスとメスでは体の大きさに差があり、オスのほうが大きく、成体になると大人と子供ほど大きさに差が出ます。

 

繁殖

 

ペットショップなどで販売されているフェレットの多くは、消臭線手術、去勢避妊手術をされています。

このようなフェレットを「スーパーフェレット」と呼び、繁殖可能なフェレットを「ノーマルフェレット」と呼びます。

 

発情、交尾

 

フェレットは生後6ヵ月~12カ月ほどで繁殖可能になります。

発情期は3月~8月頃です。

発情期になるとオスは攻撃的になり、尿を飛ばすマーキング行動を行います。

メスは外陰部が赤く腫れあがったようになります。

ほかに、オスメス共通で手触りが脂っぽくなる、独特の臭いがきつくなるなどが挙げられます。

交尾はマウンティングから平均1時間、長ければ3時間と長時間行われます。

 

妊娠、出産

 

妊娠していれば、メスは14日程でお腹に小さなしこりを確認することができます。

メスの妊娠期間は約42日間で、この期間は非常に神経質になっています。

また、妊娠期間中はエサを高栄養、高カロリーなものに換え、給餌量も増やしましょう。

出産は明け方に行われることが多く、約12時間ほどで産み終わり、最後に胎盤を生み落とします。

 

子育て

 

フェレットは一度に約8匹ほど出産します。

産まれた赤ちゃんのへその緒を齧り取り、膜を舐めとります。

母フェレットには8個の乳首が存在し、母乳で赤ちゃんを育てます。

赤ちゃんは、生後4週目あたりから離乳を始めます。

 

食事

 

フェレットは品種改良された生き物で、野生には存在していません。

フェレットはイタチ科で、イタチはウサギやネズミなどの齧歯目を主食とする肉食動物です。

 

鳴き声

 

フェレットは小さな声で鳴くため、鳴き声で近所迷惑になったりすることはないでしょう。

無駄鳴きをしないため、フェレットが鳴き声を上げた際には、必ず何か意味があると考えられます。

 

「グーグー」

意味: かまってほしい、運動したい、遊んでほしい

 

「クックック」、「コッコッコ」

意味: 遊んでいて興奮状態にあるとき

 

「シャーシャー」「シーッ」

意味: 威嚇、怒り

 

「キャン」、「キャー」

意味: 痛み、驚き、恐怖

 

 

嬉しい時の鳴き声です。

 

 

怒りを表している鳴き声です。

 

性格

 

フェレットは猫のように自由奔放で、好奇心が旺盛です。

種類によって性格が異なることも特徴です。

比較的飼育しやすい種類は、「マーシャルフェレット」です。

性格としては、ほかのフェレットに比べ穏やかな性格で、噛み癖も少ないとのことです。

 

 


フェレットの飼い方

 

fere-04

 

購入場所

 

フェレットは比較的ペットとしてメジャーですので、 小動物 を扱っているペットショップやブリーダー、専門店から購入することが可能です。

 

価格

 

フェレットの価格は2万~10万円程と幅広です。

ファームと呼ばれる繁殖場によって価格設定が異なることや、種類やカラーによっても価格が異なります。

 

ケージ

 

ケージは、フェレットが一日の大半を過ごす大切なハウスです。

自由飼育ではなく、ケージ内で飼育させましょう。

ケージはフェレット専用のものがおすすめです。

 

エサ

 

フェレットはイタチ科の肉食動物ですので、動物性タンパク質を多く必要とします。

主食には、 ドッグフード キャットフード のように人工的に作られた餌である「フェレット専用フード」がおすすめです。

フェレットに必要な栄養素がバランスよく配合されているため、十分に栄養を摂ることが可能です。

 

副食、おやつ

 

副食は特別必要ありません。

肉食のフェレットに与えるおやつとしては、ペット用のジャーキーや うずら などを与えると喜びます。

 

与えてはいけないもの

 

ネギ類やチョコレート、乳製品など人間の食べ物を与えることはもちろんNGです。

ほかに気を付けたいのは、リンゴやバナナなど、食物繊維を多く含む食品です。

フェレットは食物繊維をうまく消化することができないため、与えないよう注意しましょう。

 

温度管理

 

フェレットを飼育する際、温度管理は重要です。

フェレットは暑さにも寒さにも弱く、更には乾燥も苦手とします。

適温は15度~25度で、理想の湿度は45%~55%です。

夏場はエアコンや除湿器を使用し、冬場はペットヒーターや加湿器で温度管理を徹底しましょう。

特に免疫力の低い幼体や老体は細やかな温度調整が必要となります。

普段からケージに温湿計を設置しておくと安心です。

 

複数飼育は可能?

