logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の飼い方/豆知識

猫が吐く原因は?様子を見ても良い嘔吐と危険な嘔吐の見分け方






猫は自分でグルーミング(毛づくろい)をするので、毛を吐き出す必要があります。

そのため、犬などの他のペットに比べて吐きやすい傾向があり、体の健康を維持するためには嘔吐はむしろ必要なことでもあります。
しかし、病気などを原因とする危険な嘔吐もあり、その際は病院などで適切な対処が必要となってきます。

猫がなぜ吐くのか、様子を見てもいい嘔吐と危険な嘔吐の見分け方、病院を受診する際の気をつける点、猫の嘔吐を少なくする方法などをご紹介します。

【目次】猫が吐く原因は?様子を見ても良い嘔吐と危険な嘔吐の見分け方

 

猫は吐きやすい動物

野生で生きるには吐き戻しは必要

きれい好きな猫には嘔吐が必要

猫の様子見をしても大丈夫な嘔吐

週1~2回程度であれば大丈夫

毛玉を吐く

早食いや食べすぎにによる嘔吐

吐いた後は元気

猫草を吐く

嘔吐したものの色が白(泡)・黄色

看過してはいけない猫の危険な嘔吐

何度も嘔吐する

吐こうとしても吐けない

嘔吐したものが赤黒や緑色

寄生虫を吐く

吐いたものが薬品臭い(異臭がする)

元気がなく食欲もない

嘔吐の他に下痢も発症している

嘔吐してふらふらしている

猫が嘔吐した際の病院のかかり方

猫の嘔吐を予防するためには

早食い・食べ過ぎ防止に努める

誤飲しないようにする

猫草を与える

ストレスを軽減する

完全室内飼育にする

ワクチン接種をする

猫が吐いても怒ってはいけない

さいごに

 

 

猫は吐きやすい動物

 

グルーミングする猫

 

猫は本来の習性により、吐きやすい動物です。

 

野生で生きるには吐き戻しは必要

 

現在のペットとして飼われているイエネコの祖先は、DNA解析によりリビアヤマネコであると判明しています。

リビアヤマネコは現在も中東やエジプトなどの砂漠地帯に生息している野生の猫種です。

リビアヤマネコは真性(雑食をしない)の肉食獣で狩りをして暮らしていましたが、そのDNAは現在のイエネコにも強く引き継がれています。

 

リビアヤマネコが獲物として狩るのは、げっ歯類のような 小動物 です。

それらを食料として食べると、毛や骨をはじめ消化しきれないものが消化器官に溜まってしまいます。

溜まってしまったものを吐き出すことは、生きるうえで必要なことでした。

 

きれい好きな猫には嘔吐が必要

 

猫はとてもきれい好きな動物として知られています。

これも元々は狩りをして暮らす野生の猫種であったことに強く関係しています。

 

リビアヤマネコの狩りの仕方は待ち伏せ型の狩りでした。

音を立ててもいけませんし、体臭がしても獲物の動物たちに気付かれてしまいます。

そのため、猫は自分の体をグルーミングして体臭を無くすという習性が身に付いたきれい好きな動物となったのです。

 

自分の体を舐めてきれいにするということは、舐めとった毛が消化器官に入り込んでしまうことにもなります。

自分の毛といえども、消化器官に溜まってしまうと体に不調をもたらすため、それらを吐き出すことが必要です。

 

 


猫の様子見をしても大丈夫な嘔吐

 

猫

 

猫の嘔吐には様子見をしても大丈夫な嘔吐と、病気などを原因とする見過ごしてはいけない嘔吐があります。

 

週1~2回程度であれば大丈夫

 

これまでご説明してきとおり、猫は元々の習性により吐きやすい動物ですので、週1~2回程度の嘔吐であれば通常の毛玉を吐く行為によるものと考えられることが多いです。

 

毛玉を吐く

 

猫の嘔吐が様子見をしてもいいものかどうかを判断するには、猫が吐いた物を観察する必要があります。

猫が吐いた物がヘアボールと呼ばれる毛の塊や毛が混じった胃液である場合は、様子見をしても大丈夫でしょう。

これはグルーミングの際に飲み込んでしまった毛を吐くという正常な行為です。

かえって毛玉を吐けない方が、病気に繋がることがあります。

 

早食いや食べすぎにによる嘔吐

 

猫はゆっくりと何回かに分けて食事する子が多いのですが、中にはガツガツと早食いしてしまう子や、あるだけ食べてしまうという子もいます。

猫は一般的に3~5㎏ほどの体格の子が多く、胃も大きい方ではありません。

食事を小分けにして摂る習性があるのは、胃があまり大きくないからというのも一つの理由です。

胃があまり大きくないにも関わらず、一気にガツガツと大量に食べてしまうと、胃が受け付けずに吐いてしまうことがあります。

 

吐いた後は元気

 

毛玉や胃液食べたものなどは出てしまった後は、けろりとして元気であれば様子を見ても大丈夫でしょう。

 

猫草を吐く

 

猫草を猫ちゃんのために用意している場合は、猫草を食べた後は吐いてしまうことがあります。

何のために猫が猫草を食べるのかについては、実は明確になっていませんが、猫は不要物を吐き出す必要があるため、草を食べることによって吐きやすくするという説が有力です。

猫草を与えると猫の嘔吐を促すことになるのかもしれませんが、毛玉などを吐きやすくさせるのは、猫の健康を守るためには必要であると言えます。

 

※合わせて読みたい:  猫草の効果や必要性とは?おすすめの猫草も紹介!

