logo

Top > 鳥類 > 野鳥

野鳥のサブジャンル一覧




野鳥の記事一覧


声と尾羽が美しい「サンコウチョウ」の特徴や生態を紹介!

コバルトブルーのアイリングとくちばし、長い尾羽を持った美しい野鳥である「サンコウチョウ」を知っていますか? その鳴き声から三つの光の鳥という名前を持つサンコウチョウは、バードウォッチング愛好家の憧れの的であり、静岡県の県鳥にも指定されています。 当記事ではサンコウチョウの生態や亜種について解説し、ペットとして飼えるのかどうかを考えていきます。


鳥のブッポウソウの鳴き声は「ブッポウソウ」ではない?!特徴や生態、現在の繁殖状況は?

ブッポウソウは、興味深い名前と美しい容姿をあわせ持った、魅力的な鳥です。 その名の由来は鳴き声と考えられていますが、「ブッポウソウ」と鳴く鳥は、実は彼らではありません! ブッポウソウという鳥は、どのような鳴き声で、どういった特徴があるのでしょうか。 また、絶滅危惧種に指定されている鳥でもあるため、これからも保護していかなくてはいけない大変貴重な存在です。 ブッポウソウの生態や現在の繁殖状況、観察する際に気をつけたいポイントについても、この機会に確認しておきましょう。


ミョウガの妖精!?珍鳥「ヨシゴイ」の生態や特徴

ヨシゴイと言う鳥をご存知でしょうか。魚の「鯉」ではありませんよ。 意外と私たちの身近に現れることのある鳥なのですが、あまり知られていないことも事実です。 しかし、その一方で独特な姿や仕草が面白いと、SNSを中心に一部で話題にもなっています。 珍鳥とも言われるヨシゴイは、果たしてどのような鳥なのでしょう。 ヨシゴイの生態や特徴を始め、珍鳥と呼ばれる理由を紹介します。 ぜひ、珍鳥ヨシゴイに癒しを求めてみてはいかがでしょうか。


【元動物園の飼育員が解説】カラスはペットとして飼える?カラスの寿命や生態も解説

あなたは「カラス」という鳥に、どのようなイメージを持っていますか? ゴミ捨て場に群がってゴミを荒らす、よく響く声でうるさく鳴くといったネガティブなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。 カラスは日本全国に生息している、私たちにとって馴染み深い野鳥です。 ですが、誰でも存在を知っている反面、実は寿命を含めた生態についてまだわからない部分が多い鳥でもあります。 本記事では元動物園の飼育員である筆者が、意外と知らないカラスの寿命や生態を解説していきます。


日本のシンボル的存在、北の大地の美しき鶴「タンチョウ」の特徴や生態

北の大地、釧路湿原に生息する「タンチョウ」 白く美しい羽毛に覆われ、頭頂部の色鮮やかな赤い部分が特徴的です。 その大きさは鶴界の中では最大級といわれています。 タンチョウとはどのような鶴なのか。 その歴史や特徴、生態はどのようなものなのか。 絶滅の危機から立ち直った保護の歴史や、観察できるスポットまで、タンチョウについてご紹介します。


海辺をトコトコ歩く仕草が可愛い【ハクセキレイ】について紹介!

道路をトコトコと歩く、白地に黒色や灰色の鳥を見たことがありませんか? 鳥なのに地面で小走りをしていたり、尾を上下にフリフリと揺らしている姿は、とても可愛いですよね。 この鳥は【ハクセキレイ】と言います。 日本全国に生息しており、水辺によく生息しているので、海や川がある場所で見られることが多いです。 この【ハクセキレイ】がどのような鳥かご存知ですか? 本記事では、『ハクセキレイの生態』や『ハクセキレイと瓜二つな鳥』などを紹介します。


身近な鳥のホオジロ。生態や分布、見分け方、特徴まで

日本各地に生息するホオジロ。 かつてはカッコウの卵を代わりに育てていました。 ホオジロの特徴の一つに聞きなしがあります。 鳴き声が日本語で表現した時に面白く聞こえますよ。 渡鳥ではない留鳥の一種ですのでいつでも観察できそうですが冬場はより難しくなります。 今回はホオジロについて体の特徴から歴史、鳴き声、見つけ方など詳しく紹介していきます。 スズメと似ていることもあるせいか見つけることが難しいと感じている方は特に必見の内容になっています。 それでは、ぜひ読み進めてください。


