logo

Top > 鳥類 > 鳥ペット全般の種類/飼い方/豆知識

鳥ペットの病気の種類と予防、対策、健康チェック






鳥ペットとひとくちに言っても、その種類には様々なものがあります。
近年では定番ペットとして、たくさんの人に可愛がられていますよね。

そんな彼らの健康に気遣って、大切にお世話してあげるには、飼い主さんの正しい知識が必要です!
特に、病気に関する知識を身に付ければ、いざというときに安心できます!

そこで今回は、鳥ペットの病気に関する基本的知識に加え、その予防や対策、健康チェックの方法について、ご紹介していきます。
ぜひ、本記事をご覧になって、お飼いの鳥ペットたちを病気から守ってあげてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


1. 鳥ペットの病気について知ろう! ~はじめに~

 

bird

 

鳥ペットの病気といっても、ピンとこない方も多くいらっしゃることでしょう。

そもそも、どんな病気があるのでしょうか?症状は?対策の仕方は?

 

そんな様々な疑問にお答えするため、今回は簡単な流れに沿って、病気の種類や予防方法をご紹介していきます!

以下の項目が、本記事の内容となります。

 

1. 鳥ペットの病気について知ろう! ~はじめに~

2. 鳥ペットの病気について知ろう! ~①病気の種類~

1. 感染性の病気

①ウイルス性羽毛疾患(PBFD)

②クラミジア感染症(オウム病)

2. 寄生虫の病気

③ジアルジア症

④トリコモナス症

3. 栄養障害

⑤甲状腺腫(ヨード欠乏症)

⑥脚気(チアミン欠乏症)

4. 消化器系の病気

⑦胃炎

5. 生殖器系の病気

⑧卵づまり(卵秘、卵塞)

⑨精巣腫瘍

6. 神経の病気

⑩毛引き症

3. 鳥ペットの病気について知ろう! ~②予防と対策~

1. 運動

放鳥

おもちゃ

2. 餌

3. 日光浴

4. 鳥ペットの病気について知ろう! ~③健康チェック~

鳥ペットの健康チェックをするには?

①まずは、色、体形を観察しましょう!

②次は、細部を見ます!

③さらに、行動を観察します!

④最後は、排泄物のチェックです!

5. 鳥ペットの病気について知ろう! ~④まとめ~

①病気の種類

②予防と対策

③健康チェック

 

 


2. 鳥ペットの病気について知ろう! ~①病気の種類~

 

bird

 

鳥ペットの病気は、細菌や寄生虫、生殖器系のトラブル、神経の異常など、様々な理由によって引き起こされます。

 

この項目では、特に代表的な病気を順番に  10種類  ご紹介し、それぞれの  原因  と  症状  、  対策  についてご紹介致します。

 

さらに、病気ごとに、特にかかりやすい鳥ペットの種類をあげていきますので、参考にしてみてください。

 

1. 感染性の病気

①ウイルス性羽毛疾患(PBFD)

 

・原因  …  PBFDウイルス  に感染することにより、発症します。

免疫力が低下しているとき、鳥同士の接触や、便、羽毛の経口摂取により感染します。

 

治療が非常に難しく、死亡してしまう可能性もあります。

 

・症状  …慢性の場合、  羽毛の脱落   脱色   、  クチバシの変形   などの体表異常が現れます。

急性の場合、  食欲不振   、  下痢   、  貧血   などが見られ、  突然死   してしまうことがあります。

 

・対策  …感染した疑いのある鳥と接触させないようにします。

抗ウイルス剤がないため、  発症後の治療は難しいとされています  が、投薬や食事で免疫力を高める方法もあります。

 

定期的な検診も有効です。

 

・種類  …ほとんどの鳥ペット

セキセイインコ、ラブバード、コザクラインコ、ボタンインコ、ヨウム、大型オウム類など

オカメインコの発症はないようです。

 

②クラミジア感染症(オウム病)