 

嘔吐したものの色が白(泡)・黄色

 

毛玉や食べた物を吐くのではなく、嘔吐物が白い液体や黄色い液体である場合は、お腹が空いて消化液を吐いていることが多いです。

白い液体は胃液や水、黄色い液体は胆汁で、どちらも食べ物を消化するために必要なものですが、お腹が空いてそれらがたくさん分泌されるのに胃が空っぽだと吐いてしまうことがあります。


 

看過してはいけない猫の危険な嘔吐

 

猫

 

すぐ病院に連れて行って治療をしてもらった方が良い場合の嘔吐です。

 

何度も嘔吐する

 

猫は吐きやすい動物といっても、通常は1週間に1回か2回程度です。

それが毎日吐く、1日に何回も吐くなど頻繁に吐く様子が見られる場合は、何らかの体の不調が原因と考えられます。

吐き気によりものが食べられない、水が飲めないことにより脱水症状を引き起こす可能性もあり、放置すると命に関わる危険性もあります。

 

吐こうとしても吐けない

 

何かを吐き出そうとしても吐けない場合も、何か異常があるサインです。

異物を飲み込んでしまい、吐き出せなくて何度も吐こうとする、毛玉が詰まってしまっているということなどが考えられます。

 

嘔吐したものが赤黒や緑色

 

嘔吐したものが赤黒、緑色っぽい色であるときは、病気が原因であることが考えられます。

赤黒の液体を吐いたときは血が混じっている可能性があり、潰瘍や腫瘍などがの出血が原因であるかもしれません。

一方、緑色の液体は胆汁です。

胆汁は、最初は透明で黄金色ですが、濃縮されると粘液が混って黄褐色あるいは緑色になります。

内臓に何か異常が起っている可能性も考えられるでしょう。

 

寄生虫を吐く

 

寄生虫がいる場合に限っては、寄生虫を吐いてしまうことがあります。

また、寄生虫自体を吐かなくても嘔吐や下痢が見られることもあります。

寄生虫による嘔吐や下痢によって体力ない子猫や老猫は、命が脅かされる危険もあるので見過ごすことはできません。

 

その他、寄生虫は毒素を発して猫の身体を不調に陥らせるなど、害が大きいので病院で駆虫してもらいましょう。

寄生虫は自然治癒することはありません。

なお、駆虫薬は市販でも売られていますが、本来は虫の種類によって使用する薬が違いますし、駆虫薬自体が猫の体に不調をもたらす場合もあるため、病院での駆虫をおすすめします。

 

吐いたものが薬品臭い(異臭がする)

 

吐いたものが薬品臭いなど異臭がする場合は、何か毒物を摂取してしまった可能性があります。

かなり危険な状態ですので、早急に病院を受診するようにしてください。

 

元気がなく食欲もない

 

吐いてしまい、食欲がなく、元気がないという状態であれば、何らかの病気であることが考えられます。

 

嘔吐の他に下痢も発症している

 

嘔吐だけではなく下痢も発症しているときは、ウイルス感染が疑われるでしょう。

嘔吐と下痢を発症させる病気で一番恐ろしいのが、パルボウイルス感染症です。

パルボウイルス感染症は死亡率がおよそ50%から80%と言われる非常に恐ろしい病気であり、伝染力も強いです。

パルボウイルスから猫を救うには、予防と早期の治療が重要となります。

 

嘔吐してふらふらしている

 

ふらついてうまく歩けないという症状が出ている場合は、何らかの中毒に陥ってる可能性があります。

猫は特定の植物やアロマオイルなどに対して中毒症状を発症することがあり、命に関わることもあります。

海外では飼い主が買ってきたチューリップをかじってしまい、中毒で猫が亡くなったという事例も報告されています。

 

 


猫が嘔吐した際の病院のかかり方

 

猫

 

猫が嘔吐をして、それが危険な嘔吐であると判断できるときは、早急に動物病院を受診するようにしましょう。

前もって準備していくと病院でも対処がしやすくなります。

受診する際は次のようなことを伝えましょう。

 

いつ何を食べたか

 

嘔吐する前にどんなものをいつ食べたのかを獣医に伝えましょう。

食べた可能性があるものや食べ残しがある場合は、それを持っていってください。

 