春を告げる渡り鳥「ツバメ」の生態や特徴、保護の方法やその注意点などを解説

「春になると日本にやってくる身近な野鳥は?」と聞かれたら何と答えますか? この質問に、白と黒のコントラストが美しい鳥「ツバメ」と答える方が多いのではないでしょうか。 ツバメは害虫を食べてくれる益鳥として、昔から世界中の人に愛されてきました。 家の軒下に巣を作る姿や、見事な滑空で昆虫を捕らえる姿を見たことがある方もいるでしょう。 しかし、ツバメはとても身近である一方、生態について知られていないことが多い鳥でもあります。 当記事ではそんなツバメについてその生態や特徴、保護の方法を解説していきます。


アカショウビンの生態や特徴まとめ

森の中を飛ぶ美しい鳥「アカショウビン」をご存知でしょうか。 飛ぶ宝石とも呼ばれるカワセミの仲間であり、カワセミらしい美しい鳴き声と、燃えるような赤色を全身にまとったその姿は、野鳥愛好家にとってのあこがれの的です。 当記事ではそんなアカショウビンはどんな鳥なのか、ペットとして飼えるのか、どこの動物園で飼育されているのかを元動物園の飼育員が解説します。


「アオジ」の生態や飼育方法を解説!ちょっと地味だけど美しい声を持った身近な野鳥

全国各地で見られるものの、うまく自然に溶け込んであまり目立たない野鳥「アオジ」を知っていますか? アオジは可愛らしい顔にふっくらとした体、少し地味ながら美しい色をした羽と声が魅力的です。 当記事ではアオジの生態やペットとして飼えるかどうか、またアオジが見られる動物園について解説していきます。


ムクドリはどんな鳥?鳴き声や巣の特徴などを紹介

北海道から沖縄まで、日本のほぼ全域で観察することができるムクドリについてご存知ですか? 名前は聞いたことがあるけど、どのような鳥なのかは知らないという人が多いのではないでしょうか。 ムクドリは大群で行動するため、鳴き声やふんに悩まされている人が多い鳥でもあるのです。 本記事では「ムクドリの特徴」や「ムクドリの種類」など、ムクドリについて解説しています。 ムクドリについて詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。


猛禽類の「ノスリ」はペットとして飼える?その生態や特徴を紹介

実は人間の近くで暮らしてる猛禽類の仲間「ノスリ」を知っていますか? 大きいわけでも派手な色をしているわけでもないことから、ノスリの存在自体に気付いていない方もいるかもしれません。 当記事では色はちょっと地味だけど、意外とかわいい顔をしているノスリについて解説していきます。 その生態や特徴、ペットとして飼えるかどうか、ノスリのいる動物園などをご紹介します。


オスが黄色で美しいキビタキ。生態や生息、特徴まで解説

鳥は多くの種類でオスが華やか。 キビタキという鳥も例外ではありません。 キビタキはオスが黄色い色の体の非常に珍しい鳥になります。 日本では全国的に生息する鳥の仲間になりますがどのような鳥なのかを今回は紹介していきます。 生態、生息、体の特徴やオスとメスの特徴などをふんだんに解説しました。 これまでキビタキについてあまり知らなかった方は内容を読んで理解を深めてみてくださいね。 いろんな特徴がある鳥がキビタキですよ。


アオサギの生態や観察スポットなど

野鳥というと、スズメやカラスのようにさほど大きくない鳥をイメージしますが、たまに野外で大きな鳥を見ることはありませんか。 その大きな鳥はアオサギかもしれません。 アオサギは海岸や河原、水田などの水がある地帯にいることがよくあります。 そのため、意外と身近にいる鳥なのです。しかし、どのような鳥なのかご存じない人は多いと思います。 本記事では、『アオサギの生態』や『アオサギを飼うことはできるのか』、『アオサギの観察スポット』などを紹介しています。


