logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の種類

大型猫にはどんな猫がいる?大型猫の特徴と魅力について解説






猫は犬のように小型犬・中型犬・大型犬という区別はされていませんし、犬のように20kgもあるような大きな猫はいません。

しかし、猫の中には、体が小さめの猫もいれば、かなり大きい猫もいます。
体が大きい子になると、中型の猫に比べると2倍以上の体重があり、見た目も大きく存在感は抜群です。

今回は大型の猫の特徴や魅力、大型猫にはどのような種類がいるかをご紹介します。
また、大きい猫ちゃんを飼う際は一般的なサイズの猫を飼うときとは異なる注意点があるので、大型猫と上手に暮らす方法も解説します。

緊急事態宣言の発令、及び新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけになられる前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】大型猫にはどんな猫がいる?大型猫の特徴と魅力について解説

 

大型猫の特徴と魅力

どのくらいからが大型猫?

一番の特徴は大きな体

がっしりした体型

顔のパーツが大きい

おおらかな性格

長毛が多い

成長に時間がかかる

大型猫を飼育する際の注意

高品質のキャットフードを与える

大きいトイレが必要

広いスペースが必要

登れる高い場所が必要

大型のキャリーバックが必要

自家用車があればなお良い

長毛種はブラッシングが必須

大型猫の猫種

メインクーン

ノルウェージャンフォレストキャット

サイベリアン

ラグドール

サバンナキャット

ベンガル

オシキャット

魅力いっぱいの大型猫!でも飼えるかどうか十分に検討を

 

 


大型猫の特徴と魅力

 

メインクーン

 

大型の猫と呼ばれる猫種にはいろいろな種類がありますが、ここでは大型の猫に共通して見られる特徴や魅力などをご紹介します。

 

どのくらいからが大型猫?

 

大型の猫といっても、犬のように明確な区別があるわけではありません。

一般的に大型猫と呼ばれる猫は、普通の中型の猫の1.5~2倍くらいの大きさの猫たちを指すことが多いです。

 

日本で通常に見かける雑種の猫たちは中型猫と呼ばれることが多く、メスは3~4kg程度、オスでも4kg〜6kg程度の体格の子が多いです。

 

一般的には、体重が5kg以上の猫が大型猫と言われています。

大型猫の中では5kgというのは小さい方で、中には10kg以上のかなり大型の猫ちゃんもいます。

 

大型猫と認識されている純血種の猫種のほかに、その大型猫の血を引いていると思われるような雑種の猫たちもいます。

 

一番の特徴は大きな体

 

メインクーン アンモニャイト

 

大型猫の一番の特徴といえば、その大きな体です。

大型猫の代表といわれるメインクーンはメスだと体重が4kg~6kgほどで、オスは6kg~8kgほどとされていますが、もっと大きくなる子もいます。

 

体長も日本でよく見かける中型の猫が40~50cm程度の子が多いのに対し、大型の猫は70~100cm越えとかなり大きな体です。

大型の猫は 中型犬 ほど大きさになる子もおり、存在感は抜群です。

 

がっしりした体型

 

大型の猫は大きいだけではなく、骨格がしっかりしており、がっしりした体型です。

一般的な猫の足は細く、足も小さめなことが多いのですが、大型の猫たちの足は太くて大きいです。

のしのし歩く様子は猫というよりも、ライオンに似ているかもしれません。

 

顔のパーツが大きい

 

大型の猫は体の大きさに比例して顔も大きいです。

口や目、鼻といった各パーツも大きいので、ライオンなどの猛獣を思わせるような顔つきの子も珍しくありません。

 

おおらかな性格

 

体が大きいですし、顔つきもワイルドな大型の猫ですが、性格はその見かけに似合わず穏やかで優しい子が多いようです。

大型猫の代表的な猫種であるメインクーンのあだ名は「ジェントル・ジャイアント(優しい巨人)」です。

 

大型猫の大きな魅力のひとつが、この穏やかな性格であるという点でしょう。

 

長毛が多い

 

メインクーン

 

短毛種の大型猫もいますが、大型猫はほとんどが長毛種です。

特に人の手によって作り出された猫種ではなく、古来から存在するとされる大型の猫種はみんな長毛です。

 