 

・原因  …  クラミドフィラ・シッタシ  という細菌により感染し、発症します。

 

人に感染する恐れもある、  人獣共通感染症  です。

 

鳥ペットをお飼いの方で、  高熱や咳  といった症状が現れたら、すぐに病院へ行きましょう。

その際、鳥ペットを飼っていることを医師に伝えます。

 

適切な治療を受ければ、大事に至ることはありません。

 

・症状  …  食欲不振   、  下痢   、  脱水   、風邪に似た  鼻炎症状   などが現れます。

また、潜伏期間が数日から数年と長いので、注意が必要です。

 

・対策  …感染した鳥と接触させないようにするほか、定期的な検診も有効です。

発症後は、動物病院で抗生剤の投薬を行うことができます。

 

投薬を行う場合は、副作用に注意が必要です。

 

・種類  …ほとんどの鳥ペット

セキセイインコ、ラブバード、オカメインコ、文鳥、九官鳥など

 

2. 寄生虫の病気

③ジアルジア症

 

・原因  …  ジアルジア原虫  が寄生することにより発症します。

感染した鳥の便を摂食してしまうことにより寄生されます。

 

・症状  …  下痢   などを起こしますが、  無症状   の場合もあります。

 

・対策  …感染した鳥がいた場合は隔離し、しっかり駆虫を行います。

動物病院などで投薬を行いましょう。

 

・種類  …セキセイインコ、オカメインコ、ラブバードなど

文鳥や大型オウム類は発症例が少ないようです。

 

④トリコモナス症

 

・原因  …  トリコモナス  という原虫が寄生することによって発症します。

親鳥からヒナへ口移し給餌による、  経口感染  が多いようです。

 

飲み水や餌の共有によっても感染します。

 

・症状  …  食欲不振   になり、  くしゃみ   や  鼻水   が見られるようになります。

そのうや食道、口の中に炎症   を起こし、  餌を吐き出す   ようになります。

 

・対策  …感染した鳥、特に親鳥はしっかりと駆虫を行いましょう。

保温環境をつくり、動物病院などで投薬を行います。

 

・種類  …セキセイインコ、オカメインコ(特に幼鳥)、文鳥(特に幼鳥)など

ラブバードや大型オウム類は発症例が少ないようです。

 

3. 栄養障害

⑤甲状腺腫(ヨード欠乏症)

 

・原因  …  ヨードの欠乏  により発症します。

菜種や大豆、キャベツなどの過剰摂取が原因となることもあります。

(甲状腺種誘発物質を含みます)

 

・症状  …甲状腺の肥大で気管が圧迫されます。

 

呼吸時に苦しそうにしはじめ、進行すると  呼吸困難   、  心不全   、  餌の吐き出し   が起こります。

場合によっては、  肥満   を引き起こします。

 

さらに症状が進行すると、  死に至る場合もあります。

 

 

・対策  …日頃から、副食として  ボレー粉  などを与えるようにしましょう。

ヨード剤を与えるなど、投薬を行うこともできます。

 

・種類  …セキセイインコ、カナリア、ラブバード、オカメインコ、文鳥、コンゴウインコ、大型オウム類など

 

⑥脚気(チアミン欠乏症)

 

・原因  …  ビタミンB1(チアミン)  の欠乏により発症します。

カルシウムなどの不足  によっても発症します。

 

ヒナの頃に多く見られる病気です。

 

・症状  …脚に力が入らず、  うまく歩くことができなくなります。

進行すると  脚が麻痺   し、  翼も麻痺   します。

 

・対策  …ヒナに与える餌は、栄養バランスの良いものにしましょう。

粟玉(むき粟に卵黄をまぶしたもの)だけでは不十分ですので、  パウダーフードなどと併用しましょう。

 

動物病院などで投薬、注射を行うこともできます。

 

・種類  …幼鳥に多い。

セキセイインコ、ラブバード、オカメインコ、文鳥、大型オウム類など

 

