logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の種類

オスが生まれる確率は3万分の1!?三毛猫の特徴や性格、飼い方を解説






日本原産で白黒茶の3色の毛が特徴の三毛猫。
三毛猫がいるだけでなんだか日本らしい和やかな雰囲気になります。

嵐の相場雅樹さん主演の2012年の日テレ系ドラマ「三毛猫ホームズの推理」でも話題になりましたね。

そんな三毛猫ですが、なんと海外でも人気があり、英語では「キャリコ」、「トーティ・アンド・ホワイト」などの名で親しまれています。

そして、三毛猫の特徴といえば、なんといってもほとんどの猫の性別がメスで、オスが大変希少なこと!
三毛猫の意外と知られざる特徴や飼い方について解説します。

そもそも三毛猫ってどんな猫?

 

 Calico

 

三毛猫が神社や庭でくつろぐ姿ってなんだかとても日本的ですよね。

イラストで三毛猫を描いても、日本らしい和やかさが溢れます。

 

数年前には嵐の相葉雅紀さん主演の日テレ系ドラマ「三毛猫ホームズの推理」という作品もありました。

そんな三毛猫ですが、一体どんな のことをいうかご存じでしょうか?

 

意外と大雑把!三毛猫の定義

 

三毛猫には定義があります。

一般的には「黒」「白」「茶(オレンジ)」の三色が発現していれば三毛猫です。

三毛猫は見た目だけでなく、定義もゆるいです。

 

三毛猫は品種ではない

 

三毛猫とは、あくまで白黒茶の3色の毛色の猫のことをいいます。

例えば、三毛のペルシャの品種は ペルシャ

三毛のスコティッシュフォールドの品種は スコティッシュフォールド

あくまで三毛猫とはカラーバリエーションなのです。

 

三毛猫は日本が原産

 

japan

 

三毛猫は元々日本原産であり、色々な三毛猫のご先祖様は日本の猫ということになります。

三毛猫は海外では珍しく、三毛猫愛好家がいるほどです。

 

三毛猫を英語で表現すると?

 

英語では三毛猫を「キャリコ」、「トーティ・アンド・ホワイト」、「ミケ」などと表現します。

「ミケ」でも通じるのはなぜかちょっぴり嬉しいですよね。

 

三毛猫の3パターン

 

3

 

白黒茶の毛色の三毛猫ですが、さらに三毛猫の中でも3パターンの三毛猫に分けられます。

 

トビ三毛

 

calico

 

白地に黒、茶の模様が浮かんでいる典型的三毛猫です。

 

キジ三毛

 

calico

 

白、暗い茶色、明るい茶色のような毛色のことをいいます。

 

縞三毛

 

calico

 

縞三毛(しまみけ)は、三毛のうち、茶色や黒が縞模様になっている毛色ことをいいます。

パッと見はキジ三毛と似ています。


 

三毛猫のオスは超希少!?その確率は3万分の1!

 

rich

 

三毛猫を見かける機会はとても多いかと思いますが、そのほとんどはメス猫です。

じつは三毛猫のオス猫が生まれる確率はとても低く、なんと3万分の1と言われています!

大変貴重な三毛猫のオスですが、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

 

三毛猫はなぜほとんどがメスなのか

 

mikeneko

 

ここでは、性別と毛色の重要な関係を解説していきます。

遺伝子などの小難しい話になってしまいますが、なるべく噛み砕いてご紹介したいと思います。

 

毛色に重要な性別を決める性染色体

 

猫の染色体は全38本、そのうち2本は性別を決める性染色体です。

メスの染色体はXX、オスの染色体はXY。

 

黒、茶の毛色はX染色体

 

黒や茶色の毛色にする遺伝子はX染色体に乗っています。

白い毛色の遺伝子はどちらにも乗っています。

 

基本的に毛色はメスは3色まで、オスは2色まで

 

