logo

Top > 大型哺乳類 >

ポニーをペットとして飼う方法は?生態から飼い方まで解説






少し小さい馬として人気のあるポニーですが、牧場の乗馬体験で目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

ポニーというと「子ども用の馬」みたいなイメージはありませんか?
実はポニーにも種類があり、小さいポニーから大人も乗れるような大きなポニーまでいるのです。

本記事では、ポニーの生態を解説するとともに、ペットとして飼う方法をご紹介します。
いつかポニーを飼ってみたいと思う方は、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】ポニーをペットとして飼う方法は?生態から飼い方まで解説

 

ポニーの生態

ポニーの品種と主な用途

ポニーの大きさ

ポニーの鳴き声

ポニーの仕草

ポニーの食性

ポニーの繁殖

ポニーの生態まとめ

ポニーはペットとして飼えるのか

ポニーの購入方法

ポニーの値段

ポニーの飼い方

ポニーへおやつをあげる方法

ポニーと触れ合える場所

【東京】代々木ポニー公園

【東京】篠崎ポニーランド

【千葉】マザー牧場

【千葉】清水公園ポニー牧場

 

 


ポニーの生態

 

pony

 

ポニーとは、重量種・中間種・軽種に並ぶ馬の種類のひとつです。

その定義は「体高が147cm以下」と決まっており、サラブレッド等の大型の馬に比べると小柄で親しみやすい姿をしています。

 

温厚な性格と子どもにも乗りやすい大きさということから、乗馬体験で活躍している馬でもあります。

平均体重は中間種の約半分と小柄ですが、走るスピードは早く、人を乗せた状態でも時速40kmもの速さで走ることが出来ます。

運動神経に優れており、耐久性もあるため、昔から人の様々な仕事を手伝ってきました。

 

ポニーの品種と主な用途

 

ポニーの品種とそれぞれの特徴を紹介します。

 

シェトランドポニー

 

Shetland Pony

 

原産地:イギリス シェトランド諸島

種類:ポニー

体高:約71cm〜107cmほど

 

シェトランドポニーの起源は今から約1万年前と言われており、古くから人間と共に生活してきたポニーです。

体高は71cm〜107cmほどなので、ポニーとミニチュアホースの中間で「ミニポニー」とも呼ばれます。

 

小柄な体ながらとてもパワフルで持久力があるため、1999年までは炭鉱で運搬作業をしていました。

炭鉱のトンネルが、シェトランドポニーが通るのに丁度よい高さだったために選ばれました。

 

ウェルシュマウンテンポニー

 

pony

 

原産地:イギリス ウェールズ地方

種類:ポニー

体高:122cm前後

 

ウェルシュマウンテンポニーは強い体と勇敢な気質を持っています。

小さい体でもタフさは十分に備えているため、馬車馬として働いていました。

現在では主に子どもの乗用馬として各地の牧場で活躍しています。

似た名前の「ウェルシュポニー」「ウェルシュポニー・オブ・コブタイプ」「ウェルシュコブ」という3種類の馬は、ウェルシュマウンテンポニーを元にして改良された品種です。

 

ハフリンガー

 

Haflinger

 

原産地:イタリア・オーストリア・ドイツのバイエルン地方

種類:ポニー

体高:130cm前後

 

ハフリンガーは栗毛しかおらず、たてがみや尾は金色をしているのが特徴です。

強い足腰を持っていて大人でも軽々と乗せることが出来るため、乗用馬や馬車馬として活躍しています。

色合いが綺麗で均等の取れた姿のハフリンガーを乗馬クラブのキャクターとして起用している所もあります。

 

フェルポニー

 

fellpony

 

原産地:イングランド ペナイン山脈

種類:ポニー

体高:130cm〜140cmほど

 

フェルポニーはフリージアン等の馬を元に交配させた品種です。

毛色は青毛や鹿毛(茶褐色)、芦毛(グレーで斑のような模様)が主になり、栗毛のフェルポニーは存在しません。

山脈のある地域が発祥なだけあり、耐寒性に優れ足腰が強いのも特徴です。

その強い体を活かし、鉛や農作物を運搬する馬として人間の仕事を手伝っていました。

程よく筋肉質で乗りやすいので、現在は乗用馬として活躍しています。

 

