logo

Top > 小型哺乳類/小動物 > うさぎ > うさぎの飼い方/豆知識

うさぎの種類と値段、一緒に暮らしていくための費用はどの位かかる?






うさぎと一緒に暮らしたいと考えたとき、当然気になってしまうのはうさぎの値段・価格ですよね。

これからうさぎを家に迎え入れるため、そして育てていくためにかかる費用は、いったいどれほどになるのでしょうか。
愛くるしいうさぎを長生きさせてあげたいからこそ、事前にしっかりと向き合い考えましょう。

本記事では、ペットショップやうさぎ専門店でのうさぎの値段・価格、そしてうさぎの飼育に必要な費用についてご紹介します。
これからうさぎを飼おうとしている方は是非ご覧ください。

うさぎの値段はどのくらい?

 

まずうさぎの値段は、ペットショップへ行くか、うさぎ専門店で買うかどうかで大きく異なります。

ペットショップなら、おおよそ3,000円~40,000円ほどでうさぎを迎えることができます。

 

一方、うさぎの専門店ではおおよそ40,000円~80,000円ほど。

ペットショップに比べると高額であることがわかりますね。

 

しかし、うさぎに詳しいブリーダーが常駐してお世話をしているということもあり、うさぎの健康状態が最良であることが多いです。

これからうさぎを育てていくための的確なアドバイスをもらうこともできるでしょう。

 

※合わせて読みたい:  ブリーダーからうさぎを譲り受ける際のメリット・見極め方・注意点

 

 

うさぎの種類によっても値段は異なります

 

うさぎの値段は、品種によっても異なってきます。

例えば、ペットショップの場合だと、よく見かける品種の値段は以下の通りです。

 

・ミニウサギ:3,000円~10,000円ほど

・ネザーランドドワーフ:15,000円~20,000円ほど

・ホーランドロップ:20,000円~30,000円ほど

 

純血種のうさぎだと、50,000円~100,000円ということもあります。

 

ミニウサギやネザーランドドワーフについては、下記記事にて特徴や飼い方を詳しくまとめていますので、合わせてご覧になってください。

 

→  ミニウサギの大きさ、値段、種類、飼い方

→  ネザーランドドワーフの値段、大きさ、毛色、飼い方

 

 


うさぎの値段が安い場合

 

売れ残って大きくなってしまったうさぎは、半額以下、かなり成長していると1,000円を切る場合も中にはあります。

ただ、長い期間ペットショップの中にいてストレスを抱えているケースが多いです。

 

安いからといって決して衝動買いはせず、冷静に見極めるようにしましょう。

また、いざ飼うことになった場合は、人見知りが激しい子であっても、優しくして大切に育ててあげてください。

 

そして、うさぎを飼育するときには想像以上にお金がかかります。

以下で詳しくご説明してきます。

 

 

うさぎの飼育にかかる値段・費用いろいろ

 

rearing-costs-of-rabbit

 

うさぎを育てるにあたって、カギになるのは飼育費用です。

初期にかかるお金はもちろんのことですが、ひとつの尊い命を預かる以上、うさぎを最期までお世話していなかくてはいけません。

 

うさぎにかかる初期費用

 

まずは、うさぎのケージです。

ペットショップでは10,000円前後で販売されています。

 

※合わせて読みたい:  うさぎを飼うのに最適なケージとは?うさぎの飼育ケージの選び方とおすすめ商品!

 

そして、食べ物はペレット(ラビットフード)、毎日欠かさず与える牧草、おやつ、合計で3,000~5,000円ほどです。

もちろん、ニンジンやキャベツなどの野菜も別に必要となります。

 

※合わせて読みたい:  うさぎのエサはどう選べばいい?ペレット、チモシー、おやつから野菜までうさぎの餌の種類と与え方を徹底解説!