上記のように、メスの染色体はXX、オスの染色体はXYです。

メスの染色体はXXなので、同時に黒、茶の毛色を持つ可能性があり、そこに白が加われば3色の毛色、三毛猫になります。

オスの染色体はXYのため、黒か茶のどちらか+白の毛色、つまりは2色の毛色までしか持つことができません。

 

このように、オスは基本的に三毛猫になることができません。

それどころか、黒茶の2色の毛色、サビ猫になることもできません。

これが三毛猫のほとんどがメスの理由です。

 

それでも稀に生まれるオスの三毛猫

 

guy

 

オスの三毛猫は染色体異常により、XXYの染色体です。

XXYでXが2つあるため三毛猫になれるということです。

これをクラインフェルター症候群といい、オスの三毛猫が生まれる確率はなんと3万分の1なのです!

 

オスの三毛猫は子供を作れない場合が多い

 

baby

 

実はオスの三毛猫はほとんど精子を作る事ができない場合が多く、子供を作ることができない場合が多いです。

寿命や健康状態については、滅多に生まれないのでしっかりと研究できる機会が少ないそうですが、今のところ寿命や健康状態については問題無いです。

 

縁起が良い!オスの三毛猫は招き猫のモデル

 

 Beckoningcat

 

オスの三毛猫はその珍しさから、商売繁盛、縁起物の象徴とされ、招き猫のモデルとなっています。

今まで全く気にしたことありませんでしたが、招き猫を改めて見たらたしかに三毛猫ですね。

 

オスの三毛猫は驚きの価格!

 

money

 

滅多にお目にかかれないオスの三毛猫は、やはり超高額。

雑種 ならば成猫150万円、 子猫 ならば300万円程度!

さらに、スコティッシュフォールドや メインクーン などの品種となると1000~3000万円で売られた例があるようです。

恐るべしオスの三毛猫。

 

 


三毛猫ってどんな性格?しつけ方法は?

 

calico

 

いかにも和やかな見た目とは裏腹に、まさに猫といった性格の三毛猫。

そんな三毛猫の性格の特徴、付き合い方を以下にまとめました。

 

まさに猫!三毛猫の性格

 

sleep

 

三毛猫の性格の特徴として、以下のような点が挙げられます。

 

気分屋

 

さっきまでずっとくっついていたのに、突然プイッとどこかへ行ってしまうなど、気分屋なところがあります。

 

好き嫌いが激しい

 

嫌いな物は徹底的に嫌い、一生逃げ続けます。

 

気高い

 

叱ったりすると、拗ねてしまったり逆切れをすることがあります。

 

人見知り

 

初めて見る人からは逃げ、心許していない人にも警戒します。

本当に心を許したらとてもべったりとしてきます。

まさに典型的な猫らしいツンデレ猫といった感じです。

 

三毛猫をしつける際の方法

 

calico

 

気高い性格なので、厳しく接するのはおすすめしません。

一度嫌われると、ずっと嫌われてしまうかもしれないので注意が必要です。

長い時間をかけて徐々に距離を縮めれば、とても懐いてくれることでしょう。

 

 

体育会系!三毛猫の身体の特徴

 

run

 

三毛猫の身体には以下のような特徴があります。

 

運動能力が高い

 

三毛猫は おもちゃ で遊んぶことが好きで、木登りがとても得意です。

 

身体がしっかりとしている

 

三毛猫は身体が程よく筋肉質でしなやか、猫らしい猫といった見た目をしていて美しいです。

 

雑種が多い

 

近頃ではミックスというオシャレな言い方をしますね。

三毛猫には雑種の猫が多く、様々な特徴が混ざり合っています。

 

寿命が長い

 

三毛猫は雑種が多いため、平均寿命が長いです。

ちなみに、筆者が飼っていた三毛猫は19年半生きました。

 

身体が丈夫

 

上記と同じく雑種が多いため、三毛猫は気温の変化に強く、病気にかかりにくい猫が多いです。

 

三毛猫がかかりやすい病気

 

sick

 

水分の摂取量が不足していたり、塩分やカルシウム、マグネシウムの過剰摂取により、尿路結石や膀胱炎などの尿に関する病気にかかりやすいです。

トイレに行く回数がやたらと多くなったら、動物病院へ連れて行って診てもらいましょう。

 

 


譲渡?購入?三毛猫を迎え入れる8つの手段

 

cats

 

例えば、 ロシアンブルー が欲しい、 アメリカンショートヘアー が欲しいという時、ペットショップで購入することができます。

しかし、三毛猫は品種ではないためペットショップで専門的に扱っている事はありません。

三毛猫を飼いたい場合はどのように探せば良いのでしょうか?