4. 消化器系の病気

⑦胃炎

 

・原因  …  細菌による感染  や、  ストレス  などにより発症します。

 

・症状  …  食欲不振   、  餌の吐き出し   や  嘔吐   を起こし、やせ細っていきます。

さらに進行すると  胃出血   を起こし、便の色が黒っぽくなります。

 

・対策  …動物病院などで、投薬を行うことができます。

ストレスを感じている場合もあるので、環境などに配慮してあげましょう。

 

・種類  …鳥ペット全般

 

5. 生殖器系の病気

⑧卵づまり(卵秘、卵塞)

 

・原因  …  カルシウム不足  や、  ストレス  などにより発症します。

原因は様々あるようです。

 

・症状  …  食欲不振   や  膨羽   、  腹部膨大   、床や巣の近くで  苦しそうにうずくまっている様子   があげられます。

卵がなかなか産出されず、痛みで苦しそうにしていたら卵づまりの可能性が高いです。

 

・対策  …日頃から副食などに気遣い、  栄養バランスのとれた食事をさせましょう。

(カルシウムと一緒にビタミンの摂取も重要です)

冬場など気温の低い時期は、  保温をしっかりしてあげることも大切です。

 

症状が見られた場合は、保温をし、  すぐに動物病院へ連れていきましょう。

 

・種類  …セキセイインコ、文鳥、ラブバード、オカメインコ、大型オウム類などのメス

 

⑨精巣腫瘍

 

・原因  …過発情による  精巣の肥大  、  高温  などにより発症します。

 

・症状  …初期は、メス化によるクチバシ上部のロウ膜の褐色化が起こります。

進行すると、  腹部膨大   、  脚麻痺   や  呼吸困難   などを引き起こします。

 

・対策  …動物病院などで、発情抑制剤などを与えることができます。

発情期の健康チェックを念入りに行いましょう。

 

・種類  …セキセイインコ、ラブバード、オカメインコ、文鳥、大型オウム類などのオス

 

6. 神経の病気

⑩毛引き症

 

・原因  …  栄養不良  や  皮膚の乾燥  、  ストレス  などにより発症します。

原因は様々あるようですが、  飼い主さんとの心の距離の問題  が原因となることもあります。

 

・症状  …  羽をつついて引き抜く行動   が、多くなっていきます。

出血   することもあります。

 

・対策  …ストレスの原因を取り除くほか、環境を変えたり、栄養のある食事を与えたりしましょう。

投薬を行うこともできるようです。

 

・種類  …鳥ペット全般

 

 

3. 鳥ペットの病気について知ろう! ~②予防と対策~

 

bird

 

さて、ここからは、病気の  予防と対策   についてご覧頂きます。

何か特別な方法が必要なの?と思われるかもしれませんが、実は、日々のお世話で防いでいくことが可能です。

 

お世話のポイントとなるのは、  1.   運動 、  2.   、  3.   日光浴 の3つです。

日常の中でどうやって対策していくのか?ということを、上記の項目ごとにご説明していきます。

 


1. 運動

 

bird

 

日々の  運動  は、鳥ペットの健康に欠かせない要素です。

 

運動不足は肥満の原因にもなりますし、ストレスを感じさせてしまいます。

肥満もストレスも、鳥ペットにとって様々な病気の原因となる可能性があります。

 

では、どうやって運動をさせたらいいのか?という疑問には、いくつかの方法をあげて答えることができます。

 

放鳥

 

放鳥 とは、普段ケージの中にいる鳥ペットを、一定時間外に出してやることです。

鳥ペットを飼う上で、欠かせないお世話となります。

 

野生下では自由に飛び回っている鳥さんたちですから、ずっとケージの中にいてはストレスがたまってしまいます。

 

しかし、あまりにも長時間の放鳥は、鳥ペットにとってかえって良くない結果を招きます。

部屋の中で事故にあってしまうかもしれませんし、ケージに戻るのが苦痛になってしまうこともあります。

 

