logo

Top > 大型哺乳類 > カピバラ

カピバラはペットに出来る!?カピバラの特徴や生態、飼い方や購入方法まで解説






温泉につかってぼーっとしている姿が印象的なカピバラですが、どんな動物かご存知ですか?

カピバラはモルモットと同じ仲間で、げっ歯類の中では最大の大きさなのです。
撫でてもらうのが大好きで、背中やあごの下を撫でてあげると、コテンと転がって気持ちよさそうに寝てくれます。

可愛らしい仕草や見た目から、自分でも飼ってみたくなる人もいるのではないでしょうか。
本記事ではそんなカピバラについて、『カピバラの生態』や『カピバラの値段』『カピバラの飼い方』など、カピバラについて幅広く掲載しています。

カピバラの生態

 

カピバラ

 

ぼーっとしていて、愛嬌のある顔をしているカピバラですが、実は「鬼天竺鼠(オニテンジクネズミ)」が本来の和名です。

見た目とは正反対の強面な名前ですよね。

 

カピパラ自体が何語なのかというとスペイン語なのです。

元は、グアラニー語という南アメリカ先住民の言語せあり、『細い草を食べる者』という意味でした。

その発音がスペイン語に変化して「Capibara」と呼ばれるようになったのです。

 

普段はぼーっとしていますが、泳ぎ上手で、水中には5分間も潜ることができます。

前足の4本指の間と、後足の3本指の間に膜状の小さな水かきがついているため、上手に泳ぐことができるのです。

 

・分布

 

カピバラ

 

南アメリカ東部を中心に生息しています。

熱帯雨林や草原などの様々な場所にいますが、主に、湖や沼、川などの水辺や草原で生活をしています。

日本には野生のカピバラは生息していないので、カピバラを見たい場合は 動物園 で見ることができます。

 

・大きさ

 

カピバラ

 

体長は106cm~134cmで、体重はオスが35kg~64kg、メスが37kg~66kgです。

体長は、小学校低学年の子の身長くらいはあります。

そう考えると、カピバラは意外と大きいですよね。

それもそのはず、カピバラはげっ歯類最大の動物なのです。

 

げっ歯類というと、ネズミや ハムスター のような 小動物 が思い浮かびますが、マーラやヤマアラシなどもげっ歯類であり、その中で最大なのがカピバラです。

体が大きい分体毛も長めで、5cm以上にもなります。

この毛は意外と硬く、触り心地はたわしのようです。

また、尻尾はありません。

 

・鳴き声

 

 

「キュルル」と可愛らしい鳴き方をします。

初めて聞いたら、カピバラが鳴いているとは気づかないかもしれません。

これはリラックスしている時に鳴く鳴き方なので、背中などを撫でてあげると鳴いてくれるかもしれません。

また、威嚇している時は「ゴッゴッ」というような鳴き方、警戒している時は「ピャッピャっ」というような鳴き方をします。

 

・食性

 

カピバラ

 

食性は植物食なので、野生のカピバラは果物や樹葉、茎などを食べます。

飼育下のカピバラは、乾草や草食獣用ペレット、果実や野菜を主体に与え、それに加えてビタミンやカルシウムを添加している動物園が多いです。

 

富山県にある動物園では、1頭のカピバラに1日で下記の量の餌を与えているそうです。

[乾草1000g、りんご500g、ニンジン250g、キャベツ350g、サツマイモ250g、トウモロコシ100g、パン200g、カルシウム(鉱塩)少量、青草(夏のみ)1000g]

 

・雌雄判別

 

カピバラは見た目で雌雄判別をすることができます。

見分ける部分ですが、鼻の上辺りに禿げている部分があるかどうかです。

この部分は、モリージョと言い、オスのみが有しています。

これもスペイン語であり、訳すと「小さな丘」という意味になります。

名前の通り、禿げている部分は少し盛り上がっています。

 

モリージョは臭腺が発達しており、この部分を擦り付けて自分のテリトリーを示します。

オスでもあまりモリージョが目立たない個体もいます。

『伊豆シャボテン動物公園』にいるカピバラはモリージョがあまり目立たないようなので、普段から見慣れていないと雌雄判別はしにくいでしょう。

 

・繁殖

 

カピバラ

 

