logo

Top > 中型哺乳類

中型哺乳類のジャンル一覧




中型哺乳類の記事一覧

犬/イヌ

【獣医師監修】犬が血便をしたらどうすべき?原因や予防法を解説

犬は人間のように言葉を話せないので、具合が悪くてもそれを飼い主さんに伝えることはできません。 そんな愛犬の体調を把握するためには、毎日のウンチの状態をチェックすることはとても重要です。 犬にも血便という症状が現れることがあります。 もし愛犬が血便をしたら、それは体調不良や体に異常があるという証拠です。 血便を見逃さず、原因を取り除いたり治療したりすることが、愛犬の命を守ることに繋がります。 今回は犬の血便にはどんなものがあるのか、どんな病気が疑われるのか、予防するにはどうしたら良いかなどを解説します。

猫/ネコ

【獣医師監修】猫にいちごを与えても大丈夫?いちごを与えるメリットと与える際の注意点を解説

冬から春にかけて旬を迎える人気のフルーツ・いちご。 甘くてジューシーでビタミンも豊富な果物ですが、猫に与えることはできるのでしょうか。 今回はそのような疑問に答えつつ、猫にいちごを与えるメリットや与える際の注意点について解説していきます。 「猫にいちごを食べさせてもいいの?」と心配になっている方は、ぜひ参考にしてください。

タヌキ

身近な野生動物である「タヌキ」は飼育できるのか?生体や飼育方法の紹介

日本でよく知られている野生動物の一種が「タヌキ」です。 夜間に見かけることが多く、交通事故に遭ってしまうこともまた多い生き物です。 タヌキは動物園でも見かけることができ、短い手足やもふもふの被毛、可愛らしい顔から、ペットとしてお迎えしたいと考える方もいるかもしれません。 野生動物であるタヌキをペットとして飼うことは、果たして可能なのでしょうか。 今回はタヌキの寿命や性格、鳴き声などの基本データから、飼育方法、注意点などをまとめました。 タヌキに興味のある方は、是非ご一読いただけると幸いです。

犬/イヌ

ワイマラナーの性格、大きさ、価格、飼い方は?

ワイマラナーはドイツ原産の狩猟犬。 賢く従順でしつけしやすい犬で、アメリカでは特に人気があります。 かなりの運動量が必要なため、日本ではあまり名前を聞くことはありませんが、住環境さえ整えば、良きパートナーとしてもってこい。 ここでは、そんなワイマラナーについて、飼う前に知っておきたい性格や子犬の値段、飼育方法をご紹介します。

猫/ネコ

【獣医師が解説】猫にさつまいもを与えても大丈夫?さつまいもの栄養素と猫にあげる際の注意点

結論から言えば、猫にさつまいもを与えても問題はありません。 猫は甘みを感じないので、好んで食べるかどうかは性格次第です。 さつまいもの栄養素には炭水化物・ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンE・βカロテンなどが含まれます。 ビタミン類は免疫の調節などに効果があります。 しかし、猫は肉食性が強い動物なので、穀物や根菜は猫の消化器に合わないという意見があります。 そのため、さつまいももごく少量にするのが良いでしょう。 本記事では、猫にさつまいもを与えるメリットとデメリットを解説していきます。

猫/ネコ

【獣医師監修】猫の目やにの原因や対処法、予防法について解説

猫の目に目やにが付いていて気になることはありませんか? 猫は目に異常が出やすい傾向があり、犬などの他のペットに比べると、目やにが付いていることを見かけることが多いかもしれません。 猫の気になる症状として目やにを上げる飼い主さんは多いのですが、目やににも正常なものと目のトラブルや病気が原因で発症するものがあります。 気を付けるべき猫の目やにはどのようなものなのか、今回は猫の目やにが出る原因や対処法、予防法をご紹介します。

犬/イヌ

【獣医師監修】犬はみかんを食べても大丈夫?上手な与え方と注意点を解説

みかんを食べたがる犬は珍しくありません。 みかんは美味しい上に、ビタミンCなどが豊富で栄養効果にも優れています。 また、比較的安価で手に入りやすいので、おやつとして取り入れたいところですが、犬はみかんを食べても大丈夫なのでしょうか。 みかんは犬に対しての毒性はありませんが、犬にみかんを食べさせる際には量や与え方で気を付ける点があります。 本記事では上手なみかんの与え方や注意点、栄養効果などをご紹介します。