料理中や、飼い主さんの食事中の放鳥も避けましょう。

また、  鉛  や  テフロン  、  亜鉛  でできたものがあると、鳥ペットが中毒を起こす危険がありますので、気を付けましょう。

 

放鳥時間の目安としては、  1日1回、30分~1時間くらい  がおすすめです。

なるべく毎日、同じくらいの時間帯にしてあげるように心がけましょう。

 

また、放鳥はコミュニケーションをとる場でもありますから、ぜひ一緒に遊んであげてください。

 

おもちゃ

 

toy

 

ケージの中に おもちゃ  を入れてあげると、  運動不足の解消やストレス軽減  をはかることができます。

特に、飼い主さんが仕事でいない時間など、寂しがり屋の鳥ペットはとても喜びます。

 

おもちゃには、  自然素材  のものと  人工素材  のものがあり、種類も豊富です。

一番基本的なおもちゃは、かじって壊すことができる  消耗品のおもちゃ  でしょう。

 

中には、知能を発達させるための 知育おもちゃ   と呼ばれるものもあります。

特に頭の良い大型インコやヨウムなどにおすすめですが、鳥ペット全般に適しています。

 

最近では、家にあるものでつくれる  手作りおもちゃ  も人気ですから、興味のある方は、ぜひつくってあげてください。

 

2. 餌

 

birds

 

鳥ペットの  餌  をざっくり種類分けすると、   主食    副食     野菜類   や、   おやつ   に分類することができます。

 

主食  には、  シード (種)  と  ペレット(総合栄養食)  があり、最も基本的な餌となります。

鳥ペットの餌、と聞いて、多くの人が思い浮かべるのは、この  主食  にあたるものでしょう。

 

そして、これらと一緒に食べる  副食   と  野菜類   は、とても重要です。

鳥ペットに必要な栄養素はこの2つから補う、と言っても過言ではありません。

 

副食  からは、ミネラルやカルシウムを摂ることができますし、 野菜類  からはビタミンを摂ることができます。

しかし、  副食  は  与える量に注意  が必要で、  野菜類  の中には  与えると危険なもの が存在します。

 

栄養バランスの良い餌を与えるには、正しい知識を身に付けることが必要になるのです。

 

また、   おやつ   は、栄養のためというより、鳥ペットの楽しみのために与えるものとなります。

コミュニケーションをとる上でも重要になるので、あげすぎに注意しながら与えましょう。

 

餌についてもっと詳しく知りたい!という方は、鳥ペットの代表格である、インコの餌についてまとめた記事があります。

ぜひ、参考にしてみてください!

 

⇒参照記事: インコの餌・食事について知っておきたいコト  

 


3. 日光浴

 

bird

 

日光浴  をさせてあげることは、鳥ペットの健康に必要不可欠です。

実は、鳥ペットは日光を浴びることによって、  ビタミンD3  を合成しているのです。

 

これは、  餌からは摂取することのできない栄養素  です。

ビタミン剤で強制的に摂取させることもできるのですが、体に負担をかけてしまうこともあるので、やはり日光浴がおすすめです。

 

日光浴をするときは、  15分~1時間程度 が目安です。

 

室外では  熱中症にならないよう   、ある程度日陰のできる場所で行いましょう。

カラスや野良猫に襲われないように、注意も必要です。

 

外に出してあげることで環境の変化が起こり、  ストレスの解消にもなります。

 

もちろん、室内で日光浴をさせることも可能です。

その場合は、日光をきちんと浴びることができるように、 ガラス窓を開けましょう。

 

ガラス越しですと、必要な紫外線がカットされてしまいます。

 

鳥ペットには、規則正しい生活が合っていますから、日光浴も同じ時間帯にしてあげると良いですね。

必要な栄養素が摂れる状態にしてあげて、普段から、体調に気を遣ってお世話をしてあげてください。

 

 

4. 鳥ペットの病気について知ろう! ~③健康チェック~

 

birds

 

この項目では、鳥ペットの 健康チェック  の方法についてご覧頂きます。

これを行うことで、病気の早期発見や予防につながります!

