logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の飼い方/豆知識

香箱座りをするのはなぜ?猫の香箱座りについて解説






猫ちゃんが前足を器用に折りたたんで座る香箱座り。
置物のようで可愛らしいですね。

猫を飼っている飼い主さんであればよく見かける香箱座り。
そもそも、なぜ、猫はあのような座り方をするのでしょうか。

そして、香箱座りは猫ちゃんだけがするものではありません。
猫以外にどんな動物が香箱座りをするのでしょうか。

今回は香箱座りについて、詳しくみていきます。
普段、何気なくみている香箱座りについて学んでいきましょう。香箱座りの名前の由来から丁寧に解説していきます。

香箱座りとは

 

香箱座り1

 

を飼っている方はよくご存知かもしれませんが、「香箱座り」は前足をたたんで置物のように座る実に可愛らしい座り方です。

箱座り、香箱を組む、香箱を作るなどと表現することもあります。

 

猫の香箱座りはオブジェのごとく微動だにしない姿なので癒される方もいるでしょう。

単純にはいつくばっているだけでは香箱座りと言わないこともあります。

考え方に寄れば前足を胸毛の奧にたたんで入れている時だけを香箱座りとすることがあります。

ただ、深く考えず足をつぼめて座っている状態を香箱座りと思って大丈夫です。

 

香箱座りの由来は、猫が背中を丸めてはいつくばる様子が香箱に似ていること。

ちなみに、香箱とは名前の通り、香を入れる蓋つきの箱です。

茶道具、香道の道具でもあります。

実際の香箱は漆塗りに和柄があしらわれ、繊細なもの。

大正時代の辞書には「夫人が何もせず行儀よく座っている様子」と言う内容での記載も。

 

香箱座りをしている猫をよく見ると、足はもちろんのことしっぽまで体に巻きつけています。

そのような様子からパン(loaf)の塊に似ているとも見られ、英語では香箱座りを「catloaf」(キャットローフ)と言います。

 

さらに余談となりますが、森鴎外、芥川龍之介、尾崎紅葉などの作家は自身の作品中で「香箱を作る」と猫の香箱座りを表現しています。

辞書などにも「香箱座り」は見当たらないことから、香箱座りはインターネット上での呼び方と言えます。

 

 

香箱座りをする理由

 

香箱座り2

 

ときおり猫は香箱座りをしていますが、香箱座りをするのは猫ちゃんの心境も関係しています。

 

リラックス中

 

猫が香箱座りをするのはリラックスしている時です。

自分にとって外敵がいないなど、脅威が感じられない時に香箱座りをします。

 

また、猫が香箱座りをするのは飼い主さんを信頼して安心しているからとも言えます。

飼ってまもない頃は香箱座りをすることが少ないかもしれません。

香箱座りをし始めたら飼い主さんにもお家にも慣れてきたと考えていいですね。

 

香箱座りは理にかなったリラックス法

 

外敵の警戒をしていないとは言いましたが、実はハプニングに対応できる姿勢になっています。

前足を折りたたんで器用に座っているように見えても、後ろ足がすぐに踏み込める体勢。

何か急なハプニングがあっても後ろ足で地面を蹴って立ち上がることができるのです。

 

香箱座りをする場所

 

猫が香箱座りをする場所もリラックスしている精神状況と関係しています。

猫ちゃん自身が落ち着ける場所を選びます。

例えば、日が射して暖かい床の上、ソファ、カウンター、窓のフチなどでしょう。

香箱座りをしている場所は猫ちゃんのお気に入りの場所ですので確保してあげてくださいね。

 

香箱座りよりも上がある?最上級にリラックスした座り方

 

香箱座りをしている猫は十分にリラックスしている状態です。

しかし、最上級のリラックスをしている座り方は香箱座りではないようですね。

 

最上級にリラックスしている時、猫は仰向けになってお腹を見せます。

おそらく、猫を飼っている方はお分かりになるかもしれません。

触ってスキンシップをはかっているうちに、猫ちゃんが仰向けになった事はないでしょうか。

通常、敵と思っている動物にお腹を向ける事はしませんので飼い主さんにかなり心を開いている証拠ですね。

 

