logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の飼い方/豆知識

猫はヨーグルトを食べてもいい?栄養効果と上手な与え方






ヨーグルトは健康に良い栄養素をたくさん含んでいる食べ物です。

猫の中にはヨーグルトが好きな子もいますが、実際のところ猫はヨーグルトを食べてもいいのでしょうか。
また、猫は本来肉食獣ですが、ヨーグルトを好んで食べるのでしょうか。

ヨーグルトは正しい与え方をすれば猫の健康効果を期待できる食べ物ですが、間違った与え方ではかえって猫の体調不良を招きかねません。
本記事ではヨーグルトが猫にもたらす健康効果や、与える際の注意点、上手な与え方などをご紹介します。

【目次】猫はヨーグルトを食べてもいい?栄養効果と上手な与え方

 

猫はヨーグルトを食べても大丈夫?

猫はヨーグルトが好き?

ヨーグルトが嫌いな子もいる

猫にヨーグルトを与えたときの健康効果

腸内環境を整える

免疫力を高める

便秘の解消

口臭を抑える

骨を維持するカルシウムが豊富

体を正常に保つためのビタミン

猫にヨーグルトを与える際の注意点

肥満

嘔吐・下痢

病気の猫には与えない

猫への上手なヨーグルトの与え方

はじめは少しだけ

与える量と頻度

猫におすすめのヨーグルト

プレーンヨーグルト

低脂肪ヨーグルト

機能性ヨーグルト

さいごに

 

 


猫はヨーグルトを食べても大丈夫?

 

 

一般的に猫には牛乳を与えてはいけないと言われていますが、ヨーグルトは与えても大丈夫なのでしょうか。

猫に牛乳を与えてはいけないと言われる理由は、猫の中には牛乳に含まれる乳糖という成分を分解できない子がいるためです。

人間でも乳糖が消化できない方がときどきいて、牛乳を飲むと下痢を発症してしまうことがありますが、猫も同じような症状が出てしまいます。

 

乳糖を消化吸収できないことを「乳糖不耐性」といいます。

猫は人間に比べて乳糖不耐性の子が多いために、牛乳を与えない方が良いと言われているのです。

もちろん、猫の中には乳糖を消化吸収できる子もいて、そのような猫は牛乳を少しの量であれば飲んでも大丈夫です。

 

※合わせて読みたい:  猫と牛乳。猫にミルクをあげるとどうなる?

 

牛乳は猫に与えない方が良い食べ物ということになっていますが、ヨーグルトはどうなのでしょうか。

ヨーグルトには乳酸菌が含まれていて、この乳酸菌が乳糖を分解してくれるために、基本的にヨーグルトには乳糖が含まれていません。

そのため、乳糖不耐性よる下痢を発症する可能性はほとんどなく、猫に与えても大丈夫な食べ物なのです。

 

ただし、猫は人間よりもだいぶ小さい動物ですし、冷たい物は苦手なので、ヨーグルトの与えすぎはかえって体の不調を招く可能性があります。

また、体質に合わない子もいるかもしれません。

最初に与える際は一舐め程度から始めてみると良いでしょう。

なお、ヨーグルトは必ずしも猫に与えなくてはいけない食べ物ではないので、猫が好まない場合は無理に与えないようにした方が良いです。

 

 

猫はヨーグルトが好き?

 

 

犬は雑食性を持ち、乳製品を好む傾向があるため、ヨーグルト好きな子が多いです。

猫は犬とは違い雑食性はほとんど持ち合わせていませんが、猫はヨーグルトが好きなのでしょうか。

 

筆者は愛猫達にときどきヨーグルトをあげていますが、ヨーグルトが好きな子は割と多いです。

牛乳は猫に与えない方が良い食べ物とされていますが、実は牛乳を好む猫は少なくないのです。

ヨーグルトは牛乳を原材料としていますので、猫の中にも好きな子はいるようです。

 

ヨーグルトが嫌いな子もいる

 

犬は大抵の場合ヨーグルトが大好きですが、猫は真性の肉食獣であり、犬のように色々なものを食べるという習性がないために、いつも食べているものや決まったものしか食べない傾向が強い動物です。