 

また、健康チェックには飼い主さんの観察眼はもちろん、  お飼いの鳥さんへの愛情  が何より大切になります。

早速、方法をマスターしていきましょう!

 


鳥ペットの健康チェックをするには?

 

bird

 

健康チェックで大切になるのは、観察すべき対象といくつかのポイントです。

 

①まずは、色、体形を観察しましょう!

 

最初に、ざっと全体を観察します。

もし、  体色に異常  があれば、栄養不足や、  ウイルス性羽毛疾患 などの可能性があります。

 

体形を見て、  羽毛の形がおかしい  場合は、   脚気   などの病気を疑います。

 

毛が抜けている部分  がないか、  出血  がないか確認するのも忘れないようにしましょう。

これらは、  毛引き症   などの可能性を示します。

 

また、  膨羽  と呼ばれる、羽毛を大きく膨らませた状態は、体長不良や様々な病気の可能性を示しています。

さらに、  事故による怪我  がないかどうかも、観察できると良いですね。

 

②次は、細部を見ます!

 

全体の様子を把握できたら、細かい部位に注目していきます。

頭部から腹部、脚にかけて、順番に見ていきましょう。

 

鼻の上の  ロウ膜の変色  は、オスであれば  精巣腫瘍   の疑いがあります。

 

ロウ膜と一緒に、クチバシの状態もチェックしましょう。

クチバシの変形  は、   ウイルス性羽毛疾患   の可能性があります。

 

クチバシのまわりに、嘔吐の跡がないかも観察します。

嘔吐の跡  があれば、  トリコモナス症     甲状腺腫   、  胃炎 の疑いありです。

 

腹部の膨らみ は、  生殖器系の病気  の可能性があります。

さらに脚を見て、もし異常があれば、  脚気   や  精巣腫瘍   に注意しましょう。

 

③さらに、行動を観察します!

 

餌を食べる様子、呼吸の仕方など、行動もチェックのポイントとなります。

食欲不振  であれば、 細菌性の病気    、  トリコモナス症 、  胃炎   、  卵づまり   など、様々な病気の可能性があります。

 

くしゃみなどの  鼻炎症状  が見られれば、  クラミジア感染症   などの可能性を考えましょう。

 

また、苦しそうに呼吸をしていたり、ヒュー、ヒューと音を漏らしていたら、  呼吸困難 の可能性大です。

甲状腺腫   、  精巣腫瘍   や、  呼吸器系の病気  を疑いましょう。

 

毛を引き抜く  毛引き症   はもちろん、自傷行為をしていないか、おかしな動きをしていないかも観察しましょう。

歩き方に問題があれば、脚の怪我や、  脚気   などの病気を疑う必要があります。

 

④最後は、排泄物のチェックです!

 

意外に忘れられがちですが、排泄物のチェックで、とても簡単に健康状態を知ることができます。

水っぽくないか、色はどうか、量はどうかなど、観察ポイントはたくさん あります。

 

下痢  をしているようなら、  細菌性の病気  や  ジアルジア症   などを疑いましょう。

黒色便   は、  胃炎   を起こしている可能性が高いです。

 

ほかにも、便に血が混じっていないか、尿の量はどうかなどを観察しましょう。

 

以上の  4点  に気を付けて、健康チェックを行ってみてください。

さらに、これらのポイントをふまえた上で、一番に気を付けてほしいことがあります。

 

・鳥ペットは病気をしていても、元気にふるまおうとする傾向があるのです。

 

少しでもおかしいと感じたら、病気の対策を行うか、すぐに動物病院に連れていきましょう。

病気を隠せないくらいの症状が現れたときには、かなり進行していることがあります。

 

日々のお世話とともに、愛情を持った目でお飼いの鳥さんを観察してあげてください。

鳥の種類ごとの病気について、もっと詳しく知りたい!という方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

 

⇒参照記事: インコの病気。予防方法、対策、症状、原因まで!