 

食器(転倒しにくい陶器製のもの)や給水ボトルが合わせて2,000円ほど、トイレおよびトイレ用の消臭砂も計2,000円ほどです。

飼い始めるときだけでも、プラスで20,000円近くの出費があるというわけです。

 

うさぎを育てていく中でずっと必要になる費用

 

うさぎの寿命はおおよそ10年ほどと言われています。

中には15年近く生きるうさぎもいます。

できるだけ長生きさせてあげたいですから、10年近く発生し続けるコストがあるということを忘れてはいけません。

 

※合わせて読みたい:  うさぎの年齢別育て方!うさぎの寿命や人間との年齢換算も解説

 

当然、ペレットや牧草、補助食、おやつなどの食べ物、トイレ砂などは毎日消費していきます。

合計で毎月5,000円ほどはかかると考えておきましょう。

 

うさぎも人間と同様で、偏った食生活では不健康になってしまいます。

基本的にうさぎの主食は野菜です。

バランスの良い食事を与えてあげるよう心掛けましょう。

 

※合わせて読みたい:  うさぎの餌やりの方法。与えていい食べ物と・ダメな食べ物のまとめ!

 

夏・冬はエアコンを24時間付けるなど、温度、湿度や空調の管理も必須です。

うさぎは常に毛皮を着ているようなものですから、特に夏場は気を付けてあげてくださいね。

 

 


安い値段でうさぎを育てることはできません

 

live-along-with-the-rabbit

 

うさぎと一緒に暮らしていく上で、費用が発生するのは食事代や電気代だけではありません。

 

うさぎの仕事は、とにかく噛むことです。

家具やコード、ケーブル類はすぐにかじられてしまいます。

携帯電話の充電ケーブルのような細いものはすぐに断線してしまいますし、電化製品などのコードも感電してしまっては危険ですから、コードカバーなどを買って対策することも大切です。

 

壁紙や柱なども、うさぎにとっては遊び道具みたいなもの。

修繕費や補強費などが発生する覚悟もしておかなくてはなりません。

特に賃貸物件にお住まいの方は注意してください。

 

さらに、うさぎの健康管理をしてあげるためには、3~6ヶ月に1回を目安として、動物病院で健康診断を受けさせることも大切です。

診断料は1,000円ほど、血液検査なども行う場合は5,000円前後を支払うことになります。

 

体調が悪くなって病院へ連れていくことも多々あります。

ペット保険に未加入の場合、1回の診察で大体5,000円ほど、手術や入院となると数万円はかかります。

ちなみに、うさぎは毎月2,000円~3,000円ほど支払えば、ペット保険に入ることができます。

 

※合わせて読みたい:  ペット保険の仕組みや価格相場、対象の病気、選び方を解説!人気のペット保険の一覧比較も

 

 

うさぎとの暮らしにかかる費用は少なくありません

 

可愛いから一緒に住んでみたい、うさぎ。

しかし、お金の面だけで考えても、安易な気持ちで飼えるものでは到底ありません。

命を守ってあげるためには、費用はどうしてもかかるのです。

 

それでも、もしも相性ぴったりのうさぎに出会えたなら、その子と一緒にいる時間は必ず、あなたにとってかけがえのない豊かなものになるはずです。

うさぎのことを本当に大切に見守ってあげられるなら、一緒に素敵な日々を過ごしていくことができるでしょう。

 

▼うさぎの関連記事

 

・  人気のうさぎ10種類!どの種類のうさぎが飼いやすい?

・  うさぎの飼い方解説!値段、選び方、種類、餌、しつけ、エサについて

・  うさぎの里親になるには?うさぎを里親として譲り受ける方法と注意点


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(5)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(368)
   猫/ネコ(161)
   犬/イヌ(207)
小型哺乳類/小動物(50)
   うさぎ(29)
   ハムスター(21)
鳥類(91)
   陸地に棲む鳥(82)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(44)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(21)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(644)
種類/品種(583)
繁殖/育成(512)
毛色/毛質(239)
性格/生態/特徴(503)
食事/餌/栄養(521)
病気/病院/治療(567)
しつけ(429)
トイレ(148)
選び方(482)
値段/価格(491)
ランキング/おすすめ(118)
口コミ/レビュー(152)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(15)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(733)
画像/動画(120)
まとめ(746)

人気記事ランキング