logo

Top > > 犬の種類

北海道犬の性格、値段、飼育方法は?






ソフトバンクのCMのお父さんでおなじみとなった犬種、北海道犬。

日本の固有種で忠誠心が強くしつけしやすく、CMの影響もあって人気が高まっています。
北海道犬とは具体的にはどのような犬なのでしょうか。

本記事では、北海道犬を飼う前に知っておきたい北海道犬の特徴やかかる費用、飼育の仕方についてご紹介します。

ソフトバンクのCMで有名に!北海道犬ってどんな犬?

 

豊かな被毛としっかりした体つき、凛々しい表情が魅力の北海道犬。

ソフトバンクのお父さんを見て、北海道犬の魅力に引き込まれた人も多いのではないでしょうか。

中にはCMの影響で北海道犬を飼いたいという人もいるはずです。

そんな方に、まず北海道犬がどんな性格でどんなケアが必要なのか、北海道犬の特徴や飼育方法をまとめました!

 

 

北海道犬の特徴

 

 

北海道犬はその名の通り、北海道という寒い土地に順応してきた原種犬。

日本固有種であり、北海道の原住民 アイヌ民族によって飼育されてきました。

以前は「アイヌ犬」の呼び名で愛されてきましたが、1937年に天然記念物に指定されたことで、「北海道犬」という正式名称に変わりました。

 

大きさ

 

北海道犬は、北海道の寒さに耐えるための二重被毛が全身を覆っており、しっかりと力強い体つきをしています。

外見は柴犬にそっくりですが、体型を比べると北海道犬の方が足が太くしっかりと大きいことが分かります。

オスの標準体高は約48.5㎝、メスの標準体高は約45.5㎝。

 

性格

 

北海道犬の性格は勇敢でとても忠実。

特に飼い主に対する忠誠心が強く、北海道犬を散歩していてクマに遭遇したとき、飼い犬が何倍も体格の大きいクマに立ち向かっていったので驚いたという事例もあります。

一方で飼い主以外に興味を示さない面もあるため、あまり愛想の良い犬種とはいえません。

厳しい北海道の気候に順応してきた分だけあって辛抱強く、丈夫な犬種です。

 

歴史

 

前述した通り、北海道犬はアイヌ民族によって飼育されてきた犬。

エゾシカやエゾヒグマを狩るために用いられた獣猟犬です。

1902年に起きた「八甲田雪中行軍遭難事件」の際、遭難した人々の捜索で活躍したことにより、全国に名が知られるようになります。

その後1937年、天然記念物に指定されました。

また近年のソフトバンクのCMで注目されるようになり、海外での日本犬ブームも相まって、家庭犬として人気となっています。

 

 

北海道犬子犬の入手方法、値段は

 

北海道犬は販売頭数が多くはなく、入手は他の犬種よりも難しいのが現状です。

子犬から飼うなら、北海道犬を扱うブリーダーに連絡をとるのが最も効率が良いでしょう。

北海道犬保存協会のホームページ から子犬情報を得ることもできます。

価格は10万円程度ですが、人気が高まっているためこれから値段が上がることが予想されます。

 

 

北海道犬の飼育

 

walking_with_dog

 

北海道犬は犬種としてはかなり飼育しやすい種類ですが、元は北海道にいた犬ですから、地域によってはケアをきちんとする必要があります。

 

食事

 

北海道犬の餌は、他犬種と同じように、ドッグフードを中心に、必要に応じておやつやサプリメントをあたえましょう。

丈夫な体をつくる必要がありますので、栄養バランスを考えてドッグフードを選ぶ必要があります。

餌代は月に約1万円から2万円程度で、年間では15万円から25万円かかるくらいで見積もっておきましょう。

 

飼育環境

 

寒さに強い犬種ではありますが、今は室内飼いが一般的です。

特に暑さに弱いので、暑い時期に外に話していると熱中症になる危険性があります。

温度管理は他犬種以上に気を使いましょう。

室内でサークルを設けて自由に動けるスペースを作り、寛げる空間を用意してあげてください。

 

散歩

 

もともとは狩猟犬の北海道犬ですから、外での運動は非常に重要です。

散歩は少なくとも1日2回、1時間以上は時間をとりましょう。

ボール遊びやフリスビーなどの運動も大好きなので、適度に取り入れて一緒に楽しみましょう。

 

ケア

 

北海道犬は高温多湿に弱い犬種です。

北海道や東北、北陸以外の地域で飼育すると被毛の中に熱がこもって皮膚病になる可能性があります。

皮膚トラブルを避けるためにも、こまめにブラッシングして被毛の中の熱を外に逃がしてください。

 

しつけ

 

北海道犬は基本的に忠誠心が強くしつけやすい犬種ではありますが、飼い主以外に無関心な面があるので、「飼い主」であることをしっかり教える必要があります。

初めからむやみに甘やかさず、毅然とした態度で犬に接することで、犬が飼い主と認識するようになります。

信頼できるリーダーとして認識されれば、かなりしつけのしやすい犬種です。

ただし、飼い主だけを信用する性格から、飼い主以外に攻撃的になってしまう場合も考えられます。

子犬の頃から初対面の人や犬に慣れさせ、社会化トレーニングを行いましょう。

 

 

北海道犬の基本データ

 

名称: 北海道犬

歴史: アイヌで飼育されていた日本犬。文部省によって天然記念物に指定された際「北海道犬」と名前が統一された。

毛色: 黒・白・レッド・ブリンドル・胡麻・ブラック&タン

寿命: 15年前後

大きさ: オスは平均48.5cm メスは45.5cm

特徴: 飼い主に従順、飼い主以外には無関心。

性格: 勇敢で忠誠心が強い。

気をつけたい病気: 熱中症、皮膚病

 


 

北海道犬が飼い主に忠実で魅力ある犬種であることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

まずは北海道犬の飼育できる環境を確保できるか考慮して、準備を整えた上で家に迎えたいですね。

北海道犬にとって頼れるリーダーのそばで生活できることは何よりも大きな喜びです。

ゆっくりあなたと北海道犬の信頼関係を築いていって下さいね!


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

猫(39)
犬(73)
うさぎ(15)
ハムスター(10)
齧歯類(5)
鳥類(17)
爬虫類(13)
両生類(5)
魚類・甲殻類・水生生物(15)
虫・昆虫(10)
哺乳類(17)
ペット・動物全般、コラム(8)

タグ一覧

おもしろペット(46)
しつけ(150)
まとめ(222)
ツイート(1)
トイレ(69)
ランキング(18)
値段・価格(167)
旅行・ホテル・レストラン(2)
画像(48)
病気・病院(173)
種類・品種(165)
性格・生態・特徴(71)
毛色・毛質(59)
繁殖・育成(134)
歴史・豆知識(225)
選び方(146)
食事、餌、栄養(156)
飼い方(212)
口コミ、レビュー(35)
おもちゃ(7)
寄付、募金(3)

人気記事ランキング