logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の種類

大型猫にはどんな猫がいる?大型猫の特徴と魅力について解説






猫は犬のように小型犬・中型犬・大型犬という区別はされていませんし、犬のように20kgもあるような大きな猫はいません。

しかし、猫の中には、体が小さめの猫もいれば、かなり大きい猫もいます。
体が大きい子になると、中型の猫に比べると2倍以上の体重があり、見た目も大きく存在感は抜群です。

今回は大型の猫の特徴や魅力、大型猫にはどのような種類がいるかをご紹介します。
また、大きい猫ちゃんを飼う際は一般的なサイズの猫を飼うときとは異なる注意点があるので、大型猫と上手に暮らす方法も解説します。

本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


【目次】大型猫にはどんな猫がいる?大型猫の特徴と魅力について解説

 

大型猫の特徴と魅力

どのくらいからが大型猫?

一番の特徴は大きな体

がっしりした体型

顔のパーツが大きい

おおらかな性格

長毛が多い

成長に時間がかかる

 

2ページ目 :

 

大型猫を飼育する際の注意

高品質のキャットフードを与える

大きいトイレが必要

広いスペースが必要

登れる高い場所が必要

大型のキャリーバックが必要

自家用車があればなお良い

長毛種はブラッシングが必須

 

3ページ目 :

 

大型猫の猫種

メインクーン

ノルウェージャンフォレストキャット

サイベリアン

ラグドール

サバンナキャット

ベンガル

オシキャット

魅力いっぱいの大型猫!でも飼えるかどうか十分に検討を

 

 

大型猫の特徴と魅力

 

メインクーン

 

大型の猫と呼ばれる猫種にはいろいろな種類がありますが、ここでは大型の猫に共通して見られる特徴や魅力などをご紹介します。

 

どのくらいからが大型猫?

 

大型の猫といっても、犬のように明確な区別があるわけではありません。

一般的に大型猫と呼ばれる猫は、普通の中型の猫の1.5~2倍くらいの大きさの猫たちを指すことが多いです。

 

日本で通常に見かける雑種の猫たちは中型猫と呼ばれることが多く、メスは3~4kg程度、オスでも4kg〜6kg程度の体格の子が多いです。

 

一般的には、体重が5kg以上の猫が大型猫と言われています。

大型猫の中では5kgというのは小さい方で、中には10kg以上のかなり大型の猫ちゃんもいます。

 

大型猫と認識されている純血種の猫種のほかに、その大型猫の血を引いていると思われるような雑種の猫たちもいます。

 

一番の特徴は大きな体

 

メインクーン アンモニャイト

 

大型猫の一番の特徴といえば、その大きな体です。

大型猫の代表といわれるメインクーンはメスだと体重が4kg~6kgほどで、オスは6kg~8kgほどとされていますが、もっと大きくなる子もいます。

 

体長も日本でよく見かける中型の猫が40~50cm程度の子が多いのに対し、大型の猫は70~100cm越えとかなり大きな体です。

大型の猫は 中型犬 ほど大きさになる子もおり、存在感は抜群です。

 

がっしりした体型

 

大型の猫は大きいだけではなく、骨格がしっかりしており、がっしりした体型です。

一般的な猫の足は細く、足も小さめなことが多いのですが、大型の猫たちの足は太くて大きいです。

のしのし歩く様子は猫というよりも、ライオンに似ているかもしれません。

 

顔のパーツが大きい

 

大型の猫は体の大きさに比例して顔も大きいです。

口や目、鼻といった各パーツも大きいので、ライオンなどの猛獣を思わせるような顔つきの子も珍しくありません。

 

おおらかな性格

 

体が大きいですし、顔つきもワイルドな大型の猫ですが、性格はその見かけに似合わず穏やかで優しい子が多いようです。

大型猫の代表的な猫種であるメインクーンのあだ名は「ジェントル・ジャイアント(優しい巨人)」です。

 

大型猫の大きな魅力のひとつが、この穏やかな性格であるという点でしょう。

 

長毛が多い

 

メインクーン

 

短毛種の大型猫もいますが、大型猫はほとんどが長毛種です。

特に人の手によって作り出された猫種ではなく、古来から存在するとされる大型の猫種はみんな長毛です。

 

長い被毛を持った大型の猫は、北の地方の出身であることが多いです。

猫の祖先は砂漠地帯に生息しているリビアヤマネコですが、人間のペットとなったことから世界中で暮らすようになり、寒い地方でも生活するようになりました。

 

その結果、寒く厳しい気候に耐えられるように体が大型化し、被毛が長くなったと考えられます。

大型の猫とされるメインクーンやノルウェージャンフォレストキャットやサイベリアンは、すべて北の地方が原産です。

 

成長に時間がかかる

 

一般的に猫は、半年程度で身体的に成熟し、ほぼ1年で大人の体になります。

精神的にはもう少し時間がかかり、大体2年程度で成熟することが多いです。

 

大型猫種の場合は、大人になるのに時間がかかります。

体が大人になりきるのに2~3年程度かかるとされており、子供時代が普通の猫に比べると長いのです。

 

子猫時代が長いということは、かわいらしい子供の時代を長く一緒に過ごせるという楽しみがありますが、反面、感染症に気を付けてあげたり、食べ物に気を配ってあげたりする必要がある期間も長いということでもあります。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(24)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(604)
   猫/ネコ(247)
   犬/イヌ(312)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(103)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(3)
鳥類(125)
   インコ(23)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(44)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(11)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(66)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(912)
種類/品種(730)
繁殖/育成(598)
毛色/毛質(303)
性格/生態/特徴(674)
食事/餌/栄養(689)
病気/病院/治療(714)
しつけ(476)
トイレ(155)
選び方(511)
値段/価格(589)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(1036)
画像/動画(127)
まとめ(871)

人気記事ランキング