ファラベラ

 

falabella

 

原産地:アルゼンチン

種類:ポニー

体高:約70cm〜78cm

 

ファラベラはポニーの中でも最も小さい品種で、ミニチュアホースとも呼ばれています。

体高は80cm以下で、まれに40cm台のファラベラもいるそうです。

20世紀前半にアルゼンチンでアンダルシア馬とシェトランドポニーを交配させたのが始まりとされています。

温厚で人懐こい性格はペットとしてとても飼いやすく、賢い一面もあるのでアメリカでは盲導馬としても活躍しています。

 

ポニーの大きさ

 

pony

 

体高

 

〜147cm(平均120cm前後)

 

体重

 

200kg前後(品種による)

 

ポニーの鳴き声

 

 

動画のポニーは、散歩に行く飼い主さんを見て甘えた鳴き声を出していて可愛いですね。

馬の鳴き声については 馬の記事 で感情ごとに詳しく解説しています。

 

ポニーの仕草

 

pony

 

馬は感情を仕草や行動で表します。

とても分かりやすい感情表現をするので、覚えておくとポニーと気持ちが通じ合う喜びを感じられると思います。

 

気持ち良いとき

 

撫でてあげたりブラッシングをしてあげた時に、気持ち良いと鼻を長く伸ばしてウットリとした表情になります。

この仕草から「どこが気持ち良いのか」が分かるので、ポニーと触れ合う機会にチェックしてみましょう。

 

嬉しいとき

 

嬉しい時は足取り軽やかにスキップのような小走りをします。

ルンルンで嬉しそうな気持ちが伝わってきますよね。

 

驚いたとき

 

驚いた時には鼻をふくらませて鼻息が荒くなります。

足取りもソワソワしているので、ポニーが驚いた後は近づかずに落ち着くまでそっとしておきましょう。

 

不安なとき

 

耳をグルグルとアンテナのように動かしている時は不安を感じています。

周囲の音から状況を理解しようと音に集中している状態です。

目線も落ち着かずソワソワした雰囲気を出します。

 

怒っているとき

 

ポニーが怒っている時は目つきが鋭く、耳をグーっと思い切り後ろに倒します。

この状態の時に近づくと噛まれたり蹴られたりする事があるので「耳を後ろに倒しているポニーには近づかない」と覚えておきましょう。

 

フレーメン反応

 

フレーメンと呼ばれる仕草は馬だけではなくヤギにもよく見られる行動で、仕草は違いますがネコも行います。

馬やヤギが上唇をペロンとめくって歯をむき出しにしている姿を見たことはありませんか?

これは匂いに反応して起こる生理現象で、発情期のメスの匂いを嗅いだ時に出やすい行動です。

ネコの場合は匂いを嗅いだ後に口を半開きにして固まる行動がフレーメンになります。

 

ポニーの食性

 

pony

 

ポニーは草食性です。

多くの牧場では、広い放牧場で一日中草を食べている姿を見ることが出来るでしょう。

一日にどれだけの生草を食べるかは分かっていませんが、馬は自然に生えている草を「あればあるだけ食べてお腹をこわす」ということがなく、自分で食べる量を調整することが出来ます。

濃厚飼料は味が濃く美味しいことから食べすぎてしまうことがあるため、与える量には注意しましょう。

 

馬は後腸発酵動物なので、ヤギや牛と違い胃は一つしか持たず反芻もしません。

長い腸で微生物が草の繊維質を発酵分解するのですが、この時に気を付けたいのがマメ科植物の発酵力です。

マメ科植物は発酵しやすいので、食べる量が多すぎると腸の中で過発酵をおこしてしまい疝痛(せんつう)に繋がります。

シロツメクサやカラスノエンドウのような、マメ科の雑草が多く生えている場所での放牧は短時間にする必要があります。

 

馬はどうやって草を食べるの?

