logo

Top > 爬虫類 > 爬虫類ペット全般の飼い方/豆知識

爬虫類の病気に関して。治療法と予防法まとめ






爬虫類は何かトラブルがあっても表情には出しません。
そのため、特に飼い始めのうちは、元気なのか病気なのかということさえなかなか分からずじまい。

他のペット以上に病気やトラブルの元に関して知っておきたいですよね。

また、爬虫類は他のペットと比べて野生との距離が近く、人間に飼われることに慣れていません。
温度、湿度、光度が適当でなかったり、ケージや水が汚れてといったちょっとしたことで病気に罹ります。

カメ、トカゲ、ヘビに多い病気と見分け方、予防法や対処法をまとめてみました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】爬虫類の病気に関して。治療法と予防法まとめ

 

そもそもうちの爬虫類は元気なのか?病気なのか?

うちの子は餌を食べない!?

うちの子は動かない!?

爬虫類の病気はわかりにくいので要注意

うちの爬虫類はちゃんと食べているのか?

骨や甲羅の異常

カメに多い皮膚病

爬虫類を困らせる寄生虫

トカゲやヘビが脱皮できなくなったら

ヘビに多い感染性口内炎(マウスロット)

爬虫類のお母さんにとっても出産は一大事

爬虫類に多いサルモネラ症

爬虫類を飼う人間の衛生管理

くれぐれもお大事に

 


そもそもうちの爬虫類は元気なのか?病気なのか?

 

reptile-iguana

 

うちの子は餌を食べない!?

 

多くの 爬虫類 は、幼いうちは毎日 を食べますが、成長してからは、一週間に一度くらいしか食べないものも多いです。

ただ、クビワトカゲのように、いつもお腹を空かせている種類もあります。

自分のペットがどのくらいの間隔で餌を食べるものなのか、あらかじめ調べておきましょう。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの場合、卵の栄養が残っていて、一週間くらいお腹が空かないこともあります。

ヘビ は、普通脱皮中は餌を取りません。その他の爬虫類も、繁殖の時期や妊娠中には食欲が落ちることがあります。

 

うちの子は動かない!?

 

爬虫類には夜行性のものと昼行性のもの、夕暮れ時や明け方に活発になるものがいます。

夜行性なら、昼間だるそうにしていても、何の心配もありません。

 

 

爬虫類の病気はわかりにくいので要注意

 

では、どんな時に本当に心配する必要があるのでしょうか。

よく見られる病気と病気の前段階をまとめてみましょう。

 

うちの爬虫類はちゃんと食べているのか?

 

爬虫類に多い 拒食と脱水症状

 

普通なら一週間に一回餌を食べるはずなのに、二週間たっても食べなかったら、拒食を疑ってみましょう。

 

拒食の原因はいろいろ考えられますが、まず、爬虫類は環境の変化に弱いということを頭に置いておいてください。

家に迎え入れた直後は、そっとしておいてあげるのが肝要です。友達に見せびらかすなんて論外です。

 

新しい環境に慣れた後も、あまりいじくりまわされると、餌を食べなくなることがあります。

また、気温や水温、湿度、光がその子に合っているかどうかもチェックしてください。

 

その他に考えられるのは、餌をあげる時間、餌の大きさ、種類などです。

生き餌を怖がってしまうことも少なくありません。

コオロギ があまりピョンピョン跳ね回るなら、コオロギの足を折って与えるという人もいます。

 

栄養不良や脱水症状になると、尻尾や体の脂肪が落ちたり、体の色が褪せるなどの症状が見られます。

さらに進むと、背骨や肋骨が飛び出したり、目が落ちくぼんできます。こうなったら、獣医さんに見てもらわなければなりません。

 

トカゲが尻尾を切ってしまうとき

 

トカゲ が自分で尻尾を切ることを自切りと言います。尻尾の中に栄養を蓄えている種類もあるので、これは避けたいところ。それに、自切りをするのはストレスがある証拠。あまりびっくりさせないようにしましょう。

触れるのを嫌がらない場合でも、尻尾を捕まえたり、背中から掴んだりしないことです。両手でそっとすくいあげるように持ち上げてください。

 

骨や甲羅の異常

 

reptile-turtle-shell

 

爬虫類を飼う時は、カルシウムの不足に要注意です。マウスなどを丸のみするヘビならさほど心配はいりませんが。

トカゲ類や カメ は、量として餌をよく食べ、丸々と太っていても、カルシウムが不足している場合が多々あります。

カルシウム不足が進むと、背骨が変形してしまいます。カメの場合は甲羅がやわらかくなりします。その他、変な歩き方をする、足が震える、歩けないなどの症状が見られます。

 

骨や甲羅を健康に保つポイント1:紫外線

 

昼行性の爬虫類には紫外線ランプや直射日光が不可欠。ただ、シェルターや日陰も作ってあげてください。

暑すぎると茹ってしまうし、ランプに目をやられることもあります。

 

木の上に棲む爬虫類は、ケージの中でも高いところを好みます。

ランプを真上に付けるのは避けるのが賢明です。

高いところにいたいがために、ランプのすぐ近くに長い間陣取ってしまい、目が見えなくなるカメレオンもいます。

 

ついでですが、熱源に直接触れて火傷をすることも多いようです。

保温のために熱いランプ等をケージに入れる時は、直接触れないよう、目の細かい金網などでカバーを付けることが必要です。

 

骨や甲羅を健康に保つポイント2:食生活

 

栄養バランスはどんな動物にとっても大切ですね。

爬虫類を飼う時は、カルシウムとリンのバランスが重要です。

自然の中にいる時は、爬虫類はリンよりカルシウムをずっと多く摂っています。

たとえば、 レオパード・ゲッコー がミルワームを好むからといって、長期間それだけを与えていると、カルシウム不足、リン過多となります。

 

カメに多い皮膚病

 

水棲や半水棲のカメに多くみられます。

綿のようなものが足にできたら、菌に感染した可能性があります。

軽い場合、2,3日乾燥した場所で日光浴をさせると治ります。

 

皮膚病にかかるのを避けるためには、なるべく頻繁に水を換えることです。

フィルターは付けた方がいいですが、見た目がきれいになっても、菌はなくならないことを忘れないで。

 

 

他のペットとは大きく特徴が異なり、病気の判断も難しい爬虫類

引き続き症状別に爬虫類の病気と対策をチェックしていきましょう!