他にも、横座りといって体を横にして前足と後ろ足を重ね気味に同じ方向に向けている姿勢。

こちらもリラックスしてのんびりしている状態。

人間でいうとテレビを見ながら横になっているような状態で、うとうとし始めている状況でしょうか。

 

逆に興奮状態、緊張状態にある時にはしっぽが逆立ち、太くなりますね。

いつものしっぽより2倍から3倍太くなります。

こうしてみると、動物の仕草や座り方で心境がわかって面白い部分もありますね。

 

香箱座りを観察

 

可愛いらしい香箱座りですが、たたみ込んでいる前足の様子は気になりませんか?

ガラス張りのテーブルがあればみることができますが、そうそうあるものではありませんね。

そんな時は 猫カフェ などに行ってみましょう。

どんなお店でも揃えているわけではありませんが透明なキャトウォークを設置している猫カフェもありますよ。

 

 


全ての猫が香箱座りをするわけではない?

 

香箱座り5

 

猫の特徴とも言える香箱座り。

ですが、全ての猫が香箱座りをする、もしくはできるわけではありません。

 

香箱座りをしない猫傾向のある猫

 

基本的に野良猫は香箱座りをしない傾向にあります。

家で飼われている猫ちゃんと違って、野良猫は外敵などの危険が潜んでいます。

眠る時も緊張状態を保ち、戦う体勢を整えているわけですね。

 

また、  子猫   もあまり香箱座りをしません。

好奇心が旺盛な傾向にある子猫はじっとしていられません。

香箱座りをしないというより、する暇がないと言った方が良いかもしれません。

 

体の大きな猫も香箱座りができない傾向にあります。

香箱座りの際に前足を折りたたみますが、体の大きな猫は折りたたむことが難しくなっています。

 

香箱座りから考えられる体調

 

普段から香箱座りをしているものの、なんだか元気がない…。

その香箱座りは体調が悪くじっと耐えている場合も考えられます。

長時間香箱座りをして餌も食べないなどの様子が続いたら、具合を悪くしている可能性もありますので病院に連れて行きましょう。

 

 

猫以外に香箱座りをする動物

 

香箱座り7

 

ここまで猫の香箱座りを詳しく見てきましたが、猫だけが香箱座りをするわけではありません。

ネコ科の動物では ライオン やトラの香箱座りが目撃されています。

 

身近な動物では うさぎ も香箱座りをします。

うさぎの香箱座りの場合、完全に前足が見えなくなる完全体の香箱座り。

前足が短いうさぎだからできる技ですね。

猫のように前足を折りたたむのではなく、後ろ足の間に前足を入れるのがうさぎの香箱座りです。

その他、アルパカや も香箱座りをすることが確認されています。

 

 


動物の香箱座りは可愛い

 

香箱座り9

 

じっとして動かない香箱座り。

猫ちゃんの香箱座りはリラックスして、飼い主さんを信頼している時に行います。

 

さらに猫以外の動物も香箱座りをしています。

どんな動物も、香箱座りをしていると愛らしくなってきますよね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(16)
   カピバラ(2)
   ブタ(2)
中型哺乳類(381)
   猫/ネコ(149)
   犬/イヌ(198)
小型哺乳類/小動物(68)
   うさぎ(29)
   ハムスター(20)
鳥類(86)
   陸生鳥類(75)
   水生鳥類(7)
魚類/甲殻類/水生生物(61)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(13)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(616)
種類/品種(565)
繁殖/育成(487)
毛色/毛質(233)
性格/生態/特徴(467)
食事/餌/栄養(504)
病気/病院/治療(553)
しつけ(413)
トイレ(146)
おもちゃ(15)
選び方(472)
値段/価格(486)
ランキング/おすすめ(116)
口コミ/レビュー(148)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(698)
画像/動画(121)
まとめ(712)

人気記事ランキング