logo

Top > 虫/昆虫 > コオロギ

コオロギの生態と飼い方






風情豊かな日本の秋。
目や舌で感じる秋に加えて耳で感じる秋というのも趣深くて非常に素晴らしい。

耳で楽しみたい秋の音といえばまさに月夜にも映える虫たちの声ではないでしょうか。

そんな中でも私たちの身近にも生息しているコオロギの生態と、飼育が比較的容易なエンマコオロギのおすすめの飼育方法についてまとめさせていただきました。

コオロギとは、コオロギってどんな虫か知っていますか?

 

 

日に日に過ごしやすい気候となり、見事な月が目を楽しませてくれる秋。

そんな秋の夜長にはぜひ外へ出て耳を澄ませてみてください。

近所の畑や野原、公園、庭の草木やはたまた道路の植え込みなどから様々な主たちの鳴き声が耳を楽しませてくれます。

しかし、鳴き声はすれども姿は見えず……と、いざどんな虫なのかと聞かれると答えに詰まってしまうのではないでしょうか。

 

そんな秋の虫の中で今回ご紹介したいのは秋の虫の代名詞、コオロギです。

虫たちのコーラスの中に「コロコロコロ……」もしくは「ヒヨヒヨヒヨ……」といった声が聴こえてきたらそれがコオロギの鳴き声です。

美しい鳴き声について知っていただいたところで、これから順を追ってコオロギについて、そしておすすめの飼育の仕方について知っていこうではありませんか。

 

 

コオロギとはいったいどんな昆虫なのか

 

コオロギの特徴と概要

 

直翅目(バッタ目)剣弁亜目(キリギリス亜目)コオロギ上科に属する昆虫の総称です。

簡単に言ってしまうとバッタのように後脚が大きく発達し跳び跳ね、それに加えて キリギリス のようによく鳴く虫の仲間ということになります。

 

日本においてはエンマコオロギ、オカメコオロギ、ミツカドコオロギなどが代表的で体長は10mmから国内最大のエンマコオロギで40mm程度の大きさです。

そして、コオロギの印象としてまず浮かぶのは雄が雌への求愛行動として鳴き声を発するということでしょう。

 

コオロギの形態

 

さて、それではお待ちかねの見た目に関するお話へと参りましょう。

体色は黒や茶色が多数を占め地味な色合いに円筒系の体をしていて頭には体より長い触覚、尾部には尻毛という二種類のセンサーを備えています。

そして何より特徴的なのが後脚です。人間でいうところの太腿のような部位が大きく発達し、ここから生み出される脚力で前述の通りバッタのようによく跳び跳ねるのです。

 

強力な後脚の陰に隠れて目立たない前脚ですが、実この前脚の脛には鼓膜を備えた進化的な耳が付いていてこの耳で周りの音や仲間の声を聴く非常に重要な器官なのです。

雌は雄のラブコールを脚で聴いているんですね……と、話を戻しまして次がコオロギをコオロギたらしめる重要な器官の翅についてです。

コオロギは同じ種類の中でも長く伸びた半透明の翅を持ち飛ぶものと、四枚すべての翅が鱗上に短く退化してしまっているものがいます。

 

しかし、どちらにせよ飛ぶよりも跳ぶ方が断然に速く小回りも効くのであまり重要ではないそうです。

そしてこの翅に備えられた最大の力はあの美しい鳴き声を生み出すことです。

 

雄の成虫は翅にやすり状の発音器と音を響かせるための共鳴室を持っていて、発音器をこすり合わせることで鳴き声を発します。

虫には人間のような肺と喉と声帯が存在しないのでまるで楽器のヴァイオリンのような方法で鳴き声を出しているんです。

雌の尾部には長い産卵管が存在します。

そのため雄雌の見分け方は容易で、雄は尾部に尻毛の二本の長い棘があるのに対し、雌は産卵管も含めて三本の棘があり一目だ判別できます。

 

