logo

Top > 小型哺乳類/小動物 > モルモット

【モルモットの里親になりたい方向け】モルモットをペットとしてお迎えするための譲渡条件・方法・注意点を紹介






「保護されているモルモットを助けてあげたい」「里親募集中のモルモットを、ペットとして我が家にお迎えしたい…」
このような想いを抱えている方は、きっと多くいらっしゃいますよね。

ただ、モルモットに限った話ではありませんが、命を預かる以上は生半可な気持ちでは里子を譲り受けることは出来ません。

では、里親さんを探しているモルモットと出会い、そして譲ってもらうためには、どのような方法・条件があるのでしょうか。
モルモットの里親になる際の注意点についても、合わせて確認しておきましょう。

緊急事態宣言の発令、及び新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけになられる前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】【モルモットの里親になりたい方向け】モルモットをペットとしてお迎えするための譲渡条件・方法・注意点を紹介

 

モルモットの里親になるメリット

モルモットの命を救える

モルモットを無償で引き取れる

大人のモルモットをお迎えしたい方にも向く

モルモットの里親になるデメリット

好きなモルモットを飼育できるとは限らない

飼い始めるまでに手間・時間がかかる

飼育前後の条件が「思ったより厳しい」と感じるかも……

モルモットの里親になるための主な譲渡条件

里親を募集しているモルモットと出会う方法

里親募集のサイトを訪問する・譲渡会に参加する

動物病院のお知らせを確認する

さいごに…モルモットの里親になる際の注意点

 

 


モルモットの里親になるメリット

 

benefits_of_foster_parents_of_guinea_pig

 

モルモットの命を救える

 

モルモットに限った話ではありませんが、元の飼い主の引っ越し・体調不良・飼育放棄などの理由により、保護されていく動物は本当に大勢います。

引き取り手がなかなか見つからない場合には、保護センターや保健所で飼養できる数を超えてしまうため、やむを得ず殺処分するしかないのが現状です。

 

他人の子どもを預かり、あるいは引き取って、代わりに育ててあげるのが「里親」です。

 

モルモットの「里親」になるメリット、それは皆さんもお考えの通り、殺処分されてしまう可能性があるモルモットの尊い命を救えることだと言えるでしょう。

 

モルモットを無償で引き取れる

 

モルモットを店頭で購入する場合、種類や扱っているショップによって差はありますが、4,000〜30,000円くらいの費用を支払うことになります。

しかし、里親になる際には、ペットショップなどで選ぶ場合とは異なり、モルモットを無償で譲ってもらえます。

 

大人のモルモットをお迎えしたい方にも向く

 

また、販売されているモルモットは赤ちゃん・子どもであるケースが多いですが、里親を探しているモルモットの場合は青年期などある程度成長している子も数多く見られます。

 

そのため「健康で、落ち着いた性格のモルモットを飼いたい」「10年近く育ててあげられる自信がないから、大人のモルモットなら飼育したい」というご希望がある場合にも、相性の良い子を見つけやすいかもしれません。

 

もちろん、幼年期のモルモットをお探しの場合も、可愛い素敵な子に出会えますよ。

 

 

モルモットの里親になるデメリット

 

disadvantages_of_foster_parents_of_guinea_pig

 

好きなモルモットを飼育できるとは限らない

 

そうとは言え、里親制度はペットショップで購入する場合と違い、簡単に好みのモルモットを譲ってもらえるとは限りません。

 

里親を募集している団体では、この後お話しするような細かい譲渡条件・基準に合致する必要があります。

 

また、複数の方が同じモルモットを希望するパターンも考えられるため、より審査内容に通りやすい方が応募された場合も、第一希望だった子をお迎えできない可能性があるでしょう。

 

飼い始めるまでに手間・時間がかかる

 

「1日でも早く、正式にお迎えしたい」と思うかもしれませんが、ペットショップで購入する場合と比べてしまうと、道のりが長く感じられるかもしれません。

 