 

pony-tooth

 

実際に馬の口の中を見たことはありますか?

馬が上唇をめくって笑っているような写真を見ると前歯しかないように見えますよね。

実はその奥に臼歯と呼ばれる奥歯があり、前歯で噛みちぎった草を奥歯ですり潰して食べているのです。

 

馬の歯は年間約3〜4mm伸びるとされています。

野生の馬や牧場等で放牧されている馬は、常に草を食べて咀嚼をしているので、自然と歯がこすれて調整されています。

しかし、乗馬クラブ等で1日に決まった回数の食事や濃厚飼料を与えられている場合、咀嚼回数が少なく歯が過長ぎみになることがあります。

伸びすぎた歯は咀嚼に支障をきたし馬の健康状態にも悪影響なので、馬を放牧するということはストレスフリー以外にも大事な役目があるのです。

 

ポニーの繁殖

 

pony

 

ポニーは長日性季節繁殖動物と言って、日照時間の長い春から秋にかけて繁殖を行う動物です。

これは産まれてきた仔馬が春の青草を存分に食べられることで生存率が上がるよう、馬の本能に組み込まれているのです。

 

日照時間が長くなる春から秋にかけて、メスの生殖腺が発達し発情期に入ります。

発情期は3週間ごとに5〜6日続き、その間近くにいるオスは匂いを嗅ぎ取って興奮気味になります。

オスは常に交配の準備は出来ているので、繁殖予定が無い場合は未去勢のオスと未避妊のメスは離して飼育しましょう。

 

ポニーの生態まとめ

 

分類:哺乳綱 奇蹄目 ウマ科 ウマ属

和名:馬

学名:Equus ferus caballus

英名:horse

大きさ:体高 〜147cmまで(平均120cm前後)  体重 200kg前後(品種による)

鳴き声:ヒヒーン

食性:草食性

繁殖:

性成熟:メス およそ1才〜2才、オス およそ1才 
妊娠期間:約340日 
産子数:1頭

寿命:20年〜30年ほど

 

 

ポニーはペットとして飼えるのか

 

pony

 

ポニーはペットとして飼うことが出来ます。

品種にもよりますが、ミニチュアホースよりは広いスペースが必要になります。

ポニーを飼いたい方のために、ここでは購入方法から飼育方法までをまとめてご紹介します。

 

ポニーの購入方法

 

pony

 

ポニーを販売している牧場や、すでに飼っている人の紹介で購入することが可能です。

あまり馬に慣れていない方が購入する場合、年齢は5歳〜くらいを基準に選ぶことをおすすめします。

年齢が若すぎるポニーは引き取った後の調教が大変になる可能性があるため、体がしっかりと出来上がって調教も入った年齢のポニーが飼いやすいです。

自宅で飼育できないものの自分のポニーが欲しい場合は、購入したポニーを有料でクラブなどに預けるという選択肢もあります。

 

ポニーの値段

 

pony

 

血統や品種によって値段は様々ですが、安いところでは30万円〜購入することが出来ます。

牧場や乗馬クラブによって値段の付け方は様々です。

高ければそれなりの理由がありますし、反対に安すぎてもそれなりの理由があります。

価格に疑問を持った場合は販売元に問い合わせをしてみましょう。

ホームページに出産情報や販売中のポニーを掲載している牧場もあるので、あらかじめチェックしておくと良いですよ。

 

ポニーの飼い方

 

pony

 

馬房

 

ポニーを飼育するには馬房が必要です。

自宅で飼育する場合、100kg以下のポニーであれば3m×3mほどの小屋を用意してあげましょう。

フェルポニーやハフリンガーのようなポニーの中でも大きい品種は、もう少し広めにスペースを取る必要があります。

 

馬房の床には敷材(おがくずや藁など)を敷くことで糞尿の掃除がしやすくなり、馬も寝転んだりと快適に過ごすことが出来ます。

入り口の扉は上下に分けて開けられるようにしておくのがおすすめです。

ポニーが馬房の中にいる時も上の扉だけを開けて外が見えるようになり、換気も出来るので一石二鳥です。

 