 

フェレットはもともと遊びが大好きな生き物ですので、複数飼育は十分に可能です。

豊富な種類やカラーバリエーションから、2匹目をお迎えしたいと考える方も少なくないでしょう。

基本的にケージ越しに数日間お見合いをさせ、相性が悪くなさそうであれば同居可能です。

 

相性が悪い場合には、ケンカやストレスの原因になってしまいます。

その場合は、ケージも散歩の時間も別々にする必要があります。

また、複数飼育はケージの広さが十分に確保できるか、費用や掃除にかかる手間暇が倍になることを事前に頭に入れておきましょう。

 

どれくらい懐く?

 

フェレットは社交性で知能も高いため、飼い主さんがしっかりとお世話をすれば、とても人に懐いてくれます。

おもちゃで一緒に遊んだり、肩や腕に乗ったり、後をついて回ったりと、とても私たちを楽しませてくれます。

しかし、フェレットの性格は様々で、臆病な子もいれば好奇心旺盛な子もいます。

まったく懐かないということはないようですが、個体や接し方によって懐き具合は異なります。

 

 

自らご主人様の膝に乗り、添い寝までするべた慣れフェレットです。

 

 

フェレットのお迎え前に揃えたい飼育用品

 

fere-05

 

ケージ

 

フェレットにはケージが必要です。

おすすめのケージは、フェレット専用のものです。

種類や大きさに合わせ、ゆとりのある広さのものを購入しましょう。

 

エサ

 

フェレットにエサには、専用に作られた「フェレット専用フード」が販売されています。

基本的に専用フードを与えれば、副食は必要ありません。

人工添加物や粗悪な材料などの使用がないフードを選びましょう。

 

食器

 

エサ入れ、給水器を用意しましょう。

エサ入れは重みがあり掃除のしやすい陶器製がおすすめです。

給水器はボトル式のものが飲みやすく、排泄物の混入を防ぐことができるためおすすめです。

 

トイレ

 

フェレットは頻繁に排泄を行います。

ケージの隅に排泄をする習性があるため、隅にトイレを設置しましょう。

 

トイレ砂

 

トイレにはトイレ砂を敷き詰めます。

トイレ砂はある程度粒の大きなものが良く、フェレット用か 猫用砂 がおすすめです。

 

ハンモック

 

フェレットの寝床は、ハンモックが一般的です。

フェレット用のハンモックが販売されていますので、フェレットの大きさに合ったサイズのものを用意しましょう。

 

 


フェレットを飼う際の注意点

 

fere-06

 

お風呂に入れよう

 

フェレットは放置しておくと体臭がきつくなることや、換毛期の時期は特に毛玉を飲み込まないよう、シャンプーをする必要があります。

また、お風呂に入れないと衛生状態が悪くなり、病気の原因にも繋がります。

だいたい2週間に1度のペースで行うことが理想とされています。

 

フェレットは皮膚が敏感なため、必ずフェレット用のシャンプーを使用しましょう。

お湯の温度は37度程が理想で、入浴時間は10分ほどです。

足の方からゆっくりと入浴させ、優しく声を掛けながら手際よく行いましょう。

 

脱走と誤飲に注意

 

フェレットの身体は細く、トンネルなどの細く狭い場所を好む習性があるため、お散歩時の脱走には注意が必要です。

窓やドアなどの戸締りはもちろん、小さな穴や隙間がないかなども必ず確認してください。

 

また、お散歩中に多い事故が「誤飲」です。

輪ゴムや薬などを誤って呑み込んでしまう事故は後を絶ちません。

 

フェレットは遊びが大好きな生き物ですので、お散歩を楽しみにしている子は多いでしょう。

フェレットが安心して遊べるように、ケージから出す前には、フェレットにとって危険なものはないかなど安全を確認しましょう。

また、齧ると感電する危険のある電気ケーブルなどにも注意が必要です。

 

知っておきたいフェレットの「三代疾患」

 

フェレットには三代疾患(三代病)と言われる、かかりやすい病気が存在します。

「副腎腫瘍」、「インスリノーマ」、「悪性リンパ腫(ガン)です。

この3種類の病気は、飼い主さんは簡単でも知識を持っておくことが大切です。

 

「副腎腫瘍」

 

副腎は様々なホルモンをつくる役割をし、左右に1対ずつ存在します。

副腎の片方もしくは両方が腫瘍化、肥大化し、性ホルモンが過剰に分泌されることで貧血や脱毛、かゆみ、外陰部の腫れ(メス)、前立腺肥大(オス)など様々な症状が起こります。

 

「インスリノーマ」

 

膵臓にはβ細胞と呼ばれる細胞が存在します。

この細胞が腫瘍化したものがインスリノーマです。

膵臓のβ細胞はインスリンを生成する細胞で、インスリンは血糖値を低くさせる作用があります。

腫瘍性に増殖したβ細胞は、インスリンを過剰に生産してしまいます。

インスリンが過剰に生産されることにより、低血糖症を引き起こし、それにより様々な症状が現れます。

 

「悪性リンパ腫」

 

リンパ腫は、血液のガンです。

免疫機能をつかさどる血液細胞のリンパ球が増殖し、血液中やリンパ節、膵臓、肝臓など、様々な部位で増殖します。

年齢の若いフェレットは、急激に悪化してしまうケースが多く報告されています。

 

必ず予防接種を受けよう!