里親制度でモルモットを譲り受ける際には、まずお互いに譲渡条件を確認した後、基本的に書類やアンケートの提出が必要です。

その後、お見合いの機会を設けられ、トライアルでの飼育が開始。

 

1〜2週間程度のトライアル期間が終了したら、譲渡意思の確認を再度行い、双方の気持ちが一致するとようやく正式譲渡となります。

 

飼育前後の条件が「思ったより厳しい」と感じるかも……

 

Conditions_before_and_after_rearing_guinea_pig

 

ペットの里親制度を利用する際には「譲渡契約書」を交わすのが原則です。

 

契約書上には、例えば 

 

  • 温湿度調整をするなど、モルモットが過ごしやすい環境を整備すること
  • 譲渡後の近況報告(例:トライアル期間中=週に1回以上、譲渡後は年に数回など)にも同意いただくこと

 

といった条件が記されています。

正式譲渡後も、きちんとした環境を保てているか報告しなくてはいけない場合が多いため、手間に感じる方は譲渡条件をクリアできない可能性が高いでしょう。

 

また、モルモット自体は無償で譲ってもらえますが、去勢・避妊手術代(20,000円前後)や、医療費の一部などは里親となる方が支払うのが基本です。

医療費の価格は「上限3,500円」「一律10,000円」など、運営者によって異なります。

 

そして、最初に飼育環境をチェックするため、担当者がご自宅までモルモットを届ける例が多く、その際の移動費用も里親の方の負担となるのが一般的です。

 

手間もコストもかかりますが、貴重なひとつの命を預かる以上、いずれも大切な要素なのです。


 


モルモットの里親になるための主な譲渡条件

 

conditions_to_become_foster_parents_of_guinea_pig

 

モルモットの里親制度では、主に下記のような基準・条件を設定している例が多く見られます。

 

  • ペット可の物件に住んでいること
  • 同居している家族全員の許可が取れていること
  • 飼育していく上で経済的な余裕があること
  • エアコンや空調などで温湿度のコントロールができること
  • 屋外(庭やベランダなど)での飼育はしないこと
  • ひとり暮らしの場合は、保証人や後見人を立てること
  •   フェレット などを飼育している場合は、分離飼育が可能であること

 

譲渡契約書にサインする際には「ペット可」の物件であることを証明するのが基本です。

ペット不可の部屋で、こっそり飼育することはできません。

ただし「犬猫は不可」の物件であっても、モルモットならOKとしてくれるオーナーさんもいらっしゃるので、事前に管理会社や大家さんに問い合わせてみることをおすすめします。

 

また、団体によっては「未成年の方は不可」「高齢の方の場合は、近所にサポートできる親族の同意も必要」という条件のこともあります。

猫をすでに飼育されている場合は「飼育スペースを分離できるとしてもNG」とされる例もあるため、諸条件を必ず確認し、内容によってはスタッフの方と相談してみましょう。

 

エアコンや空調に関しては、ほぼ整備されていることが絶対条件となると思われます。

万が一モルモットが熱中症にかかってしまうと、死に至ってしまう確率が非常に高いためです。

 

未就学のお子さんがいらっしゃる場合は、モルモットの状態によっては断られてしまう場合もあります。

「我が家は条件に当てはまるかな…」と不安な方も、一度話し合ってみると良いでしょう。

 

foster_parents_are_strict

 

上記のような条件にどうしても該当せず、「思いのほか条件が厳しい」「せっかくモルモットの命を救える機会なのに」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

けれども里子となってしまったモルモットには「許可のない無断飼育に気づかれてしまい、処分するように言われた」「部屋を退去することになり、飼えなくなった」といった理由で、飼育者の手を離れることになってしまった子が少なくありません。

 

さらに、ペットを捨ててしまうような人がいるだけでなく、飼育中の爬虫類のエサにする・実験動物として使う・虐待する・売却するといった里親詐欺が多いのも現実です。

 