猫/ネコ

【獣医師監修】猫の血尿は病気が原因?おしっこチェックで猫の健康を守る

愛猫のおしっこの色がいつもと違っていたらびっくりしますよね。 猫の血尿は、血が混じっているとはっきり分かる場合だけではありません。 猫のおしっこの色が濃かったり少し赤っぽいと感じたら、血尿の可能性が考えられるでしょう。 実は、猫は下部尿路系の病気にかかりやすい傾向があるため、血尿は珍しい症状ではありません。 猫の血尿は健康な状態で出ることはなく、何らかの体の不調や病気が原因と考えられるため、放置してはいけません。 本記事では血尿の症状が出る病気や日頃のチェックの仕方、獣医へのかかり方などを解説します。

猫/ネコ

【獣医師監修】猫が血便をしたらどうすべき?猫の血便の原因と対処法、予防策まで解説

猫は自分が具合が悪いことを隠す傾向にある動物です。 そのため、飼い主さんが猫の体調不良に気付かないということがあります。 そういう猫ちゃんでも毎日できる健康チェックの方法が、うんちの状態を観察することです。 猫のうんちが血便だった場合は、なんらかの体調不良の証拠。 今回は猫の血便にはどんなものがあるのかをはじめ、どんな病気が疑われるのかや、どう対処すべきかを解説します。

プレーリードッグ

【元動物園の飼育員が解説】オグロプレーリードッグはペットにできる?オグロプレーリードッグの生態や値段、飼い方

あなたは「オグロプレーリードッグ」といわれて、どんな動物かすぐに想像ができますか? すぐに思いついた方は、とても動物に詳しい方であるとお見受けします。 動物園でもペットとしても大人気のプレーリードッグには、実は5つもの種類があります。 そして、日本で見かけるプレーリードッグのほとんどが、本記事で取り上げる「オグロプレーリードッグ」という種類なんです。 今回は元動物園飼育員で実際にお世話もしていた筆者が、オグロプレーリードッグの生態やペットとしての飼い方を解説していきます。

犬/イヌ

【獣医師監修】犬はりんごを食べても大丈夫?りんごの栄養効果と犬への上手な与え方

犬は肉食動物ですが、りんごをあげるとおいしそうに食べる子もいます。 日本においてりんごは手に入りやすい果物であり、味や香りも良いですよね。 また、ビタミン類や食物繊維など、りんごに含まれる栄養素は健康効果も期待できます。 「1日1個のりんごは医者いらず」と言われることもあるりんごですが、犬に与えた場合はどうなのでしょうか。 本記事ではりんごの健康効果をはじめ、犬にりんごを与える際の注意点や上手な与え方、レシピなどをご紹介します。

犬/イヌ

【獣医師監修】犬の肉球の役割とは?注意すべき肉球のトラブルやケア方法を紹介

犬の肉球はよく犬のシンボルとしてイラストにも描かれ、とても可愛いものですよね。 肉球は人間にはないもので、一部の動物が持っている足の裏の器官です。 肉球は犬や猫が歩くためには絶対に必要なもので、犬が健康に過ごすためにはとても大事な部分です。 犬の肉球は丈夫で、人間のように靴を履いて歩かなくても自由に外を歩き回ることが可能です。 しかし、丈夫な肉球であっても色々なトラブルが発生することもあり、そのトラブルは犬の質の良い生活を脅かすことになってしまいます。 今回は犬の肉球の役割やケア方法をご紹介します。

猫/ネコ

【獣医師監修】猫も熱中症になる!? 熱中症の症状や対策を解説

猫はこたつや日向ぼっこが大好きだったりと暖かい場所を好みますし、比較的暑さに強い動物とされているので、熱中症対策をあまり考えたことがない飼い主さんもいるかもしれません。 しかし、猫も熱中症になります。 特に日本の夏は温度が高いだけではなく、湿度も高いために、猫にも熱中症対策は必要になってきます。 熱中症はどんなときに発症しやすいのでしょうか。 本記事では、愛猫が熱中症にならないためにはどうしたらいいかをはじめ、万が一熱中症になってしまったときの対応も解説します。

犬/イヌ

【獣医師監修】犬の生理は人間とどう違うの?生理がきた時の対処方法や注意点を紹介

「犬にも生理があるの?」とびっくりする方もいるかもしれませんが、犬にも生理があります。 犬の生理は仕組みや症状、期間が人間と異なることも多く、女の子のワンちゃんと生活する以上、生理に関する知識を持つことは必要不可欠です。 本記事では、犬の生理の仕組みや期間、症状などをご紹介します。 また、犬が生理になった時の対処法と注意点も取り上げるので、いざ生理が来た時にどうすれば良いかわからないという方はぜひチェックしてください。

