logo

Top > ペット/動物全般/コラム > ペット/動物全般

映画「ペット」のあらすじ、ネタバレ、キャラクター、声優は?






ペットたちが飼い主の留守中に何をしているのかを描いた映画「ペット」。
飼い主の知らないところで大事件に巻き込まれるコメディ映画です。

題名からも想像できる通り非常に沢山の動物たちが登場する「ペット」はペットを飼っている人はもちろん、すべての動物好きの方が楽しめるおすすめ映画です。

ネタバレを含むあらすじ、ストーリー解説や、登場キャラクターと声優の紹介など、映画「ペット」の魅力をより詳しくご紹介します。

あなたのペットも、もしかしたら…?

 

飼い主の留守中に、大冒険をするペットを描いたアニメーション映画である「ペット」。

大人気「ミリオンズ」のスタッフが贈る最高傑作となりました。

もうご覧になったでしょうか。

 

可愛いペットたちのドタバタ劇は「もしかしたらうちの子も…?」なんて想像しながら楽しめます。

ペットがいる人はより楽しい、もちろんペットを飼っていなくても楽しめる映画作品です。

 

 

映画「ペット」とは

 

 

「ペット(原題 : The Secret Life of Pets)」は2016年公開のCGアニメーション映画で、「ミリオンズ」のスタッフが制作する動物コメディ作品です。

物語の舞台は、マンハッタンとブルックリン。

 

「飼い主の留守中にペットたちはお行儀よく…しているとは限らない!」をキャッチコピーに、飼い主がいない間のペットの生活をコミカルに描いています。

「自分のペットも、もしかしたら…?」と思わせるような作品で、ペットがいる人は2倍楽しめることでしょう。

たくさんの動物たちが出ていて可愛い映画ながら、それぞれの人間に対する思いは異なり、非常に深い意味も込められた作品です。

 

 


映画「ペット」のあらすじ

 

マンハッタンのアパートに住む小型犬のマックスは、飼い主のケイティと2人(?)暮らし。

マックスは子犬の頃にケイティに拾われ、ケイティが日中家を空けることを寂しく思いながらも、幸せな日々を送っていました。

 

ところが、ある日ケイティが施設から大型犬のデュークを連れて帰ってきます。

破天荒すぎるデュークにうんざりするマックス。

そんなある日、ケイティの1番になりたいデュークが、ドッグランでマックスを外に連れ出したことから、さまざまな事件に巻き込まれてしまい…!?

 

 

可愛い動物がいっぱい!映画「ペット」の登場キャラクター

 

「ペット」の魅力は事件が事件を呼ぶストーリーはもちろん、可愛らしい動物がたくさん出てくるところ。

動物たちは可愛いだけでなく非常に個性的です。

ここで、映画に登場するペットキャラクターを見ていきましょう。

 

また、各キャラクターが実際にどんな動物をモチーフにしているのかも推測で記載していきます。

公式発表がなされているわけではありませんので、そちらはご了承くださいませ。

 

・マックス

 

 

子犬のときにケイティに拾われたテリア混ざりの雑種の小型犬。

飼い主のケイティに甘やかされて育った寂しがり屋。

ケイティのことが大好きで忠誠心が強く、ケイティが帰宅するまでドアの前で待とうとする忠犬っぷりです。

ポジティブで仲間が困っているのを進んで助ける性格から、非常に慕われてる存在。

ジャックラッセルテリア がモチーフだと思われます。

 

・デューク

 

 

日中家を空けるため1匹ぼっちのマックスのために、ケイティが施設から引き取った大型犬。

マックスに比べてかなり大きく、ずんぐりむっくりした身体と長い毛が特徴的。

かなり破天荒な性格で、ケイティの1番犬の座をマックスと競うことになります。

少し抜けていてどこか憎めないキャラクター。

ニューファンドランド がモチーフだと思われます。

 

・ケイティ

 

 

マックスとデュークの飼い主。

子犬のマックスを拾ったり、施設からデュークを譲り受けたりと動物愛にあふれた女性です。

動物好きで心優しく、常に飼い犬を笑顔で見守っています。

また、動物を愛するだけでなく、動物からも愛される飼い主。

 