長い被毛を持った大型の猫は、北の地方の出身であることが多いです。

猫の祖先は砂漠地帯に生息しているリビアヤマネコですが、人間のペットとなったことから世界中で暮らすようになり、寒い地方でも生活するようになりました。

 

その結果、寒く厳しい気候に耐えられるように体が大型化し、被毛が長くなったと考えられます。

大型の猫とされるメインクーンやノルウェージャンフォレストキャットやサイベリアンは、すべて北の地方が原産です。

 

成長に時間がかかる

 

一般的に猫は、半年程度で身体的に成熟し、ほぼ1年で大人の体になります。

精神的にはもう少し時間がかかり、大体2年程度で成熟することが多いです。

 

大型猫種の場合は、大人になるのに時間がかかります。

体が大人になりきるのに2~3年程度かかるとされており、子供時代が普通の猫に比べると長いのです。

 

子猫時代が長いということは、かわいらしい子供の時代を長く一緒に過ごせるという楽しみがありますが、反面、感染症に気を付けてあげたり、食べ物に気を配ってあげたりする必要がある期間も長いということでもあります。

 

 

大型猫を飼育する際の注意

 

メインクーン

 

大型の猫は体が大きいために、普通の猫を飼うときとは少し異なる注意点があります。

 

高品質のキャットフードを与える

 

体が大きく、筋肉質でがっしりとした体型を健康的に保つためには、品質の良いフードを与えることが必要です。

 

猫は、本来は肉食獣で穀類等は必要としないため、穀類の多く含まれているキャットフードは猫にとっては良いフードとは言えません。

また、健康な体を保つためには人工的な添加物を含まないフードを選ぶようにしましょう。

食べる量が多いということは、添加物の影響も大きくなるということです。

 

日本はペットフードの規制が緩い傾向にあるため、品質の良くないキャットフードもたくさん出回っているのが現実です。

キャットフードを選ぶ際には、値段や見かけで決めるのではなく、成分をよく確認したうえで購入するようにしましょう。

大型猫を飼育するときには、食費がかかるということも考慮すると良いですね。

 

※合わせて読みたい:  安心・安全なキャットフードはどれ?猫の餌の与え方や注意点とおすすめキャットフード12選

 

大きいトイレが必要

 

猫 トイレ メインクーン 大型猫

 

大型の猫は、一般的なトイレでは小さ過ぎることが多いです。

大型の猫でも余裕を持って入れる大きな猫用のトイレを用意してあげましょう。

 

筆者が一緒に暮らしている大型猫も一般的なトイレでは小さすぎますし、システムトイレも小さくて使うことができません。

大きい猫用のトイレが売られていますし、システムトイレも最近では大きい猫用のトイレが販売されています。

 

使い勝手が悪いトイレだと猫のトイレの失敗の原因になったり、尿管結石や膀胱炎等の病気の原因になったりすることがありますので、大型の猫に合ったトイレを用意してあげる必要があります。

 

※合わせて読みたい:  猫のトイレについて、しつけ方や掃除方法、オススメの猫砂や猫のトイレなどを紹介!

 

広いスペースが必要

 

大型の猫は一般的に穏やかな性格でおとなしい子が多いですが、そこはやはり猫ですので遊ぶこともあれば走ることもあります。

大型の猫ちゃんであっても窮屈でないように、飼育する際には広いスペースが必要になります。

なお、大型の猫は運動神経が良いので、運動できる広さは確保しましょう。

 

登れる高い場所が必要

 

メインクーン キャットタワー

 

大型の猫も高いところに登るのは大好きです。

現在では猫は完全室内飼育が推奨されますし、室内に猫が登れる高い場所を用意してあげましょう。

 

キャットタワーは猫の室内飼育の必需品ですが、大型の猫の場合はキャットタワーもしっかりしたものを選ぶ必要があります。

大型の猫ちゃんがキャットタワーに飛び乗ったとしても、万が一にも倒れたりしないようなものを選ぶようにしましょう。

 

※合わせて読みたい:  キャットタワーを購入する人必見!キャットタワーの必要性や種類を解説

 

大型のキャリーバックが必要

 