何回嘔吐したか

 

何回吐いたのか、吐いたときの様子はどうだったのかを詳細に伝えましょう。

 

猫の様子

 

ふらつきがある、下痢も発症している、元気がないなど、その他の症状がある場合はそれらも詳しく獣医に説明してください。

 

吐いたものを持って行く

 

できるだけ猫が吐いたものを持っていきましょう。

持って行くのが困難な時は、写真に撮るだけでも少なからず役に立ちます。

 

 

猫の嘔吐を予防するためには

 

猫

 

猫の嘔吐を予防するための方法をご紹介します。

 

早食い・食べ過ぎ防止に努める

 

早食いや食べ過ぎが原因の嘔吐である場合は、1度にたくさんのフードを与えず、何回かに小分けして与えると良いでしょう。

あえて食べ辛くしている早食い防止のお皿を活用しても良いかもしれません。

 

誤飲しないようにする

 

ひもやおもちゃのかけらなどを誤飲する猫ちゃんは珍しくありません。

猫が飲み込んでしまいそうな紐や輪ゴム、ボタン、ビニール袋などといったものはきちんとしまって、猫が誤飲しないようにしましょう。

誤飲したものを吐き出すことができなかった場合、時には開腹手術をしなければならないこともあります。

 

猫草を与える

 

猫が吐いた猫草をよく見ると猫草のほかに毛も混じっていることが多いです。

猫草を与えるとかえって吐く回数が増えるかもしれませんが、大量に毛玉を吐くということは減ると考えられます。

猫は毛玉を吐くことは健康上必要なことであり、毛玉を吐き出せないと体調不良になることから、猫草を与えることで大量の毛玉を吐くことを防ぐ効果は期待できるでしょう。

 

ストレスを軽減する

 

猫はストレスに弱い生き物です。

ストレスは特に胃腸に負荷を与えることが多く、嘔吐や下痢などがストレスによって引き起こされることは珍しくありません。

 

猫は環境の変化などを嫌いますし、不潔な環境でもストレスを感じやすいです。

何らかのストレスがあると考えられる場合は、なるべくそのストレスを取り除いてあげるようにしましょう。

また、原因が思い付かない時は獣医に相談するようにしてください。

 

※合わせて読みたい:  猫にストレスを与えないお世話の仕方

 

完全室内飼育にする

 

猫を外に放し飼いにしていると、異物を食べてしまう可能性は高くなります。

また、野生動物に襲われたり、犯罪に巻き込まれてしまう可能性も出てくるでしょう。

室内飼育にしていた方が病気に感染するリスクも低くなります。

猫の安全や健康を考えると完全室内飼育がが推奨されます。

 

ワクチン接種をする

 

嘔吐や下痢を発症させるパルボウイルス感染症は、根本的な治療法がなく、唯一ワクチン接種をすることが予防となります。

その他の感染症も猫に嘔吐を引き起こす可能性はありますし、命に関わることもあるので、年に1回のワクチン接種をするようにしてください。

 

 


猫が吐いても怒ってはいけない

 

猫

 

猫が吐くことは病気でない限り自然なことですし、猫の健康にとっては必要なことでもあります。

どんなに対策をしてもある程度、猫が吐ことは猫と一緒に暮らす場合には許容しなければなりません。

 

猫が吐いたものを踏んでしまったりした時はげんなりしてしまうかもしれませんが、吐くことは猫にとって必要な行為ですし、わざとやったわけでは決してないので絶対に叱ってはいけません。

叱ったことにより隠れて吐くようになってしまい異常に気付くのが遅れたり、ストレスを感じてますます嘔吐するようになってしまう可能性も出てきます。

 

 

さいごに

 

猫の嘔吐には、様子を見て良いものと看過してはならない危険なものがあります。

危険な嘔吐はすぐに病院で診療をしてもらう必要がありますので、この記事を参考に猫の様子を注意深く見て頂きたいと思います。

 

また、猫にとって毛玉を吐くことはごく普通の行為ですし、ご飯の後に遊んでいたら突然吐いてしまうことがあるかもしれません。

猫はそういう生き物だと思い、許してあげるようにしてください。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(5)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(375)
   猫/ネコ(163)
   犬/イヌ(212)
小型哺乳類/小動物(51)
   うさぎ(30)
   ハムスター(21)
鳥類(91)
   陸地に棲む鳥(82)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(44)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(21)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(651)
種類/品種(583)
繁殖/育成(518)
毛色/毛質(241)
性格/生態/特徴(510)
食事/餌/栄養(527)
病気/病院/治療(573)
しつけ(431)
トイレ(148)
選び方(482)
値段/価格(491)
ランキング/おすすめ(119)
口コミ/レビュー(153)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(15)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(740)
画像/動画(120)
まとめ(754)

人気記事ランキング