・スノーボール

 

 

飼い主に捨てられ心に傷を負ったペットたち「元ペット団」リーダー。

可愛らしい見た目とは裏腹に、自信家の うさぎ

かと思えばおっちょこちょいな面もあり、憎めないキャラクターです。

 

・ギジェット

 

 

マックスの近所に住む元気な ポメラニアン

真っ白でふわふわな毛並み。

マックスのことを何かと気遣い、友達のために頑張る優しい性格です。

 

・ポップス

 

 

車いすを使って移動する バセットハウンド の老犬。

落ち着いた言動ながら、体を張ったコミカルな行動を見せてくれるキャラクター。

ニューヨークのことは何でも知っている物知りで、サポートやアドバイスにより友達を助けます。

 

・クロエ

 

 

美味しいものに目がない、少し肥満気味の

キャットフード よりも人間の食べる「美味しそうなもの」に興味津津。

姉御肌で仲間たちに的確なアドバイスを与えてくれるキャラクターです。

 

・メル

 

 

少しナルシストな パグ

楽観的で興奮しやすい性格。

頭が悪そうな言動が多いものの、友達想いの優しい犬です。

 

・バディ

 

 

皮肉屋の ダックスフンド

飼い主の留守中、ミキサーでマッサージされるのが好きという変わった趣味の持ち主。

 

・スイートピー

 

 

勇敢な セキセイインコ

クロエに食べられそうになっているところをマックスに助けられます。

かなり賢く、テレビのリモコンを自分で操ってみるなど、面白シーン満載。

 

・ノーマン

 

 

「脳みそ豆粒サイズ」の モルモット

非常に忘れっぽい暢気で陽気なキャラクターです。

 

・タイベリアス

 

 

小動物 を見ると自分を抑えられなくなり、何度もノーマンを食べてしまいそうになるタカ。

小屋に閉じ込められていたのを助けられ、マックス探しに協力することに。

 

・オゾン

 

 

スフィンクス の野良猫。

ドッグランから抜け出したデュークと出会い…? 

 

・レナード

 

 

ロックミュージックにハマる プードル

飼い主がいるときは非常におとなしい性格ですが…?

 

 


声優が話題!映画「ペット」日本語吹き替え版の声優とは?

 

mike

 

今回「ペット」の吹き替え版で話題となったのは、声優。

主役2匹をバナナマンが演じ、女優や有名声優を起用したことで注目を集めました。

 

マックスはバナナマン・設楽、デュークを日村が演じてさすがの名コンビぶりを見せてくれます。

2匹の飼い主ケイティを佐藤栞里が、クロエを永作博美が演じています。

 

また、ギジェット役に「ルパン三世」3代目・峰不二子役で知られる沢城みゆきや、ノーマン役に「進撃の巨人」エレン・イェーガー役で有名な梶裕貴、タイベリアス役に「ミリオンズ」にも出演している宮野真守など若手人気声優を起用。

さらに、スノーボール役は「アンパンマン」のバイキンマン・中尾隆聖、オゾン役は数多くの映画やアニメ作品に登場する山寺宏一が担当。

オリジナルも気になるけれど、日本語吹き替え版を選びたくなる豪華なキャストが揃いました。

 

 

気になる映画「ペット」の評判は?

 

dog

 

日本では、2016年8月より公開された「ペット」。

日本での興行収入は42億円。

「ペット」は「シン・ゴジラ」「君の名は。」など、空前の大ヒットを記録した映画と公開時期は重なったものの、安定した観客動員数と評価を得るに至りました。

 

アメリカ合衆・カナダなど北米エリアでは、公開前の事前上映から530万ドルの収入を上げています。

全体興行収入は5億ドルにも上り、ユニバーサル・スタジオの映画としては7位の人気となりました。

 

 


映画「ペット」のディズニー作品を交えた批評

 

「ペット」は事件が事件を呼ぶ波乱万丈、展開の速いストーリーとペットたちのドタバタが魅力的な作品。

口コミでは、ディズニー/ピクサーアニメ「トイ・ストーリー」との類似点を挙げての批評が多くなされています。

 