運動場

 

ポニーにはある程度広い運動場が必要です。

広い空き地を囲って自由に草を食べたり走ったり出来る場所があると良いでしょう。

ポニーは神経質な種類ではないので、車の音や風の音に驚いてパニックになることはほとんどありませんが、人のいる環境や大きな音に慣れさせるためにお散歩に連れ出すのもおすすめです。

 

馬具

 

 

ポニーのヘッドカラーは、ポニー用もしくは仔馬用の物を用意しましょう。

サイズが合わないヘッドカラーを付けていると、思わぬ所に引っかかってポニーがパニックになる場合があります。

またキツすぎても鼻や頬の毛が剥げてしまいます。

輪っかになっている口周りと頭周りの長さを図って、少し調節出来るくらい余裕のある物を選びましょう。

 

 

 

放牧して一日中草を食べられる環境であれば、乾燥牧草は必要ない場合があります。

ポニーの体型やボロの状態を見て判断しましょう。

草以外には大麦やふすま、野菜くずも時々与えると腸内環境も整いますしポニーも喜びます。

にんじんやりんごも大好物です。

 

餌以外に必要なものとして「塩」は忘れてはいけません。

家畜用の大きな岩塩が販売されているので、馬房にぶら下げておけばポニーが塩を必要とした時にすぐに舐めることが出来ます。

または、乾燥牧草に普通の塩を混ぜて与えても大丈夫です。

馬にとって塩不足は体調を崩す原因にもなるので、塩は切らさないようにしてください。

 

飼葉桶

 

 

馬房の床にそのまま乾燥牧草を置いてしまうと、糞尿で汚れてしまったり残った餌を踏み潰してしまうので餌用の桶が用意してくださいね。

ポニーが食べやすい位置に引っ掛けられるタイプの桶があると便利です。

お水は新鮮なものを常に飲めるように用意しておき、たまにふすまやヘイキューブを混ぜてあげても良いでしょう。

 

ケア用品

 

 

馬の体はブラッシングや蹄の手入れ(裏掘り)の時にチェックするようにしましょう。

毛が剥げている箇所は無いか、ノミやダニが付いていないか、体を触って痛がる所は無いか、スキンシップを兼ねながら丁寧に見てあげてくださいね。

 

馬の第二の心臓とも呼ばれる蹄のケアもとても大切です。

蹄の裏に藁や土が溜まりっぱなしになっていると、蹄の裏が腐って蹄叉腐爛(ていさふらん)という病気になってしまいます。

日頃のケアで回避できる病気なので、ブラッシングとセットで行うと良いですね。

 

ポニーへおやつをあげる方法

 

carrot

 

牧場でポニーにおやつをあげたことはありますか?

「手まで食べられてしまうのでは…!」と、ドキドキしながらあげた経験がある方は多いと思います。

ここでは、ポニーにおやつをあげる時のポイントを紹介します。

 

スティック状のおやつ

 

ニンジンなどのスティック状のおやつは、怖いとつい指先でつまむように持ってしまいがちです。

しかし、指先でつまむように持つと、ポニーが勢いよく食いついてきた時に指までかじられてしまいます。

おすすめの持ち方は、スティック状のおやつを「握って持つ」ことです。

実際にあげてみると指先で持つよりも緊張せずにあげることが出来ると思います。

 

小さいおやつ

 

りんごのような小さいおやつを上げる時は更にドキドキしますよね。

小さいおやつを指先でつまんであげるのは非常に危険です。

この場合は「思い切り開いた手のひらに乗せて」あげることで、ポニーはおやつだけを食べることが出来ます。

 

 


ポニーと触れ合える場所

 

pony

 

【東京】代々木ポニー公園

 

 

代々木ポニー公園ではポニーのブラッシングをしたり、家から持ってきたニンジンをあげることが出来ます。

小田急小田原線の参宮橋駅から近いので、車がなくても行きやすいのは嬉しいですね。

 

代々木ポニー公園の基本情報

 

