logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > 犬の種類

牧羊犬の種類と性格は?飼うときに注意したい5つのこと






活動的で知能の高い牧羊犬の活躍を目の当たりにすると、その賢さに驚嘆するのではないでしょうか?

牧羊犬は賢くて容姿が麗しく、高い忠誠心を持つ犬が多いため、パートナーとして一緒に暮らしやすいのではと考える人もいらっしゃるようです。

本記事では牧羊犬の種類と性格について、そして一緒に暮らすときの注意点をご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】牧羊犬の種類と性格は?飼うときに注意したい5つのこと

 

牧羊犬の種類は29種類!

【牧羊犬その1】仕事が大好き!超優秀なボーダー・コリー

【牧羊犬その2】由緒ある牧羊犬!ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

【牧羊犬その3】高い忠誠心を誇るジャーマン・シェパード・ドッグ

牧羊犬と牧畜犬の違いとは?

牧羊犬の性格と飼うときに注意すること

1 .警戒心が強い

2.神経質な犬が多い

3.噛み癖がつきやすい

4.よく吠える

5.運動欲求が高い

牧羊犬のまとめ

 

 


牧羊犬の種類は29種類!

 

 

現在のところ、一般社団法人「ジャパンケンネルクラブ」が牧羊犬・牧畜犬のグループに登録している 犬の種類 は29種類です。

日本でもすでにお馴染みになった犬種から、国内ではまず見掛けることのできない珍しい犬種まで、さまざまな種類の犬が牧羊犬として活躍しています。

一般社団法人「ジャパンケンネルクラブ」で、牧羊犬・牧畜犬のグループに含まれている犬の一覧は下記の通りです。

 

  • ウェルシュ・コーギー・カーディガン
  • ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
  • オーストラリアン・キャトル・ドッグ
  • オーストラリアン・ケルピー
  • オーストラリアン・シェパード
  • オールド・イングリッシュ・シープドッグ
  • クーバース
  • クロアチアン・シープドッグ
  • コモンドール
  • サールロース・ウルフドッグ
  • シェットランド・シープドッグ
  • ジャーマン・シェパード・ドッグ
  • スキッパーキ
  • スムース・コリー
  • チェコスロバキアン・ウルフドッグ
  • ビアデッド・コリー
  • ピレニアン・シープドッグ
  • ブービエ・デ・フランダース
  • プーミー
  • プーリー
  • ブリアード
  • ベルジアン・シェパード・ドッグ
  • ボースロン
  • ボーダー・コリー
  • ポリッシュ・ローランド・シープドッグ
  • ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ
  • マレンマ・シープドッグ
  • ムーディー
  • ラフ・コリー

 

中でも馴染みのありそうな犬の種類をご紹介して参ります。

 

 

【牧羊犬その1】仕事が大好き!超優秀なボーダー・コリー

 

 

牧羊犬の犬種の中でも、一番優秀だとされている ボーダー・コリー

それだけではなく、数ある犬種の中でもっとも知能の高い犬としても知られています。

 

イギリス原産のボーダー・コリーは、現在では牧羊犬としてではなく、ショードッグや愛玩犬として人気のラフ・コリーの近親です。

しかし、ボーダー・コリーは、ラフ・コリーのような容姿の端麗さや優雅さに欠けるとして、長い間純粋種として認められませんでした。

実際、国際畜犬連盟(こくさいちくけんれんめい)によって、ボーダー・コリーが純粋種として認定されたのは1987年とつい最近のことです。

 

仕事熱心なボーダー・コリーは、その知能の高さを活かして羊たちをうまく誘導し、人間の命令の先を読んで行動できる素晴らしい犬種です。

しかしながら、知能が高いゆえにズル賢い性質を示し、いたずら好きな一面があります。

 

 


【牧羊犬その2】由緒ある牧羊犬!ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

 

 

初代イングランド国王となり、12世紀当時のイギリスを治めたヘンリー二世の愛犬として有名な ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

現在でもイギリス王室の犬として世界的に愛されているウェルシュ・コーギー・ペンブロークですが、元はといえば立派なワーキングドッグとして牧羊犬の務めを果たす犬種でした。

 

愛嬌のある体つきをしているウェルシュ・コーギー・ペンブローク、それは家畜の足を噛んで誘導するためです。

一般的に、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは生後間もなく尻尾を切り取られます。

尻尾を切り取られるのは、家畜を誘導する際に尻尾を踏まれないため、そして課税対象であったので飼い主が税金を納めた印として尻尾を切られていたとされています。

 

近年では、動物愛護の観点からヨーロッパを中心に、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの尻尾を切ることを法律で禁じている国もあります。

牧羊犬としてよく働く犬でありながらも、一般的な牧羊犬ほど神経質であったり攻撃的であったりしないため、家庭犬としても人気の高い犬種です。

 

 

【牧羊犬その3】高い忠誠心を誇るジャーマン・シェパード・ドッグ

 

 

ドイツ原産の牧羊犬である ジャーマン・シェパード・ドッグ ですが、牧羊犬としてよりも 警察犬 としてのイメージのほうが強いのではないでしょうか?