カピバラは、年中交尾することが可能と言われています。

性成熟は15~24ヶ月なので、2歳以上のカピバラであれば繁殖可能です。

妊娠期間は104~160日と少し長めで、平均4頭の幼獣を産みます。

 

授乳期間は1年にも及びますが、食物自体が食べられるようになるのは生後1週間ほどなので、とても早いです。

また、カピバラは自分の子供ではなくても授乳を行います。

 

[カピバラの生態まとめ]

 

・分類:哺乳綱 ネズミ目 ヤマアラシ顎下目 テンジクネズミ科 カピパラ属

・和名:オニテンジクネズミ(鬼天竺鼠)

・英名:Capybara

・分布:南アメリカ東部

・大きさ:

体長106cm~134cm
体重(オス)35kg~64kg(メス)37kg~66kg

・鳴き声:リラックス「キュルル」 威嚇「ゴッゴッ」 警戒「ピャッピャっ」

・食性:植物食

・雌雄判別:オスはモリージョあり。メスはモリージョなし。

・繁殖:

性成熟 15~24ヶ月
妊娠期間 104~160日
産後数 平均4頭

・寿命:5~10年

 

 


カピバラはペットとして飼えるのか

 

カピバラ

 

カピバラは一般家庭では飼育することができなさそうに思えますが、飼育は可能です。

しかし、カピバラを飼育している人なんで身近にいませんし、聞いたこともない人がほとんどのはずです。

それはなぜかと言うと、カピバラを購入し、飼育するのが大変だからです。

 

カピバラの購入方法

 

カピバラは、 がいるような普通のペットショップでは販売されていません。

一番購入できる場所を探しやすいのはネットでしょう。

「カピバラ 値段」で販売している会社が検索に引っかかります。

しかし、販売している会社はほんの少ししか見つかりません。

 

ネット販売でなくても、まれに販売されている場所もあります。

例えば『インナー・シティ・ズー ノア』というペットショップが 神奈川県 にあり、そこにはサーバルキャットや ナマケモノ 、ポニーやペンギンなど、動物園にいるような珍しい動物を販売・展示しています。

そういったお店でしたら、カピバラが販売されていることもあります。

 

カピバラの値段

 

カピバラの値段ですが、70万円前後になります。

販売場所が少なく、購入されることが少ない動物なので、販売価格もそれなりに高いです。

同じげっ歯類であるモルモットと比べると、モルモットが2000円~ですので、カピバラはモルモットの350倍になります。

 

カピバラの飼い方

 

カピバラ

 

運良くカピバラの販売場所が見つかり、購入資金が用意できても、飼育していくことも大変なのです。

まず、飼育できる環境を用意しなければなりません。

そのためには下記の飼育用品が必要になります。

 

・石、木

 

カピバラはげっ歯類なので、歯が延び続けます。

そのため、歯を削ることができる石や木を用意しましょう。

 

・水浴び用桶

 

カピバラは水浴びが好きなので、カピバラが余裕を持って入れる水浴び場が必要です。

 

・餌

 

「カピバラの生態」の「餌」の部分に動物園にて与えている餌を載せてありますが、あれほど与える必要はありません。

なぜなら、動物園では大きめの飼育スペースがあり、たくさん運動ができるからです。

そのため、カピバラに与える餌の種類は動物園で与えている餌と同じような食物でも大丈夫ですが、量は減らしたほうがいいです。

しかし、必ずしもその餌を与えるのがいいわけではありません。

 

一番いい餌は、今まで食べていた餌です。

販売場所の餌の内容と同じにした方が、カピバラに負担がありません。

購入時に、今までどんな餌をどれくらいの量で、どのようにして与えていたかを聞いて、飼育しながら餌の与え方を調節していきましょう。

 

・餌入れ、水入れ

 

カピバラの顔が大きので、餌入れ、水入れは大きめの物にしましょう。

 

・お手入れ用品

 

ブラッシングをする時はラバーブラシのように、少し固めのブラシの方がいいです。

 

・暖房器具

 

飼育スペース自体が広くなるので、畜産用のカーボンヒーターやコルツヒーターが好ましいです。

動物園のように温泉を桶に張ってあげれば温泉に浸かるカピバラを家庭で再現できますが、それができる家庭は少ないでしょう。

 

・寝床

 