 

1.里親募集サイト

 

今ではインターネットで 里親 を募集できるようになりました。

三毛猫でしたらたくさん里親を募集しているので、責任を持って引き取ることができる前提の人はぜひ覗いてみてください。

 

2.動物病院やペットショップの掲示板での里親募集

 

動物病院やペットショップには掲示板があることがあり、そこで里親募集の貼り紙をしている場合があります。

運良く三毛猫の里親募集に出会えるかもしれません。

 

3.動物保護団体から引き取る

 

収入の状況や家の状態、飼い主の病気の有無、何人暮らしかなど、厳しく審査を受けることがあります。

お近くの保護団体のwebサイトで、保護している猫をみてみると良いでしょう。

また、譲渡会もあります。

 

4.保健所から直接保護

 

①事前に面談予約

 

電話やwebサイト、窓口などで動物を保護するための面談の予約をすることができます。

 

②面談

 

面談では、猫を飼うにあたって適切な人物がどうかを判定されます。

その後、誓約書などの書類を提出します。

 

③お見合い

 

引き取る猫を選びます。

色々な猫に会えるという訳ではないので、希望などをあらかじめ家で考えてから臨みましょう。

 

5.「あげる」webサイト

 

近頃よくある不要になった物を引き取ってくれる人を募集するサイトにて、事情により猫を手放さなくてはいけなくなった人が、猫の里親を募集していることがあります。

 

6.ブリーダーから買う

 

今ではインターネットを使ってブリーダーが売りに出している猫を選ぶことができます。

もし気に入った猫がいた場合、なるべく直接見に行くことをおすすめします。

 

7.ペットショップ

 

あまり期待しない方が良いですが、運よく血統つきの三毛猫に出会える場合があるかもしれません。

ペットショップへ行くたびに確認してみると良いでしょう。

 

8.野良猫を迎え入れる

 

子猫の猫を迎え入れる場合、親猫がいるかもしれないので、しばらく様子を見てから拾いましょう。

成猫の場合、本当に野良猫なのかどうか注意が必要です。

無事に迎え入れることができたら、必ず動物病院で健康診断をしてもらうましょう。

 

 

これから三毛猫を飼いたい方が準備すること、必要な物

 

doctor

 

三毛猫を飼いたいけど、何が必要で何をしたら良いのかわからないという方のために、必要な準備をまとめました。

 

三毛猫を家に迎え入れたら

 

子猫の三毛猫の場合

 

子猫の三毛猫を家に迎え入れたら、ワクチンの接種をします。

譲ってもらった場合は猫を譲ってくれた相手、買った場合はその猫を買ったペットショップやブリーダーに次回のワクチン予定日を教えてもらいましょう。

 

成猫の三毛猫の場合

 

成猫も毎年、動物病院で病気予防のワクチンを打ってもらいましょう。

 

三毛猫を飼うために必要な物

 

toy

 

猫トイレ

 

猫が用を足すための猫トイレが必要になります。

里親として引き取った場合、その猫が元々使っていた猫トイレの砂を少し貰い、新しい砂に混ぜてあげると安心してトイレを使ってくれるでしょう。

 

猫用の食器

 

キャットフードを入れるための食器、水を飲むための食器、2つの食器を用意しましょう。

 

おもちゃ

 

三毛猫は運動や遊びが大好きなので、おもちゃなどを使って遊んであげましょう。

同じおもちゃばかり使っていると猫が飽きてしまうため、数種類のおもちゃをローテーションで使い回していくことをおすすめします。

 