完全室内飼育であっても、病院には連れて行かなければなりません。

猫を通院させる際には、大型の猫であっても必ずキャリーバックに入れて連れて行きましょう。

ときどき猫をキャリーバックに入れずに動物病院に連れてくる方を見かけますが、あのような行為は猫を行方不明にさせてしまうリスクが高いのでしてはいけません。

 

大型の猫を飼育するのには大きいキャリーバックが必要ですし、猫の体重プラス大きいキャリーバックの重さはかなりの重さになりますので、それを運ぶことができるかどうかという点も大型の猫を飼う際には考慮に入れましょう。

 

※合わせて読みたい:  おすすめの猫用キャリーバッグ!キャリーバッグへの慣れさせ方やコツも

 

自家用車があればなお良い

 

筆者が一緒に暮らしている大型猫は体重が6.5kgあり、キャリーバックに入れると合計の重さが9kgほどになってしまうので、これを長い間持って歩くのは困難です。

大型猫を飼育する際には猫を乗せて移動できるように、自家用車があると助かります。

 

猫を自家用車に乗せるときには必ずキャリーバックに入れて乗せ、車の中では絶対に放さないようにしましょう。

近年では猫を車で連れ出して車内で自由にさせてしまい、車のドアを開けたとたんに逃走され、行方不明になり二度と会えなくなってしまったという事例が数多くあります。

そのようなことにならないよう、猫を動物病院に連れて行く際には気を抜かないようにしましょう。

 

長毛種はブラッシングが必須

 

メインクーン ブラッシング

 

大型の猫は長毛種が多いためにブラッシングが必須です。

猫は自分の体をなめてきれいにしますが、長毛種の場合は毛玉になってしまうことが珍しくありません。

 

また、大量に飲み込んだ毛玉を吐き出せなくなってしまうと、毛球症という毛玉が消化器官に詰まってしまう病気になることもあります。

大型の猫を飼う際には、ブラッシングをするなどのお世話をする余裕があるかどうかも考えると良いですね。

 

※合わせて読みたい:  猫のブラッシングの効果と、ブラシの種類やブラッシングの方法を解説

 

 


大型猫の猫種

 

代表的な大型の猫種をご紹介します。

 

メインクーン

 

メインクーン

 

大型の猫種として1番有名なのがメインクーンでしょう。

メインクーンのオスの体重は6kg~8kgほどです。

 

メインクーンはアメリカのメイン州が原産です。

「クーン」とは アライグマ のことですが、メインクーンのモフモフの外見がアライグマに似ていたので、アライグマの血が入っているのではないかということでメインクーンと名付けられたとされていますが、もちろんアライグマの血は入っていません。

 

古くからある品種で猫の種類としては最大の大きさの猫種とされています。

世界最大の猫としてギネスブックに登録される猫のほとんどがメインクーンです。

 

性格はとても優しく穏やかで、知能が高く遊び好きでフレンドリー。

その優しい性格から、ジェントル・ジャイアントというあだ名を持っています。

 

※合わせて読みたい:  メインクーンの毛色、性格、大きさ、飼い方

 

ノルウェージャンフォレストキャット

 

ノルウェージャンフォレストキャット

近年日本でも人気が高いノルウェージャンフォレストキャットの原産国は、その名の通り北限のヨーロッパの国であるノルウェーです。

 

ノルウェージャンフォレストキャットの起源は古く、神話にも出てくるほど。

北欧神話の女神フレイヤのソリをひいていたとされる猫が、ノルウェージャンフォレストキャットです。

 

美しい長毛の毛並みを持ち、体重は4kg~10kgほどとされています。

バイキングが連れて行ったノルウェージャンフォレストキャットが、アメリカでメインクーンの祖先になったという説もあります。

ノルウェージャンフォレストキャットは大人になるのにとても時間がかかる猫で、5歳ほどでようやく大人になるとされています。

 

性格は穏やかで辛抱強く、フレンドリー。

大型の猫の中では活発な方であるとされており、高いところに登るのが大好きです。

 

※合わせて読みたい:  北欧の妖精!北国の長毛猫ノルウェージャンフォレストキャット

 

サイベリアン

 

サイベリアン

 