そのため、人間の食べ物を好むかどうかはかなり差があり、ヨーグルトについては嫌いな子や見向きもしない子も珍しくありません。

嫌いな子には無理に与える必要はないでしょう。

 

 


猫にヨーグルトを与えたときの健康効果

 

 

ヨーグルトに含まれる様々な栄養分は、猫の健康にも効果が期待できます。

 

腸内環境を整える

 

ヨーグルトにはたくさんの乳酸菌が含まれており、腸内環境を整える働きがあります。

猫の腸の中にも善玉菌と悪玉菌が存在しており、乳酸菌は善玉菌を増やす働きがあるのです。

そのため、ヨーグルトは猫の腸内環境を整える効果が期待できます。

 

免疫力を高める

 

ヨーグルトの人間への健康効果として、風邪やインフルエンザへの予防効果が知られています。

ヨーグルトがインフルエンザ等の病気で効果的であるとされるのは、腸内環境を整えることによって免疫力がアップするためです。

この効果は猫にも期待できます。

 

便秘の解消

 

猫は便秘をしやすい動物です。

猫の便秘は巨大結腸症などの病気を招くので、放置してはいけない症状です。

乳酸菌をたくさん含むヨーグルトは腸内環境を整え、通正常な排便を促す効果が期待できるでしょう。

 

口臭を抑える

 

ヨーグルトを食べることによって口臭を抑える効果も期待できます。

これはヨーグルトが口の中を綺麗にするからではなく、腸内環境を整えることによって猫の吐く息の臭いが軽減するということです。

ヨーグルトを食べさせれば、歯肉炎等を予防できるというわけではありませんので注意してください。

 

骨を維持するカルシウムが豊富

 

ヨーグルトにはカルシウムも含まれており、このカルシウムは牛乳等に含まれるカルシウムより吸収されやすいとされています。

カルシウムは猫の骨の健康を維持するために大切な栄養要素ですね。

 

ただ、カルシウムの過剰摂取はかえって健康には良くないため注意が必要です。

適量のヨーグルトを猫が食べる分にはカルシウムの過剰摂取を心配する必要はないでしょう。

 

体を正常に保つためのビタミン

 

ヨーグルトにはビタミンA、ビタミンB1、ビタミンDといったビタミン類も含まれています。

ビタミンは猫の体内の代謝を円滑にし、体を正常に保つために必要な栄養素です。

 

  • ビタミンA・・・視力を維持し、皮膚や毛の成長を助ける働きがあります。
  • ビタミンB1・・・神経を正常に保つために欠かすことのできない栄養素です。
  • ビタミンD・・・カルシウム及びリンの吸収を促進する働きがあります。

 

 

猫にヨーグルトを与える際の注意点

 

 

ヨーグルトの栄養素は猫の健康に良い効果をもたらすことが期待できますが、与え方には注意が必要です。

 

肥満

 

ヨーグルトの脂肪分は約3.5%です。

これは普通の牛乳とほぼ同じ脂肪分であるため、特別に脂肪が多い食べ物というわけではありません。

 

品質の良い総合栄養食のキャットフードを与えてもらっている猫は、通常それ以外の栄養素を補てんする必要はありません。

ヨーグルトは特別脂質が多い食べ物というわけではありませんが、摂りすぎは肥満の元になりますので、与えすぎには注意が必要です。

 

嘔吐・下痢

 

適量に与えれば猫の腸内環境を整えてくれることを期待できるヨーグルトですが、与え過ぎたり、体質に合わないのに摂取してしまった場合は、嘔吐や下痢などを発症してしまう可能性もあります。

猫は砂漠出身の動物で、冷たい食べ物よりも人肌程度の暖かい食べ物の方が好きです。

体も冷たい食べ物を大量に摂っても大丈夫なようにはできていませんので、冷たいヨーグルトを食べすぎるとかえって健康に良くないことがあります。

 

病気の猫には与えない

 

病気の猫は薬を飲んだり、食事療法をしなければなりません。

ヨーグルトの成分が薬に影響したり、せっかく行っている食事療法を無駄にしてしまったりする可能性もあります。

病気療養中の猫ちゃんにヨーグルトを与えたい場合は、必ず獣医に確認をしてから与えるようにしましょう。

 