コオロギの生態

 

田畑や草原、森林、人家の近くなどの色々なところでコオロギを見ることができますが、気候や他の環境によって生息する種類は様々です。

コオロギの多くは夜行性で、日中は草地や石の下、穴など暗いところを好んで潜むことが多く、触角、尾毛、耳や鳴き声は目に頼ることの難しい環境で有利に生きていくために備わったと言えるでしょう。

 

基本的には雑食で、植物の他にも 小動物 の死骸などを食べています。

小さな昆虫や、場合によっては自分の仲間を食べてしまうことがあるので複数の個体を飼育する場合には注意が必要となります。

逆に、コオロギを捕食する主な天敵はカマキリなどの肉食昆虫、クモ、ムカデ、 カエル 、トカゲ、 鳥類 などです。

 

繁殖行動についてですが先ほどから話題に上っている通り雄が鳴く種類は雌との接触に鳴き声を利用しており、交尾が終わると雌は土中や植物に産卵管を使って一粒ずつ産卵を行います。

コオロギは不完全変態の昆虫で卵から成虫を小さくしたような幼虫が孵り、芋虫や蛹の姿にならずに脱皮してそのまま大きくなって成虫となります。

日本に住む多くのコオロギが卵で越冬し、春に幼虫が孵り夏の終わりから秋の終わりまでに成虫として活動して卵を産んで子孫を残すという一世代一年の命のサイクルをもっています。

 

コオロギと人との関わり

 

日本では古くからその鳴き声が秋の夜の風物詩として親しまれてきました。

現代においては飼育の容易な種類を他の昆虫を食べるペットの餌として飼育している人も存在し、市販もされています。

しかい、東南アジアなど、一部の地域では高タンパクな食品としてのコオロギが流通するという関わり合いもあるのです。

 

 


ペットとして飼育するならどのコオロギがおすすめ?

 

 

ひとえにコオロギといえど種類によって敵視生活環境があり、間違った方法で飼育すればすぐにに死なせてしまう……と、いったことになりかねません。

コオロギに適した環境で飼うことがコオロギにとっても人間にとってもベストな選択となるのです。

そうは言っても、あまり複雑な飼育方法では世話ができるか心配になってしまうでしょう。

 

そんなあなたにおすすめなのがエンマコオロギの飼育です。

なぜエンマコオロギがおすすめなのかですが、キーワードは二つ。

「地上生活」し、「乾燥に強い」コオロギだということです。

 

まず、「地上生活」についてですが、これの対として「樹上」と「草上」が挙げられます。

後者の二つは単純に広さや手間の関係で好む環境を整えることが難しいことが一番の要因でおすすめできません。

 

次に「乾燥に強い」ことがどんなメリットかというと、詳しくは後述しますが手入れや活況の維持が容易でにおいやカビも発生しにくいことです。

湿気を好む種類を飼うとなると糞や食べ残したエサ、足場の土が腐敗しやすくカビの温床になりやすく、どうしても手入れや掃除の手間が多くなってしまいます。

以上の点からも「地上生活」を好み「乾燥に強い」エンマコオロギがおすすめなのです。

 

 

次のページではエンマコオロギの飼育方法を解説します!


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(5)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(368)
   猫/ネコ(161)
   犬/イヌ(207)
小型哺乳類/小動物(50)
   うさぎ(29)
   ハムスター(21)
鳥類(91)
   陸地に棲む鳥(82)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(44)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(21)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(644)
種類/品種(583)
繁殖/育成(512)
毛色/毛質(239)
性格/生態/特徴(503)
食事/餌/栄養(521)
病気/病院/治療(567)
しつけ(429)
トイレ(148)
選び方(482)
値段/価格(491)
ランキング/おすすめ(118)
口コミ/レビュー(152)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(15)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(733)
画像/動画(120)
まとめ(746)

人気記事ランキング