「トイ・ストーリー」は、持ち主がいないときのおもちゃたちの生活や冒険が描かれた作品。

ある日やってきた流行りのおもちゃバズと、彼を面白く思わない1番お気に入りだったおもちゃ・ウッディとの関係性など、確かに類似点の多い作品かもしれません。

 

「動物たちが何でもやってのける様子は、愛らしい満足感で劇場を後にすることができる」というコメントや、「ペットで演じるトイ・ストーリー」と評するライターも。

しかし、中には「トイ・ストーリーと同じ手法で成功した」という評価ではなく、その類似性から批判されることも多々あります。

 

 

映画「ペット」から考えさせられる動物との付き合い方

 

dog

 

「ペット」はさまざまな境遇の動物たちが登場します。

飼い主に愛情をたっぷり与えられているキャラクターもいれば、野生として・野良として暮らすキャラクター、一度飼い主に捨てられて心に傷を負ったキャラクターなどなど。

 

主人公のマックスは子犬のころ拾われ、デュークは迷子の末、施設から引き取られた犬です。

この「ペット」には「保健所」や「捨てられる」というキーワードが度々登場します。

 

保健所はもちろん彼らペットにとって安息の地などではありません。

人間の勝手で殺される場所なのです。

このシステムやさまざまな境遇の動物たちは決してフィクションではなく、実際に起こっていること。

 

現在、日本において保健所または動物愛護センターで 殺処分される犬 ・猫は年間8万匹。

無責任な飼い主や生体販売業者、生体を利用した商売を行う業者により保健所や動物愛護センターに送られる動物たちは後を絶ちません。

 

「ペット」のように動物たちにも感情があることを理解していれば、無責任に飼って捨てることもなくなるでしょう。

「ペット」はところどころで、全ての動物との接し方について考えさせる機会を与えてくれます。

そういう意味でも、より多くの人に見てもらいたい作品です。

 

 


保健所がキーワードのペット映画「ひまわりと子犬の七日間」

 

 

映画「ペット」とは別に、「保健所」をテーマにしたおすすめ作品があります。

それは、2013年に公開された、堺雅人主演の邦画「ひまわりと子犬の7日間」。

 

宮崎県の保健所で働く神崎彰司が捕獲したのは、山の中で子育てをする柴犬のメス。

保健所に連れてこられた母犬と子犬たちのタイムリミットは一週間。

突然子犬とともに連れてこられて気性が荒くなっている柴犬の心を開くことができなければ、母子ともに殺処分となってしまうーー。

 

事実を元につくられた、人と動物の愛の物語です。

これまでに日の目を見ることがなかった、保健所に連れてこられた動物たちの末路を隠すことなく映像化していることも衝撃的な作品。

世の中にはまだまだ動物を簡単に捨てる者も存在します。

そんな現実を一番よく知る主人公の奮闘と、動物たちへの愛に感動すること間違いなし。

殺処分について改めて考えさせられる、動物好きには一度は観てもらいたい映画。

 

 

映画「ペット」のまとめ

 

「ペット」は可愛いだけでなく、ペットと人の関係性も考えさせられる映画。

動物を飼っている人には絶対見てもらいたい作品です。

主人公マックスとデュークの大冒険をぜひ家族や友達と楽しんでくださいね!


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(18)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(427)
   猫/ネコ(172)
   犬/イヌ(217)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(74)
   うさぎ(31)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(3)
   チンチラ(2)
鳥類(96)
   陸地に棲む鳥(83)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(64)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(22)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
   カメ(5)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(670)
種類/品種(589)
繁殖/育成(531)
毛色/毛質(243)
性格/生態/特徴(526)
食事/餌/栄養(539)
病気/病院/治療(587)
しつけ(439)
トイレ(149)
選び方(488)
値段/価格(498)
ランキング/おすすめ(122)
口コミ/レビュー(157)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(13)
おもしろペット(86)
飼育知識/豆知識(761)
画像/動画(120)
まとめ(773)

人気記事ランキング