 

フェレットには、危険な疾患を予防するために予防接種を受けさせることが重要です。

発病すると非常に致死率の高い危険な疾患です。

予防接種の内容は以下の通りです。

 

「ジステンパー」

 

正式名称は「犬ジステンパーウィルス感染症」で、 に感染するタイプと同じものです。

感染すると目ヤニ、鼻水、発熱、下痢、嘔吐などの症状が現れます。

更に二次感染により、重度の肺炎を引き起こすこともあります。

ひどくなると、回復した場合でも後遺症が残るケースも報告されています。

 

「フィラリア」

 

犬の病気として知られており、「犬糸状虫」と言います。

心臓に寄生する寄生虫で、長い糸状の形をしています。

ミクロフィラリアと呼ばれるフィラリアの幼体が、蚊を媒体にフェレットに寄生し、成体になります。

寄生された個体は、重度の心不全に陥ります。

心臓や心臓付近に寄生しているため、除去は困難を要します。

 

 

フェレットって「臭い」の!?

 

fere-10

 

フェレットは臭いがきついと言われています。

それは、イタチ科ならではの習性でもあります。

イタチは天敵から身を守るため、非常に臭いのきついガスを発します。

フェレットもイタチ科ですので、同じように臭い臭腺(しゅうせん)を持っています。

 

臭腺除去手術

 

日本のペットショップで販売されているフェレットのほとんどは、除去手術がされています。

臭腺を持っていないため、ガスはなく、独特の臭いはありません。

動物ですので多少の臭いはありますが、 と同じ程度です。

 

避妊・去勢手術

 

フェレットは発情期になると、臭腺から臭いを発するマーキング行動を行います。

臭腺除去手術に加え、マーキングを防止するために避妊・去勢手術をされて販売されてい生体がほとんどです。

 

フェレットは特別臭くない

 

フェレットの臭いの原因は「臭腺」であるため、臭腺を除去、避妊・去勢手術を行った生体を国内で販売しています。

そのため、ペットとして飼われるフェレットが特別に「臭い」ということはありません。

ただし、繁殖可能な「ノーマルフェレット」は臭腺を持っていますので、臭いには注意が必要です。

 

※合わせて読みたい: 「フェレットの臭いは強い」って本当?臭う原因と、飼育時の消臭対策9条

 

 


都内でフェレットに会える場所

 

fere-07

 

フェレットカフェ&バーフィッチ

 

 

住所: 東京都世田谷区粕谷4-19-8 パレスハイツ千歳烏山 B1階

連絡先: 03-3300-3834

営業時間: 平日 18:00~ 土日祝 14:00〜 (休)火曜日

詳細:

たくさんのフェレットと触れ合うことができる癒しの空間です。

店内はバーのように落ち着いた雰囲気で、アルコールの提供もあるそうです。

疲れた仕事帰りに、癒しを求めて立ち寄ってみてはいかがでしょう。

 

フェレットワールド 中野店

 

 

住所: 東京都中野区新井4-16-18 野村Vビル

連絡先: 03-5345-5944

営業時間: 11:00~20:00

詳細:

日本初のフェレット専門店です。

フェレットの生体数やグッズはなんと日本一。

スタッフも飼育経験者で、生体について詳しく教えてくれるそうです。

また、お風呂やホテルのサービスも行っています。

カフェではないので、触れ合いを目的とした来店はNGです。

 

 

さいごに

 

fere-09

 

フェレットはイタチの仲間で、細長い体が特徴です。

様々な種類やカラーが存在し、性格も様々であることから、個性的で私たちをとても楽しませてくれる生き物です。

 

ペットとしての歴史は長いフェレットですが、予防接種が必要であることや、かかりやすい病気が多いことも現状です。

また、臭いに対する偏見や、シャンプーの必要性など、フェレットを飼育するにあたり事前に知識を身に着けておくことは必要不可欠です。

専門店やカフェなどに足を運び、生態や特長を良く理解して、飼育することが可能であるかを見極めるのも良いでしょう。

 

▼フェレットの関連記事

 

フェレットをペットに!値段や性格、飼い方などを解説

フェレットをペットにしたい!種類別の価格・値段や飼育にかかる費用はどのくらい?

フェレットの平均寿命は何年?長生きしてもらうための飼育上の注意点は?


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(553)
   猫/ネコ(219)
   犬/イヌ(289)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(100)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(2)
鳥類(123)
   インコ(22)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(41)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(10)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(64)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(851)
種類/品種(718)
繁殖/育成(595)
毛色/毛質(301)
性格/生態/特徴(663)
食事/餌/栄養(659)
病気/病院/治療(677)
しつけ(466)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(585)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(968)
画像/動画(127)
まとめ(860)

人気記事ランキング