サイベリアンの歴史は古く、紀元前1000年頃からロシアに存在したとされています。

シベリアの極寒の気候に耐えるために厚く長い被毛で覆われており、体型も丸くがっちりとしています。

 

成猫になると4~9kgほどになる大型の猫ですが、古くから存在する猫種であるせいか高い運動能力を有しています。

サイベリアンを飼育する際には、サイベリアンの体重に耐えられる大きなキャットタワーを用意してあげましょう。

 

※合わせて読みたい:  極寒の地シベリアが生んだ猫「サイベリアン」の性格や飼い方

 

ラグドール

 

ラグドール

 

ラグドールの歴史は浅く、アメリカの ペルシャ猫 のブリーダーが生み出した新しい猫種です。

 

ラグドールは大人になると4kg~9kgほどになります。

ペルシャ猫との交配により生まれた猫なので、顔や手足に斑が入った特徴的な長毛を持っています。

 

ラグドールとはぬいぐるみという意味で、その名の通り可愛らしい外見と甘えんぼうな性格をしています。

 

※合わせて読みたい:  ラグドールをペットに!毛色、性格、値段、飼い方など徹底解説

 

サバンナキャット

 

 

サバンナキャットは人間が作り出した猫種で、アフリカに生息しているサーバルという野生の猫と イエネコ を交配させて生まれた猫種です。

中型の肉食獣であるサーバルの血を引いているためにサバンナキャットは、5kg~12kgほどとかなり大きい猫です。

 

大型の猫種には珍しく短毛種です。

ワイルドな外見に似合わずフレンドリーな性格をしていますが、野生の血が濃いせいか人に対しての依存心は低めな傾向があるようです。

 

また、知能が高く非常に運動能力が高いために、飼育する際には十分な広さと高さといった特別な飼育環境が必要になるでしょう。

 

※合わせて読みたい:  サバンナキャットの歴史・性格・しつけ・飼い方

 

ベンガル

 

ベンガル

 

ベンガルは、イエネコとベンガルヤマネコという野生の猫を交配して産出された猫です。

ベンガルは体重が4~8kgほどになります。

 

筋肉質でがっしりとした骨格を持っており、ヒョウのような美しい模様の被毛が特徴的です。

野性味あふれる外見とは裏腹に、性格は温厚で社交的、甘えん坊であるとされています。

 

※合わせて読みたい:  ベンガル猫の柄の種類、性格、値段、飼い方

 

オシキャット

 

オシキャット

 

アビシニアン シャム を交配させて生まれた猫がオシキャットです。

アメリカンショートヘア の血も入っており、がっしりした体型の猫です。

 

短毛種で豹柄の被毛を持っています。

性格は人懐っこく甘えん坊で、運動が大好きです。

 

※合わせて読みたい:  オシキャットの飼い方、性格や値段

 

 

魅力いっぱいの大型猫!でも飼えるかどうか十分に検討を

 

メインクーン おもちゃ

 

大型猫には魅力がいっぱいあります。

大型で存在感があるためモフモフが大好きな人は見ているだけで楽しいですし、おだやかな性格なので一緒に暮らしているととても癒されます。

 

ただ、大型猫の中には10㎏以上の体重になる子もいるため、飼育する際には注意が必要ですし、誰でも飼える猫種であるとはいえないかもしれません。

住環境や経済的な面からも、その子を生涯幸せに暮らさせてあげることができるかどうか、健康や命を守ってあげられるかどうか、よく検討してから飼うことを決めていただきたいです。

 

※合わせて読みたい:  猫の飼い方を徹底的に解説!お迎え方法、必要なもの、かかる費用、ケア方法、病気など


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(493)
   猫/ネコ(199)
   犬/イヌ(250)
   霊長類/類人猿/サル(11)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(95)
   うさぎ(43)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(7)
   チンチラ(2)
鳥類(117)
   インコ(19)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(39)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(8)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(61)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(22)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(788)
種類/品種(670)
繁殖/育成(585)
毛色/毛質(259)
性格/生態/特徴(622)
食事/餌/栄養(618)
病気/病院/治療(644)
しつけ(466)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(544)
ランキング/おすすめ(139)
口コミ/レビュー(165)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(898)
画像/動画(127)
まとめ(856)

人気記事ランキング