実際、有能さとがっしりした体躯、さらに忠誠心の高さと精神的に安定しているところを見込まれて、警察犬などの使役犬として世界中で活躍しています。

 

ジャーマン・シェパード・ドッグは、1890年代、ドイツ出身の退役軍人兼犬のブリーダーでもあった、マックス・エミール・フレデリック・フォン・ステファニッツ元陸軍大尉と知人のアルトゥール・メイヤー氏によって作出されます。

その際に基礎となったのが、現在では「オールド・ジャーマン・シェパード」として知られているドイツ原産の牧羊犬でした。

 

ジャーマン・シェパード・ドッグは使役犬としてさらに改良を加えられていき、1899年には最初の犬種基準が作られ、1900年には系統立ててジャーマン・シェパード・ドッグの繁殖が行われていきました。

世界大戦中に軍用犬として用いられた背景もあり、一時はヨーロッパで不人気になった犬種でしたが、現在ではその優秀さから多くの人々に愛されています。

 

 


牧羊犬と牧畜犬の違いとは?

 

 

牧羊犬とは、家畜として飼われている羊の群れを誘導したり、盗難目的の人間やオオカミなどの捕食動物から守ったりする役割を果たします。

一方、牧畜犬は羊に限らず、牛やそのほかの家畜を誘導したり、守ったりする役割を果たします。

 

牧羊犬の中でも、大型犬種は見張りや家畜の保護をするガーディングドッグとして用いられ、 小型犬 もしくは 中型犬 種は家畜を誘導するハーディングドッグとして用いられる場合が多いようです。

近代化と共に牧羊犬の仕事は車やドローンなどの機械に取って代わられることも多くなってきましたが、それでも牧羊犬の助けを借りながら農場を経営しているところも多く存在します。

 

 

牧羊犬の性格と飼うときに注意すること

 

 

賢くて人間の命令を理解する能力に長けた牧羊犬ですが、ペットとして飼うのに適した犬たちなのでしょうか?

働きものの牧羊犬は、健気で良いイメージがあるかもしれません。

しかし、家庭でペットとして飼う場合には、下記の牧羊犬特有の性格をよく理解しておく必要があるでしょう。

 

1 .警戒心が強い

 

牧羊犬は、敵から家畜を守るという役割を果たさなければならないため、非常に警戒心が強いという特徴があります。

そのため、家庭で番犬として飼うのに適しているといえるでしょう。

ただ、警戒心が強いためにフレンドリーさに欠ける部分もあり、愛玩犬として飼うにはあまり適していないかもしれません。

 

2.神経質な犬が多い

 

常に家畜の番をしたり家畜を誘導したりする牧羊犬には、神経質なところがあります。

常に冷静でいるように求められる牧羊犬ですが、その結果として神経質になってしまい、パニック的行動を起こすケースもあります。

また、神経質さが攻撃的な性質として現れることもあるため、抱っこを嫌ったり 散歩 中に飼い主の言うことを聞かなかったりという行動に出る場合もあります。

 

3.噛み癖がつきやすい

 

家畜を誘導するときに、家畜を噛んで誘導する牧羊犬。

ある種の牧羊犬にとっては、噛むことは「正しいこと」であるという認識があるため、しっかりと躾をする必要があります。

牧羊犬の犬種の間にはプライドの高い犬が多く、中には、自分が嫌いなことを強要されると噛んで抵抗する犬もいるようです。

さらには、活動的で常に動き回っていることが好きなのにもかかわらず、思うように自由にさせてもらえない場合には、ストレスから噛み癖が出てしまうこともあります。

 

4.よく吠える

 

見張りとして活躍する牧羊犬は、よく吠えます。

無駄吠えをすることもあり、近所迷惑にならないために対策をしなければならないことも少なくありません。

 

5.運動欲求が高い

 

牧羊犬は、とにかく仕事熱心で活動的な性質の犬が多いため、運動欲求が高い犬が多いといえるでしょう。

運動欲求を満たしてあげるためには、散歩だけではなく ドッグラン なども取り入れて、できるだけストレスを溜めさせないよう飼い主の努力が求められます。

 

 


牧羊犬のまとめ

 

 

今回は、牧羊犬の種類や性格、飼うときに注意したいことなどについてご紹介しました。

「ジャパンケンネルクラブ」の牧羊犬カテゴリーには入っていないものの、小型犬から 大型犬 まで、世界中にはたくさんの牧羊犬が存在します。

古くから、人間のパートナーとして活躍してきた牧羊犬を家庭で飼うときには、牧羊犬として本来有している性質や特徴をよく理解しておくと良いかもしれませんね。

 

▼関連記事

 

・  あなたの知らない犬のコト!犬の歴史から種類、性格、飼い方、飼育グッズまで総解説

・  犬の飼い方、費用、エサ、トイレ、しつけ、病気、老後のお世話まで

・  子犬の飼い方マニュアル。子犬のしつけや育て方、食事やシャンプーの注意点


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(535)
   猫/ネコ(212)
   犬/イヌ(278)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(99)
   うさぎ(43)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(2)
鳥類(120)
   インコ(21)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(41)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(10)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(64)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(832)
種類/品種(708)
繁殖/育成(594)
毛色/毛質(292)
性格/生態/特徴(656)
食事/餌/栄養(648)
病気/病院/治療(664)
しつけ(464)
トイレ(154)
選び方(508)
値段/価格(576)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(947)
画像/動画(127)
まとめ(858)

人気記事ランキング