 


猫への上手なヨーグルトの与え方

 

 

ヨーグルトの健康効果を最大限に生かすためには、適切な与え方をする必要があります。

 

はじめは少しだけ

 

ヨーグルトは猫が食べても大丈夫な食べ物ですが、まれに体質に合わないこともありますので、最初は一舐め程度のごく少量から与えてみるようにしてください。

猫ちゃんがヨーグルトが好きで、体調に特に変化もないようであればヨーグルトを与えても大丈夫でしょう。

 

与える量と頻度

 

ヨーグルトを猫に楽しんでもらうために、与える場合はときどき与えるのでも構いませんが、ヨーグルトの健康効果を期待するのであれば、少量を毎日摂取する方が効果的です。

その理由として、ヨーグルトの健康効果はたまに食べても維持できないからです。

 

猫にヨーグルトを与える際の適量はティースプーン2分の1から1杯程度。

ずいぶん少ない量だと思うかもしれませんが、ティースプーン1杯分は約1.5~2ml程度で、体の小さな猫にすれば味を楽しむことができる十分な量になります。

 

 

猫におすすめのヨーグルト

 

 

猫におすすめのヨーグルトをご紹介します。

 

プレーンヨーグルト

 

猫に与えるヨーグルトは、加糖されていないプレーンヨーグルトを与えるようにしましょう。

砂糖入りの物を与えたからといってすぐに健康に悪影響が出るわけではありませんが、肥満の原因にもなりますし良くないですね。

また、フルーツが入っているものは猫は好まない場合が多いです。

ヨーグルトが好きな子はプレーンヨーグルトで十分喜んでくれますよ。

 

低脂肪ヨーグルト

 

ヨーグルトの脂肪分の含有量は、牛乳とほぼ同じです。

特別脂肪が多いというわけではありませんが、キャットフードで適正な栄養分を摂れている猫ちゃんは、余計なカロリーを摂取することは肥満に繋がります。

猫に与える場合のヨーグルトは低脂肪のものがおすすめです。

最近のヨーグルトは低脂肪でも味にほとんど変わりがなく、美味しく食べられますよ。

 

機能性ヨーグルト

 

体の免疫システムは人間も動物も同じです。

そのため、免疫機能を高める機能性ヨーグルトは、猫の健康にも高い効果が期待できます。

最近はスーパーでR1やLG21などの機能性ヨーグルトがたくさん売られていますね。

それらのヨーグルトを猫ちゃんに与えることができますが、加糖されている場合が多いので、気になる場合はご自宅でそれらのヨーグルトを種菌としてヨーグルトを手作りしても良いでしょう。

 

牛乳1Lに機能性ヨーグルトを加えて、ヨーグルトメーカー等を使ってヨーグルトを作ると上手にできます。

このようにして手作りすると、もともと入っていた砂糖はだいぶ薄まりますから、猫ちゃんにも安心して与えることができますね。

ただ、作ったものを再度種菌とすると、菌の力が弱まると言われているので、その都度新しく購入して作り直すようにした方が良いでしょう。

 

 


さいごに

 

ヨーグルトは適切に与えれば、猫の健康に良い食べ物です。

健康効果を期待するのであれば、毎日少しずつ与えるようにした方が無難ですが、ヨーグルトは必ず与えなければならない食べ物というわけではないので、おやつのバリエーションを増やす目的でときどき与えても良いでしょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(22)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(445)
   猫/ネコ(178)
   犬/イヌ(228)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(77)
   うさぎ(33)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(4)
   チンチラ(2)
鳥類(109)
   インコ(15)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(75)
   海水魚/熱帯魚(33)
   淡水魚(23)
爬虫類(34)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(13)
   カブトムシ/クワガタ(8)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(54)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(18)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(721)
種類/品種(631)
繁殖/育成(565)
毛色/毛質(252)
性格/生態/特徴(576)
食事/餌/栄養(580)
病気/病院/治療(617)
しつけ(457)
トイレ(153)
選び方(500)
値段/価格(533)
ランキング/おすすめ(129)
口コミ/レビュー(162)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(94)
飼育知識/豆知識(819)
画像/動画(120)
まとめ(830)

人気記事ランキング