キャットタワー

 

三毛猫は身体能力が高く、運動好きです。

高いところに上がりたがるため、 キャットタワー など運動を楽しめる物があると良いです。

 

尿の病気になりやすい三毛猫のキャットフード選び

 

catfood

 

上記の「三毛猫がかかりやすい病気」で、尿道結石や膀胱炎などの尿に関する病気にかかりやすいとお話しました。

そんな三毛猫の食事で気を付けるべき点は塩分やマグネシウム、カルシウム、リンなどです。

 

三毛猫の を選ぶ際は、低マグネシウムで動物性たんぱく質を豊富に含んだ物を選ぶと良いでしょう。

マグネシウムについては0.09%を基準とすると良いです。

植物性たんぱく質が多い食事は尿の病気を引き起こしやすくする可能性があるので、肉や魚を使った動物性たんぱく質が豊富なキャットフードを選びましょう。

 

きれい好きな三毛猫のためにすること

 

calico

 

毎日ブラッシングする

 

猫は被毛を清潔に保つことがとても重要です。

ブラッシングをしてあげることで清潔を保つと同時に、スキンシップを取ることもできます。

 

毎日猫トイレを掃除する

 

必ず毎日トイレ掃除をしましょう。

きれい好きな三毛猫はトイレが不潔な状態であると、用を足さなくなってしまうこともあります。

 

食器をきれいにする

 

三毛猫はきれい好きなため、食器や食事場をきれいにしておかないとご飯を食べなくなってしまうかもしれません。

人間の食卓と同じように、いつもきれいにしておきましょう。

 

 


数が減ってる!?三毛猫の危機!

 

calico

 

ここ近年、日本では大変な猫ブームで、様々な猫を見るようになりました。

特に洋猫が人気で、さらに、和洋様々な猫と混ざり合ったミックス(雑種)猫も大変人気があります。

 

しかし、三毛猫などの純粋な日本猫の数が年々減少しています。

色々な種類の猫が世間に広まり、様々な猫と混ざり合い、元々日本にいた日本猫がその数を減らしてしまったのです。

 

そんな中、アメリカではジャパニーズボブテイルという名前で日本猫が正式に純血種として登録されました。

日本では日本猫の数が減っている代わりに、海外で日本猫が守られているのです。

 

 

まとめ

 

baby

 

まさに日本の猫といった見た目の和やかさが魅力の三毛猫。

三毛猫のほとんどは雑種で、ペットショップには滅多に売っていません。

 

メスの三毛猫もオスの三毛猫も、お金では買えない魅力がつまっています。

猫を本気で飼うことを検討している方は、三毛猫も視野に入れてみたはいかがでしょうか?


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(8)
   カピバラ(1)
   ミニブタ(1)
中型哺乳類(280)
   猫/ネコ(108)
   犬/イヌ(151)
小型哺乳類/小動物(51)
   うさぎ(26)
   ハムスター(16)
鳥類(46)
   陸生鳥類(38)
   水生鳥類(4)
魚類/甲殻類/水生生物(42)
   熱帯魚(18)
   淡水魚(13)
爬虫類(20)
   蛇/ヘビ(3)
   トカゲ(5)
両生類(7)
   ウーパールーパー(1)
   カエル(3)
虫/昆虫(10)
   カブトムシ/クワガタ(5)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(29)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(5)
   寄付/募金/殺処分(5)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(451)
種類/品種(385)
繁殖/育成(342)
毛色/毛質(167)
性格/生態/特徴(284)
食事/餌/栄養(350)
病気/病院/治療(395)
しつけ(319)
トイレ(116)
おもちゃ(12)
選び方(347)
値段/価格(362)
ランキング/おすすめ(76)
口コミ/レビュー(105)
旅行/ホテル/レストラン(10)
寄付/募金(10)
おもしろペット(64)
飼育知識/豆知識(484)
画像(63)
まとめ(488)

人気記事ランキング