犬/イヌ

【獣医師監修】犬はバナナを食べても大丈夫?犬へのバナナの与え方や気を付けるべきこと

手軽な価格帯で、スーパーに行けば大体手に入れることができるバナナ。 食物繊維が豊富で健康に良いと言われることが多いフルーツのバナナですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか。 今回はそのような疑問をお持ちの方に向けて、ワンチャンにバナナをあげるメリットや与え方、あげる際の注意点などを解説していきます。 愛犬にバナナを与えてみたいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にバナナの量に気を付けながら試してみてください。

猫/ネコ

【獣医師が解説】猫にハッカ油は大丈夫?ハッカ油の危険性と中毒症状について

結論から言うと、猫にハッカ油などの精油成分は使えません。 猫は精油成分を無毒化する力が弱く、中毒症状が出やすいためです。 精油とは、エッセンシャルオイルとも言われ、天然の素材から抽出した有効成分を高濃度に濃縮したものです。 油やオイルと名前に付いていることから分かるように、脂溶性の化学物質です。 人や犬は脂溶性の化学物質が体内に入っても、肝臓の解毒作用(グルクロン酸抱合)で無毒化することができますが、猫は出来ません。 今回は、知らずに使用していると猫に負担がかかってしまうハッカ油について解説します。

犬/イヌ

【獣医師監修】ワイヤーフォックステリアの飼い方、性格、価格

ドッグショーで人気のワイヤーフォックステリア。 元々はイギリスの狩猟犬です。 能力が高く、気が強いワイヤーフォックステリアは、「テリアの典型」と呼ばれています。 頭が良く楽しいことが大好きなワイヤーフォックステリアは、芸を覚えることも得意。 喧嘩っ早い面もありますが、積極的に犬生を楽しむ犬でもあります。 しつけの面では、向こう見ずな性格を制御するために知識や忍耐が必要に。 今回はワイヤーフォックステリアがどのような犬種なのかをご紹介するので、家族に迎える際の参考にしていただければ幸いです。

犬/イヌ

愛犬の健康を考えた新しい健康フード「モグワン」とは

愛犬が末長く元気に健やかに過ごすために、最も重要なのが毎日の食事です。 犬のための健康フードは数多く販売されていますが、ドッグフードの種類が多すぎるため選ぶのも大変ですよね。 今回おすすめするのは、犬の食いつきと健康を両立させた新たなタイプの「モグワン」ドッグフードです。 素材と製法にこだわり抜いて作られた「モグワン」ドッグフードについて知れば、大切なワンちゃんに食べさせてあげたくなることでしょう。 また、愛用者の口コミや購入方法、現在開催中の100円モニターキャンペーンについてもご紹介していきます。

犬/イヌ

話題の超高級ドッグフード!ヒューマングレードの食材のみを使用した「モグワン」の実食レビュー

「モグワン」と言うドッグフードをご存知でしょうか。 ショップに並んでいないのでご存知のない方も多いかもしれませんが、試食会では97.8%の犬が食べたという食いつきの良さ。 それもそのはず、動物性蛋白質が50%以上も使われた栄養満点のドッグフードなんです。 今回はそんなモグワンを実際に与えてみて、内容やレビューについてをまとめてみたいと思います。

犬/イヌ

【獣医師監修】犬の餌の種類と選び方。手作りフードの作り方や、犬の年齢に合わせたおすすめドッグフードも

愛犬に毎日与えるドッグフード。 原材料や添加物にこだわって、愛犬に少しでも長く健康な毎日を過ごして欲しいですよね。 ドッグフードと一口に言っても、カリカリごはんやしっとりしたウェットフード、手作りごはんなど豊富な種類があり、それぞれの特徴やメリット・デメリットも様々です。 今回は子犬・成犬・老犬と年齢別にドッグフードを選ぶ際のポイントや注意点を解説します。 犬の年齢ごとにおすすめのドッグフードをはじめ、「市販のものでは満足できない!」という方に向けて手作りフードの作り方もご紹介します。

検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(596)
   猫/ネコ(244)
   犬/イヌ(307)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(103)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(3)
鳥類(125)
   インコ(23)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(44)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(11)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(66)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(904)
種類/品種(730)
繁殖/育成(598)
毛色/毛質(303)
性格/生態/特徴(674)
食事/餌/栄養(682)
病気/病院/治療(705)
しつけ(475)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(589)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(1027)
画像/動画(127)
まとめ(870)

人気記事ランキング