様々な物がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

おがくず→掃除がしやすく自然な環境に近づけられるが、コストや購入の手間がかかる。

藁→おがくずと同様。

毛布、タオル→購入が簡単で使いまわしができるが、都度洗濯が必要で複数枚用意しなければならない。

 

・掃除用品

 

トイレや飼育スペースを掃除するようのタワシや水切り、ほうきや箕(ちりとり)がいります。

 

・トイレ

 

カピバラは水の中で排泄をします。

そのため、水浴び用とは別に、トイレ用の水場が必要になります。

 

・飼育スペース

 

上記の物が入り、カピバラが動き回るのに不自由ないくらいの大きさの飼育スペースが必要です。

さらに、掃除がしやすいように、水をまくことができるような場所の方がいいでしょう。

常に水気がある場所なので、日当たりが悪く、湿気がこもりやすい場所は避けましょう。

なるべく、換気がしやすく、程よく日が当たる場所にした方がいいです。

日当たりが良すぎる場合は、日を避けられる場所も飼育スペース内に確保することが大事です。

 

 

最低限、これらの用品は必要になります。

 

次に、カピバラを診察することができる動物病院を探さなければいけません。

病気にかかることが少なくても、いざカピバラが体調不良になった場合、すぐに動物病院を探すことはできないでしょう。

そのため、動物病院を事前に探しておく必要があります。

滅多に診てくれる動物病院はないので、カピバラを購入するときに診てくれる動物病院があるかも聞いておいたほうがいいでしょう。

 

カピバラを飼うには、相当な資金と手間がかかることがよくわかったかと思います。

一般の家庭でカピバラを飼うことはなかなかできないので、どうしてもカピバラとふれあいたい場合は動物園に行くことをオススメします。

 

 

カピバラがいる動物園

 

カピバラ

 

北海道 ・旭川市旭山動物園】

 

『くもざる・かぴばら館』にて見ることができます。

2005年に完成したこちらは、クモザルとカピバラが同居している、珍しい組み合わせが見れます。

ただし、カピバラの展示は夏期開園時のみとなります。

 

[旭川市旭山動物園の基本情報]

 

・住所:北海道旭川市東旭川町倉沼

・電話番号:0166-36-1104

・入園料:大人820円 小人(中学生以下)720円

・開園時間:時期によりへんどうがあるため、公式ホームページの『開園期間・時間』をご覧ください

・休園日:公式ホームページの『開園期間・時間』をご覧ください

・公式ホームページ: http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/index.html

 

栃木県 ・那須どうぶつ王国】

 

 

カピバラと自由に触れ合える『カピバラの森』というエリアがあり、カピバラとふれあったり、100円で餌をあげることができます。

また、定期的に『カピバラトーク』というカピバラの生態や特徴解説を行うトークショーも行っています。

 

寒い時期になると、カピバラ用温泉でくつろぐカピバラを見ることができます。

さらに、カピバラだけではなく、人も足湯につかりながらカピバラを観察することができるのです。

温泉地ならではの特徴ですね。

 

[那須どうぶつ王国の基本情報]

 

・住所:栃木県那須郡那須町大島1042-1

・電話番号:0287-77-1110

・入園料:

大人(中学生以上)2000円
こども(3歳~小学生)1000円※
※時期により変動あり

・開園時間:

平日 10:00~16:30
土日祝・特定日 9:00~17:00
冬期 10:00~16:00

・休園日:公式ホームページの『営業時間』内に掲載

・公式ホームページ: http://www.nasu-oukoku.com

 

 

東京都 ・井の頭自然文化公園】

 

 

ふれあいコーナーはありませんが、カピバラを都内にて見ることができます。

現在は終了してしまいましたが、大人気アニメ『けものフレンズ』とコラボをしていた時期もあり、解説パネルが『けものフレンズ』のキャラクターになっていた時もありました。

 

[井の頭自然文化公園の基本情報]

 

・住所:東京都武蔵野市御殿山1-17-6

・電話番号:0422-46-1100

・入園料:

一般400円
中学生150円
65歳以上200円

・開園時間:9:00~17:00

・休園日:

月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)
年末年始(12月29日から1月1日)

・公式ホームページ: http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

 

静岡県 ・伊豆シャボテン動物公園】

 

shyaboten_kapibara

 