住所:東京都渋谷区代々木神園町4-1

電話番号:03-3373-9996

入園料:無料

開園時間:9:00〜17:00

休園日:

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日以降で休みでない日)
年末年始(お問合せください)

公式ホームページ: 代々木ポニー公園(東京乗馬倶楽部作成HP)

 

【東京】篠崎ポニーランド

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by HimikoMogi (@walk_on_a_sunny_day) on

 

篠崎ポニーランドでは先着50名が馬車に乗ることが出来ます。

小学校6年生以下のお子さんは無料で乗馬体験も可能です。

河川敷の広々とした空の下でポニーとふれあってみてはいかがでしょうか。

 

篠崎ポニーランドの基本情報

 

住所:東京都江戸川区篠崎町3丁目12番17号 江戸川河川敷内

電話番号:03-3678-7520

入園料:無料

開園時間:10;00〜16:00

休園日:

毎週月曜日(祝休日の場合は翌日)
年末年始(12/30〜1/1)

公式ホームページ:  篠崎ポニーランド

 

【千葉】マザー牧場

 

 

マザー牧場には「うまの牧場」があり、ポニーを含め馬たちはのびのびと草を食べたり日向ぼっこをしたりして過ごしています。

馬たちの自然な姿を見られるのはとても貴重です。

 

マザー牧場の基本情報

 

住所:千葉県富津市田倉940−3

電話番号:0439-37-3211

入園料:

大人(中学生以上) 1,500円 
小人(4〜6歳)   800円 
3 歳までは無料

開園時間:

2月~11月 
土日祝 9:00~17:00 
平日  9:30~16:30

12月~1月 
土日祝 9:30~16:00 
平日  10:00~16:00

休園日:公式ホームページの「営業時間・スケジュール」に記載

公式ホームページ: マザー牧場

 

【千葉】清水公園ポニー牧場

 

 

清水公園のポニー牧場ではポニーをはじめ、サラブレッドやウサギ、モルモットなど子ども達に大人気の動物が集まっています。

自然がいっぱいな公園内にあるので、大人も子どももゆっくり楽しめる場所です。

 

清水公園ポニー牧場の基本情報

 

住所:千葉県野田市清水906

電話番号:04-7125-3030

入園料:

大人450円(中学生以上)
子ども400円(4歳以上)
シルバー(割引)250円(65歳以上・免許証等、要証明)

開園時間:

通常期  2/12~10/3 19:00~17:0016:30
冬期 -1 11/1~11/3 9:30~16:1515:30
冬期 -2 12/1~2/11 9:30~16:1515:30

休園日:年末年始(12月30~1月1日)

公式ホームページ:  清水公園ポニー牧場

 

 

ポニーと言っても、大きいポニーから小さいポニーまで意外と種類があります。

環境が揃えばポニーを自宅で飼うことも可能ですが、糞尿の処理や馬専門の獣医さんを確保したりと準備をすることが沢山あります。

 

また、馬は長生きする動物なので、老馬になった時にどうするかまで家族で話し合っておくと良いですね。

ポニーとふれあえる場所は全国にたくさんあるので、まずは実際にポニーの種類を見比べてみてください。

お気に入りの種類が見つかったら、ポニーを迎えるために準備を整えていきましょう。

 

※合わせて読みたい:  馬はどのようにして飼える?馬の生態から飼い方まで解説


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(22)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(445)
   猫/ネコ(178)
   犬/イヌ(228)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(83)
   うさぎ(38)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(5)
   チンチラ(2)
鳥類(109)
   インコ(15)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(75)
   海水魚/熱帯魚(33)
   淡水魚(23)
爬虫類(34)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(16)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(55)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(19)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(729)
種類/品種(634)
繁殖/育成(569)
毛色/毛質(253)
性格/生態/特徴(582)
食事/餌/栄養(584)
病気/病院/治療(619)
しつけ(459)
トイレ(153)
選び方(501)
値段/価格(533)
ランキング/おすすめ(132)
口コミ/レビュー(163)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(95)
飼育知識/豆知識(827)
画像/動画(120)
まとめ(838)

人気記事ランキング