ゴイサギはどんな鳥?ゴイサギの特徴や生態を紹介

ゴイサギという鳥を知っていますか? 分かりやすく言うと、ペンギンのような見た目をしている鳥です。 野鳥として生息しているだけではなく、動物園や水族館で飼育されていることもあるので、見たことがある人も多いのではないのでしょうか。 しかし、ゴイサギについて詳細を知っている人は少なくなるでしょう。 本記事では大きさや鳴き声などのゴイサギの生態や、ゴイサギが観察できる場所などを紹介しています。 ゴイサギについてもっと知りたい人やゴイサギに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。


ヒヨドリの生態、特徴、巣の対策方法

都市部でもよく見かけるヒヨドリ。 身近な存在の小鳥の一種ですが、可愛らしい体格ながら、よく見ると灰色の体にボサボサ頭と気の強そうないかつい風貌をしています。 「ヒヨヒヨ」という鳴き声はまるで自己紹介をしているようですね。 ヒヨドリの巣は縁起が良いとされているものの、家のそばに巣を作り繁殖した場合、鳴き声やフンに悩まされることも事実です。 今回は、ヒヨドリの生態から巣の対策までご紹介します。 また、家庭でヒヨドリは飼育が可能なのか、よく似たムクドリとの見分け方もお伝えします。


カルガモの特徴や生態について。ペットとして飼うことはできる?

春先になるとテレビのニュースやワイドショーがこぞって取り上げる、カルガモのお引っ越し。 親カルガモの後を、一生懸命ちょこちょこと追いかける子カルガモの姿は何度見ても癒されます。 日本全土に生息し、留鳥とされているカルガモは、日本人にとって身近な存在です。 そんなカルガモは、ペットとして飼育することは可能なのでしょうか。 実は色々と制約はあるものの、決して不可能ではないのです。 今回は、カルガモの特徴や生態について詳しくご紹介します。


鳥のトキ(朱鷺)は絶滅した?保護の理由と歴史・現在の繁殖状況と課題を解説!

トキ(朱鷺)は、「ニッポニア・ニッポン」という学名で知られるように、日本の代表的な鳥の一種であるにも関わらず、絶滅の危機を迎えてしまった貴重な生物です。 本記事ではトキが絶滅寸前の状態になってしまった理由・原因、保護活動の歴史と現在、日本産最後のトキとして知られる「キン」の話、そして今現在のトキの繁殖状況や日本国内に生息している数など、トキに関する様々なことをまとめました。 また、合わせてトキを観察することができる場所もご紹介するので、本物のトキに会いたい方はぜひチェックしてください。


色鮮やかなオオルリを観察しよう。オオルリの特徴や性格、生活のまとめ

鮮やかな体の色と美しいさえずりが魅力のオオルリ。 日本には4月ごろやって来て巣作りをし、繁殖をします。 しかし、10月を過ぎた頃から暖かい場所へと去ってしまいます。 観察できる期間が限られているオオルリですので、是非とも観察に出かけたいところ。 今回はオオルリについて、体の特徴から生活の様子などを説明していきます。 さらに、関東地区でオオルリを観察しやすいスポットも紹介。 観察のコツを頭に入れて、綺麗な野鳥のオオルリをみてみましょう!


鳩時計はカッコウだった?カッコウの特徴、托卵の方法とその巧みな技とは

日本では夏の始まりに「カッコー」という鳴き声を届け初夏を知らせるカッコウ。 今もその声を聞くと「夏が始まったなぁ」と思う人もいるのではないでしょうか。 そんなカッコウは独特の繁殖方法で知られています。 自分で子育てをせず、他の鳥に育てさせる托卵。 その巧妙な技とは一体どんなものでしょうか。 ここでは、カッコウの特徴や托卵の方法など詳しくご紹介していきます。

検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(510)
   猫/ネコ(212)
   犬/イヌ(253)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(97)
   うさぎ(43)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(7)
   チンチラ(2)
鳥類(120)
   インコ(21)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(41)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(10)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(63)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(810)
種類/品種(687)
繁殖/育成(592)
毛色/毛質(270)
性格/生態/特徴(637)
食事/餌/栄養(625)
病気/病院/治療(653)
しつけ(466)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(555)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(165)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(922)
画像/動画(127)
まとめ(860)

人気記事ランキング