伊豆シャボテン動物公園は、カピバラ温泉の元祖です。

カピバラ温泉が有名になったのは2000年代に入ってからですが、実は1982年からカピバラ温泉を行っていたのです。

現在では普通の温泉だけではなく、鍋温泉も置いてあり、年中問わずカピバラが入浴しています。

 

『カピバラ虹の広場』では、カピバラに餌をあげることや、ふれあうこともできます。

カピバラの赤ちゃんが生まれていることがよくあるので、幼いカピバラとふれあうこともできます。

また、シャボテン動物公園では『カピーバ』と『カピーナ』というキャラクターがおり、シャボテン動物公園内だけではなく、 伊豆 付近の観光施設やお祭りなどにも参加していることがあるようです。

 

[伊豆シャボテン動物公園の基本情報]

 

・住所:静岡県伊東市富戸1317-13

・電話番号:0557-51-1111

・入園料:

大人(中学生以上)2300円
小学生1100円
幼児(4歳以上)400円

・開園時間:

9:00~17:00(3月~10月)
9:00~16:00(11月~2月)

・休園日:年中無休

・公式ホームページ: http://izushaboten.com

 

【静岡県・伊豆アニマルキングダム】

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊豆アニマルキングダム【公式】さん(@inaba.tbio)がシェアした投稿 -

 

『ワクワクふれあい広場』にたくさんのカピバラがおり、自由にふれあうことができます。

以前はカピバラの数が2匹しかおらず、広場内にもたくさん出ているわけではありませんでしたが、大幅な工事の末、2014年あたりからカピバラが常にいてふれあうことができるようになりました。

 

[伊豆アニマルキングダムの基本情報]

 

・住所:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3344

・電話番号:0557-95-3535

・入園料:

大人2200円
小人(4歳以上)1100円

・開園時間:

9:00~17:00(4月~9月)
9:00~16:00(10月~3月)

・休園日:公式ホームページの『ご案内』にて掲載

・公式ホームページ: http://www.izu-kamori.jp/izu-biopark/

 

兵庫県 ・姫路セントラルパーク】

 

 

ウォーキングサファリの『第一フライングケージ』内にカピバラがいます。

こちらでも温泉をひいており、カピバラがいる動物園では温泉が定番になっています。

 

[姫路セントラルパークの基本情報]

 

・住所:兵庫県姫路市豊富町神谷1436-1

・電話番号:079-264-1611

・入園料:

大人3500円
子供(小学生)2000円
幼児(3歳~)1200円

・開園時間、休園日:公式ホームページの『営業カレンダー』に掲載

・公式ホームページ: http://www.central-park.co.jp

 

熊本県 ・阿蘇ファームランド】

 

 

『まなびのもり ふれあい動物王国』内でカピバラとふれあうことができます。

餌をあげることも可能です。

放飼場がとても広く、カピバラたちが悠々と過ごしています。

 

[阿蘇ファームランドの基本情報]

 

・住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽5579-3

・電話番号:0967-67-0001

・入園料(ふれあい動物王国):

大人900円
3歳~小学生600円

・開園時間(ふれあい動物王国):10:00~17:00

・公式ホームページ: http://www.asofarmland.co.jp

 

 


おわりに

 

飼うことが難しいカピバラですが、実際に飼っている人は日本にもおり、ブログでその飼育模様を見ることもできます。

実際に飼っているところを見ると、「動物園だけでは物足りないので、自分もカピバラを飼育をしてみたい!」と思うかもしれません。

頑張れば飼育不可能ではないので、カピバラを終生飼育できる自信がある人は飼ってみてはいかがでしょうか。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(22)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(437)
   猫/ネコ(175)
   犬/イヌ(223)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(74)
   うさぎ(31)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(3)
   チンチラ(2)
鳥類(109)
   インコ(15)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(72)
   海水魚/熱帯魚(31)
   淡水魚(22)
爬虫類(32)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(13)
   カブトムシ/クワガタ(8)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(53)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(17)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(705)
種類/品種(621)
繁殖/育成(555)
毛色/毛質(248)
性格/生態/特徴(563)
食事/餌/栄養(570)
病気/病院/治療(610)
しつけ(449)
トイレ(153)
選び方(496)
値段/価格(522)
ランキング/おすすめ(127)
口コミ/レビュー(159)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(94)
飼育知識/豆知識(802)
画像/動画(120)
まとめ(813)

人気記事ランキング