 

5. 鳥ペットの病気について知ろう! ~④まとめ~

 

bird

 

最後に、本記事内容をおさらいする、簡単なまとめを見ていきましょう!

 

①病気の種類

 

・ウイルス性羽毛疾患  …ウイルスが原因で、体表異常や食欲不振などを引き起こす。

治療は難しいとされている。

 

・クラミジア感染症  …細菌が原因で、食欲不振や下痢などを引き起こす。

投薬などを行うことができるが、副作用に注意。

 

・ジアルジア症  …原虫が原因で、下痢などを引き起こす。投薬などが有効。

 

・トリコモナス症  …原虫が原因で、食欲不振や鼻炎症状などを引き起こす。投薬などが有効。

 

・甲状腺腫  …栄養障害により、呼吸困難や心不全などを引き起こす。

副食の改善や、投薬などが有効。

 

・脚気  …栄養障害により、脚麻痺や翼麻痺などを引き起こす。

食事内容の改善のほか、投薬などが有効。

 

・胃炎  …細菌感染やストレスにより、食欲不振や胃出血などを引き起こす。

投薬や、環境改善などが有効。

 

・卵づまり  …栄養障害やストレスにより、腹部膨大などを引き起こす。

保温や、動物病院での治療が有効。

 

・精巣腫瘍 …精巣の肥大により、腹部膨大などを引き起こす。投薬などが有効。

 

・毛引き症  …栄養障害やストレスにより、行動異常、体表異常などを引き起こす。

環境改善などが有効。

 

②予防と対策

 

運動

 

放鳥  や、  おもちゃ  の利用により、肥満やストレスを防ぐことができる。

 

・放鳥の目安時間は、1日1回、30分~1時間程度。

・おもちゃには、自然素材と人工素材があり、消耗品のもの、知能を発達させるものなどがある。

また、手作りすることもできる。

 

 

餌には、4つの種類がある。

 

・主食…シードやペレットなど、基本的な餌。

・副食…栄養素を補うことができる餌。

・野菜類…栄養素を補うことができる餌。

・おやつ…楽しみを得たり、コミュニケーションをとるための餌。

 

日光浴

 

日光浴により、 ビタミンD3  を合成することができる。

 

・日光浴の目安時間は、15分~1時間程度。

・室外で行うと危険もあるが、ストレス解消をすることができる。

・室内で行う場合は、ガラス窓を開けること。

 

③健康チェック

 

健康チェックを行うことで、病気の早期発見や予防につながる。

 

・全体、細部、行動、排泄物を観察する。

・鳥ペットは病気を隠そうとすることがあるので、注意する。

・少しでも異常を感じたら、動物病院へ連れていく。

 

日々のお世話に加え、愛情を持って観察を行うことが、鳥ペットの健康につながる。

 

 

鳥ペットの病気や予防と対策の方法、健康チェックの仕方などがお分かり頂けたかと思います。

ここであげたもの以外にも、鳥ペットの脅威となる病気は存在します。

ですが、飼い主さんができる限りのお世話を行うことで、危険を避けることができるでしょう。

いつまでも、お飼いの鳥さんを大切にお世話してあげてくださいね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(580)
   猫/ネコ(236)
   犬/イヌ(299)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(103)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(3)
鳥類(125)
   インコ(23)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(44)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(11)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(66)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(887)
種類/品種(729)
繁殖/育成(598)
毛色/毛質(303)
性格/生態/特徴(673)
食事/餌/栄養(673)
病気/病院/治療(695)
しつけ(474)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(589)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(1010)
画像/動画(127)
まとめ(866)

人気記事ランキング