 

 

爬虫類を困らせる寄生虫

 

たかが寄生虫、されど寄生虫です。

病気の媒体になったり、衰弱の原因になることも多く、ひどい場合は死に至ります。

 

トカゲやヘビに付くダニ

 

トカゲ類に多いダニは、赤やオレンジ色です。

目の周りや耳の周りに付いている場合はすぐ気が付きやすいですが、鱗の中や脇の下に隠れていることもあります。

鱗の間にかさぶたや白い点々があったら、ダニがいる証拠。

獣医さんに見せれば、適切な抗生物質などを処方してくれます。

 

ヘビ類に多いのは、黒いダニ。

やはり目の周りやあごの下に群れているのが見えることがあります。

また、水の中でとぐろを巻いたあと、水中に落ちていることも多いです。

 

ダニが見つかったら、ピンセットでゆっくりはがした後、ポビドンヨードや抗生物質の軟膏などを塗っておきます。

人間用や 用の抗生物質を使うのは危険です。

 

爬虫類を体内から弱らせる寄生虫

 

野生の爬虫類には必ずといっていいくらい、寄生虫がいるものです。中には危険なものもいます。

下痢や嘔吐、血便、粘液便などが見られたら、早めに治療しましょう。

獣医さんに検便してもらって、薬を処方してもらいます。

 

自然の中で捕まえた餌には寄生虫がいる可能性があります。

数日間冷凍した後に与えましょう。

 

新しい子をケージに加える場合は、すぐ一緒にしないで、一週間から二週間、別のケージに入れて様子を見ることです。

病気や寄生虫の兆候があったら、まず治療。完治してから、他の子と一緒にします。

 

トカゲやヘビが脱皮できなくなったら

 

ちゃんと脱皮できるのは健康な証拠。脱皮前には皮膚が白っぽくなります。

ヘビは数日かかって、一枚の抜け殻を脱ぐように脱皮します。

トカゲの皮膚は、少しづつ落ちます。

 

完全に脱皮できないで皮膚の一部が残ってしまうと、皮膚病になる恐れがあります。

トカゲは耳の周りや足、ヘビはまぶたや尻尾の先をよく確認してください。

 

湿度が足りないと、うまく脱皮できません。霧吹きでそっと水を吹きかけてやります。

ヘビは脱皮前に水に浸かるので、水があふれない大きめの容器が必要です。

 

ヘビに多い感染性口内炎(マウスロット)

 

頭の先を何かにこすりつけた時のかすり傷が原因となることが多いようです。

ケージの金網が荒すぎても、傷の原因となります。

 

口の中に赤い点々が見えたら、出血している可能性があります。

傷口からチーズのようなものが出てきたら、獣医さんに相談しましょう。

放っておくと、顎や口の中が腐ることもあります。

 

爬虫類のお母さんにとっても出産は一大事

 

reptile-lizard-egg

 

雌にとって、出産とは常に危険を伴うものです。

と同じように、爬虫類も卵が詰まる危険性があります。

 

安心して卵を産む場所が見つからないと、雌は産むのを諦めてしまいます。

無事産卵した後も、卵が少し残っていて問題を起こす場合があります。

そうなったら、獣医師に見てもらうしかありません。

 

爬虫類に多いサルモネラ症

 

症状は、急性腸炎や肺炎となって現れます。

糞が緑色っぽくなったら赤信号。

また、爬虫類の場合、症状がなくても、サルモネラ菌を持っている場合があるので注意しましょう。

 

爬虫類を飼う人間の衛生管理

 

ペットに触った後や、ケージを掃除した後は、必ずよく手を洗いましょう。

アメリカでサルモネラ菌が蔓延したのは、ペットの爬虫類が原因だったとも言われています。

その結果、アメリカでは生卵を食べられなくなってしまいました!

 

日本もそうならないよう、大事なペットと自分自身、家族を守るために衛生管理は徹底しましょう。

 

毎日、糞や食べ残しの餌を取り除き、汚れた床材はなるべく早く取り換えましょう。

ケージの消毒も必要です。注意書きに従って消毒剤を使った後は、十分にゆすいで、ケージに薬が残らないようにしましょう。

 

 


くれぐれもお大事に

 

最後に、おかしいと思ったら、なるべく早めに獣医さんに相談することです。

軽いうちに治療した方が、ペットも苦しまないですむし、治療代も安くすみます。

 

重病になってから慌てて獣医さんを探すのではなく、普段から信頼できるお医者さんを見つけておきましょう。

「爬虫類」や「エキゾチックアニマル」という言葉で探すと見つかると思います。どうぞお大事に!


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(571)
   猫/ネコ(230)
   犬/イヌ(296)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(103)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(3)
鳥類(124)
   インコ(22)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(44)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(11)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(65)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(877)
種類/品種(723)
繁殖/育成(597)
毛色/毛質(303)
性格/生態/特徴(669)
食事/餌/栄養(670)
病気/病院/治療(691)
しつけ(473)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(588)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(997)
画像/動画(127)
まとめ(863)

人気記事ランキング