モルモットが再び捨てられたり危害を加えられたりすることのないよう、里親制度を運営している方々には「信頼できる新しい飼い主」を探す義務があることも理解しておきましょう。


 

里親を募集しているモルモットと出会う方法

 

それではここで、実際に保護されているモルモットに出会うための方法についてもチェックしていきましょう。

 

how_to_meet_a_guinea_pig

 

里親募集のサイトを訪問する・譲渡会に参加する

 

里親募集のサイトとしては、地元の専用の掲示板やブログが一般的です。

サイトによっては、モルモットの性格が詳細に掲載されています。

幼年期・青年期など色々な年齢の子たちの中から、ご希望に合った里子を探しやすいでしょう。

 

なお、地元で「モルモットの里親募集」というホームページやブログを運営している所が見つからない場合でも、犬・ うさぎ の里親を探している団体が、モルモットも何頭か保護しているパターンもありますよ。

 

また、都道府県のホームページに「動物愛護センターからの譲受に関するお知らせ」が掲載されている場合もあるので、お住まいの地域の情報をチェックしてみるのも良いでしょう。

 

ブログや自治体のホームページには、当月・翌月などに開催される譲渡会の内容が記されていることも多いです。

イベントによって、予約が必要か不要かは異なるため、参加したい場合は注意してください。

 

動物病院のお知らせを確認する

 

「近所の人から保護を依頼された」というような理由で、動物病院がお世話している子の里親を募集していることもあります。

犬・猫しか対応していない所も多いため、「小動物・モルモットの診療も可能」としている病院にあたってみると良いですね。

 

ホームページに掲載していることもあれば、現地の待合室に掲示されているケースもあります。

急患が多い日もあると思われるため、電話で問い合わせるのではなく、なるべくご自身で病院に赴いて掲示板を確認することが望ましいです。

 

 


さいごに…モルモットの里親になる際の注意点

 

before_becoming_a_foster_parent_for_a_guinea_pig

 

モルモットの寿命は平均5〜7年程度ですが、10年以上長生きできる子もいます。

これから飼育していく上でも、健康診断費・医療費など、想像以上の経費が必要になります。

 

緊急手術が必要な時には、数万円あるいは10万円ほどの費用がかかることさえあります。

また、モルモットを診察できる獣医さんは、犬や猫と比べると少ないです。

お住まいのエリアによっては、片道1〜2時間以上かけて動物病院へいかなくてはなりません。

 

それでも「モルモットの里親になってあげたい」という気持ちが変わらなければ、ぜひ譲渡会の参加を検討してみてください。

 

里親を募集している方々の中には、連絡をすれば飼育の仕方やおすすめの病院についてアドバイスしてくれるスタッフさんもいます。

困ったことや不安な点があれば、遠慮なく相談することも大切です。

 

素敵な里親さんとの出会いを待っているモルモットをお迎えしてあげることで、モルモットもあなた自身も、充実した生活を再スタートできると良いですね。

 

▼モルモットの関連記事

 

・  モルモットの種類、毛色、飼い方

・  モルモットの飼い方やエサ、飼育グッズを解説!注意点や飼育本も

・  モルモットのなつかせ方!なつきやすい性別や種類は?スキンシップにおすすめのおやつやグッズも紹介

・  モルモットの品種12種を解説!性格やお世話の仕方の違い、おすすめの品種とは?


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(493)
   猫/ネコ(199)
   犬/イヌ(250)
   霊長類/類人猿/サル(11)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(95)
   うさぎ(43)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(7)
   チンチラ(2)
鳥類(117)
   インコ(19)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(39)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(8)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(61)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(22)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(788)
種類/品種(670)
繁殖/育成(585)
毛色/毛質(259)
性格/生態/特徴(622)
食事/餌/栄養(618)
病気/病院/治療(644)
しつけ(466)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(544)
ランキング/おすすめ(139)
口コミ/レビュー(165)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(898)
画像/動画(127)
まとめ(856)

人気記事ランキング